「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

コロナ禍に出会って婚約しました!

あゆさん(女性・25〜29歳千葉県

おふたりについて

タップルの利用期間:6ヶ月未満

はじめてのいいかもはどっちから?:相手から

マッチングしてから初めて会うまではどのくらい?:2週間以内

お相手のプロフィールで重視したのはどこですか?:プロフィールの文章/居住地/本人認証しているかどうか

実際にお会いするまで、メッセージはどのくらいの頻度でやりとりしていましたか?:毎日

エピソード

いろんなSNSを使ってもなかなかマッチングが難しかったのですが、タップルを始めて、広告通り会員数が多かったからかマッチングをすることができました。許可制でメッセージを交換できる安心感も伴って、出逢いにつながりました!

彼は、プロフィールが充実していて写真が楽しそうな表情だったので、いいかも!を頂いたとき好印象でした。 それから趣味や休日の過ごし方、居住地の話等でメッセージのやりとりが続きましたが、やりとりに人柄の良さと相性を感じ会うことに決めました!

初回のデートでは、待ち合わせ場所で少しもじもじしながら待っている姿に悪い人ではないという安心感と、話が盛り上がるのかなあという不安感を同時に感じました。しかしカフェでお話をしていると、物腰の柔らかさと優しさが感じられて次も会いたいなと思いました!

付き合い始めた時期がちょうど新型コロナウイルス感染症の流行と重なり、付き合ってすぐの頃なのに外出を我慢をすることが増えました。友達のようによくはしゃぐ関係だった私たちにとっては、遊びに出かけることができない時期には淋しい気持ちもありました。しかし、ビデオ通話でジェスチャーゲームをしたり、「おうちで○○デート」をたくさんしました。なかでも印象に残っているのが、「おうちで夏祭りデート」です。夏祭りの屋台にあるようなメニュー、焼きそばや串焼き、トルネードポテトを用意し、あえてプラスチックの容器と割り箸で食べることで夏祭り気分を味わうことができました!

積極的にリモートデートを盛り上げてくれる彼のお陰で外出自粛も乗り越えられました。2人でなければやらなかったこと、行かなかった場所がどんどん増えていく毎日がなにより大切だと感じます。

現在、婚約中で今春の二人の記念日に入籍予定です。結婚をすることになった流れとしては、お互いの両親に初めて会った際に、「結婚したいと思っている」と伝えてからでした。それまでははっきりと結婚の話をしなかったけれど、互いの両親の快諾を得てからどんどん話が進み、あっという間に一緒に暮らすことになりました。実はまだプロポーズに関して彼が企画中ですが、式場見学をしたり指輪を選びにいったり書類を揃えたりなど、新鮮な毎日を過ごしています!

タップル運営より

アクティブなお2人だからこその悩みが一致して、逆にお2人の絆を深めてくれたようにも感じました!つらい時を一緒に乗り越えられたからもう怖いものなしですね!

ご婚約おめでとうございます♡

記事のタグ一覧