「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

マッチングアプリにいる男性業者とは?事前に見分ける方法をチェック

そもそもマッチングアプリの業者とは?

スマートフォンを操作する人

マッチングアプリには業者やサクラに注意などと風説が立つことがあります。しかし、そもそも業者やサクラとは、どのようなユーザーを指すのでしょうか?

業者と呼ばれるユーザーの正体やサクラとの違いを紹介します。

ネットビジネス・宗教への勧誘

業者とは、異性との出会い目的ではなく営業活動や宗教への勧誘をするためにマッチングアプリをつかっている団体のことです。

アプリでは以下のような業者が見られます。

  • 風俗関連業者
  • 宗教団体
  • ネットワークビジネスやマルチ商法の営業
  • 他サイト誘導業者・個人情報回収業者

風俗関連業者や宗教団体・ネットワークビジネスやマルチ商法の業者は、マッチング後のデートであっせんや勧誘・営業活動を行います。

アカウントは一般ユーザーなので分かりにくく、「デートできる」と思って付いて行くと面倒なことになるでしょう。

また、他サイト誘導業者・個人情報回収業者は、メッセージのやりとりが主な業務です。

マッチング後「ほかのサイトで連絡しよう」「仲良くなりたいから個人情報を教えて」などと持ちかけてきて、有料サイトに移動させたり個人情報を抜き取ったりします。

※タップル運営事務局では24時間・365日 サービス監視を行い、「業者」と呼ばれる悪質なユーザーに対して適切な対応をとっています。

いわゆる「サクラ」との違い

サクラと業者の違いは、「運営元が雇っているかどうか」にあります。

業者が運営元とは全く関わりのない団体であるのに対し、サクラは運営元が手配した偽会員です。

アプリ内では積極的にさまざまなユーザーとマッチングし、課金させようとします。

一般に、サクラによってメリットが発生するのは「ポイント制」「従量課金制」を採用しているアプリのみです。

月額制を採用しているアプリの場合は、サクラを雇ってもユーザーの信頼を失うリスクしかありません。

サクラという存在がデメリットでしかない月額制のアプリでは、運営元が強く「サクラゼロ」をアピールしています。

男性業者の特徴「プロフィール編」

スマートフォンを操作する人

マッチングアプリでうっかり男性業者とマッチングしないよう、業者の傾向を把握しておきましょう。

「こんな特徴があったら男性業者かも」というプロフィールの特徴を紹介します。

イケメン・ハイスペックすぎる

イケメン・ハイスペックな男性は、黙っていてもたくさんのいいねをもらえます。

にもかかわらず、自分から積極的に相手を探し回っている男性は、業者である可能性が高いでしょう。

男性業者がイケメン・ハイスペックなプロフィールを作りがちなのは、その方が女性に好印象を与えやすいためです。もちろん全くのうそなので、信用してはいけません。

怪しい男性からアプローチがあった場合は、相手の写真を画像検索してみることをおすすめします。

男性業者の中には、イケメンやモデルの拾い画を勝手につかっている人が少なくありません。検索してヒットすれば、その男性はほぼ業者と考えても問題ないでしょう。

お金持ちアピールがすごい

「身の回りはハイブランド品だらけ」「高級外車を乗りこなす」「高級レストランで食事」などをアピールしている男性は、そうした上流の暮らしに憧れる女性を狙っています。

うっかりマッチングすると、マルチ商法やネズミ講に引っかかってしまう恐れがあるでしょう。

本当の実業家や資産家は、むやみにお金持ちアピールをしません。プロフィールでこれでもかと羽振りのよさをアピールしている人は、出会い以外の目的があると疑ってかかるのが正解です。

写真が少ない・顔を隠している

男性業者に多い特徴として、プロフィール写真の枚数が少ないことが挙げられます。

業者が掲載しているプロフィール写真の多くは、ネットで拾ったイケメンの写真から転載した写真です。アングルを変えて何枚も入手するのは難しく、どうしても写真はメイン写真の1枚のみになりがちなのです。

また、顔をさらしている場合でも、一部を隠しているものは要注意です。身バレ・顔バレを避けるため顔を分からなくしている可能性があります。

真剣に恋活・婚活している人の多くは写真を3枚以上登録していますし、顔もきちんと出しています。

自分の情報を積極的に開示しようとしない男性は、いいねを押す前に「業者では?」と疑った方がよいでしょう。

男性業者の特徴「メッセージ編」

スマホの画面

プロフィールで見抜けなくても、メッセージのやりとりで「業者かも」と分かることがあります。

マッチングアプリにいる男性業者が送りがちなメッセージを見ていきましょう。

すぐに会おうとする・LINE交換を持ちかける

マッチングアプリでは、デートの誘いはメッセージを10往復くらいした後、あるいはマッチング後1週間くらいたったころが一般的というのが定説です。

マッチングしてすぐに「会おう」と言われたり、「LINEの方でメッセージを交換しよう」などと声をかけられたりしたら、「業者かも?」と疑った方がよいでしょう。

早く会いたがるのは風俗関連業者・宗教団体・ネットワークビジネス・マルチ商法の業者である可能性があります。

一方、「このアプリよりもっといいツールがあるよ」などと外部に誘ってくるのは他サイト誘導業者・個人情報回収業者と考えてよさそうです。

微妙に会話が成り立たない

マッチング相手が業者だった場合、相手のペースでメッセージが進みがちです。普通にやりとりしていても、いつの間にか違う話にすり替えられることが多いでしょう。

例えば、あなたが「将来は○○(職業など)で活躍したい」と話せば、「そのためにはお金が必要」「簡単に稼げる方法がある」などビジネスの話に持っていくのがその手口です。

あるいは、「旅行に行きたいな」と言えば「自分はある人のおかげで時間もお金もできたから、海外旅行によく行く」「その人と会ってみない?」とよからぬ団体に勧誘されることもあるでしょう。

「お互いのことを知りたいだけなのに」「何でこんな話になったんだっけ?」と相手に違和感を覚えたら、メッセージを返すのは控えるのがベターです

業者とマッチングしたときの対処法

スマホの画面

業者の中には、プロフィールや写真をきちんと掲載し、一般ユーザーと見分けが付かない人もいます。

うっかり業者とマッチングしてしまったときは、徹底して「NO」を突きつけることが大切です。

男性業者とマッチングしてしまったときの対処法を紹介します。

はっきりと断ることが重要

マッチング後にメッセージで勧誘されたりほかのサイトへの移動を促されたりした場合は、はっきりと断りましょう

マッチングしただけなら、相手はあなたのことを何も知らない状態です。そのままブロックしてしまえば相手との関係が絶たれるだけなので、ためらう必要はありません。

勧誘なら「興味ありません」ほかのサイトでやりとりしようと言われたら「できません」とストレートに伝えましょう。

なお、対面後に業者だと分かった場合も同様に、毅然とした態度で断るのが大切です。

とはいえ、相手を前にすると恐怖から言葉が出なくなることも多々あります。その場から離れるチャンスを狙い、相手の話を聞かないことに注力しましょう。

断った後はブロックでOK

マッチングした男性が業者だった場合、それ以上やりとりを続けても意味がありません。業者だと気づいたらさっさとブロックしてしまいましょう。

ブロックすれば、相手はあなたにメッセージできなくなる上、画面にも表示されなくなります。再びマッチングする可能性もないので、心機一転、新しい相手を探せます。

「ブロックすると、相手に通知されるのでは」と心配する人もいますが、相手にはあなたがブロックしたことは分かりません

アプリにもよりますが「退会した」と通知されるのが一般的です。

運営にも連絡しておこう

マッチングアプリでの勧誘は、規約違反行為に該当します

今後あなたと同じ被害に遭う人を出さないためにも、業者を見つけたら運営元に通報して厳正に対処してもらいましょう。

通報の方法はマッチングアプリによって異なりますが、相手のプロフィールページから違反報告できるようになっているケースがほとんどです。通報の理由や被害の状況も詳細に報告できるので、きちんと記しておきましょう。

このとき気を付けたいのは、通報前にブロックをしないことです。先にブロックしてから通報しようとすると、相手が表示されなくなり、通報できません。

業者に出会ってしまったときは通報→ブロックが正解です。

そもそも安全なアプリの見分け方とは

スマートフォンと小物

業者とマッチングしないためには、そもそも業者が活動しにくいマッチングアプリを選ぶことが大切です。

安全対策やトラブル対応がきちんとしているアプリなら、万が一困ったことが起こっても適切に対応してもらえます。

真剣に恋活・婚活する人が選ぶべきアプリの特徴を見ていきましょう。

運営元が信頼できる大手企業か

運営元を見たとき、上場企業や上場企業のグループ企業ならひとまず安心してよいでしょう。

運営元がしっかりしているマッチングアプリは、ユーザーサポートや安全対策が充実しています。

アプリによっては365日24時間体制でサイト全体を監視しているものもあり、真剣な恋活・婚活をしている人が安心してつかえるようになっています。

一方で、運営元が不明だったり海外企業だったりする場合は、サクラや業者の比率が高く、ユーザーサポートも十分とはいえません。

アプリそのものが詐欺のケースもあるので、うかつに登録しないようにしましょう。

年齢・本人確認があるか

日本では18歳未満がマッチングアプリを利用することは違法であり、登録が認められません。

入会時に運転免許証などの公的な身分証明書の提出を求めるアプリは、信頼できると考えてよいでしょう。

ただし、アプリの中には、証明書の一部を隠しても登録できるものがあり、悪質ユーザーが他人の身分証明書をつかって登録している可能性がないとはいい切れないサービスがあります。

安全なマッチングアプリを見極めるなら、「全体が確認できる書類の提出が必須」などと明記されているものを選びましょう。

インターネット異性紹介事業の届け出済みか

マッチングアプリは、インターネット異性紹介事業に該当します。

運営に当たっては運営元の所在地を管轄する都道府県公安委員会への届け出が必要で、これを提出していないアプリは違法です。

登録する前にインターネット異性紹介事業の届け出済みかどうかをきちんと確認しましょう。

届け出が済んでいるかどうかは、公式HPなどを見れば確認できます。

例えば、「タップル」の場合は「インターネット異性紹介事業届出済」「受理番号:30140070007」と明記されています。

参考:インターネット異性紹介事業の届出方法について – 愛知県警察
参考:安心安全なマッチングサービス | 株式会社サイバーエージェント

まとめ

業者とマッチングしてしまうと、セールストークを聞かされたり個人情報を抜き取られたりする恐れがあります。いいねをする前に相手のプロフィールをしっかりとチェックし、業者特有の怪しさはないか確認しましょう。

うっかり業者とマッチングしてしまった場合は、断固拒否が基本です。なるべく早く関わりを断ち、通報してからブロックしましょう。

なお、安全に楽しく恋活・婚活したい場合は、国内の大手運営会社・本人確認が必要・事業届出済みなどをクリアした、信用できるマッチングアプリを選ぶことも大切です。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る