「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホの画面

マッチングアプリのルールは?すてきな恋の始め方と守るべきこと

マッチングアプリの基本ルール

スマホの画面

マッチングアプリでは多くの異性の中から自由にお相手を探せます。しかし何をしてもよいというわけではありません。

全ての人が快適に利用できるよう定められたルールについて、確認していきましょう。

18歳以上の独身男女が利用

マッチングアプリを利用できるのは、18歳以上(多くの場合高校生も不可)の独身男女のみです。

18歳未満についてはいわゆる「出会い系サイト規制法」が適用されるため、利用はもちろん登録もできません。

これからマッチングアプリを探すつもりの人は、まず利用規約をチェックしてみるとよいでしょう。

ほとんどのアプリで「18歳未満の使用は禁止」と明記されており、登録時に年齢を確認する旨が記されているはずです。

参考:インターネット異性紹介事業の届出方法について|愛知県警察
参考:出会い系サイト規制法施行規則|なくそう、子供の性被害。

主な禁止事項をチェック

マッチングアプリには厳しい禁止事項がたくさんあり、少しでもそれに抵触すると「強制退会」「利用停止」などの処分がされます。

ただし、禁止事項はアプリによって多少の差があるので、利用するマッチングアプリの規約をよく読むことが必須です。

一般的な禁止事項としては以下のようなものがあります。

  • 良識に欠けるものや、品位に欠けるもの
  • ほかの会員や第三者を中傷したり名誉を傷つけたりするもの
  • 権利を侵害するもの
  • 社会倫理や法令に反するもの
  • 商業行為

例えば、アダルト系の目的でマッチングアプリをつかうのはNGです。また、アプリ上で特定の個人を攻撃したりプライバシーをさらしたりすることも許されません。

このほか法律違反や公序良俗違反、お金のやりとりなどがあった場合も、アカウント削除などの厳しい措置が取られるでしょう。

複数のアプリに登録するのはOK?

スマートフォンを操作する人

複数のマッチングアプリに登録しても、ルール違反にはあたりません。むしろ、恋活としてはおすすめの方法です。

複数のアプリをつかうべき理由やつかい方のコツを紹介します。

出会いのチャンスが増えるのでおすすめ

複数のアプリを並行してつかえば、出会える人の母数が増えます。当然ながらマッチング率も高くなり、さまざまなタイプ・年齢・趣味の人と出会えるでしょう。

「このアプリは軽い人が多過ぎる」「年齢が上過ぎる」など、主観的なイメージ先行でつかうアプリを絞ることは、出会いのチャンスを狭めることにつながります。

まずはいろいろなアプリに登録して、たくさんマッチングしてみましょう。

その上で、「好みの人が多い」「たくさん出会える」と感じるものが見つかれば、そのアプリに集中すればよいのです。

アプリ内で同時進行もOK

マッチングアプリでは「1人としかやりとりしてはいけない」というルールはありません。

むしろ同時進行があたりまえで、早くお相手を見つけるためのコツとして推奨されています。

もしも1人としかやりとりしていない場合、その相手とうまくいかなければ、また1からやり直さなければなりません。そうなると「もうやりたくない…」と落ち込むこともあるでしょう。

しかし、同時進行中の人がほかにいれば「まぁいいか」「次に進もう」と気持ちを切り替えやすくなります。

また、複数人とやりとりすれば、マッチングアプリのコツも分かってきます。メッセージの返答やマッチング相手の見極め方がうまくなり、より効率的にお相手探しができるようになります。

マッチングアプリで気を付けること

スマートフォンを操作する人

マッチングアプリを安全に利用するためのルールがあっても、個人同士の全てのやりとりまではカバー仕切れないのが現状です。

マッチングアプリでマッチングできた相手に対し、簡単に警戒心を解くのはおすすめできません。

誰かとマッチングできたとき、気を付けたいポイントを紹介します。

相手をすぐには信用しない

マッチングしてすぐは、本名・LINE・SNSアカウントといった個人情報の交換は控えます。

「本名を教えるのもダメなの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ネットに詳しい人ならば、わずかな個人情報からあなたのことを調べ上げるのは簡単です。SNSアカウントやブログ、ついにはあなたの住所や電話番号まで辿られてしまう可能性があります。

マッチングしたばかりの相手は「まだよく知らない人」だと心に留め、信頼関係ができるまでは個人情報を伝えないことが大切です。

あやしい、しつこい異性はスルー

マッチングアプリのユーザーには、業者・ヤリモクなどが潜んでいるケースがあります。

メッセージをやりとりしていて不審に思うことがあれば、無理に返信をする必要はありません。

一般的に、次のような特徴を持つ人は業者の可能性が疑われます。

  • やたらとスペックが高い
  • ものすごい美女・イケメン
  • マッチングしてすぐまたは夜に会いたがる

このほか、実際にメッセージのやりとりをする中で違和感がある場合、一度冷静になって相手との今後を考えていく必要があるでしょう。

※タップル運営事務局では24時間・365日 サービス監視を行い、「業者」と呼ばれる悪質なユーザーに対して適切な対応をとっています。

直接会うときは慎重に行動する

メッセージからデートのステップに進んだ場合の注意点も確認しましょう。最初のデートは、次の条件がそろう場所を選びます。

  • 昼間
  • 人がたくさんいる
  • 短時間

女性の場合、「見知らぬ男性と密室で会ったり長時間過ごしたりするのは不安…」と思うのが自然です。

メッセージで感じのよかった人だとしても、会うまでは分かりません。安易に信用せず、初回デートは様子見と心得ましょう。

また男性の場合も、初デートに夜デートや1日デートを選ぶことで、あらぬ疑いをかけられてトラブルにならないよう「物足りないな」と感じるくらいのデートがおすすめです。

初回のデートは、上記の条件をクリアできるカフェデートやランチデートが無難でしょう。

プロフィールには必ず顔写真を載せるの?

スマートフォンを操作する人

マッチングアプリで顔写真が必要となるかどうかは、選ぶアプリのルールによって違います。

ただし、早く恋活を成功させたいのなら、顔写真を載せた方がマッチングしやすくなるでしょう。

プロフィールでの顔写真の必要性や顔写真を載せた方がよい理由を紹介します。

アプリによって審査基準が異なる

マッチングアプリでは、顔写真の設定が必須となっているものが多い傾向です。

細かいルールが設定されているケースも多く、以下のような顔写真ではプロフィール写真として認められないことがあります。

  • 不鮮明な写真
  • 芸能人の写真
  • 複数で写っている写真
  • 本人認証時と違う人物に見える写真
  • 公序良俗に反する写真

このほか、加工感満載のプリクラ写真や、上下が逆さまになっている写真、車のナンバーが写っていたり勤務先や自宅を特定できる情報が入っていたりする写真も避けるべき対象です。

プロフィール写真を選ぶときは、各アプリのルールにマッチしているかどうか、確認しましょう。

写真は相手を判断する重要材料になる

好みの相手を見つけるとき、ユーザーはまず外見で「アリ・ナシ」を判断しがちです。写真がない場合、「なぜ写真を載せないのだろう」と不審がられるかもしれません。

プロフィールの良し悪しにかかわらず、「ナシ」と判断される可能性が高いでしょう。

また、写真があれば、プロフィールでは分からないあなたの雰囲気や特徴を伝えられる上、プロフィールの情報を補足することも可能です。

印象がさらによくなり、いいねのきっかけを作ってくれます。

恋愛攻略ルール!写真編

笑顔の女性

マッチングアプリでは、プロフィール写真がマッチングの成否を握るといっても過言ではありません。

好みの相手とマッチングしたいなら、写真の撮り方や選び方に注意しましょう。

異性にモテるプロフィール写真の特徴を紹介します。

メイン写真は笑顔と清潔感を重視

最初に目に入るメイン写真は、親近感を得やすい笑顔の写真がおすすめです。女性なら「愛嬌がある」、男性なら「優しそう」などと思われやすいでしょう。

また、見た人に好印象を与えるなら、清潔感も必須です。髪、肌をベストコンディションに整えておくことはもちろん、服にシワやシミがないかどうかもきちんとチェックしておきましょう。

なお、コーディネートはカジュアルに寄り過ぎず、きれいめを目指します。男性はジャケット、女性は清楚系のワンピースなどを着用すると、好印象です。

サブ写真は趣味や興味のあることを

マッチング相手を探すときの手掛かりとして、共通の趣味や興味を重視する人も少なくありません。サブ写真を選ぶときは、自分の趣味や興味が分かるものがおすすめです。

例えば、スポーツが趣味の人は運動中の写真、旅行が趣味の人は旅行中の写真を載せます。同じ趣味の人からいいねを集めやすく、話や価値観が合う人と出会いやすくなるでしょう。

「趣味らしい趣味がない…」という人は、公園などで撮った写真やお気に入りのカフェでくつろいでいる写真などでもOKです。

「屋外でのんびり過ごすのが好き」「カフェ巡りが好き」などと記載すれば、共感してくれる人が見つかります。

加工のし過ぎには注意して

写真を加工し過ぎると、実際に会ったとき「イメージと違う…」と思われる可能性があります。

写真の見映えにこだわり過ぎて、極端に目を大きくしたり輪郭を変えたりするのは避けましょう。

近年は写真加工アプリに慣れた人が多く、加工感の強い写真は「実物と違うんだろうな」と思われたり、プリクラ写真は「実物のイメージが湧きにくい」と敬遠されたりするでしょう。

これをプロフィールに掲載しているだけで「ナシ」と判断される可能性もあります。

どうしても加工したい場合は、肌質を整えたり明るさを調整したりする程度にとどめるのがおすすめです。

プロに依頼するのもおすすめ

基本的に、プロフィール写真は自撮りよりも他撮りの方が印象がよいといわれます。

友達に「撮って」とお願いするのもアリですが、プロのカメラマンに依頼するのがおすすめです。

プロのカメラマンは、レフ板等で光のあたり具合まで調整して撮影します。ナチュラルに盛れた写真が完成し、映り方に不自然さがありません。

ポージングや顔の角度についてもベストな提案をしてくれるため、写真慣れしていない人でも不安なく任せられるでしょう。

プロが撮ったクオリティの高い写真をメイン写真とすれば、ユーザーのいいねを集めやすくなります。マッチング率も、一気に高まるはずです。

恋愛攻略ルール!プロフィール編

スマートフォンを操作する人

メイン写真を設定したら、プロフィールをしっかりと埋めていきます。写真で好印象を与えたら、プロフィールで相手の心をつかみましょう。

読む人に好印象を与えやすいプロフィールのポイントを紹介します。

項目はしっかり埋めよう

選ぶマッチングアプリにもよりますが、プロフィールに書くべき項目は20~30項目あることがほとんどです。

きちんと書くとそれなりに時間がかかりますが、残さずきちんと埋めましょう。

プロフィールに空欄があると、「書くと都合が悪いのかな」と思われたり、やる気がないように見えたりして、マッチングしにくくなってしまいます。

読む人に「自分はこんな人です」としっかり伝えられるプロフィールは印象がよく、マッチング率も上がります。

文章は400文字前後にまとめる

プロフィールの文字数は、必要な情報を不足なく盛り込める400文字前後を目安とします。

400文字より少ないと人となりが伝わりにくく、多過ぎると「読むのが面倒くさい」などと思われるかもしれません。

また、プロフィールは視覚的な見やすさも重要です。400文字の文章を書くときは、区切りのよいところで改行を入れましょう。1文は長過ぎないよう注意し、必要があれば箇条書きを入れるのもおすすめです。

印象のよいプロフィールのポイントは、スマホをスクロールしなくても読める長さにまとめることです。

プロフィール画面を開いただけで、必要な情報が全て確認できるようにしておきましょう。

うそや誇張した表現はNG

うそや誇張で盛ったプロフィールでマッチング率を上げても、恋人が見つかる可能性は低くなります。

よい人に出会えたとしても、あとでバレたとき、相手からの信用を失ってしまうでしょう。

身長・体重を少しごまかすくらいなら、笑い話で済む可能性もありますが、基本的にうそをつく人は好まれません。

仕事・年齢・趣味どんなテーマでもうそは控え、今のあなたに好印象を持ってくれる人を探しましょう。

このほか、ネガティブな表現や上から目線の表現もよい印象を与えないため、控えるのがベターです。

項目別の具体的な書き方

スマートフォンを操作する人

マッチングアプリのプロフィールでは、ウケを狙う必要はありません。読みやすく丁寧に書けば、好印象のプロフィールとなるでしょう。

プロフィールの書き方について、項目別に詳しく紹介します。

あいさつとお礼

プロフィールの文頭にあいさつと読んでくれたことへのお礼があると、相手に丁寧でマナーをわきまえている印象を与えます。その後、自分の名前や居住地、仕事などに触れるとよいでしょう。

以下、相手に好印象を与えるプロフィールの例文です。

  • 初めまして。プロフィールを読んでくださってありがとうございます!□□に住んでいる○○です。都内でSEとして働いています。
  • こんにちは。プロフィールに目をとめてくださり、ありがとうございます。販売員として働いている○○です。□□県に住んでいます。

あいさつ・お礼は小さなことに見えますが、マッチングアプリの基本ルールとして実践するのがおすすめです。

自分の性格について

性格について書くときは「○○な性格です」などと短く言い切った方が伝わります。以下、プロフィールで性格について書く際の例文を確認しましょう。

  • 物静かで穏やかな性格です。友人からは「一緒にいると落ち着く」と言われます。
  • 社交的な性格で、誰とでも仲良くなれます。周囲からは「盛り上げ担当」と言われます。

一言で表すのが難しい場合は「外向的」「内向的」など、大まかな傾向を、読む人がイメージしやすい言葉で書いておきましょう。

ただしこのとき注意したいのが、ネガティブな言い回しをしないことです。プロフィールでネガティブな印象を持たれると、マッチング率が下がります。どんなこともポジティブな言葉に置き換えることが大切です。

「友達に言われる」「周囲に言われる」などのように、第三者から見たあなたのイメージを加えると具体性が増すため、積極的に取り入れてみましょう。

趣味について

趣味を詳しく書いておくと、共通の趣味を持つ人からアプローチされやすくなります。今好きなことや興味を持っていることがあるのなら、できるだけ詳しく書きましょう。

以下例文のように、固有名詞を出したり、具体的なエピソードを加えたりするのがおすすめです。

  • 趣味は体を動かすことです。仲間とサッカーチームを作っており、休日はサッカーをしています。
  • 趣味はカフェ巡りです。○○エリアのカフェはほぼ制覇しました。次は△△エリアを狙っています。

一方、趣味がない人は休日にどのようなことを過ごしているのか書いてみてはいかがでしょうか。

休日に車ででかけることが多いなら「趣味はドライブ」、家で動画を見ていることが多いなら「映画・ドラマ鑑賞」などとすればよいでしょう。

趣味から出会いが見つかったり話が広がったりするケースは少なくありません。マッチング率を上げたいなら「趣味はありません」と書くのはNGです。

恋愛観について

相手に求める条件があれば、きちんと書いておくのがおすすめです。恋愛観については、どんな関係を築きたいかを書くとよいでしょう。

  • いつも一緒に楽しく笑っていたいので、笑いのツボが同じ人だとうれしいです
  • いろいろなことを共有できる関係に憧れるので、誠実でうそをつかない人が理想です

ポイントとしては、「一緒によい関係を作っていきたい」というイメージを伝えることです。相手が共感しやすく、いいねをもらいやすくなります。

「○○な人はお断り」「△△な人にはお返事しません」などのような書き方は印象が悪いので避けましょう。

また、「年収は○○」「職業は○○」などと並び立てると、打算的な印象が強くなってしまいます。スペック面の条件については、具体的に書き過ぎない方がベターです。

まとめ

マッチングアプリはさまざまなルールがありますが、難しいことはありません。一般常識を守ってつかえば特に不安に感じることもなく、楽しく恋活できるでしょう。

ただし、やりとりはインターネットで行うため、個人情報の管理には十分に注意しましょう。

また、マッチングアプリで出会いのチャンスをつかむには、マッチングアプリならではの暗黙のルールを知っておくと有利です。

プロフィール写真の撮り方からプロフィールの作り方まで、必要なポイントをきっちりと押さえましょう。
モテ試しする?

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る