「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ノートをかく女性

婚活女性に知ってほしいプロフィールの書き方。選ばれるためには?

婚活に欠かせないプロフィール

ノートをかく女性

婚活の成否を左右するのがプロフィールです。面倒だからと適当に書いてしまうと、出会いのチャンスを遠ざけてしまうかもしれません。プロフィールを充実させ、アピール力を高めましょう。

婚活にプロフィールが欠かせない理由や、必ず書いておきたい内容を紹介します。

自分を知ってもらうことが目的

婚活でのプロフィールは自己紹介です。詳しく書かれているものほどアピール力が高まり、見る人の興味を引きやすくなります。

そもそも、対面したこともない人を結婚相手として見るのは、簡単なことではありません。「もっと情報がほしい」と思う人がほとんどで、それができない場合は「やめておこうかな…」と敬遠される可能性もあるでしょう。

一方、詳細に書かれたプロフィールは、相手にあなたの人となりを伝える手掛かりとなります。

相手が「趣味が同じだ」「出身地が同じだ」などの共通項を見つければ、「この人にアプローチしてみよう」と思ってもらえる確率はグッと高くなるでしょう。

記入しておくべき内容

プロフィールに抜けが多かったり魅力がなかったりすると、スタート時点でつまずいてしまいます。

多くの人に「会ってみたいな」と思ってもらえるよう、プロフィールには以下の項目を盛り込んでおきましょう。

  • 生年月日
  • 居住エリア
  • 身長
  • 学歴
  • 職業
  • 年収
  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 自分の性格について
  • 結婚観
  • 自己PR

「こんなにたくさん?」と思う人が多いかもしれませんが、情報が多くて困ることはありません。

プロフィールはきちんと書かれている方が好印象です。面倒がらず、一つ一つ丁寧に記載しましょう。

プロフィールを書くときのポイント

キーボードを打つ

プロフィールは内容が重要なのはもちろんですが、書き方にも配慮が必要です。魅力的なプロフィールにしたいとき、気を付けたいポイントを見ていきましょう。

うそをつかず正直に書く

プロフィールでは、ありのままのあなたを伝えることがマストです。「もっと華やかさがほしいな」などと思っても、うそをついたり盛ったりするのは止めましょう。

うそのプロフィールで誰かと付き合えたとしても、うそはいつかバレるものです。「だまされた…」と相手が感じれば、関係はそこで終了するかもしれません。

また、「いつかバレるかも」と不安を抱きながら婚活をするのは、あなたにとってもプラスにはなりません。婚活がストレスになりかねないため、プロフィールにはありのままの自分を記載しましょう。

相手に伝わりやすい文章で書く

見た人にあなたの情報をきちんと伝えられるよう、プロフィールは分かりやすく丁寧な文章を心掛けると好印象です。

ただし、いくら分かりやすくても、箇条書き短文を並べただけのプロフィールは避けましょう。婚活のプロフィールとしては事務的過ぎて、冷たい印象になってしまいます。

例えば「趣味はランニング」と書かれただけのプロフィールは、素っ気ない印象を与えます。

一方、「趣味はランニングです。朝ランチームに入っていて、毎日○キロ走っています」など書かれたプロフィールは、丁寧な印象を与えます。

「会いたい」と思ってもらいやすいのは、後者のプロフィールでしょう。

ネガティブな表現は避ける

プロフィールは何でもありのままを書けばよいわけではありません。うそをつかないことは重要ですが、ネガティブな印象を与えないことも同じくらい重要です。

一見するとマイナスにも取られそうな言葉は、ポジティブな言葉に転換して記載しましょう。

例えば、「話し下手」は「聞き上手」、「ルーズ」は「大らか」などと言い換えると、ネガティブな印象になりません。

また、女性はつい「男性と話すのが苦手で…」「趣味といえるほどのものはありません」など謙遜の表現を多用しがちです。

謙遜も過ぎるとネガティブな印象になってしまうので、避けるのが無難でしょう。

女性向け プロフィールの例文

書類を書く女性

プロフィールにはさまざまな項目を記載しますが、中でも重要なのは「性格」「職業」「趣味・休日の過ごし方」「職業」です。これらを分かりやすく詳細に書くことで、マッチング率はグッとアップします。

「どうやって書いたらよいか分からない」という人は、例文を参考にして自分のプロフィールを仕上げてみましょう。

自分の性格について

性格について書くときは、「〇〇な性格」「○○です」と分かりやすく表現しましょう。

  • 明るい性格なので、あまり落ち込むことはありません
  • 友達からは「一緒にいると元気になる」と言われます
  • 聞き上手で、人の話を聞くのが好きです
  • 友達から相談されることも多く、「安心して話せる」などと言われます

ポイントは、一言二言で述べることです。人にはいろいろな側面がありますが、その全てを書き記そうとすると、かえってあなたがどんな人なのかが伝わりにくくなってしまいます。

「明るい性格です」「聞き上手です」と端的に記せば、読む人もあなたをリアルにイメージしやすくなります。

また、他人から見たあなたの評価やエピソードを載せると、プロフィールに真実味が出ます。あなたの性格について、周囲はどう評価しているか、何と言われるかなどを書きましょう。

なお、短所については深く触れる必要はありません。あくまでも婚活のためのプロフィールなので、アピールしたいポイントを深堀りするのがおすすめです。

職業について

職業については、以下のように大まかな職種や内容を記載すれば問題ありません。

  • 保育士として毎日子どもたちと走り回っています。子どもが好きなので、天職だと思っています
  • 文具メーカーの営業事務をしています。営業のフォローですが、縁の下の力持ち的な役割は自分に合っていると思います

重要なのは、あなたがどのような思いで仕事に取り組んでいるかということです。今の仕事に感じているやりがいや情熱を記せば、ポジティブで感じのよいプロフィールとなります。

なお、無職の場合もありのままを書きましょう。「家事手伝いで家事スキルを磨いています」「目標があって求職中です」などと書けば大丈夫です。

趣味や休日の過ごし方について

まず趣味は、プロフィールの中でもアピール力の高い項目です。以下のようにきちんと記載することで、同じ趣味の人から注目してもらえる確率が高まります。

  • 体を動かすことが大好きで、週2回スポーツジムに通っています
  • スポーツ観戦も好きで、野球やサッカーの試合などをよく見に行きます
  • 休日は好きなカフェを巡ってのんびり過ごします
  • 友達と遊ぶときは、○○でショッピングしたり映画を見たりすることもあります

マッチング後も趣味の話題で盛り上がれるので、一つだけではなく複数の趣味を挙げておくのがおすすめです。

一方、休日の過ごし方は、その人のライフスタイルや人柄が垣間見える項目です。休日に「誰と」「どんなことをしているか」をきちんと伝えましょう。

あなたと似たライフスタイルの人が興味を持ち、アプローチしてくれるかもしれません。

結婚観について

結婚観について記載する場合は、以下のように理想とする家庭のイメージを書くとよいでしょう。

  • 2人で支え合いながら、笑顔の絶えない家庭を作りたいです
  • お互いが一緒にいるだけでやすらげるような、温かい家庭を築きたいです

ただし、「家事も育児も夫婦で分担」などのように、相手に理想を押しつけるような書き方はNGです。

また、「子どもは男の子と女の子で、海のそばの家で…」などと具体的に書き過ぎると、相手を困惑させてしまう可能性があります。リアルな結婚の理想がある場合でも、少しぼかして控えめに記載しましょう。

好印象を与えるポイントは、「相手と一緒にすてきな家庭を作りたい」とアピールすることです。

押しつけがましさがなく、相手も結婚後の生活をイメージしやすくなるでしょう。

プロフィール写真も大事な情報源に

自撮りする女性

プロフィールの内容のほか、多くの人が注目するのがプロフィール写真です。ここで好印象を与えられなければ、いくら魅力的なプロフィールを作っても読んでもらえません。

魅力的なプロフィール写真を用意するために、覚えておきたいポイントを紹介します。

笑顔と清潔感を意識する

緊張した無表情の顔ではなく、やわらかく明るい笑顔の写真を載せましょう。「話しやすそう」「人懐こそう」などと思ってもらいやすく、第一印象で弾かれる可能性が低くなります。

ただし、無理に作ったような不自然な笑顔は逆効果です。自然ににこっとできるよう、普段から鏡の前で練習しておくとよいでしょう。

また、どんなにきれいな女性でも、清潔感のない人は好まれません。派手な服、露出の高い服を避けるのはもちろん、メイク・ネイル・ヘアカラーなどもやり過ぎないようにしましょう。

プロフィール写真では、顔が明るく見える色の服を着用し、長い髪はきれいにまとめます。華美なアクセサリーも避け、シンプルに装うのが好印象です。

プロに依頼するのもおすすめ

プロフィール写真で絶対に失敗したくない人は、プロに依頼するのがベターです。

フォトスタジオならプロ仕様の機材がそろっているほか、素人には難しいライティング技術も駆使してくれます。スマホで撮った写真とは大違いの、ハイクオリティなプロフィール写真が期待できるでしょう。

また、経験豊富なカメラマンは、被写体の扱いも上手です。

さり気なく気を配りながら、あなたから最高の笑顔や表情を引き出してくれます。ヘアメイクから衣装までお任せすれば、あなたにとって最高の1枚が撮れるはずです。

自信を持って「これが私です」と言える写真は、婚活をする上で心強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

婚活の初期段階では、プロフィールが相手のことを知る唯一の手掛かりとなります。プロフィールが婚活を左右するといっても過言ではないため、項目の一つ一つを丁寧に書き込むことがおすすめです。

どんなことも、書き方一つ、言葉の選び方一つでイメージが変わります。せっかくならポジティブな言い回しをたくさん入れて、あなたの魅力をしっかりとアピールしましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る