「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
デートをするカップル

マッチングアプリ3回目デートの断り方が知りたい。上手に断るコツも

そもそも3回目デートの意味って?

デートをするカップル

「3回目のデート」は、多くの人が「一つの節目」と考えるポイントになります。

もしもあなたが「3回目のデートを断りたい…」と考えているのなら、早めに相手に伝えるのがおすすめです。

しかしなぜ、多くの人が「3回目のデートは重要」と考えるのでしょうか?その理由について見ていきましょう。

お互いに脈アリだと感じる回数

一般に、3回目のデートは「恋人になれる」と実感しやすい節目とされることが多いデートです。

マッチング後、メッセージでお互いに「会いたい」と思えれば、2人は1回目のデートをします。

ここでお互いの価値観や考え方をチェックし合い、「アリかナシか」を判断します。もしどちらかが「この人は違う」と思えば、次のデートはありません。

1回目のデートをクリアして2回目のデートが実現したということは、お互いに「アリ」と感じたということです。

そして3回目のデートに辿り着けたのなら、少なくとも好意を持ち合っていることになるでしょう。

そのため、3回目のデートが成功すれば「恋人同士になれる」と期待する人が大半なのです。

次のステップに移りやすい回数でもある

マッチングアプリは恋の進行スピードが速く、3回目のデートを「恋人にステップアップするタイミング」と考える人は多くいます。

デートを開始する前から相手を恋愛対象として意識していることが多いため、「3回目のデートをクリアしたら恋人同士になれる」と期待に胸を膨らませる人がいるのは当然のことかもしれません。

「デートも3回目だし、そろそろ告白をしよう」「そろそろ告白してくれるかな」という空気になりやすく、仮に「次の段階に進みたくないな」と思った場合、重い気分になりがちな回数といえるでしょう。

3回目デートの断り方 キープしたい場合

コーヒーを飲みながらスマホを操作うする女性

「3回目のデートで付き合えると思われても困るけれど、完全に縁を切るのもためらわれる…」このような場合は、完全に次がなくなるような断り方は避けましょう。

相手に不快感を与えないよう、丁寧に言葉を選ぶことが大切です。まだつながっていたい相手とのデートを断るとき、気を付けたいポイントを紹介します。

体調不良を強調する

デートをキャンセルする理由が体調不良なら、相手も納得しやすくなります。

ただし、このとき「ちょっと体調が悪いので」などと伝えるのはNGです。何がどのくらい悪いのか分からず、「もしかしたらデートをキャンセルする口実?」と疑われるおそれがあります。

相手に連絡するときは、「熱が○○度あって、起きていられないので…」「頭が痛くて、薬を飲んでも治まらなくて…」などと、具体的な症状を伝えましょう。詳細を聞けば、相手も疑心暗鬼にならずに済みます。

なお、体調不良でも「デートをキャンセルして申し訳ない」ということはきちんと伝えましょう。

別の日を提案して断る

3回目のデートをキャンセルするときは「また今度にしましょう」「また次の機会に…」などと言うのは好ましくありません。

「また今度」という言葉を「単なる社交辞令」「実際はNO」と捉える人は少なくありません。相手に不安を与えないよう、断り方にも配慮することが大切です。

より印象のよい断り方をする場合は「○週目~○週目の週末なら空いてます」「○○日か、△△日はどうですか?」など、次のデートの日程を具体的に提案しましょう。

これなら相手も「本当に都合が悪かっただけなんだな」と理解を示してくれるはずです。

3回目デートの断り方 シャットアウトする場合

スマホを操作する男性の手

1回、2回とデートをして「この人はないかな…」と判断したのなら、きっぱりと断るのがベターです。

ただし、あまりにストレートすぎると相手を傷つけてしまうかもしれません。

今後、その相手とデートをするつもりがない場合の上手な断り方を紹介します。

自分とは合わないと伝える

相手が自分の好みのタイプではなかったとしても、「タイプじゃなかったので」などと伝えると相手は傷つきます。「価値観が合わない」と伝えましょう。

恋人として付き合う上で、価値観を共有できることは大切です。「価値観が違う」と言われれば、相手も「仕方ない」と納得しやすくなります。

実際に断るときのポイントは「あくまでも自分に非がある」体にすることです。

まずは「○○さんはとても素晴らしい方ですが…」などと伝えます。その上で「真剣に相手を探しているからこそ、あなたとは付き合えません。わがままを言ってすみません」と真摯に謝罪しましょう。

これなら相手を無駄に傷つけることはないはずです。

恋人ができたことにして断る

あなたに恋人ができた時点で、相手はあなたを恋愛対象から外します。完全に関係を終わらせたいなら、「恋人ができた」と伝えるのもよいでしょう。

「2回もデートをしておいて、不誠実では…?」と心配になる人もいるかもしれません。

しかし、マッチングアプリはたくさんの出会いが望めるアプリです。複数人と同時進行でやりとりするのはNGではなく、途中でマッチング相手にほかの恋人ができるケースは多々あります。

あなたが「恋人ができた」と伝えても、責められる理由はありません。

恋人ができたと伝える場合は、詳細な説明や言いワケは不要です。きっぱりと「恋人ができたのでデートできません」と伝えましょう。

アプリを止めると伝える方法も

ストレートに断るのに抵抗がある人は、「アプリを止める」と伝えるのも一つの方法です。社会人なら「仕事が忙しくて」など、仕事を理由にするとよいでしょう。

とはいえ、「しばらく休むつもりです」「もうアプリにログインしないかもしれません」などと言うと、相手は「じゃあ待ってるね」「また落ち着いたら連絡してね」という返事をしてくるかもしれません。

相手が期待しないよう「アプリを完全に止める」ということをしっかり強調しましょう。

3回目のデートを断る際のポイント

電話尾をする女性

3回目のデートともなれば、相手は関係の進展を期待しているはずです。

もしもあなたが誘いを断ってしまったら、相手は大きなショックを受けるかもしれません。

断るときは通常よりも慎重を期し、相手の立場に立った配慮が必要です。3回目のデートを断る際のポイントについて紹介します。

責めるような断り方はNG

相手をがっかりさせる可能性が高いからこそ、3回目のデートを断るときは言葉の選び方に気を付ける必要があります。

たとえ冗談でも、相手の容姿が気に入らない・性格に不満があるような言い回しをしないように心がけましょう。

何回かメッセージのやりとりをしたり、1~2回デートをしたりしたくらいでは、相手の本質は分かりません。もしかすると「キレやすい人」「ストーカー気質の人」だったなどということもあり得ます。

3回目のデートを断るときは、下手に相手を刺激しないように慎重になるのがマストです。「自分が言われたらどう感じるか」を考え、相手の不興を買わない表現を選びましょう。

感謝と共に断る

もう会うつもりがないとしても、相手があなたのために時間をつかってきたことは事実です。今まで相手がしてくれたことに対しては、きちんと感謝を伝えましょう

また、デートを断るとき「付き合えません」「会えません」だけではギスギスしがちです。お断りのメッセージの不快感を少なくするためにも、「ありがとう」「楽しかったです」「うれしかったです」などの言葉は必要です。

感謝の言葉を伝えられれば、相手も悪い気はしません。お互いによい印象のまま別れられ、次のお相手探しに集中しやすくなります。

断るときも誠実であることが大切

断るとき、冗談めかしたり嘘っぽさ全開の言い方をしたりするのは不誠実な印象を与えるため注意が必要です。

「あなたとの未来をしっかり考えたけれどだめだった」「お互いにもっとよい人がいると感じた」など、相手とのことをきちんと考えた上での「ごめんなさい」であることを伝えます。

あなたが真剣に考えてくれたと分かれば、相手も諦めが付くものです。

「所詮アプリだし」と適当な態度を取るのではなく、誠実かつ真摯な態度で相手と向き合いましょう

まとめ

3回目のデートは、多くの人が「ここがポイント」と気合いを入れるデートです。どうしても気が進まずに断りたい場合は、相手の気持ちに配慮して真摯な態度で断りましょう。

今後もやりとりを続けたい場合は別の日を提案するとよいですが、そうでない場合は「これで終わり」をきっぱりと伝えることが大切です。

「3回目のデートを断るのは気が重い…」と感じる人もいますが、気が乗らないものは仕方ありません。

「この人とは合わない…」と感じながらズルズル付き合うのは、相手にとっても時間の無駄です。なるべく早めに気持ちを伝えて、次の出会いを探しましょう
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る