「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
メッセージ アプリ

マッチングアプリのメッセージがつまらない?すぐできる対処法を紹介

アプリのメッセージがつまらない理由

メッセージ アプリ

マッチングアプリで「メッセージがつまらない」と感じてしまったら、相手への興味も失ってしまうことでしょう。マッチングアプリのやりとりが苦痛になる原因とは何なのでしょうか?

マッチングアプリのメッセージをつまらなく感じてしまう理由について考えてみましょう。

返信が早すぎるor遅すぎる

返信のタイミングが合わない人とメッセージをやりとりすることは、意外とストレスになります。

例えば、ゆっくり返信したいタイプの人が、速攻で返信するタイプの人とマッチングしてしまうと、「急かされているようで疲れる」と感じるはずです。

「後でメッセージしよう」と思っているうちに、「忙しいの?」「どうして返事をくれないの?」などと追いメッセージをされると、相手をブロックしたいとさえ思うかもしれません。

これとは逆に、早めに返信するタイプの人が遅く返信するタイプの人とマッチングすると、「まだ返信が来ない」とイラッとすることもあるでしょう。

やがて返信を待つのが億劫になれば、「もういいかな」とやる気を失ってしまいます。

短文のみで素っ気ない

マッチングアプリでは、基本的にメッセージでしかお互いの人となりを知ることができません。

メッセージの内容や頻度・言葉づかいなどで相手へのイメージを膨らませていきますが、短文のみで終わる人は素っ気なく絡みづらい印象になりやすいです。

話を断ち切るような短いメッセージでは、相手が自分に興味や好意を持っているのか、いまいちつかみきれません。

「盛り上げる気があるのかな?」「キープだから適当に相手をしてる?」などと不安になってしまうのも自然なことでしょう。

相手からの質問がない

日常会話でも、質問に答えた後「あなたは?」と聞き返す人は好印象です。

会話が広がりやすくなる上、興味を持ってくれてうれしいとも感じます。話す・聞くのバランスがちょうどよく、会話していてもストレスがありません。

ところが、メッセージの相手が質問を一切しない人だった場合、質問するのは常に自分となります。

まるでインタビューをしているかのような気分になり、「この人、会話する気あるのかな?」といぶかしく思ってしまうでしょう。

盛り上がらないメッセージのやりとりは、やはり楽しくありません。やがて話のネタを考えるのも面倒になって、「つまらないからやめようかな」と思うようになるのです。

アプリのメッセージがつまらない人の特徴

メッセージを打つ男性

顔が見えないやりとりをしていると、メッセージにその人の特徴や性質がよく表れます。メッセージで「つまらない」という印象を与えがちな人とは、どのような人なのでしょうか?

アプリのメッセージがつまらない人にありがちな特徴を紹介します。

ネガティブな発言が多い

「○○っていう映画を見に行ったんですけど、すごく面白かったです」「え、でもあれ評判が悪いですよ。□□の方が好評です」このように、必ずネガティブな発言から入る人とは会話が盛り上がりません。

否定的な発言が悪いワケではありませんが、マッチングアプリのメッセージは「お互いを知ること」「仲良くなること」が目的です。

議論を交わす場ではないのにもかかわらず、まったく共感を示さない・何かにつけて否定してくるという人に対しては、やはり好印象を持てない人が大半でしょう。

自分自身の意見がない

「○○っていう映画が好きなんですけど、好きな映画はありますか?」「自分も○○が好きです」「今△△が気になっているんです」「自分も気になっていました」

楽しい会話には協調や共感が必要とはいえ、あまりにも相手に意見を合わせる人は、本心を見せていない印象です。

メッセージをやりとりしていても、「適当っぽい」「本心で言っているのかな?」などと感じやすく、心から楽しめないでしょう。

主体性のない人との会話は、気疲れしてしまいます。どれほどメッセージをやりとりしても距離が縮まりにくく、「つまらない」と感じてしまうでしょう。

自分のことばかり話してくる

「趣味はランニングなんですね。いつ走っているんですか?」「毎朝○時から○kmくらい走ります。休みの日は~ですけど、そうじゃないときは~で…」

このように、一つの質問に10くらい自分語りを入れて返答する人とのメッセージは、あまり楽しいものではありません。

質問をする度におびただしい長文が返ってくれば、質問する気も失せてしまいます。

自分のことばかり話す人は、自己顕示欲が強く他人への配慮が足りない印象です

。メッセージに「相手を楽しませよう」という気持ちが感じられず、どうしても「つまらない」と感じてしまうのです。

つまらないときの対処法 好意あり編

電話する女性

マッチングアプリのメッセージのやりとりは、避けて通れないものです。しかし、メッセージがつまらない場合、仲良くなる過程で疲れてしまうこともあるでしょう。

相手に好意や興味があるにもかかわらず、やりとりが苦痛な場合、どうすればよいのでしょうか?つまらないときの対処法を紹介します。

電話をしてみる

メッセージのやりとりに苦痛を感じたら、電話でのやりとりを提案してみましょう。電話なら、短時間でも深い内容の話ができます。

メッセージがつまらないからといって、その人が面白くない人・自分とは合わない人とは限りません。実際に電話で話してみれば、すごく面白かったり興味深かったりすることもあります。

また、電話をすれば相手をよりリアルにイメージできることもメリットです。声のトーンや会話の癖などは、電話でないと分かりません。

実際に会ったときに近い状況を再現しやすく、メッセージを幾度となくやりとりするよりも、「合う・合わない」を判断しやすくなるでしょう。

メッセージではなくデートに誘う

「つまらない」と思いながらメッセージをやりとりしていても、それ以上の進展は望めません。ダラダラとやりとりをして消耗するよりも、早めにデートを提案してみましょう。

実際に相手と会えば、2人の間にある壁がなくなって、よりフランクに話せる仲になるかもしれません。つまらないと感じていたメッセージのやりとりも、楽しくなってくるのではないでしょうか。

「デートの時間が取れない」「すぐに会いたい」などの場合は、ビデオ通話機能をつかったオンラインデートがおすすめです。リアルの対面ではないものの、相手の顔や声・雰囲気はきちんと伝わります。

つまらないときの対処法 好意なし編

放置 スマホ

「つまらない」と思いながらやりとりを続けていると、相手への興味さえなくなってくることがあります。「この人とは、もうないかな」と感じた場合、どのように対処するのが望ましいのでしょうか?

好意を感じない相手とメッセージするときの対処法を紹介します。

無理に返信をしない

「メッセージがつまらない」「そんなに好きじゃない」と感じながらやりとりするのはストレスがたまります。今後、相手との進展を考えていないのなら、返信するのを控えてみましょう

マッチングアプリでの出会いは、リアルでの出会いとはマナーやルールが異なる部分があります。「いきなり返信をやめると失礼かな?」などと考えて、ためらう必要はありません。

その気もないのにやりとりを続けることは、自分はもちろん相手にとっても時間の無駄です。

返信をやめても相手がメッセージを送ってくる場合は、思い切ってブロックすることも検討しましょう。

理由を付けてお断りしてしまう

「中途半端にフェードアウトするのは気が引ける」という場合は、相手に理由を伝えてやりとりを終わらせましょう。

「これで終わりにします」と伝えることで、相手も次に行きやすく、後腐れも残りません。

ただし、伝え方次第では相手が傷ついたり、怒ったりする可能性があります。相手に終わりを告げるときは、次のような理由を挙げてお断りしてみましょう。

  • 恋人ができたのでやりとりを続けられなくなった
  • 仕事が忙しくなってきたのでしばらくアプリから離れる
  • 相性がよくないと感じる。真剣に婚活しているため、ここでやりとりを終えたい

やんわりと断りたいなら、恋人や仕事を理由にするのがおすすめです。一方、きっぱり断りたい人は、「相性が合わない」ことを伝えるとよいでしょう。

メッセージがつまらないと思われない方法

メッセージを考える人

楽しいメッセージはマッチング後のテンションを上げ、デート実現までをスムーズにしてくれます。

相手に「つまらない…」と思われないようにするには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

メッセージを送るときに注意したいポイントを紹介します。

頻度やタイミングは相手に合わせよう

メッセージの頻度やタイミングを相手に合わせると、返信率もアップします。相手の返信が1時間後であれば、あなたもその1時間後に返信し、相手の返信が半日後なら、あなたもそのペースに合わせましょう。

メッセージのやりとりが「つまらない」と感じやすいのは、メッセージが頻繁に来すぎたり、まったく来なかったりするときです。

早いと「ガツガツしている」、遅いと「やる気がないのかな」などと思われてしまいます。

メッセージの頻度やタイミングが同じなら、相手はストレスを感じません。これが親近感につながり、良好な関係を築きやすくなるのです。

褒められるときは積極的に褒めよう

人に褒められて嫌な気分になる人はあまりいません。相手のよいところに気づいたら、メッセージには褒め言葉を散りばめましょう。

相手を褒めるということは、相手の長所にきちんと気づき、好ましく思っているということです。相手への興味や好意をアピールできるため、積極的に褒めることをおすすめします。

ただし、不自然な褒め方にならないよう気を付けなければなりません。「わざとらしい」と思われてしまうと、好印象どころかマイナスです。

基本的に丁寧に接すること!

マッチングアプリでのメッセージは、基本的に丁寧語を心がけます。相手が「丁寧語はやめよう」と提案してこない限りは、どんなに仲良くなってもタメ語は避けましょう

マッチングアプリでは、文面の印象がその人の印象に直結します。誠実かつ清潔感のある人に見られたいなら、正しい言葉づかいできれいな言葉を選ぶのが望ましいです。

好印象の相手とのやりとりは、やはり楽しいと感じます。相手に「つまらない」とは思われにくくなり、デートまで進展しやすくなるでしょう。

まとめ

マッチングアプリのメッセージがつまらないと感じるのは、相手に対して違和感を覚えているためです。

メッセージのペースが合わなかったり、返信内容にストレスを感じたりする場合は、今後のやりとりを考えた方がよいかもしれません。

ただし、メッセージがつまらなくても会ってみると楽しい人もいます。少しでも相手に興味があるのなら、早めに会って相手を見極めましょう。

マッチングアプリでは、「つまらない」と感じながらダラダラとやりとりをする必要はありません。メッセージのやりとりが楽しい相手を探すなど、常に未来志向でいることが大切です。
理想の人、見つかるかも

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る