「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホの画面

マッチングアプリの利用目的の種類を知ろう!真剣じゃない相手の見極め方も

マッチングアプリの利用目的は主に3タイプ

スマホの画面

マッチングアプリを利用しているのは、必ずしも真剣な出会いを求める人ばかりではありません。

まずは、マッチングアプリの主な利用目的を三つ確認していきましょう。

恋愛がしたい!「恋活目的」

マッチングアプリの利用目的として、まず挙げられるのが「恋愛がしたい」「恋人が欲しい」という恋活です。

マッチングアプリを通じた出会いには、いつでもどこでも気軽に相手探しができる・相手を条件で探せるといった大きなメリットがあります。

これは、日常生活の中であまり出会いがない人や、「共通の趣味を持つ人と出会いたい」という希望を持つ人にとって、とてもうれしいポイントといえるでしょう。

マッチングアプリは、今や合コンや街コンと同様の一般的な恋活手段として広く認知されているのです。

結婚がしたい!「婚活目的」

マッチングアプリの利用者の中には、「結婚相手を見つけたい」という婚活目的の人もいます。

人生のパートナーを選ぶという重要なシチュエーションでは、誰であれ相手に求める条件が多く、また細かくなるものです。

日常の出会いの中で、自分の理想とする条件を備えたパートナーを見つけるのは決して簡単なことではありません。

しかし、マッチングアプリであれば、条件をもとに希望の異性とマッチングできます

「結婚願望の強い人を見つけたい」「バツイチOKな人と出会いたい」など、効率的&スピーディーな婚活がかなうでしょう。

暇つぶし相手が欲しい「遊び目的」

恋活目的や婚活目的があくまでも真面目な出会い探しであるのに対し、暇つぶしの相手を求めて行うのが遊び目的での出会い探しです。

遊び目的の出会い探しは、基本的に自己中心的な欲求のもとに行われます。

恋活・婚活目的の人がこのタイプの人とマッチングしてしまった場合、心に深い傷を負う結果になることも珍しくありません。

遊び目的同士でマッチングするのであれば問題ないものの、それ以外の利用者にとっては百害あって一利なしの存在といえるでしょう。

遊び目的って具体的にどういうこと?

スマホを操作する男性

では、遊び目的の利用者というのは、具体的にどのような人のことをいうのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ただデートがしたいだけ

遊び目的のマッチングアプリ利用者には、「ただ異性と楽しくデートがしたい」という人が一定数見られます。

このタイプの人は、マッチングした相手との正式な交際や結婚は望みません。「特定の相手に縛られず自由に異性との時間を満喫したい」というのが実際のところといえるでしょう。

中でも注意が必要なのが、恋人や配偶者がいるにもかかわらず、それを隠して異性とのデートを企む利用者です。

この場合、その相手とマッチングをすることで思いがけず大きなトラブルに巻き込まれる可能性が考えられるため、注意しましょう。

ご飯をごちそうしてほしい「メシモク」

メシモクは、飯目的の略語で、マッチングアプリ上のメシモク=ご飯をごちそうしてもらうことを目的にマッチング相手を探すことをいいます。

メシモクの利用者は、多くの場合「ご飯をごちそうしてくれる相手ならば誰でもよい」と考えています。

「すてきな人だな」とアプローチをしてみたらトントン拍子に話が進んだものの、1度食事をごちそうしたらそれっきり、というのがよくあるパターンといえるでしょう。

気になる相手のプロフィールに「おいしい食事を食べに連れていってほしいです」と書いてあったり、金欠アピールがされていたりするようならば、相手の真意を冷静に見極めるのがおすすめです。

都合のよい関係になりたい「ヤリモク」

メシモクがご飯を目的にしているのと同様に、体の関係を目的にマッチング相手を探すのがヤリモクです。

ヤリモクの利用者は、出会った異性と体の関係を持つことだけを求めているために、相手の性格や気持ちにはあまり関心がありません。

後腐れのない関係にしようと、目的を達成したら音信不通になるケースも多いでしょう。

なお、ヤリモクというと、性的欲求を解消したい男性の利用者に限られるように思われがちですが、決してそんなことはありません。

中には、性的欲求のほか、心の隙間を埋めたいという気持ちから男性と都合のよい関係を築こうとする女性利用者も存在します。

真剣な出会いを求める人にとって、できるだけ回避したいタイプといえるでしょう。

アプリの利用目的を聞くのはOK?聞かれたら?

スマホと女性の手

遊び目的の利用者を回避するため、「相手に直接アプリの利用目的を聞いてみたい」と考える人は多いのではないでしょうか。

その是非や、自分が聞かれた場合におすすめな答え方を紹介します。

利用目的を聞いても大丈夫?

マッチングした相手との関係を進める上で、相手の目的がよく分からず不安になったときは、アプリの利用目的についてはっきり相手に尋ねてみましょう

中には、「相手を不快にさせてしまうのでは…」とためらう人もいるかもしれませんが、問題はありません。

ここで相手が真剣に向き合ってくれるかどうかは、相手の目的を見極めるだけでなく、相手の本質を知る上でもとても大きなヒントになります。

相手が本音を伝えてくれるとは限らないため、答えを鵜呑みにするのはおすすめできませんが、お互いの気持ちの温度差を確かめるよい試金石になるでしょう。

目的をそのまま答えてOK

もしも、マッチングした相手から「アプリの利用目的は何ですか?」と聞かれることがあったなら、そのときはあなたの正直な目的をそのまま答えるのがおすすめです。

あなたが恋活・婚活が目的と答えた場合、相手も同じ気持ちであれば、お互いに安心して関係を進められます。

一方、もしも相手が遊び目的であるのなら、「この人とはうまくいかなそうだ」と、早々に向こうからフェードアウトしてくれるでしょう。

目的のミスマッチで「こんなはずでは…」と後悔するのを防ぐためにも、素直な気持ちを正直に伝えるのがベターです。

真剣じゃない男性の見極め方 プロフィール編

スマホを見るビジネスマン

マッチングアプリを遊び目的で利用する人には、そのプロフィールに共通するいくつかの特徴があります。

真剣じゃない男性を見極める上でチェックしたいポイントを確認していきましょう。

プロフィールがハイスペックすぎる

マッチング相手の男性を見極める際、学歴・職業・年収・身長といったスペックを見てアプローチするかどうかを考える女性は多いのではないでしょうか。

男性のスペックが希望よりも高い場合、「よさそうな人だ」と好感を抱くのは自然なことではありますが、あまりにもハイスペックな男性には注意が必要です。

というのも、たくさんの女性とマッチングするためにプロフィールを偽っている遊び目的の男性も一部存在しているからです。

「この人、少しハイスペックすぎるかも…」と感じたら、慎重に関係を進めるのが得策といえるでしょう。

自己紹介文が短い・雑

プロフィールの自己紹介文があまりにも短いなど、適当な印象を受ける男性は、真剣に出会いを求めていない可能性が高いでしょう。

恋活や婚活を目的としてアプリを利用する男性は、「できるだけ相性のよい相手と出会いたい」という気持ちから、自己紹介文は自然と詳しく、丁寧に書くものです。

読んでくれた人へのあいさつや趣味・好きな異性のタイプなど、人柄の伝わる文章がきっちり書かれているのが一般的といえるでしょう。

対して遊び目的の人は、出会いへの真剣度が低いため、自己紹介文を書くこと自体を面倒に感じます。

結果として、「よろしく」の一言や、敬語のない雑な印象の自己紹介文になりやすい傾向にあるのです。

裸・筋肉の写真

プロフィール写真に、裸の写真や筋肉をアピールした写真を載せている男性もまた、遊び目的の利用者である可能性が高いでしょう。

真剣交際を望んでマッチングアプリを利用している男性は、そもそもプロフィールで肌を露出しようとは考えないものです。

にもかかわらず、あえて裸や筋肉の写真を選んでいる場合、暗に体の関係を求めていることを匂わせているか、もしくはナルシストなタイプの男性と考えられるでしょう。

仮に、あなたの方からアプローチをした場合、「体の関係になれそうな女性だ」との誤解を招くリスクがあることを心に留めておく必要がありそうです。

真剣じゃない男性の見極め方 メッセージ編

スマホをタップする女性

真剣に出会いを求めていない男性の特徴は、メッセージにもはっきりと表れます。マッチングした相手を見極める際の参考として確認していきましょう。

すぐに会おうとしてくる

マッチングして早々に「会おう」と言ってくる男性は、真剣な出会い目的でない可能性が高いでしょう。

一般的なマッチングアプリを通じた出会いでは、マッチングした相手とメッセージを通じて心の距離を縮め、お互いに「会ってみたい」と思った段階でデートを計画するのが基本的なパターンです。

しかし、遊び目的でアプリを利用している男性は、本来の目的が相互理解ではないために、マッチングした相手と心の距離を縮めることに全く興味がありません。

「一刻も早く本来の目的をかなえたい」という思いから、ついすぐに「会おう」と切り出してしまうのです。

自分のことをあまり話さない

マッチングした男性とやりとりをする中で、「あまり自分のことを話さない人だな」と感じたら、相手が真剣ではない可能性について考えてみるのがおすすめです。

遊び目的でアプリを利用する男性は、女性を一方的に利用している自覚があるだけに、身バレを何より恐れています。

目的を果たしたらすぐに縁を切れるよう、言動には細心の注意を払っているでしょう。

メッセージのやりとりをしているにもかかわらず、いつまでたっても相手のことが分からないようならば、相手との今後について考え直した方がよいのかもしれません。

やたらと褒めてくる

女性が何を言っても否定せず、常に褒めてくれるというのも、真剣でない男性のメッセージによく見られる特徴の一つです。

真剣でない男性がアプリを利用する目的は、あくまでも遊びです。一刻も早く目的を達成するため、あの手この手で女性の機嫌を取ろうとするでしょう。

中には、自分に好意を持ってくれる人や優しくしてくれる人をむげにできない心理を利用して、計算ずくで女性を持ち上げる男性もいます。

褒め方に過剰なものを感じたら、そこに下心が潜んでいないかどうかをしっかりと見極める必要があるでしょう。

真剣じゃない男性の見極め方 デート編

ワイングラスを持つ女性

相手の男性が真剣かどうかは、デートの約束をする段階やデート中の振る舞いからも分かります。特にチェックしたいポイントを確認していきましょう。

デートの時間を夜にしたがる

出会いに対して真剣ではなく、遊び目的の男性は、夜の時間帯のデートを希望する傾向にあります。

これは、夜のデートにすることで「あわよくばそのまま宿泊を…」と考えるからにほかなりません。都合のよい関係を求めるヤリモク男性に多く見られるパターンといえるでしょう。

もしも、相手の男性があなたとの関係を大切にしたいと考えているのであれば、あなたに警戒されないよう、少なくとも初めてのデートでは明るい時間帯を選ぼうとするはずです。

あなたが昼間のデートを希望しているにもかかわらず、聞く耳を持ってくれないようであれば、残念ながら相手は遊び目的である可能性が高そうです。

一緒にいるときの距離が近い

マッチングした男性とデートをしたとき、違和感を覚えるほど距離が近いようであれば、その男性も真剣に出会いを求めている人ではない可能性が高いでしょう。

2人の関係を前向きに進めていきたいと考える男性は、多くの場合2人の距離に対してとても慎重です。「軽い男と思われたくない」「嫌われたくない」という思いから、いきなり距離を縮めることはありません。

にもかかわらず、相手の男性が一気に距離を詰めてくるようならば、それはあなたの体に触れたいという欲求の表れと判断できます。

不本意な展開を迎えないためにも、早々にデートを切り上げた方がよいかもしれません。

お酒を勧めてくる

あなたが真面目な出会いを求めているのであれば、デート中にお酒を勧めようとする男性も要注意です。

というのも、男性が女性にお酒を勧める場合、そこには「女性を酔わせて判断力を低下させ、思うように誘導したい」という意図が秘められている可能性があるからです。

中には、「リラックスした会話が楽しみたい」という理由からお酒を勧める男性もいますが、この場合には一度「お酒は結構です」と断ればあなたの意志を尊重し受け入れてくれるでしょう。

もしも、断っているにもかかわらず強引にお酒を勧められるようならば、相手はあなたのことを遊び相手とみなしている可能性が高そうです。

真剣じゃない女性の見極め方 プロフィール編

スマホを操作する女性

真剣ではない男性の多くに一定の共通する特徴があるように、真剣ではない女性にもいくつかの共通する特徴があります。

まずは、プロフィールでの見極め方から確認していきましょう。

プロフィールが「すぐに会いたい」

プロフィールの自己紹介に「まずは会って話がしたいです」など、すぐに会うことを希望する女性を見つけたら、アプローチは慎重に考えるのがおすすめです。

一般的に、女性は男性よりも異性に対する警戒心が強く、関係を進めることに対し慎重な傾向にあります。

にもかかわらず、すぐに会おうとするようであれば、そこには出会い以外の何らかの目的がある可能性が否定できません。

仮にマッチングしたとしても言われるがままに会うことはせず、しばらく様子を見るのがベターといえるでしょう。

基本的にプロフィールがスカスカ

遊び目的で出会いを求める女性のプロフィールは、基本的に空欄が目立ち、情報量が少ないものです。

出会いを求める人ならではの「自分を知ってほしい」「相性のよい人に見つけてほしい」という意識が低いため、つい手を抜いてしまうのでしょう。

マッチングアプリにおいて、プロフィールはその人の出会いに対する本気度のバロメーターといっても大げさではありません。

基本的な質問に答えていなかったり、自己紹介文が極端に短かったりする女性は、真剣に出会いを探している可能性は低いと考えてよさそうです。

真剣じゃない女性の見極め方 メッセージ編

横になりながらスマホを見る女性

では、真剣ではない女性とのメッセージのやりとりにはどのような特徴が見られるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

簡単に会えるorいつまでも会えない

マッチングしてメッセージのやりとりを始めた際、簡単に会える女性や、反対にいつまでたっても会えない女性は、真剣に出会いを求めていない可能性が高いでしょう。

まず簡単に会える女性の場合、その目的がただのデートだったり、メシモクだったりといったケースが考えられます。

一方、いつまでも会えない女性の場合には、もともと実際に会うつもりはなく、暇つぶしでアプリを利用していると考えてよいでしょう。

「何だかおかしいな」と感じたら、むやみに関係を進めるのは避けた方がよいかもしれません。

相手男性のことを知ろうとしない

遊び目的でマッチングアプリを利用している女性は、そもそも相手の男性にあまり興味がありません。

メッセージのやりとりをしていても受け身であることが多く、相手男性のことを自分から知ろうとはしないでしょう。

女性からのメッセージ内容が「そうなんだ」などの一言返信だったり、話したことを拾ってもらえないと感じたりするのであれば、相手はあなたと仲良くなるつもりがない=真剣ではないと判断できます。

貴重な時間を無駄にしないためにも、早々に見切りをつけた方がよいでしょう。

関係を進展させる話はかわす

あなたが2人の関係を進展させようとした際、相手がさり気なく話をかわすといったことが度々起こるようであれば、相手が遊び目的である可能性について考えてみる必要があります。

マッチングした相手とのメッセージのやりとりがある程度続いたら、お互いに「そろそろ直接会ってみたい」という気持ちになるのが一般的です。

メッセージは続くものの関係が全く進展しないというのは、やはり不自然といってよいでしょう。

暇つぶしの相手として都合よく扱われないためにも、「これ以上の進展はなさそうだ」と感じたら、その女性との関係はきっぱりと諦めるのが正解といえそうです。

真剣じゃない女性の見極め方 デート編

高級レストラン

マッチングした女性の真剣度を見極めるには、デート中の振る舞いにもしっかりと目を配る必要があります。

特に注意が必要な女性に見られるパターンをチェックしていきましょう。

デートの費用を一切払わない

マッチングした女性と初めてのデートを迎える男性の中には、女性への配慮やプライドから「支払いは自分が行おう」と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、遊び目的の女性の場合、そもそも始めから費用を支払うつもりがありません。それどころか、食事や遊びをタダで楽しむこと自体が目的である可能性も考えられるでしょう。

たとえあなたが自ら支払いを済ませたとしても、相手がそれを当然のこととして受け止めているようであれば、相手の目的をしっかりと見極めるのがおすすめです。

いつまでも連絡先を教えてくれない

どんなに警戒心が強いタイプの女性であったとしても、マッチングから実際のデートまで関係が進展していれば、LINEなどの個人的な連絡先を教えようとするのが一般的です。

アプリ以外の連絡先を共有することは、「2人の関係を前向きに考えている」という一つの意思表示といってよいでしょう。

この段階でなお連絡先を教えようとしない場合、その裏には「いつでも関係を完全に断ち切れるようにしておきたい」という心理が潜んでいる可能性が考えられます。

少なくとも、この段階での相手の本気度は決して高くはないといえるでしょう。

初回から高級なお店を指定してくる

一般的な女性は、自分も支払いをする前提でデートに臨みます。結果的に男性に支払ってもらうことになったとしても、それを当然と考える人は少数派といってよいでしょう。

にもかかわらず、ごちそうしてもらうことを期待して初回から高級店を希望する女性は、そもそもメシモクでアプリを利用している可能性が大です。

あなたの負担に配慮しない女性は、あなたを大切に思っている女性ではないということを心に留めておきましょう。

真剣な相手とマッチングするために!

パソコンを操作する女性

マッチングアプリで「真剣な相手と出会いたい」と望むのであれば、あらかじめ覚えておきたいいくつかのポイントがあります。特に重要な点をチェックしていきましょう。

アプリの運営会社を確認

真剣な出会いをかなえる上で、忘れずに行っておきたいのがアプリ運営会社のチェックです。

近年、マッチングアプリをはじめとする出会いを仲介する事業者には、事業を開始するにあたりインターネット異性紹介事業の届け出が義務づけられています。

この届け出が行われているかどうかは、法律を遵守した健全かつ安全な運営がなされている事業者を見分ける大切なポイントとなるでしょう。

万が一のトラブルに見舞われた際の対応などを考えても、信頼できる運営会社のアプリを選ぶのがおすすめです。

出典:「インターネット異性紹介事業」とは/大阪府警本部

相手をしっかり見極めよう

真剣な相手とマッチングするのなら、相手のプロフィールにしっかりと目を通し、マッチングにふさわしい相手かどうかを慎重に見極めることが大切です。

以下、真剣な人に共通するプロフィールの特徴を紹介します。

  • 基本項目が全て埋まっている
  • 写真を載せている
  • 自己紹介文が敬語で丁寧に書かれている

こうした点を念頭に相手を選ぶことで、真剣度の高い相手と出会うチャンスが増えるでしょう。

自分のプロフィールを充実させることも大切!

あなたが相手のプロフィールから相手を見極めているように、異性もあなたのプロフィールをもとにあなたという人物を見極めています。

真剣に出会いを探している異性に「この人なら大丈夫そうだ」「すてきな人だな」と思ってもらうためには、あなた自身のプロフィールも充実させておく必要があるでしょう。

自分が異性だったらどんなプロフィールの人とマッチングしたいと考えるかを意識することで、真剣な異性からの好感度が高いプロフィールになるはずです。

まとめ

マッチングアプリを利用する主な目的には、恋活目的・婚活目的・遊び目的の三つがあります。

真剣な出会いを求める人が大半ではありますが、一部そうではない人がいることを踏まえて利用するのがおすすめといえるでしょう。

なお、真剣ではない利用者は、プロフィールやメッセージ・デート中の振る舞いにいくつかの共通する特徴があるものです。

相手の真剣度をしっかりと見極めて、安心して関係を進展させられるすてきな異性との出会いをかなえましょう。
理想の人、見つかるかも

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る