「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
写真をチェックする人

マッチングアプリで写真を欲しがる心理とは?上手な断り方を紹介!

マッチングアプリで写真を欲しがる心理

写真をチェックする人

マッチングした男性に写真を要求されると、「なぜそんなに写真を欲しがるの?」と疑問に感じることもあるでしょう。

マッチングアプリで「写真ちょうだい!」という人には、どのような心理が働いているのでしょうか?

顔を見て会うか決めたいから

マッチングアプリをつかう男性の中には、恋人の外見を重視する人も少なくありません。

また、複数の女性とやりとりをしている場合であれば、会う・会わないの判断軸として「見た目がタイプであるか」を挙げる男性も多いでしょう。

真剣な出会いを求めているからこそ、まずは顔を見て「好きになりそう」「実際に会ってもっと仲良くなりたい」と思えるかを確認しておきたいと考えているのかもしれません。

このタイプの男性は、あなたを異性として意識し始めて次のステップに進みたいと考えているために、写真を求めている可能性が高いでしょう。

実物のイメージをつかみたい

「会ってみたらプロフィール写真と全然違った」「別人だった」という事態を避けたいために、写真を要求してくるケースもあります。

複数の写真を見比べることで、「プロフィール写真と実物のギャップがどれくらいか」を確認したいのかもしれません。

男性視点ではマッチングアプリのプロフィールを見ると、「きれいだな」「かわいいな」と思う女性がたくさんいます。

しかし、近年は加工アプリの精度が高まっており、プロフィール写真も100%信じられるわけではありません。

たとえ外見重視ではなくても「リアルはどんな感じなのだろう?」と気になれば、写真を見せてほしいと思うのでしょう。

単に好みのタイプだったから

マッチングした女性が自分の好みだった場合、「もっといろいろな写真を見たい!」と思う男性は多いです。

このタイプの男性は「顔を見て今後を決めよう」「本物は違うのでは?」などと計算したり疑ったりしているわけではありません。純粋に好意や興味から、あなたの写真が見たいと思っています。

どんな思いで写真を要求しているのか判断できない場合、「どうして写真が欲しいんですか?」と聞いてみるとよいでしょう。

「かわいいから」「タイプだったから」などの返事が返ってきたら、あなたは相手の好みにぴったりだったということです。

「写真が欲しい」どう対応すればよい?

写真撮ろうとする人

相手への興味・好意や写真を送ることへの抵抗感の度合いは人によって異なります。「この人には写真を送ってもよい」「この人にはあまり送りたくない」など、さまざまな気持ちがあるでしょう。

写真を送る・送らないはどのように判断すればよいのでしょうか?「写真が欲しい」と言われたときの対応について見ていきましょう。

好意がある人には送る

「写真が欲しい」と言ってきた男性に対して好意があるのなら、思い切って送ってみてもよいでしょう。

2人の仲が順調に進展していけば、遠からずデートの約束をして顔を合せることになります。そう考えれば、早い段階で写真を送っておくことはマイナスではありません。

写真を送るときは、あなたの雰囲気が伝わりやすい「とっておきの1枚」を選びましょう。プロフィール写真では分からない魅力が伝われば、相手からの好感度は一気に高まります。

相手にも送ってもらう

写真を送ると決めたときは、相手にも「写真を送ってください」とお願いしてみることが大切です。相手のことを異性として意識し始めたら、写真が欲しいのはお互いさまです。

「あなたも写真を送ってくれるなら、わたしも送るね!」と言えば、相手もイヤとは言いにくいでしょう。

自分が写真を送ったにもかかわらず相手が送ってこない、またはその後連絡が途切れる場合、相手の思いが分からずもやもやしてしまいます。

あらかじめ「お互いに写真を送り合おう」と約束すれば、このようなケースを回避しやすくなります。

迷うなら一度断る方法も

「写真が欲しいと言われても、どうしても踏み切れない…」、そんなときはいったん断ってしまって構いません

写真を欲しがる人に対して、不安を抱えながらうやむやに返事をしていても、いつかは答えなくてはなりません。

あまり写真のやりとりを長引かせず、「ちょっと今は送れない」と伝えましょう。

このとき大切なのが、その後の相手の態度をよく見ることです。写真を断ってから「急に冷たくなった」「前よりもっとしつこく写真を欲しがる」などと言う人は、あなたの気持ちより自分の要求を重視しているのかもしれません。

一方、断ってもこれまでと変わらずやりとりしてくれる人は、あなたの気持ちをしっかり汲んでくれる人といえそうです。少し様子を見て、写真を送ってみるのもアリでしょう。

写真を送る前に!リスクも確認しよう

悩む人

マッチングアプリに限らず、インターネットをつかううえで知っておきたいリスクはさまざまあります。

もし少しでも相手を信用できないと感じたら、写真を送るのはしばらく待った方がよいかもしれません。マッチング相手に写真を送るとき、起こり得るリスクを紹介します。

個人情報を調べられる

近年は、画像検索でさまざまな個人情報にアクセスすることが可能です。あなたが同じような写真をほかのSNSに載せている場合、画像検索からあなたのアカウントが割り出される可能性もあります。

また、スマホやデジカメのGPSをオンにしたまま写真を撮ると、どこで撮ったのかが特定できます。

悪意を持った人に写真を送ってしまったら、相手はそれを元にあなたの家や行動エリアを調べる可能性があるでしょう。相手に送る写真を撮るときは、必ずGPSをオフにしておく必要があります。

ネット上で写真をつかわれるかも

写真を送ると、相手が自分のSNSなどにあなたの写真を無断でアップされてしまう可能性もあります。

このほか、マッチングアプリの女性の写真をほかの出会い系やビジネス系のサイトに無断掲載し、サクラとして利用されるリスクもゼロではありません。

ただしこうしたケースは、ほとんどが悪徳業者によるものです。個人間の写真交換のリスクというよりは、「ネット上に画像を載せるリスク」といえるでしょう。

※タップル運営事務局では24時間・365日 サービス監視を行い、「業者」と呼ばれる悪質なユーザーに対して適切な対応をとっています。

相手に写真を送る際の注意点

カメラ 撮影方法

マッチング相手に写真を送るときは、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか?思いがけないトラブルを避けるためにも、写真選びは慎重に行う必要があります。

個人情報が写らないようにする

個人情報が特定できるような写真は避けましょう。当然ですが、住所や名前・電話番号などが入った写真、場所が簡単に特定できる写真はNGです。

どんなに感じのよい相手でも、あなたの個人情報を知って関係を急速に縮めようとしてくる・より詳細な情報を求めてくる可能性はゼロではありません。

マッチング相手に送る写真は背景まできちんとチェックして、個人情報につながる恐れがないものを送りましょう。

ほかの人に見られて困る写真は送らない

写真を送るときは万が一のケースを考えて、流出したら困るような写真は送らないようにしましょう。

特に、相手がボディーラインの分かる写真を求めてきた場合などは、はっきりと断ることが大切です。

また、写真を欲しがる人の中には、全身が写っている写真・アップ写真など、ポーズや構成を指定して「送って」などと言う人もいます。

たとえ相手に下心がないとしても、「イヤだ」と感じたら応じる必要はありません。

インターネット上に写真が流出すると、取り消すことはほぼ不可能です。軽い気持ちで写真を送って後悔しないよう、相手に送る写真は慎重に選びましょう。

自分以外の人が写っていないか確認

マッチング相手に送る写真は、基本的にあなた1人で映っているものがベターです。

友達やほかの人が映り込んでいる写真しかない場合は、スタンプやモザイクで顔を隠しましょう。

写真も重要な個人情報のため、多くの人は勝手につかわれることを好みません。無配慮のまま写真を送ってトラブルにならないよう注意しましょう。

「写真が欲しい」を上手に断るセリフ

セリフを考える人

好意を持っている相手から「写真が欲しい」と言われると、きっぱりとは断りにくいものです。相手を納得させつつ感じよく断るには、どうすればよいのでしょうか。

写真を欲しがる相手に断りたいとき、つかえるセリフを紹介します。

「仲良くなってから…」

もう少し仲良くなってから送りますね」、このように言えば、相手を拒絶するニュアンスがありません。暗に「今後もやりとりは続けたい」という気持ちが感じられるため、むしろ好印象です。

相手も「不安にさせちゃったのかな」「もう少し時間をかけて関係を進めていこう」といったん引いてくれる可能性が高いでしょう。

実際に写真を送るかどうかは、相手の人となりを知ってからで構いません。

相手を信頼できると感じたらとっておきの写真を送ればよいですし、送りたくないと感じた場合は「ごめんなさい」と断ればよいのです。

「あんまり自信がなくて…」

自分の外見に自信がない場合は、素直に伝えるのがよいでしょう。

自信がなくて恥ずかしいので」などと伝えれば、相手もあなたの気持ちを察し、強くは言ってこないはずです。

写真を見せられないと伝えると、態度が変わったりフェードアウトしたりする人もいるかもしれません。あるいは、イヤだと伝えてもしつこく写真を欲しがる人もいるでしょう。

そのように写真にこだわり過ぎる人とは、そもそも長続きする可能性が低いといえます。潔くやりとりをやめて、別の人を探すことも検討しましょう。

「写真を送るのは不安で…」

インターネット上で知り合った人に写真を送るリスクは、相手も少なからず承知しているはずです。

「友達が写真交換でトラブルに遭ったので、写真を送るのには不安があります」、このように伝えれば相手も強くは言えないでしょう。

このセリフのポイントは「友達がトラブルに遭った」という具体的な話を伝えることです。ただ漠然と不安を伝えるよりも、説得力があります。

とはいえどんなに断っても、しつこく写真を欲しがる人はいるものです。何を言っても理解してくれない相手なら、今後も関係を続けていくのは難しいでしょう。

相手の写真が欲しい場合どうする?

スマホ見て考える人

メッセージが好印象なら「どんな人なんだろう?」と気になるのは自然なことです。相手に快く写真交換に応じてもらうには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

相手の写真が欲しいときのタイミングやコツを紹介します。

マッチングしてすぐに要求しない

マッチング後すぐに「写真をください」といってしまうと、相手を驚かせてしまいます。

また、真剣な付き合いを望む人であれば「外見しか見ない人なのかも」と考えてブロックされることもあるでしょう。

写真交換をするのは、ある程度メッセージを交わしてからがベターです。親しくなって信頼関係を築ければ、相手も顔を見せる抵抗感が少なくなります。

特におすすめのタイミングは、デートの約束をしたときです。「実際に会うとき顔が分からないと不安だから、写真を交換しませんか」と伝えるとよいでしょう。

デート当日が初対面になるのを避けたいのは、相手も同じはずです。比較的スムーズに写真交換できるでしょう。

先に自分の写真と気持ちを送ろう

相手に写真を要求するときは、まず自分から送るのが相手を不快にさせないコツです。「プロフィールに載せていない写真を送るので、○○さんのも見せてもらえますか?」このように伝えれば、相手もイヤな気分にはなりにくいでしょう。

人は、自分に何かをしてくれる人に対しては同じように返さなければと感じるといわれます。スムーズに相手の情報を得たいと思ったら、「まず自分から」が鉄則です。

まとめ

マッチングアプリで写真を欲しがる人は、「外見重視だから」「相手のことをきちんと知りたいから」「好みのタイプだから」などの理由が考えられます。

相手に写真を要求されても送りたくない場合は、無理をする必要はありません。写真交換に不安があることをきちんと伝えれば、たいていの人は理解してくれるでしょう。

ただし、相手が信頼できそうな人で、今後もっと仲良くなりたいと思っているなら、個人情報漏洩リスクに注意して「この写真なら大丈夫」と思える映りのよい写真を送ってみましょう。

基本的に、マッチングアプリでは写真を送るも送らないも自由です。相手をよく見極めて、写真を交換するかどうか決めましょう。
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る