「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
バッド

マッチングアプリのNG質問を確認!返しやすい質問と盛り上げ方も紹介

マッチングアプリでNGな質問とは?

バッド

マッチングアプリでメッセージを送ったにもかかわらず、「返信がなかった…」「ブロックされた…」、このような人は質問のチョイスを誤ってしまったのかもしれません。

マッチングアプリでNGとされる質問とは、どのようなものなのでしょうか?

個人情報につながる質問

「会社名教えて」「どこに住んでいるの?」など、いきなり個人情報を聞くのは避けましょう。

マッチングアプリに登録しているとはいえ、「ネットでの出会い」に警戒心を抱いている人は少なくはありません。

特に、女性は慎重派が多く、個人情報に関わる質問には敏感です。たとえマッチングできたとしても、ストレートな質問は警戒されてしまいます。

デートの場所決めなどで相手の居住地が知りたくなった場合などは、「普段はどの辺で遊んでいるの?」「何線をつかっているの?」などとぼかして聞きましょう。

外見、学歴、家庭環境

外見や学歴・家庭環境などの話題は、アプリで知り合ったばかりの相手とするのは抵抗があるという人は多いです。これから親しくなろうとしている段階で、軽々しく口にするのは避けましょう。

例えば、「目がかわいいね」「高学歴だね」「育ちがよさそう」などは、一見褒め言葉に聞こえるかもしれません。

しかし人によっては外見にコンプレックスがあったり、学歴に不足を感じていたりする可能性があります。あるいは、複雑な家庭環境に悩んでいることもあるでしょう。

どのような話題がトリガーになるのかは、人それぞれ違います。うかつなことを口にして嫌われないよう、繊細な話題は避けるのが無難です。

プロフィールを見れば分かること

プロフィールに趣味を明記してあるにもかかわらず「趣味は何ですか?」などと聞かれたら、「プロフィールを読んでください」と言いたくなります。

相手から「プロフィールを読んでいないの?」と思われるような質問はNGです。

相手のプロフィールを読み込んで、理解しようとする姿勢は、すてきな出会いを求める上で欠かせません。

マッチングアプリでは、相手に興味があることをいかにアピールするかが重要です。

適当な質問をして、「誰にでも同じようにアプローチしているんだろうな」などと思われないよう気を付ける必要があります。

「この人いいかも!」と思われる質問とは?

連絡する男性

メッセージのやりとりで「この人と話すと楽しそう」「盛り上がりそう」などと思われれば、デートにつながる可能性が高まります。

どのような質問をすれば、相手に好印象を持ってもらえるのでしょうか?

相手の得意分野、好きなこと

プロフィールを見れば、相手の得意なこと・好きなことが分かるはずです。メッセージを送るときは、以下のような質問を投げ掛けてみましょう。

  • 映画好きなんですね!おすすめの映画はありますか?
  • パン屋巡りしているんですね!おいしいパン屋はありますか?

自分がよく知っていることや好きなことについての質問なら、相手もさほど返答に困りません。ここで楽しいやりとりができれば、好印象を与えられるでしょう。

デートのお誘いにつなげたい場合は、相手の好きなことに具体的なデートプランを掛け合わせて提案するのがおすすめです。

  • 今上映中の○○、見に行きませんか?
  • あそこのパン屋、カフェもあるみたいです!一緒に行きませんか?

このように誘えば不自然さがなく、スマートです。あくまで映画や食がメインの体を取っているため、相手もOKしやすいでしょう。

プロフィールの内容を深堀りする

プロフィールに書いてあることや、プロフィール写真をベースにした質問をするのは好印象です。

  • ○○県は□□が名物ですよね!ほかにおすすめのグルメはありますか?
  • ○○県は△△があるところですよね!△△には行ったことありますか?

上記のように尋ねれば、相手への興味が伝わりやすく、スムーズな会話に発展します。

また、相手の写真に写っている風景や小物などについて質問するのもおすすめです。

  • プロフィール写真のこれ、どこで買ったんですか?
  • ここ、○○ですよね!自分も行きたいと思っていました!どうでしたか?

相手への強い興味をアピールできれば、相手のガードも下がりやすくなるかもしれません。

相手が質問してこないのはどうして?

膝を抱える女性

こちらが頑張って質問を送っても、相手のノリが悪ければ会話が続きません。

「NGな質問はしていないはずだけど、質問返ししてくれない…」このようなとき、相手はどのようなことを考えているのでしょうか?

まだ異性として意識していない

相手のテンションが明らかに低いと感じるなら、あなたはその人にとってあまり興味を引かれる対象ではないのかもしれません。

質問されない理由としては、次のようなものが考えられます。

  • ほかの異性と比較している
  • マッチングしたもののまだ人となりが分からない

現時点では、相手はあなたに異性としての魅力を感じていないのかもしれません。

しばらく頑張ってやりとりしてみてもよいですが、マッチングアプリは引き際が肝要です。

  • 既読スルーばかりされる
  • 返信は必ず短文
  • 返信までに1日以上空く

相手が上記のような態度を取り続けるならば、潔く見切りを付けてほかの相手を探した方がよいかもしれません。

メッセージより実際に会ってみたい

マッチングアプリに登録している全ての人が「じっくりメッセージを交わしてから会いたい」と考えているわけではありません。

会ってみないと何も分からない」と考える人もそれなりにいます。

このようなタイプは、長々としたメッセージのやりとりを好みません。マッチングから時間が空けば空くほど、あなたへの興味も失われてしまいます。

相手の返信が素っ気なくなってきたと感じたら、「もしよかったら、一度会って話しませんか?」と勇気を出してデートに誘ってみましょう。

もしも相手が「メッセージよりも会いたい派」なら、よい返事が帰ってくるはずです。

自然に会話を盛り上げる方法もチェック!

食事を楽しむ2人

NGな質問を避けたとしても、その後の会話が続かなければ好印象を与えるのは難しいかもしれません。

マッチングした相手との会話を自然に盛り上げたいときは、どのようなことを意識すればよいのでしょうか?

フォローアップクエスチョンを意識しよう

会話上手な人はフォローアップクエスチョンを上手に活用しているといわれます。

これは相手に対し質問→共感→質問を繰り返していく会話テクニックです。

質問で始まり質問で終わるため、会話が途切れません。間に共感を挟めば相手も圧迫感を感じにくく、スムーズに話が広がっていきます。

例えば、「海外旅行がお好きだそうですが、どこがよかったですか?」という質問を投げたとします。

「台湾は近くてご飯がおいしいのでおすすめです」と返ってきたら、「たしかに台湾なら行きやすい!ご飯もおいしいといいますよね」と共感を交えて、「何がおいしかったですか?」と質問します。

このように質問→共感→質問でうまく会話をつなげていくことで、相手の人となりを理解しやすくなり、今後の進展にもつながるでしょう。

質問ばかりではなく自己開示も必要

相手に質問をするときは、まず自分の情報を示してから質問するのがベターです。

例えば、「最近は自宅で仕事をしているので、運動不足なんですよね…。〇〇さんは何か運動はしていますか?」などと言うと、相手も返答しやすくなります。

自分のことについて何も語ってくれない人に対しては、相手もどこまで情報を開示していいのか迷ってしまいます。親密さや信頼を深めていくためには、お互いが積極的に情報を与え合うことが大切です。

相手の返信に沿った内容を返そう

質問すれば会話が弾みやすいと聞くと、質問ばかりを繰り返してしまう人がいます。

しかし、質問はあくまでも相手の返信をベースにしたものでなければなりません。矢継ぎ早に質問を投げ掛けても、相手は疲れてしまいます。会話はキャッチボールであると心得ましょう。

例えば「昨日何してたんですか?」と聞いて「○○に行きました」と返信をもらったにもかかわらず「そうなんだ。ところで、何月生まれ?」と質問攻めになるのはNGです。

会話を広げたいと思ったら、まずは相手の返信をきちんと読みます。その上で、返信に対する感想や共感、質問を投げ掛けるのがおすすめです。

まとめ

マッチングアプリでは、個人情報につながる質問や個人の事情が絡むデリケートな質問、プロフィールを読めば分かるような質問はNGです。

メッセージのやりとりは、その後の2人の関係に大きく影響します。会話が広がったり親密度が高まったりする質問をチョイスして、相手に好印象を持ってもらいましょう。

ただし、盛り上がる会話にするためには、質問だけを繰り返せばよいわけではありません。自分の情報をきちんと伝えること、相手の話をきちんと聞いた上で質問をすることが大切です。
理想の人、見つかるかも

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る