「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホと本

マッチングアプリの本人確認が怖い?確認なしのアプリの方が危ない!

マッチングアプリの年齢・本人確認とは?

スマホと本

多くのマッチングアプリは、登録時に年齢・本人確認を求められます。

なぜ年齢・本人確認をする必要があるのでしょうか?また、どのようなことを確認しているのかチェックしましょう。

年齢確認は法律に準じた義務

マッチングアプリで年齢確認が行われるのは法律に準じた義務で、18歳以上の利用者であるかどうかを確認することが目的です。

マッチングアプリを含めたインターネットで男女が出会いを探すサービスは、インターネット異性紹介事業といいます。

インターネット異性紹介事業として正式に認められるためには、2003年に施行された出会い系サイト規制法という法律を守ることがルールです。

この法律は、18歳以下の利用を制限する児童保護を目的としています。同法律を守らない事業者は、事業停止や罰金など重い処罰があるのです。

出典:出会い系サイト規制法|なくそう、子供の性被害。

本人確認も必須になってきている

年齢確認を行うだけでなく、本人確認を必須とするマッチングアプリも増えてきているのが現状です。

本人確認では、マッチングアプリに登録した氏名・性別・生年月日などの情報が、提出した身分証明書の内容と一致しているかを確認します。

年齢確認で18歳以上の利用者かを確認し、本人確認で提出した情報が本人のものであるかを確認することで、ダブルチェックする狙いがあるのです。

これにより、未成年の年齢詐称や身分詐称によるなりすましが不可能になり、悪質な利用者の登録を未然に防いでいます。

マッチングアプリの本人確認は危なくないの?

パスポート

「身分証をインターネットにアップするのは怖い」と不安を感じ、「身分証明書を提示しない方法はないのか」と思う人もいるかもしれません。

しかし、マッチングアプリの本人確認はあなた自身を守るために必要なことです。安全に利用するためにも本人確認は必ず行いましょう。

基本は安心して大丈夫

大手が運営しているマッチングアプリはセキュリティーレベルが高く、個人情報の漏洩や不正取得されるリスクは限りなく低いです。

これまでにマッチングアプリから個人情報が流出した事件は発生しておらず、多くの利用者が安全に利用しています。基本的には安心して大丈夫です。

どうしても不安や抵抗を感じる人は、東証一部上場企業が運営しているアプリ、「TRUSTe」「JAPHIC」などの第三者認定を受けているアプリを選ぶと、安全に利用できる可能性が高まります。

出典:TRUSTe | 一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)
出典:個人情報保護対策に有効な第三者認証プログラム「ジャフィックマーク制度」|JAPHIC

確認なしのアプリの方が危険

年齢・本人確認がないアプリは、法律を無視した違法なマッチングアプリです。

利用者の安全対策が甘く、登録するとさまざまなトラブルに巻き込まれる危険性があります。

例えば、未成年者と気づかずにマッチングしてしまう・悪質な利用者に個人情報が漏れてしまう・運営元に情報を悪用されるなどの可能性があるでしょう。

また、年齢・本人確認がないアプリは登録が簡単です。体の関係やお金が目的の利用者が登録しやすく、真剣な出会いを見つけられないこともデメリットといえます。

年齢・本人確認のメリット

スマホを操作するビジネスマン

年齢・本人確認を済ませておくことで得られるメリットは、大きく三つあります。具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メッセージのやりとりができる

基本的にマッチングアプリは、年齢・本人確認をしなければメッセージのやりとりができないシステムです。

反対に、年齢・本人確認を済ませておけば、気になる人とマッチングした際に、すぐにメッセージのやりとりがスタートできます。

相手との関係性をスムーズに深めるためにも、年齢・本人確認を済ませて、メッセージできる環境を整えておきましょう。

また、多くのマッチングアプリでは、年齢確認済みの利用者は有利に立ち回れる仕様です。

一目置かれる存在になることで、最初のマッチングを成立させやすくなります。出会いのチャンスを得やすくなるでしょう。

安心して出会える

年齢・本人確認が必須のアプリであれば、悪質な利用者とマッチングする心配がなく、安心して出会いを探せることもメリットです。

年齢・本人確認をしたくない利用者は、以下のような狙いがあると考えられます。

  • 年齢を若く見せたい
  • 18歳以下で利用したい
  • ほかの利用者になりすましている
  • 既婚がバレたくない

こうした利用者とマッチングすると、付き合いに発展した際にトラブルが発生しかねません。特に、18歳以下であれば、法で罰せられるおそれもあります。

「まさかこんな人だとは思わなかった…」と後悔しないためにも、年齢・本人確認は必要なことといえるでしょう。

相手にも信頼感を与えられる

マッチングアプリで年齢・本人確認を済ませると、プロフィールページに本人確認済みのバッジ(マーク)が表示されます。

きちんと申請が済んでいることが一目で分かるため、マッチング相手に信頼感を与えられることもメリットといえるでしょう。

反対に、申請が済んでいない場合、「何か理由があるのかもしれない」「もしかしたら悪質な利用者かも…」と相手に警戒されてしまうことがあります。

恋のチャンスを一つでも多くつかむために、マッチングアプリに登録した時点で年齢・本人確認を済ませておきましょう。

一般的な年齢・本人確認の方法は?

スマホとメモ

これからマッチングアプリを利用する人は「どうやればいいのか分からない」「何が必要なのか分からない」と不安を感じているかもしれません。

そんな人に向けて、一般的な年齢・本人確認の方法を紹介します。マッチングアプリではどのようにして年齢・本人確認を行うのでしょうか?

用意する確認書類の例

マッチングアプリでは、公的な身分証で年齢・本人確認を行います。以下の身分証のうち、いずれか一つを用意しておくと、スムーズに登録できるでしょう。

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • パスポート

「顔写真を載せるのは怖い」「何かあったらと思うと不安」と感じる人は、健康保険証の提示がおすすめです。顔写真が掲載されていない上、誰でも持っている物なので用意しやすいでしょう。

マッチングアプリによっては、学生証・年金手帳・クレジットカードなどでもOKの場合があります。

年齢・本人確認のやり方

マッチングアプリを端末にダウンロードしたら、アプリ内の年齢・本人確認ページを開きましょう。

続いて、用意した身分証の写真を撮影し、アップロードします。ページ内で撮影できますが、事前に撮影したものを使用してもOKです。

年齢確認・本人確認の提出後は、運営側が入力情報と書類のチェックを実施します。チェック自体は24時間体制で行われており、登録から早ければ1時間、遅くとも1日後には審査が終了します。

提出書類に不備がなければ登録完了です。仮に不備や不正が発覚した場合は、再び身分証の提出を求められます。

タップルの本人認証に注目

マッチングアプリタップルでは、2019年冬から、パナソニックが開発した顔認証技術を用いて本人認証を実施しています。

ほかのアプリとの違いは、本人認証を行う際にセルフィー(自撮り)で撮影した写真を送ることです。身分証明書の顔画像とセルフィーを照合することにより、より確実な本人確認を行います。

これにより、なりすましや同一人物の複数アカウントの登録を防止しているのです。

この顔認証技術は空港の出入国審査ゲートでも活用されており、世界最高水準の技術と評価されています。

マッチングアプリ選びに迷っている人は、最新の技術で本人認証を行うタップルを利用してみてはいかがでしょうか?

出典:国内最大級のマッチングアプリ「タップル誕生」本人確認強化を目的として、パナソニックの顔認証技術を導入 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

マッチングアプリの本人確認 Q&A

スマホを操作する女性の手

年齢・本人確認をする際に「これはどうすればいいの?」と思うこともあるかもしれません。

ここでは、マッチングアプリの本人確認でよくある疑問と解決方法についてチェックしておきましょう。

住所や顔を隠すのはOK?

提出する身分証の住所や顔を隠すのはNGです。以下のような不備が見つかると審査が通らなくなってしまいます。

  • 塗りつぶし・加工をしている
  • 暗い・ブレているなどの理由で情報を読み取れない
  • 身分証の全体が見えない

以前は必要な情報以外は塗りつぶしや加工がOKとされていました。しかし、近年では利用者の安全を守るために審査が厳しくなっています。

マッチングアプリによっては現在もOKとしているところもありますが、確実に審査を通したいのであれば、何もしない状態で登録するようにしましょう。

健康保険証はマスキングが必要って本当?

2020年10月1日に施行された健康保険法改正により、プライバシー保護のため、健康保険証を提出する際は、一部の情報にマスキング(情報を隠す)が必要です。

健康保険証を提出する際は、記号・番号・保険者番号などは隠さなければなりません。隠し方はどのような方法でもOKです。

一般的には、紙や付箋・テープなどで隠します。また、撮影した写真に画像編集アプリなどでモザイク処理や塗りつぶし加工を施しても問題ありません。

ただし、名前や年齢など必要な情報を隠してしまうと、審査に通らなくなってしまうので注意が必要です。

出典:医療保険の被保険者等記号・番号等の告知要求制限について|厚生労働省

嘘をつくとどうなるの?

「少しでも出会いを増やしたいから年齢を低く見せよう」「未成年だけど20歳ということにしよう」など、嘘の情報を記載したくなる人もいるかもしれません。

しかし、年齢確認で提出した情報と、アプリ内に登録した情報が異なると審査は通りません

年齢確認後は生年月日を変更することはできないため、年齢を若く見せたり、反対に実年齢よりも高く見せたりすることは不可能です。

仮に、偽った情報で登録できたとしても、マッチングした相手とトラブルに発展する原因になります。

安全かつ便利につかうためにも、情報は正しく入力することが大切です。

まとめ

マッチングアプリで年齢・本人確認を行うことは、法律で定められた義務です。また、確認作業を済ませることは、悪質な利用者やトラブルから自分の身を守ることにもつながります。

安心・安全にマッチングアプリを利用するためにも、必ず年齢・本人確認を行うようにしましょう。

そして、年齢・本人確認がないマッチングアプリは、違法なアプリであるため、利用を控えることが重要です。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る