「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
手をつなぐカップル

マッチングアプリで5回目のデート。会うばかりで仲が進展しない理由

デートを重ねても告白しない理由

手をつなぐカップル

5回もデートを重ねているにもかかわらず、どうして男性側は告白してこないのでしょうか?

まずは、デートを重ねても相手が告白してこない理由について見ていきましょう。

付き合うかどうか決めかねている

何度も会っているのになかなか告白してこない男性は、付き合うかどうか決めかねている可能性が考えられます。

男性が告白の覚悟を決められない理由はさまざまです。あなたに対して不安要素がある場合もあれば、過去の恋愛のトラウマから恋愛関係になる勇気を持てないこともあるでしょう。

また、真剣にあなたとの将来を考えているからこそ、告白できない男性もいます。

この場合、好意は十分に抱いていていますが、軽率に告白することで「関係を壊してしまいたくない」という不安も抱えていると考えられます。

自分からアプローチできないタイプ

自分からアプローチすることが苦手で、女性からの告白待ちをしている男性も珍しくありません。

特に、奥手な男性や恋愛経験が少ない男性、優柔不断な男性が、このタイプにあてはまるといえるでしょう。

必ずしも告白は男性からしなければならないわけではありませんが、「男性から告白してほしい」と思うのが乙女心です。

結果としてお互いに告白待ちの状態が続いてしまい、ズルズルとデートばかりを重ねることになり、なかなか関係が進展しません。

友達感覚で会っているのかも

単純にあなたとのデートが楽しくて、友達感覚で会い続ける男性もいます。

マッチングアプリは基本的に恋人や結婚相手を探す場ですが、やり取りを続ける内に友達関係に行き着くことも珍しくありません。

この場合の男性は、男友達と遊びに行くような感覚で女性をデートに誘っています。

中には、男友達と行くのは難しいと考える場所に誘ったり、彼女がいるような気分を味わいたいと考えたりしている男性もいるでしょう。

脈ありなのか確かめる方法

手を握りあるカップル

デートを5回も続けている場合、「もしかしたら脈なしかもしれない」「でも、これだけデートしているなら脈ありかも…?」と判断に迷うものです。

次のアプローチを考えるためにも、脈ありかどうか確かめてみましょう。

次につながる話を振ってくる

「来週はここに行こう」「今度これをやってみませんか?」のように、次のデートにつながる話を振ってくる場合は脈ありの期待度は高いといえます。

男性はどうでもよいと思う相手であれば、わざわざ会う約束をしないものです。

次回のデートにつながる話をしてくるのは、あなたと過ごす時間が楽しく、幸せなものだと感じている証明といえるでしょう。

また、デートの帰り際や解散後の連絡で、次の予定を聞いてきたり、こちらの予定に合わせて日程を調整してくれたりするのも脈ありサインです。

相手の中にはあなたと会うかどうかを迷う気持ちは一切なく、むしろ「早く会いたい」と、あなたとのデートを待ち遠しく感じていると推測できます。

気配りしてくれているか

相手があなたに対して以下のような気配りをしてくれるようであれば、脈ありの可能性は高いといえるでしょう。

  • 体調や忙しさを気づかってくれる
  • あなたのことを知りたがっている
  • 積極的にお会計をしてくれる
  • マメに連絡をくれる
  • あなたが嫌がることはしない

デートの際、相手があなたに対して気配りをしてくれるのは、「好きになってほしい」と願う気持ちがあるのと同時に、「好きな人だから優しくしたい」と思う気持ちが働いた結果です。

誰しも魅力を感じていない相手に好意的なアクションを起こすことはありません。自信を持って、相手に好意を持たれていると思いましょう。

5回目のデートでも告白されない場合

夕暮れ時の観覧車

5回目のデートでも告白されない場合は、思い切ってあなたからアクションを起こすことをおすすめします。

相手の男性から告白の言葉を引き出す方法と、進展しなかった場合の対処法をチェックしましょう。

告白しやすい雰囲気を作ってみる

慎重派や奥手な男性の場合、あなたから告白しやすい雰囲気を作ることが有効です。

例えば、「〇〇さんと一緒にいる時間は幸せ」「〇〇さんともっと一緒にいれたらいいのに」とさり気なく相手に伝えます。

察しのよい相手であれば、あなたの気持ちに応えるべく、素直な気持ちを聞かせてくれるでしょう。

もしも、関係が変わることに不安を抱えているようであれば、「2人で乗り越えたい」と伝えることで、共に歩む未来が開けるかもしれません。

また、告白ムードを高める場所でデートするのもおすすめです。

夜景の見える観覧車・夕日が沈む海辺・誰もいない公園のベンチなど、2人きりで過ごせる空間は、告白しやすい雰囲気を生み出してくれるでしょう。

進展ナシなら新しい出会いを探そう

あなたから告白を促す、もしくは告白をしても全く進展がない場合は、新しい出会いを探すことが得策といえるでしょう。

5回以上デートを重ね、関係性を変えるきっかけを得てもなお、相手の気持ちがハッキリしないようであれば進展の見込みは薄いといえます。

6回、7回、8回とさらにデートを重ねるよりも、その時間を新しい出会いを探す時間にあてた方が、あなたの気持ちもスッキリしやすいかもしれません。

どうしても諦め切れないようであれば、相手とデートや連絡を続けるのも手です。

ただし、ズルズルとやり取りを続けるのではなく、相手との関係性に終止符を打つ期限を設定するようにしましょう。

まとめ

「お互いに好意はあるはずなのに告白されない」そんなときは、まず告白されない理由を知ることが重要です。

付き合うか決めかねている・自分からアプローチできない・友達感覚で会っているなど、彼の思いが分かれば対処法も考えられます。

また、5回以上デートを続けても進展しないときは、まずは自分の心と向き合いながら、思い切って新しい出会いを探すことも検討しましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る