「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
クリスマスリース

クリスマスに恋人がほしいならマッチングアプリ!交際までの流れも

クリスマス前に恋人がほしくなるのはなぜ?

クリスマスリース

クリスマスを前に「恋人がほしい」と感じる人は多いですが、そもそもそれはどのような理由からなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ひとりぼっちが寂しくなる

近年、クリスマスやバレンタインのようなイベントは、恋人がいる人は恋人と過ごすものという暗黙の了解があります。

恋人のいない状況でこうしたイベントが近づいてくると、「1人で過ごすのか…」「自分も恋人がいたらなあ」と、急に孤独を感じてしまう人は少なくありません。

周囲の楽しそうなカップルの姿を見るにつけ1人ぼっちの寂しさが募り、「もしかしたら、まだ間に合うかも…」と、恋人をつくることへの意欲が高まっていくのです。

クリスマスの雰囲気に誘発される

各種イベントの中でも、クリスマスは特にカップルのイベントというイメージが強い傾向にあります。

街中がさまざまなイルミネーションやオブジェに彩られるクリスマスは、恋人同士のロマンチックなひとときをより一層盛り立ててくれる時期といえるでしょう。

そんなクリスマス特有のきらびやかで幻想的な雰囲気は、恋人のいない人の「恋人がほしい」という気持ちを呼び覚ますものでもあります。

「クリスマスの時期は、やっぱり恋人と過ごしたいな」という思いが大きくなればなるほどに、出会いを求めることに対する前向きな気持ちも大きくなっていくでしょう。

恋人がほしい!アプリがおすすめな理由

スマホを操作するビジネスマン

では、クリスマス前の恋人探しにマッチングアプリがおすすめな理由にはどのようなものがあるのでしょうか。主なものを確認していきましょう。

アプリ内のアプローチが増える

一般的なマッチングアプリでは、「この人と仲良くなりたい」と感じた異性に「いいね(いいかも)」を送ってアプローチをし、相手から「ありがとう」を返してもらうことでマッチングが成立します。

この「いいね(いいかも)」によるアプローチが多ければ多いほどにアプリ内での出会いが活発化し、マッチングする男女も多くなるといえるでしょう。

その点、クリスマス前のタイミングは、「クリスマスまでに恋人がほしい」と考える利用者が多いため、積極的にアプローチが行われる傾向にあります。

結果として、クリスマス前のタイミングはいつもよりも出会いのチャンスが増えることになるのです。

クリスマス前はマッチングしやすくなる

「恋人がほしい」という気持ちが高まるクリスマス前は、男女問わず異性に対する警戒心が緩む傾向にあります。

普段であれば、送られた「いいね」に対しとても慎重な人であったとしても、マッチングに対するハードルが下がり、比較的簡単にマッチングするようになるでしょう。

クリスマス前のマッチングアプリは、「クリスマスまでに恋人がほしい」という目的をかなえるのはもちろんのこと、普段であれば高嶺の花と感じるようなハイスペックの相手にアプローチをするにもぴったりのタイミングといえそうです。

好みの相手を探すことができる

自分好みの異性だけにターゲットを絞れるというのも、マッチングアプリがおすすめな理由の一つです。

合コンをはじめとする一般的な出会いでは、どんな異性と出会えるかは基本的に運任せです。場合によっては、「いいな」と思える人に1人も出会えず、残念な気持ちになることもあるでしょう。

しかし、マッチングアプリでは、たくさんの異性の中から好みの相手を見つけ、ピンポイントでアプローチできます。

「クリスマスまでに恋人をつくる」といったシチュエーションにおいて、時間を有効につかえるのはとてもうれしいポイントといえるでしょう。

アプリで恋人をつくる方法 準備編

スマホを操作する人

実際にマッチングアプリをつかってクリスマスまでに恋人をつくろうと考えるなら、あらかじめ覚えておきたいいくつかのポイントがあります。

まずは、事前に必要な準備から確認していきましょう。

12月に告白できるよう早めに登録

クリスマスデートを大きな目的とするならば、早めにアプリへの登録を済ませ、12月に告白をするといったスケジュールで考えるのがおすすめです。

というのも、人の心理として考えると、12月はクリスマスを目前に控えた焦りによって異性からのアプローチを受け入れやすくなり、告白の成功率が高まるからです。

遅くとも10~11月には登録を済ませておくことで、じっくりと相手を吟味しつつ、自分のペースで出会いを楽しむことができるでしょう。

プロフィール写真を厳選する

たくさんの異性の「アリ」「ナシ」を次々に見極めて出会いを探すマッチングアプリでは、プロフィールでの第一印象が勝負といっても大げさではありません。

相手が始めに目にするメイン写真はもちろん、サブ写真も含め、「この人と仲良くなりたい」と思わせることが出会いの第一歩といえるでしょう。

とはいえ、プロフィール写真に求められるのは、基本的に人柄のよさが伝わる笑顔と清潔感です。

笑顔の写真や趣味を楽しむ写真など、あなたの魅力や人となりが伝わる写真を厳選することで異性からのアプローチ率はグッと高まることになるでしょう。

異性が求める情報を確認しよう

誰であれ、人となりが分からない相手へ積極的なアプローチはしにくいものです。

出会いのチャンスを増やすなら、プロフィールには異性が求めている情報をしっかりと記載する必要があるでしょう。

以下、自己紹介として書いておきたい主な項目を紹介します。

  • プロフィールを見てくれたことに対するお礼
  • 仕事
  • 趣味
  • 性格
  • 休日の過ごし方
  • 好みの異性のタイプ
  • 出会った相手とどんな関係を築きたいか
  • 「よろしくお願いします」など締めのあいさつ

知りたい項目がしっかりと書かれていることで、きっと異性は安心してあなたにアプローチできるでしょう。

アプリで恋人をつくる方法 実践編

スマホを持って立っている人

事前の準備を済ませ、マッチングアプリに登録したら、いよいよ実際のお相手探しが始まります。

スムーズに出会いをかなえるために覚えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

気になる人には積極的にアプローチを

中には、「マッチングアプリに登録さえすれば自動的に出会いがやってくる」といった考え方をする人もいますが、ほとんどの場合これは正しくありません。

ただ待っているだけで異性から次々アプローチを受けるというのは、異性から見て飛び抜けて魅力的な人でない限り現実的ではないでしょう。

アプリに登録しているたくさんの魅力的な異性とマッチングするための何よりの近道は、やはり自分から積極的に行動を起こすことです。

「いいな」と感じる異性を見つけたら、迷わず「いいね(いいかも)」を送って自分の好意をアピールしましょう。

行動を起こせば起こすほど、理想の出会いが近づくことになるはずです。

初回メッセージを送る際のコツ

気になる異性とマッチングができたら、次はメッセージのやり取りでお互いの距離を縮めていくステップです。

とはいえ、初回メッセージの段階であまりにもフランクな接し方をしてしまった場合、相手が引いてしまう可能性が否定できません。

以下、相手に好印象を与える初回メッセージの具体的な流れを紹介します。

  1. マッチングへのお礼
  2. どうして「いいね」をしたのか(相手に引かれた理由)
  3. 簡単な自己紹介
  4. 質問を一つ(相手のプロフィールにまつわるもの)

これらの項目を、基本的に敬語で、スクロールせずに読める程度の長さにまとめましょう。

相手が「この人なら仲良くなれそうだ」と感じられるよう、読みやすく不快にならないメッセージを心掛けることが大切です。

やり取りを続けるためのポイント

マッチングアプリを利用している人の中には、「マッチングはするのに、メッセージのやり取りが続かない」という悩みを抱える人が少なくありません。

このケースでは、多くの場合、知らず知らずのうちに相手の気分を害していたり、相手に「コミュニケーションが取りにくい人だな」と思われたりしています。

そうした事態を防ぐため、まず意識したいのが、自分語りを控えて相手に興味を持つという点です。

相手の話したことに無関心で、一方的に自分の話ばかりしていては、やはり相手は「つまらない」と感じてしまうでしょう。

相手のメッセージ内容を受けつつ、それに対する質問や自分の話を加えるといった形を意識することが、スムーズで心地よいやり取りを続けるポイントといえそうです。

マッチング後デートに誘うときのポイント

コーヒーを飲みながらスマホを操作する人

メッセージのやり取りが順調に進んだら、次のステップは実際に顔を合わせてのデートです。

デートのお誘いを成功させるために覚えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

相手と自分の関係性を確認

デートへのお誘いを成功させるためには、お互いに興味や関心を持っていて、なおかつ2人の関係を進めることに前向きかどうかをしっかりと見極める必要があります。

メッセージこそ続いていても、2人の心の距離が縮まっていなければ、デートへのお誘いは残念ながら失敗に終わる可能性が高いでしょう。

具体的なタイミングとしては、メッセージのやり取りがスタートしてから3~4日目がおすすめです。

「できるだけ仲良くなってから誘いたい」とお誘いを先延ばしにし過ぎると、お互いの興味が薄れてしまい、自然消滅を迎える可能性が高まってしまいます。

話の流れでさり気なく誘う

デートのお誘いを成功させるためには、相手が「OK」しやすい誘い方をすることが大切です。

唐突に「デートしましょう」と切り出せば、相手は身構えてしまい、「NO」の決断をしてしまいかねません。

そこでおすすめなのが、話の流れの中で誘うという方法です。メッセージのやり取りの中で、行ってみたいスポットや飲食店・映画などの話題が出たら、さり気なく「一緒に行ってみない?」と切り出してみましょう。

必要以上にデートを意識させない誘い方をすることで、きっと相手からの快い返事をもらえることになるはずです。

最初のデートは昼間&短時間で

マッチングアプリで知り合った相手と初めてデートをするにあたっては、やはりお互いに多少の警戒心があるのが一般的です。

そんなお互いの気持ちを踏まえると、最初のデートは明るい昼間の時間帯に短時間で済ませるのがおすすめといえるでしょう。

こうした点から考えてみると、初回デートでテーマパークのような長時間のプランを選ぶのはおすすめできません。

2人の信頼関係を築くという意味でも、最初のデートはあくまで顔合わせ程度に考えておくのがベターといえそうです。

いざ告白!意識すべきことは?

告白するストーン

マッチングアプリで出会った相手とのデートが実現し、順調に関係を深めることができたなら、いよいよ告白のタイミングです。

告白の成功率を高めるために意識したいポイントをチェックしていきましょう。

告白の目安は3回目のデート

告白を成功させるには、お互いに「この人となら付き合ってもうまくいく」という確信を持てていることが大切です。

あまりに早いタイミングでは「まだお互いをよく知らないし…」と断られる可能性が高いですし、反対に遅すぎるタイミングでは「気持ちのピークを過ぎてしまった」として断られる可能性が高いでしょう。

1回目のデートは様子見・2回目のデートで相手に対する好意の確認をすると考えると、告白に適しているのは3回目のデートと判断できます。

2人のペースにもよりますが、3回目のデートでの告白を目安としてお互いの心の距離を縮めていきましょう。

シチュエーションにもこだわって

実際に告白をする際は、ぜひそのシチュエーションにもこだわりたいものです。

夜景スポットのような特別なシチュエーションで告白をすれば、そのロマンチックなムードが相手の気持ちを後押ししてくれるのはもちろんのこと、未来の2人にとってかけがえのない思い出にできるでしょう。

また、デートの別れ際のような、「もっと一緒にいたい」という気持ちが高まっているタイミングも「OK」をもらいやすいおすすめの告白シチュエーションです。

「自分だったらどんな場所で告白されたいか」を基準に、2人だけの特別な舞台を演出してみましょう。

心に残る告白のセリフも重要

シチュエーションに徹底的にこだわったとしても、肝心のセリフが相手の心に響かなければ、残念ながら告白が成功する可能性は低くなってしまいます。

告白の瞬間が緊張でいっぱいなことを考えると、具体的なセリフは事前に決めておくのが正解といえるでしょう。

なお、告白のセリフは無理に飾り立てる必要はありません。あまりにも言葉を選びすぎてしまうと、かえって伝えたいポイントが伝わらなくなってしまいます。

シンプルかつ相手の心を打つ告白をするのなら、基本である「好きです。付き合ってください」がベターです。

そこに自分が引かれた相手の魅力などを加えるだけで、十分に相手の心を動かすとっておきのセリフになるでしょう。

番外編 初デートがクリスマスってあり?

クリスマスのディナー

マッチングアプリで出会った相手との初デートがクリスマスというのは、一般的にアリなのでしょうか?その場合に意識したい注意点を紹介します。

気になっている人ならあり

一般的に、クリスマスにデートをする男女=恋人同士という認識があるのは事実です。

相手に全く恋愛感情がなく、ただの友人と考えているのであれば、クリスマスを一緒に過ごす相手として誘うのは避けた方がよいでしょう。

しかし、異性として相手を意識しているのなら、誘うことをためらう必要はありません

むしろ、クリスマスを初デートにすることでクリスマス特有のきらびやかな雰囲気が2人を急接近させ、トントン拍子に関係が進むといったうれしい展開が期待できるでしょう。

プレゼントを用意するなら軽めの物を

中には、「まだ恋人同士ではないけれど、せっかくクリスマスにデートをするのならプレゼントを用意したい」と考える人もいるのではないでしょうか。

ここで注意したいのが、あまりにも高価な物は贈らないということです。

正式に付き合っていないにもかかわらず高額な贈り物をされた場合、相手は恐縮してしまい素直に喜べません。

場合によっては、「受け取ったら付き合うのをOKしたことになるのでは」と不本意な誤解を招く可能性すら考えられるでしょう。

また、アクセサリーやネクタイのような身に着けるアイテムも、正式に付き合っていない段階では「重い」と受け取られてしまうためNGです。

この段階でプレゼントをするのであれば、相手が気軽に受け取れる物を選ぶのがおすすめといえるでしょう。

終電前には解散しよう

デートの展開によっては、クリスマスムードに後押しされた2人の距離が一気に縮まり、まるで恋人同士のようないい雰囲気になることがあるかもしれません。

しかし、どんなにいい雰囲気になったとしても、初デートでは終電前に解散するのが鉄則です。

万が一そのままお泊りをしてしまった場合、その日は楽しく過ごせたとしても、時間がたって冷静になるにつれ後悔の気持ちが湧き起こる可能性が大です。

同時に、「実は軽い人だったんだ」「誰とでもあんな感じなのかも…」と、せっかく築き上げたお互いの信頼を失うことになりかねません。

相手との関係を大切に思えばこそ、どんなに名残惜しくとも初デートは早めに切り上げるのがおすすめです。

まとめ

「クリスマスまでに恋人がほしい…」そんな人におすすめなのが、マッチングアプリを利用した恋人探しです。

マッチングアプリであれば、好みの異性にピンポイントでアプローチできるのはもちろんのこと、時期的にマッチング率も高いことから、理想の異性とスムーズに出会える可能性が高いでしょう。

より出会いの可能性を高めるためには、プロフィール作成を含めた事前準備や、常識やマナーを踏まえたコミュニケーションを意識することも大切です。

お互いに気持ちのよいやり取りで関係を深め、憧れのクリスマスデートを実現させましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る