「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
カップルの手

マッチングアプリは1人目で付き合うこともある?決断するポイントとは

マッチングアプリは本当に付き合える?

カップルの手

マッチングアプリでの出会いをきっかけに、これまで多くのカップルが誕生してきました。

実際にどのくらいの人が恋活に成功しているのか、具体的な数字を確認してみましょう。

アプリ利用で付き合う確率は40%以上

20~30代前半の男女を対象とした調査の結果によれば、マッチングアプリを利用した人の約4割が実際に恋人を作っています

お付き合いには至らないまでも、マッチング相手と実際に会ったことのある人は約9割です。

2~3人に1人は恋人ができたことになるため、合コンや街コンと比べても決して少なくない確率といえるでしょう。

ネット上での恋活が広まるにつれ、マッチングアプリで出会うカップルは今後ますます増えていくかもしれません。

出典:115人に聞いたマッチングアプリで付き合うまでの期間や確率|デートまでのコツは? | 【Balloon】出会いや婚活を成功させるマッチングアプリの攻略法を紹介

自分から積極的に動くのがコツ

マッチングするにも、メッセージを続けていくにも、積極的な姿勢が出会いをつかみ取るためのポイントです。

人気のマッチングアプリとなると、登録者数も多くなります。アピール力のあるプロフィールを作っても、必ずしも好みの人に見つけてもらえるとも限りません。

ただ「いいね」されるのを待つだけではなく、こちらからも積極的にアプローチした方が出会える可能性は確実にアップします

マッチング後のやり取りも同じく、自分から信頼関係を築こうとできる人がすてきな出会いへ1歩近づけるでしょう。

マッチングアプリで付き合うのは何人目?

夕日を見つめるカップル

マッチングからデートまで順調に進むと「こんな簡単に恋人ができるものなのかな?」と、かえって不安になることがあるかもしれません。

マッチングアプリでは、どのくらいの人とデートするものなのでしょうか。付き合うまでに出会う異性の数という視点から考えてみましょう。

基本は「この人だ!」と思えるまで

大切にしたいのは「何人の中から選んだか」ではなく、「この人だ!」と思えることです。

1人目で相性ぴったりの人に出会えることもあれば、なかなかよい縁に恵まれないこともあります。一緒にいて違和感があるなら、無理にお付き合いすることはありません。

マッチングアプリでは、恋人ができるまで複数の異性と同時進行でデートするのも自然なことです。ピンとくる人が現れるまで、自分のペースで恋活していきましょう。

1人目で付き合うのももちろんOK

男女500人を対象にした調査によると、9割が「マッチングアプリで恋人ができるまでに出会った異性の数は10人以内」と回答しました。(当社調べ)

そのうちの9人に1人が、初めて会った人と正式に付き合うことを決めています。1人目で「しっくりくる」と思えば、すぐに付き合い始めても問題はありません。

ただし、自分に合う相手を見極める力は、経験を積むことで磨かれていくものです。恋愛経験が少ないと、自分の判断に自信が持てないこともあるでしょう。

その場合は、ほかの人ともお試しデートしてみることをおすすめします。比較対象があることで、1人目との相性をより明確にできるでしょう。

出典:マッチングサービス利用経験者の3人に1人が、 サービスを通じて恋人ができたという結果に | マッチングアプリ・恋愛・婚活データ – CyberAgent COUPLING UNION

会うことに慎重になりすぎないよう注意

メッセージで好印象な相手ができたら、なるべく早めに会って相性を確認しましょう

「まだ信頼関係ができていないから」とデートを引き延ばしすぎると、会う気がないと判断されて連絡が途絶えてしまうかもしれません。

また、メッセージだけでデートする相手を1人に絞ろうとするのも、よい出会いを遠ざける原因となります。

やり取りする相手が増えるにしたがって、次第に条件だけを比較するようになってしまいがちです。

マッチングアプリは出会いのきっかけにすぎません。付き合える相手か判断するには、お互いにじっくり向き合う時間が必要なのです。

アプリで出会った人と付き合う決め手

手をつなぐカップル

マッチングアプリは初対面から付き合うまで、スピーディーに進展しやすい傾向にあります。

相手の内面を把握して信頼関係を築くのに十分な期間があるとはいえない中で、「この人だ!」と確信する決め手はどのようなものでしょうか。

一緒にいて心地よいかどうか

まず、一緒にいて心地よいかどうかが一つの判断基準となります。正式なお付き合いを考える人ができたら、丸1日かけてデートしてみましょう。

気の合う人とは、どれだけ長く一緒にいても疲れません。笑い合うときはもちろん、ただ寄り添っているだけでも「楽しい」と感じられます。

例えるなら、背伸びをして着るドレスやスーツではなく、着慣れたリラックスウェアのような人です。

「そういえば、出会ったばかりだっけ」と、うっかり忘れてしまうような時間が過ごせたら相性がよいといえます。

逆に、一緒にいて悪い意味でソワソワしてしまうのであれば、相性はあまりよくないのかもしれません。

相手の体温、匂いが好き

香水を付けているわけでもないのに「あ、この人いい匂いがするな」と感じたことはないでしょうか?

よい匂いと感じる相手と過ごす時間は、本能的に居心地がよいと感じやすいともいわれています。

その人本来の匂いは、うなじや背中が判断しやすい場所です。耳打ちするフリをして、こっそり匂いを確認してみてはいかがでしょうか。

匂いと同じく、体温にも相性があります。「相手の体温が自分の肌になじむように感じた」と親近感が湧き上がり、恋が発展する可能性もあるでしょう。

手相やマッサージの話題を持ち出すと、相手に触れるチャンスが作れます。ややベタな方法ではありますが、デート中なら快く手を差し出してくれるでしょう。

お互いの金銭感覚に違和感がない

付き合う上で、お互いの金銭感覚が合うかどうかは重要なポイントとなります。結婚を視野に入れたお付き合いであれば、より慎重になるべきでしょう。

収入があった分だけつかってしまう人は計画性がないかもしれませんし、1円まで割り勘しようとする人は、無駄な出費を一切しないタイプなのかもしれません。

ただ、デート中は相手によく思われたくて頑張っている可能性も考えられます。本当の金銭感覚を知るには、相手のライフスタイルについてよく話を聞いてみるとよいでしょう。

まとめ

「どうして今の恋人と付き合ったの?」とたずねると、「フィーリングが合ったから」と、ふんわりとした答えが返ってくることが多いです。

しかしこれは、一見曖昧なようですが、本能的に「この人がいいと強く思ったから」と捉えることもできます。

もしマッチング1人目が一緒にいて何の違和感もない・安心する相手だったのなら、迷わずその人と関係を進めていきましょう。
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る