「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スケジュール帳

マッチングアプリで2回目デートまでのやりとり。デートにつなげるコツ

初回デートと2回目デートまでの期間

スケジュール帳

マッチングアプリで出会った異性と前向きに交際したいなら、デートを確実に継続させてお互いを理解し、好意を抱いてもらうことが重要です。

顔合わせの意味がある1回目のデートが終わった後、どのくらいの期間を置いて2回目を誘えばよいのでしょうか。

早すぎず遅すぎないタイミング

初デートが終わった後、2回目のデートに誘うタイミングは、早すぎても遅すぎてもNGです。

初デートから1週間以内の約束は、早すぎて相手の想定外である可能性が高いです。

既に相手には別の予定が入っていることも十分考えられる上に、相手からすると急に「時間をつくってほしいです」と迫られているように感じてしまうこともあるでしょう。

とはいえ、3週間から1カ月過ぎてしまうと、逆に遅すぎて初回デートの熱がすっかり冷めてしまうかもしれません。

ほかの人とマッチングしていたり、関係性がリセットされてどことなくよそよそしくなっていたりするのです。

2週間程度が一般的

2回目のデートは、初めてのメッセージから約2週間後に取り付けるのが一般的です。

初デートでよほど好感触であり、相手も乗り気であればそれより早くても問題ありません。

ただし、お互い社会人で忙しい場合は、自己紹介からたわいないやり取りを重ねるまでには2週間前後の時間は必要になるでしょう。

可能であれば、マッチングアプリでのやり取りや初回のデートでの会話の中で、相手のスケジュールをさり気なく確認しておきましょう。

休日の過ごし方や、平日何時まで仕事をしているかが把握できていれば、相手のタイミングを見計らいながら2回目のデートを申し込めます。

2回目デートまでに話題が尽きたら?

スマホを見入る女性

お互いにマッチングアプリで詳細なプロフィールの掲載があり、メッセージのやり取りの頻度も高い場合、1回目のデートで顔合わせ後、すっかり話題が尽きてしまうこともあり得ます。

もし、2回目デートまでに話題が尽きてしまったら、その後どうやって話を展開させればよいのでしょうか。ポイントを三つ紹介します。

お互いの近況について話す

2回目のデートを前に話題が尽きてしまったら、最近起こった面白いできごとをお互いに話して新しい話題をつくりましょう

例えば、仕事であった上司からのうれしい発言や身の回りにあった変化など、お互いに自分の近況を話題にして振ってみます。

休日に行ったカフェのメニューや、お家時間を利用してつくった料理、飼っているペットの話題など、何でも構いませんが、相手が楽しく思える話題がよいでしょう。

一つ話題を振った後は、相手の反応を見ながら話題を膨らませましょう。好きな食べ物や趣味、好きな動物など、質問することでスムーズに話がつながります。

恋愛話で価値観を知る

双方ともパートナーを探している以上、お互いの恋愛話には興味があるものです。恋愛話は相手の好みと価値観をストレートに知ることができ、相手への理解が深まります

どんな人がタイプなのか、理想のデートはどんなものかといったライトなものから、今までどんな人と付き合ってきたのか、別れた原因は何だったのかという踏み込んだ話題までさまざまです。

相手の反応を見ながら、どんな恋愛話を振るかを決めましょう。

このとき、相手が嫌がっているにもかかわらず無理やり過去の恋愛を聞き出そうとするのはやめましょう。「デリカシーに欠けている」と判断されてしまうため要注意です。

ちょっとした相談をしてみる

人は、自分が助けられたときよりも、自分が助けてあげたときに相手に好感を持つという心理があります。

そのため、話すことがないときには、ちょっとした相談を相手に持ち掛けてみましょう。

相談内容はほんのささいなもので、相手にとってあまり負担にならず、簡単に解決できるものにします。

例えば、上司へのプレゼント選びや友達と今度ランチにでかける店など、簡単なアドバイスが受けられる程度のものでよいのです。

相手が相談に乗ってくれたら、きちんとお礼を言いましょう。相手は、自分が役立ったことを知って満足すると同時に、あなたへの好感を高めます

2人の距離を縮めたい!メッセージのコツ

スマホ操作する女性

相手との距離を縮めるためには、直接会っていないときのメッセージのやり取りが大切です。

普段メッセージのやり取りをする際、どんなところに気を付けるのがポイントなのかを解説します。

頻度や時間帯は相手に合わせるのが基本

メッセージの頻度や時間帯は、相手の都合に合わせるようにしましょう

「好きな相手とはたくさんメッセージをやり取りしたい」という気持ちはごく自然なものですが、相手の都合も考えずにメッセージを送り続けるのは気持ちの押し付けです。

例えば、相手がメッセージに対して1時間後に返信したら、自分も1時間後に返信します。

相手のメッセージが夕方から夜に送られてくるなら、こちらからも同じ時間帯にメッセージを送るのです。

相手のテンポに合わせれば、自然と相手にとって多すぎず少なすぎず、仕事やプライベートを邪魔しないで済む都合のいい時間帯にやり取りできます。

話が盛り上がれば毎日メッセージを

何度もメッセージをやり取りして、話が盛り上がっていると感じたなら、「おはよう」「仕事頑張ってね」などささいな言葉でOKなので、毎日メッセージのやり取りを行いましょう。

相手が負担に思っていないのであれば、何度もコミュニケーションを重ねるごとに信頼を深められるからです。

このとき長文でぎっしりと日記のようなメッセージ・ネガティブな内容は避けて、ライトで短めの内容をテンポよく送るのがポイントです。

相手によっては連絡事項だけでもOK

メッセージの回数を増やせば仲が深まるのは事実ですが、相手がそもそもメッセージをマメにやり取りすることが苦手であれば、やり取りの回数や内容の濃さを調整しましょう。

どちらか一方が苦痛を感じながらメッセージのやり取りを続けると、いつしか嫌気がさしてしまい長続きしません。

相手をつなぎとめておきたい、次のデートを忘れないでほしいという気持ちがあるなら、連絡事項だけでもOKです。

特に男性は、LINEなどのやり取りはコミュニケーションではなく連絡手段の一つだと捉えているタイプも多いため、連絡頻度が少なくてもあまり気にしないようにしましょう。

2回目デートの約束はいつ交わす?

花園で戯れるカップル

2回目のデートを提案するタイミングについて悩む人は多いのではないでしょうか。

顔合わせだった初デートとは違い、交際に発展できるかどうかを見極める大切なフェーズであり、確実に約束を取り付けたいものです。

スムーズに、かつ確実に2回目デートの約束を交わすなら、どのタイミングなのでしょうか。

初回デート中に誘う

2回目デートに誘いやすいタイミングの一つは、初回のデート中です。

初回デートが中盤から後半に差し掛かり、ある程度会話も弾めば、2回目デートにつなげるヒントもいくつか見つかります。

例えば、相手がスイーツ好きだと分かったなら、「次は話題のスイーツ店に一緒に行きませんか」と、話題の映画や好きな俳優の名前を聞き出せたなら、映画館デートに誘ってみましょう。

初回のデートの延長として2回目デートに自然と誘えるので、相手も抵抗感なくOKしてくれることが多いです。

初回デートが終わった直後

2回目のデートに誘うタイミングとして、初回デート終了直後も適しています。

「初デート、楽しかったです!」「ありがとう!」と伝え、その流れで「また会いたいと思っているのですが、〇日とか空いてますか?」と2回目のデートを提案するのです

デート直後に次のデートの約束を提案されることで、相手には好意と熱意が伝わります。

相手もあなたに好感を持ち、初回デートに満足しているようであれば、2回目デートを受け入れるでしょう。

まとめ

マッチングアプリで出会った人と2回目のデートを実現するには、誘うタイミングが重要です2回目デートをスムーズに誘えるのは、初回デート中かその直後です。

2回目のデートまでに、近況や恋愛話を振ってみたり、メッセージのやり取りをして距離を縮めたりしましょう。

デートに誘うときは、相手に素直な思いを伝えるため、遠回しな表現よりストレートな言葉で誘うのがおすすめです。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る