「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
カレンダーを確認

マッチングアプリは何回会うと恋人になれる?目安期間と告白について

アプリで付き合うまでの期間

カレンダーを確認

好みの相手とマッチングできた人は、付き合うまでにどのくらいの時間を掛けているのでしょうか?

アプリで出会った相手と付き合うまでの期間の目安を紹介します。

一般的には2カ月から3カ月程度

マッチングからカップル成立までは、およそ2~3カ月というケースが一般的です。

具体的にはメッセージのやり取りから初デートまでが1週間から1カ月程度、そこから告白して付き合うまでが1~2カ月程度となります。

カップル成立まで2~3カ月と聞くと、「意外と短いな…!」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、アプリに登録している人は、その時点で「恋人はいない」「いい人がいれば付き合いたい」と思っているということです。

相手の状況を探る必要はなく、友達期間も必要もありません。

お互いが「この人と付き合いたい」とさえ思えれば、カップル成立まではスムーズです。

実際に会うのは早めがおすすめ

マッチングした相手との恋を成就させるには、スピード感が重要です。やり取りが盛り上がったら、積極的に会いたい気持ちをアピールしましょう。

やり取りスタートから1週間以内には、デートの約束を取り付けるのがおすすめです。

いつまでたっても「会おう」という言葉がない場合、「本気で付き合いたいと思っているのかな?」「ほかの相手と迷っているのかな?」などと疑われるかもしれません。

顔の見えないメールのやり取りだけでは、相手の気持ちをつなぎとめるのは困難です。

アプリでの出会いはマッチングからの日数が空けば空くほどモチベーションが下がりやすいと覚えておきましょう。

真剣交際に!何回目の告白がベスト?

デートの2人

実際に相手に会ってみて「フィーリングが合う」と感じたら、何とか真剣交際につなげたいものです

交際スタートには告白というハードルがありますが、どのタイミングで気持ちを伝えればよいのでしょうか?

マッチングから告白をしてカップルになった人のケースを見てみましょう。

最も多いのは3回目のデート

男女とも、3回目のデート告白のベストタイミングと考える人が多数派です。デート中2人で楽しく過ごせたのであれば、告白して「NO」と言われる可能性は低いでしょう。

1回目、2回目のデートはまだまだ様子見という人が少なくありません。

絶対に合わないと感じれば1回のデートで終わるでしょうし、2回目で嫌だと思ったら3回目は実現しないはずです。

「同じ相手と3回も会う…」、これだけで相手にはある程度の好意があると考えられます。相手と今後も真剣に付き合いたいと思っているのなら、3回目のデートが気持ちの伝えどきです。

長すぎると不安になってしまう

きちんとした告白の言葉がないと、相手は「本気ではないのでは」と不安になってしまいます。

マッチングアプリでの出会いでは、「告白までにじっくり時間を掛けるべき」と断定しない方がよいでしょう。

アプリに登録している限り、マッチング相手にはいつ新しい相手が現われるか分かりません。それどころか同時進行で複数人とやり取りをしているケースもあるでしょう。

煮え切らない態度だと、優先順位を下げられてしまいます。

特に、結婚相手を求めている人はより早い決断を求めます。告白もしてくれない相手はさっさと見限り、次に行ってしまうかもしれません。

マッチング相手と付き合いたいと思ったら、タイミングを逃さず告白することが大切です。

理想の告白シチュエーション

観覧車で告白

告白の成功率を高めるには、シチュエーションにも十分に配慮したいところです。

雰囲気満点の場所で「付き合ってください」と伝えられたら、相手もうれしく感じてくれるのではないでしょうか。

相手の心にグッとくる、理想の告白シチュエーションを紹介します。

ドラマみたいに「観覧車の中で」

「遊園地デートを思い切り楽しんでいる最中、観覧車でいきなり告白される…」、こんなドラマチックな演出にドキッとする人は多いようです。

告白するなら、乗り物が1番高い位置にくるタイミングを狙ってみてはいかがでしょうか。

観覧車で告白するメリットは、2人きりになれる点です。

乗り物が1周するまでは、誰かに邪魔されたり気が散ったりする心配がありません。確実に2人きりの空間ならば、シャイな人も告白しやすいでしょう。

ロマンチックに「夜景を見ながら」

夜デートなら、ロマンチックな夜景を見ながらの告白が王道です。

「夜景を見に行こう」と誘えば、相手も「もしかして…」と何かを察してくれるかもしれません。

また、夜景を見ながらの告白は、必然的に暗い場所で気持ちを伝えることになります。明るい光の中で「好きです」と伝えるよりは、ハードルが低いのではないでしょうか。

さたに、周囲にカップルの多い場所であれば、2人を取り巻く雰囲気も告白のムードを高めてくれます。

高層ホテル・展望台・海など、夜景スポットはさまざまあります。事前にしっかりリサーチして、告白にふさわしい場所を見つけましょう。

鉄板シーン「デートの帰り道」

デートの帰り道は、「もっと一緒にいたい」「別れるのが寂しい」などと感じがちです。

2人のムードが高まりやすく、告白にはベストなタイミングといえます。会話の中にさらっと告白の言葉を交ぜれば、お互い不必要に緊張することもありません。

相手に気持ちをしっかりと伝えられるよう、人や車が少なく、静かな場所で告白しましょう。

バイバイする場所が決まっているのなら、「この辺にさしかかったら告白しよう」と決めておくと焦らずに済みます。

思い出に残る告白のセリフは?

告白

告白するときは相手の心に残るセリフを贈りたいものです。自分の思いがきちんと伝わるよう、適切な言葉を選びましょう。

シンプル、ストレートが一番!

告白の定番といわれるセリフは、男女問わず受けがよいものです。例えば、以下のようなセリフは好感度が高いでしょう。

  • 好きです
  • 付き合ってください
  • 恋人になってください

告白で大切なのは、「好き」「付き合いたい」という気持ちをきちんと相手に伝えることです。

あまりに余計な言葉を加えると、あなたらしさを伝えられない可能性があります。告白ではあれこれと前置きはせず、はっきりと気持ちを伝えた方が好印象です。

気持ちを押し付けない疑問形

「ストレートすぎるセリフはハードルが高い」と感じる場合は、疑問形をつかうのがおすすめです。

具体的には、以下のような言葉をつかいましょう。

  • 好きになってもいい?
  • これからずっとそばにいてくれる?
  • 恋人になってくれる?

疑問形での告白は、押し付けがましさを感じさせません。相手に緊張感を与えることなく、すっと思いを受け止めやすいセリフといえるでしょう。

好きなところを付け加えてもgood

「もう少し相手の心に刺さる告白をしたい」という人は、告白の言葉に相手の好きなところを付け加えてみましょう。

  • ○○さんの明るくて優しいところが好きです
  • ○○さんといると落ち着けるから、ずっと一緒にいてください

相手に「あなたのここが好き」と伝えることで、告白のセリフはよりリアルになります。

「この人は自分のことをよく見てくれている」と、相手もときめいてくれるでしょう。

まとめ

マッチングアプリでうまくいったカップルの多くは、マッチングから2~3カ月でお付き合いに至っています。好みの人とマッチングできたらのんびり構えず、積極的なアプローチをおすすめします。

また、相手に告白するのは、3回目のデートがベストなタイミングです。1回、2回とデートをしても「やっぱり好き」と思えれば、3回目のデートで告白を狙ってみてはいかがでしょうか。

マッチングアプリに登録しているのは、真剣に彼氏・彼女がほしいと思っている人がほとんどです。タイミングを逃さずに行動して、カップリングを成立させましょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る