「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
友達

マッチングプリで「友達でいたい」の真意は?言葉の裏側と対処法

「友達でいたい」と言われがちな人って?

友達

そもそもマッチングアプリのやり取りで「友達でいたい」と言われがちなのは、どのようなタイプの人なのでしょうか?

あなたの性格が以下のタイプに当てはまるか確認してみましょう。

誰にでも優しい人

男女問わず誰に対しても優しい人は、「友達でいたい」と思われやすいタイプの一つとして挙げられます。

人に優しくできることは美点であるものの、イマイチ本心や本音が見えないと思われてしまいやすく、恋愛に発展しにくいともいえるでしょう。

また、恋愛において「自分を特別扱いしてほしい」と願う人にとって、誰に対しても平等に与えられる優しさは嫉妬の対象になってしまうこともあります。

自分以外にも優しく振舞う姿にモヤモヤしてしまい、「困らせてしまうくらいなら…」と、友達でいることを選択する人も少なくありません。

恋愛でうまくいかないことに悩む場合は、相手に対して特別感を演出するテクニックを習得することで、関係の好転を目指すとよいでしょう。

ノリがよく話しやすい人

テンションが高く、ノリがよく話しやすい人も、恋人ではなく友達でよいと思われやすいタイプです。

早い段階で「この人いいな」と思われやすいタイプではあるものの、明るい性格であるが故に、友達としての和やかな雰囲気が生まれやすいといえるでしょう。

次第に「友達付き合いで十分かも?」と思われてしまい、恋人として付き合うという選択肢から外されてしまうのです。

とはいえ、「恋人はノリがよい性格の人がいい」と望む人も大勢います。特に、楽しいことが好きな人や、友達付き合いの延長で付き合いを始めたい人と相性がよいでしょう。

性格を無理に変える必要はなく、アプローチする相手や方法を変えることが、恋愛上手になるポイントといえそうです。

「友達でいたい」という言葉の本音は?

男性の後ろ姿

「友達でいたい」という言葉は、分かりやすいようでいて、実に深みのある言葉です。

相手との関係を諦めたとしても、言葉に込められた意味が分からずに、モヤモヤし続けてしまう人もいるでしょう。

では、友達でいたいという言葉には、どのような本音が隠れているのでしょうか?男女別にチェックしていきましょう。

男性の本音

男性の本音としては、女性の悲しむ顔を見たくないというものがあります。

告白を断る行為は、どれだけ上手に断ったとしても相手を傷つける結果が待っているものです。

たとえ特別な感情を抱いていない相手だとしても、女性に悲しい表情を浮かべさせたくないと考える男性は多いでしょう。

特に、過去に告白をして失恋したことのある男性・他人を思いやれる男性は、相手の傷をできるだけ浅くするために、友達でいたいと告げる傾向があるようです。

女性の本音

女性は決してネガティブな感情こそ抱いていないものの、「恋愛対象にはならないかも」という男性に対して、友達でいることを希望する傾向があります。

ハッキリと好きではないと伝えてしまうと男性のプライドを傷つけてしまうため、友達といたいと濁しがちです。

また、恋愛対象外ではなく「今はまだ保留」の可能性も期待できます。

突然の告白に困惑しており、まずは友達として付き合いながら考えていきたいという思いが含まれているのです。

この場合は、付き合える可能性はゼロではありません。ゆっくり距離を縮めていけば、告白成功のチャンスが大いにあるといえるでしょう。

「友達でいたい」と言われたときの対処法

ダイエット

相手から友達でいることを求められたとき、どのように対処すればよいのか迷う人もいるでしょう。

この場合、相手と築きたい関係性次第で行動が変わります。「どうすればよいのか分からない」という人に向けて、主な選択肢を三つ紹介します。

相手の気持ちを尊重し友達として仲良く

相手と円満な関係を望むのであれば、相手の気持ちを尊重し、友達として仲良くすることがベストアンサーといえます。

マッチングアプリで出会った関係は、必ずしも恋愛関係にならなければいけないわけではありません。

恋愛を相談できる友達や、趣味を一緒に楽しめる友達関係に落ち着く人も存在します。

たとえ告白はうまくいかなかったとしても、相手と友達関係を続けられるのであれば、一つの出会いが成功したとも考えられるでしょう。

ポジティブに受け止めることで、今後の恋愛に活かせることが必ずや見つかるはずです。

自分磨きをして振り向かせる努力をする

「どうしても相手のことを諦められない…」と思うのであれば、自分磨きをして再び告白するチャンスを待つという選択肢もあります。

まずは、ささいなことからでも自分を変えていくことが第一歩です。

相手に言われた言葉や友達の意見を参考にして、自分の魅力をブラッシュアップするように努めます。

例えば、見た目を変えようとダイエットにはげんだり、髪を切って雰囲気を変えたり、スポーツを始めて内面と向き合う時間をつくったりして、魅力向上に努めましょう。

たとえ、相手に振り向いてもらえなかったとしても、努力は無駄にはなりません。努力したあなたの魅力を感じてくれる異性が現れる可能性もあるでしょう。

つらいなら距離を置くのもアリ

「友達として付き合い続けるのはやっぱりつらい…」と思うのであれば、無理にやり取りを続ける必要はありません。

相手と距離を置くことも立派な選択肢の一つです。

気持ちに余裕があれば、相手に「ありがとう」と一言伝えて、きれいに終わらせることをおすすめします。

区切りが付くことで、わだかまりを残すことなく次に進みやすくなるでしょう。

どうしても気持ちが上向かないときは、何も言わずにフェードアウトしてもOKです。

ただし、相手にネガティブな言葉を伝えるのは、思わぬトラブルを招くリスクがあるため避けましょう。

まとめ

「友達でいたい」と言われた場合、必ずしも恋愛的なチャンスがないとは限りません。

友達としての関係を続けることで、相手に異性として見てもらえるタイミングが訪れることもあるのです。

ただし、マッチングアプリは多くの人が恋人や結婚相手との出会いを探す場所です。

意中の相手が待ってくれるとは限らず、ほかの出会いを見つけてしまうかもしれません。

そのため、意中の人に友達認定されてしまった場合は、新しい出会いを探すこともよい選択といえるでしょう。気持ちが落ち着いたら、すてきな出会いをまた探してみませんか?
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る