「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
座ってスマホを操作する男性

マッチングアプリはぼっちでも出会える!気軽に利用して恋人を作ろう

ぼっちにマッチングアプリがおすすめな理由

プロフィールを考える男性

「ぼっちの自分には恋なんてできない…」そんなふうに思い込んではいないでしょうか?

恋愛から遠ざかってしまうのは、自分に合う恋活方法が見つけられていないからかもしれません。

孤独と仲良しの人におすすめなのは、マッチングアプリによる恋活です。まずは、マッチングアプリがぼっちに合う理由から見ていきましょう。

同じ趣味の恋人ができる

「他人に合わせるのは疲れる」と思っている人は多いでしょう。

無理して会話するより1人でいることを好むため、いつの間にかぼっちが板についてしまいます。

人と話すのが面倒に感じるのは、会話の内容に興味が持てないからではないでしょうか。それならば、共通の趣味を持つ恋人を探せばよいのです。

マッチングアプリをつかえば、同じ趣味を持つ異性が簡単に見つかります。好きな話題なら自然と会話も盛り上がり、無理なく楽しい時間が過ごせるでしょう。

文章のやり取りなので口下手でもOK

「口下手で交友関係が広がらない」これも、ぼっち状態を加速させる大きな原因の一つです。

異性となればさらに会話の難易度が上がるため、恋愛が自分とは無縁の世界に思えるかもしれません。

しかし、文章のやり取りなら、すぐに気の利いた言葉が出なくても大丈夫です。むしろ、丁寧な返信ができる慎重な人の方が好まれるかもしれません。

マッチングアプリでは、その場のノリよりも内面の相性のよさが重視されます。コミュニケーション能力の高いリア充な人たちとも十分に渡り合えるでしょう。

1人で気軽に始められる

「合コンに誘ってくれる友だちがいない」これこそ、ぼっちを恋愛から遠ざける切実な悩みの一つでしょう。

その点、マッチングアプリの出会いに友だちはいりません。必要なのは、スマホと隙間時間のみです。

合コンや街コンのようにおしゃれをして盛り上がるのは楽しいかもしれませんが、成果なく引き上げることも少なくありません。

マッチングアプリなら自宅にいながら低コスト、しかも効率よく出会いが探せます。

アプリで恋人を作る方法とは?

スマホを見る女性

マッチングアプリといえど、登録すれば恋人ができるというワケではありません。

実際に異性と出会っている会員たちは、「異性から見た自分」を念頭において、アプリの機能をつかいこなしているのです。

ここでは、マッチングアプリで上手に恋活する方法について学びましょう。

重要なのはメイン写真

プロフィールに載せる写真の中でも、メイン写真は第一印象を左右する重要な材料です。写真から伝わるのは、顔立ちだけではありません。

ボサボサの頭にヨレヨレのTシャツでは、清潔感のないだらしない印象を与えてしまいます。背景がトイレや洗面所では、気配りの足りない人だと思われかねません。

顔出しは必須ではありませんが、最低限の身なりを整えることは必要です。憧れの相手と初デートに向かうくらいの気合いを入れて、恋活への本気度を示しましょう。

プロフィールもしっかり記入

プロフィールは「空欄がないこと」「読みやすいこと」「人柄が分かること」の3点を意識して作成しましょう。

マッチングアプリは効率よくいろいろな異性と出会えるという特性上、作り込みの甘いプロフィールはすぐに見切りをつけられてしまいます。

プロフィールは履歴書のようなものです。「この人と付き合ったら、こんな時間が過ごせそう」と具体的に想像できるように、内容を充実させておきましょう。

コミュニティー・カテゴリーを活用

共通の趣味から気の合う異性を探したいときには、コミュニティーやカテゴリーを活用しましょう。

それぞれの集まりをのぞくと、男女の参加人数が表示されています。自分が興味を持てる中でも、異性の参加人数が多いところに参加するのがポイントです。

コミュニティーやカテゴリー内で、さらに住所や年齢などで絞り込み検索がかけられます。複数の集まりに積極的に参加して、相性のよさそうな異性を見つけましょう。

写真の準備はどうすればよい?

自撮り

「マッチングアプリに載せる写真を選ぼうにも、カメラロールに自分がいない…」

これは、プロフィールを登録する際に、ぼっちが最初に突き当たる壁かもしれません。

仕方がないからと適当な写真で間に合わせず、実際の自分より少しすてきに見える写真を撮りましょう。

最後に、異性の目を引きつけるモテ写真のポイントを紹介します。

自撮りするなら屋外で撮ろう

被写体が同じ人物でも、写真を撮った状況によって全く印象が異なります。

一般的に自撮りよりも第三者に撮ってもらった方がよいとされていますが、工夫すれば自撮りでも好印象な写真を撮ることは可能です。

撮影場所は、屋外で景色のよいところを選びましょう。背景をメインに据えた構図なら、旅行を楽しむアクティブなイメージも演出可能です。

透き通るような青空やみずみずしい緑を背景にすると、より明るく爽やかな写真に仕上がるでしょう。

自信がないならプロに撮ってもらおう

写真を撮り慣れていないと、なかなか納得のいく仕上がりにならないかもしれません。そんなときは、プロのカメラマンに撮影を依頼するのも一つの方法です。

プロは被写体を魅力的に見せる条件を熟知しています。カメラマンによっては、表情や衣装についてアドバイスをくれることもあるでしょう。

フォーマルに仕上げたいなら写真スタジオ・カジュアルで自然な写真が欲しいときは個人カメラマンの出張サービスを利用するのがおすすめです。

まとめ

「ぼっち」の生活が長くなると、まるで孤独なのは自分だけのような気がしてくることがあるでしょう。

しかし、実際には会社と自宅を往復するだけの日々を繰り返す人は大勢います。マッチングアプリはそんな社会人ぼっちの強い味方です。

無理にぼっち脱却を目指さなくても、自分のライフスタイルにすんなりなじんでくれる恋人を見つけられます。

心のよりどころとなる存在があれば、1人の時間もさみしくありません。勇気を出して、どこかにいる運命の人を探しに行きましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る