「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
食事とワイン

マッチングアプリのデートがご飯だけってどうなの?関係を進める方法

マッチング後のデートがご飯だけ!メリットは?

食事とワイン

マッチングした相手とのデートが、ご飯デートばかりだと「このまま関係が進展しなかったらどうしよう」と不安を感じる人もいるかもしれません。

しかし、ご飯デートを続けることによるメリットもあるのです。詳しい理由を見ていきましょう。

予算を決めやすい

ご飯デートのメリットとして、予算を決めやすいことが挙げられます。

食事からバーに行くようなデートになると、1人あたりの予算が1万円を超えてしまうことも十分ありえます。

初回デートなら奮発できるかもしれませんが、何度もくり返していると懐事情が気になるという人もいるでしょう。

特に、マッチングアプリのデートでは、男性がご馳走するパターンが多くあります。

女性側は予算がかからないとしても、「毎回のように負担させてしまうのは申し訳ない」と感じることもあるでしょう。

その点、ご飯デートは高級店でなければ1人あたり5,000円程度で収まりますし、コース料理を注文すれば料金が決まっているため事前に予算を準備しやすいのです。

デートに誘いやすい

ご飯だけのデートは、相手の心理的なハードルが低いため、誘いやすいこともメリットの一つです。

いくらアプリ上で仲良くなっていたとしても、完全には打ち解けていません。

遊園地やショッピングのようなおでかけデートに誘われると、「緊張しそう」「気まずくなったどうしよう」と身構えてしまう人もいるのです。

一方、ご飯デートであれば、仕事終わりや休日のランチタイムなど短時間で楽しめます。気軽にOKを出しやすいですし、仮に不都合を感じたら用事を申し出て解散することもできるでしょう。

また、話が続かなくても場が持つこともメリットです。食事をしながら話題を考えることができるため、ゆっくり2人きりの時間を満喫できます。

ランチならお酒の失敗も回避できる

ご飯デートをランチタイムに設定すれば、お酒の失敗を回避しやすくなることもメリットといえるでしょう。

お酒が飲めるディナーデートの場合、緊張から飲みすぎてしまい、酔いが回って失言や失態を見せてしまう可能性もゼロではありません。

ランチデートであれば、ディナーデートに比べてお酒を飲む可能性は低いです。飲んだとしても1~2杯程度で、お酒による失敗が起こりにくいといえるでしょう。

また、お酒が苦手な人であれば「このあとも仕事があるので」「せっかくだからご飯を楽しみたい」と伝えておけば、飲酒の誘いを断れます。

ご飯だけデートにはデメリットも

レストラン

ご飯だけデートならではのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在するのが実情です。

では、どのようなデメリットがあるのでしょうか?代表的なものを二つ紹介します。

深く知り合えない

ご飯だけデートは会話と食事を楽しめますが、深く知り合うことは難しいというデメリットがあります。

確かに、ご飯を食べて会話をすることである程度は仲良くなれますが、一歩踏み込んだ会話にまで展開しにくく、一定以上の関係から超えることは難しいです。

コミュニケーションに自信がある人や恋愛上手な人であれば、ご飯デートだけでも十分に相手の心をつかめるかもしれません。

しかし、自信がない奥手な人の場合は、毎回同じ流れで同じような会話をして終わってしまうことがほとんどです。

一歩踏み込んだ関係になることを望むのであれば、相手の別の一面を知れるデートを企画することが必要といえるでしょう。

好き嫌いがあると楽しくない

せっかくのご飯デートでも、好き嫌いや食べられない料理があると楽しめません

特に、コース料理の場合は、決められたメニューが出てくるため、嫌いな食材がつかわれていたり味付けだったりしたときに困ってしまう人もいるでしょう。

アラカルトメニューから選ぶ場合なら食べられるものだけ選べますが、人によっては「相手に気をつかってしまって好き嫌いについて伝えられない…」という人もいます。

我慢して食べることになると、ストレスがたまってしまいますし、せっかくのデートタイムもどんよりとした気分で過ごすことになってしまうでしょう。

ご飯デートばかりになる理由は?

スマホを見る男性

そもそもご飯デートばかりになってしまうのは、どういった理由からなのでしょうか?

考えられる原因をチェックして、ご飯デート以外を楽しめる方法を見つけましょう。

ご飯デート以外思いつかないから

まず考えられる理由として、ご飯デート以外の選択肢が浮かんでこないことが挙げられます。

もしくは、ほかのデートプランは浮かんでいるものの「失敗したくない」という気持ちから、ご飯デートだけを続けている場合もあるでしょう。

どちらのパターンも「ご飯デート以外のデートもしてみたい」のが本音ではないでしょうか。

思い切って「今度は○○に行ってみたい」「○○なデートはどうかな?」と提案すれば、実現する可能性は高いといえるでしょう。

ご飯デートを続けているうちに、相手との関係が深まっていると感じたら、あなたの方から別のデートプランを提案してみるとよいかもしれません。

単に内気なだけ・誠実アピール

内気な性格の人は、ご飯以外のデートについて「どう誘えばいいのか分からない」と感じているケースが多いです。

ご飯を食べるだけであれば悪い印象を与えにくいですし、エスコート力や恋愛レベルは見抜かれにくいといえます。

また、デートスポットに誘うよりもデート感がないため、気軽にデートの提案をしやすいことも理由といえるでしょう。

中には、誠実さをアピールするためにご飯デートを提案しているケースもあります。

食事だけのデートであれば、下心を勘ぐられる心配もなく、誠実な印象を受ける人は多いといえるでしょう。真剣に2人の関係を考えているからこそ、ゆったりとしたペースで愛情を育てたいと考えているのです。

関係を進展させる気がない

残念ながら関係を進展させる気がないために、ご飯デートを続けている人がいることも事実です。

デート内容がマンネリしていることには気づいているものの、これ以上の関係を望んでいないため、ほかのデートを提案するつもりがないのでしょう。

それなのにデートに誘い続けるのは、キープすることが狙いです。

実際は本命の恋人がいるにもかかわらず、都合のよい相手として認識されている可能性があります。

また、本命の人との進展が見込めなかった場合の保険にされている場合もあるかもしれません。

相手から本気度が伝わってこないようであれば、見切りをつけるのも必要な選択といえるでしょう。

ご飯デートでも関係を進展させるには?

ディナーデート

「ご飯デートでは関係が進展しない」とは言い切れません。お店選びや工夫次第では、今まで以上に親密な関係を築くことも可能です。

気になる相手とお付き合いする未来を引き寄せるためにも、ご飯デートで関係を進展させる二つのポイントをチェックしていきましょう。

雰囲気のあるお店を選ぶ

2人で過ごす時間が特別なデートであることを演出するには、雰囲気のあるお店を選ぶことがポイントです。

居酒屋や定食屋は、ご飯もおいしく居心地のよい空間ではありますが、にぎやか過ぎてしまい、デート感を意識させるにはやや力不足といえます。

2人の雰囲気をグッと高めたいのであれば、落ち着いた空気が漂うレストランやカフェがおすすめです。

お互いの話し声が聞こえやすいですし、シチュエーションが味方して2人の距離を縮める効果が期待できます。

食事後のデートに誘ってみる

食事後のデートに誘ってみるのも手です。一緒にいる時間を長くすることで、関係性の進展が期待できるでしょう。

とはいえ、食後に激しい運動や緊張感を伴うようなデートをするのは得策ではありません。食欲が満たされたあとは、ゆっくりしたいという人も多いため、「めんどくさいな…」と思われるおそれがあります。

おすすめは周辺の散策です。ゆっくり歩きながらであれば体に負担がかからないですし、会話を楽しむこともできるでしょう。

夕方であれば移ろう時間を楽しめますし、夜であればイルミネーションや星空を眺められます。

和気あいあいとした時間を過ごせば、2人の中にある愛情が確かなものになるかもしれません。

ご飯だけデートから卒業!お店の選び方

レストラン

ご飯だけデートになってしまうのは、そもそもお店選びに問題がある可能性があります。

相手の気持ちが盛り上がらないために、「ほかのデートスポットに一緒に行ってみたい!」という願望が湧いてこないのです。

では、どのようなお店であれば相手のテンションを上げられるのでしょうか?

相手の好みを反映させる

相手の好みや希望を反映させてお店を選ぶことは、デートを楽しんでもらうために抑えておきたいポイントです。

どれだけおいしいお店や名店であったとしても、相手の好みではないお店であれば、退屈な時間に変わってしまいます。デートの満足度も低下してしまうでしょう。

お店を選ぶときは、相手の好みや希望を聞いた上で、条件に合うお店を2~3個提案するとベターです。

もしくは、一緒に気になるお店を検索して、「ここはどうかな?」「こういうお店もあるみたい!」と提案し合うのもよいでしょう。

相手の好みを尊重することで、デート前から相手に楽しんでもらえます。期待値も高まり、デートが盛り上がりやすくなるでしょう。

ジャンル選びは慎重に

食事後のデートを考えているのであれば、ジャンルは慎重に選びましょう

臭いの強い焼肉や餃子・鉄板焼きなどは、服や口元の臭いを気にする人もいるため、控えておくのが無難です。

また、エスニックやスパイシー料理は好き嫌いが分かれます。スパイスで汗をかいてしまうことを嫌がる人もいるためおすすめしません。

お店の雰囲気を事前に確認しておくと安心です。相手が好みそうな雰囲気かどうかをチェックしておけば、お店選びで後悔する可能性がグッと下がります。

WEBサイトの情報やSNSの口コミを参考にするほか、余裕があれば実際に足を運んで下見をしておくのも手です。

ご飯デート以外のお手軽おすすめデート

デート

「ご飯デート以外も行きたいけれど、どこに行けばいいか分からない」そんな人に向けて、おすすめのデートスポットを紹介します。

いくつかの候補を相手に提案して、ぴったりのスポットを選びましょう。

ご飯と組み合わせやすい「ショッピング」

ご飯デートと組み合わせやすいのがショッピングデートです。

ショッピングモールや商業ビルを回るだけでデートが成立するため、明確なプランを決めずにお手軽に楽しみたい人に向いています。

お店を巡りながら相手の好みを知れることもポイントです。服や小物の好みを把握しておけば、誕生日やクリスマスに渡すプレゼントに迷う必要がありません。

「これどうかな?」「これもいいかも」そんな会話をしながらお店巡りを楽しめば、恋人になったときのデートもイメージしやすいでしょう。

必然的に歩き回ることになるため、服装には配慮が必要です。事前に「動きやすい服装で来てほしい」と伝えておくとスマートにデートを楽しめます。

鉄板だからこそ誘いやすい「映画」

鉄板のデートスポットといえば映画館です。人見知りや会話が苦手な人でも楽しめるデートのため、比較的誰でも誘いやすいスポットといえるでしょう。

映画は見る作品を変えれば何度でも楽しめます。話題の作品や2人が好きなジャンルであれば、鑑賞後の会話も盛り上がるでしょう。

近年は、3Dや4Dで楽しめる映画も増えています。アトラクションに乗った感覚を味わえますし、映画を見たときの興奮を恋愛のドキドキと錯覚する吊り橋効果も期待できるかもしれません。

カップル専用シートや横になりながら映画鑑賞を楽しめるシートもあります。作品やシートの選び方次第では、非日常感を満喫できるでしょう。

ロマンチックさを演出「夜景」

ロマンチックさを演出できる夜景デートは、食後のデートプランに最適です。

2人の間に流れるムードを高められるため、告白したいタイミングのデートにも向いているといえます。

美しい夜景を眺められる展望台を訪れたり、夜景が見えるベンチやお店でお茶を楽しんだりすれば、何気ない日常をドラマチックに彩れるでしょう。

ただし、人気の夜景スポットはほかのカップルで埋め尽くされている可能性があります。早めに場所を確保する・ほどよく人が少ない場所を探すなど、事前に下見をしておくとよいでしょう。

また、ベンチに座る場合は、さっと座席を拭けるようにハンカチやティッシュを余分に用意しておくとスマートです。

しっとりした雰囲気「水族館」

しっとりした雰囲気が魅力の水族館は、落ち着いたデートを楽しみたい人にぴったりのデートスポットです。

うっすらライトアップされた空間は、どこか幻想的な雰囲気があります。館内をただ歩いているだけでも特別感のあるデートを演出できるでしょう。

また、照明の暗いエリアでは、はぐれないように自然と距離が縮まるものです。さり気なく手をつないだり腕を組んだりすれば、恋人気分を味わえるでしょう。

何よりも水族館はデートスポットの定番です。相手を誘った時点で、真剣な思いを抱いていることをアピールすることができます。

まとめ

マッチングアプリで出会った相手と、ご飯だけのデートが続いていたとしても、工夫やお店の選び方次第では、関係を進展させることが可能です。

まずは相手が好きそうなお店を選ぶ・雰囲気のよいお店を探すなどして、2人のデートが特別なものであることを演出してみましょう。

また、時にはご飯デート以外のデートを取り入れることも重要です。いつもと違うスポットで接することで、2人の関係にアクセントを生み出せます。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る