「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホの写真

マッチングアプリに顔写真を載せたくない!写真なしで出会う方法とは

マッチングアプリで顔写真なしはNG?

スマホの写真

結論からいうと、マッチングするのに顔写真は必須ではありません。相手の選択肢が狭まるというワケでもなく、人気会員の仲間入りをすることも十分可能です。

しかし、特定の場面においては顔写真を載せている方がマッチング率が上がります。

まずは、顔写真の必要性と、効果を発揮する場面について確認しておきましょう。

基本はあった方がよい

なるべく多くの人とマッチングしたいのであれば、顔がはっきりと分かる写真は載せておいた方が有利です。

検索機能から相手を探すと、候補となる相手のメイン写真が一覧で表示されます。

ここから好みの異性をピックアップするため、写真がない人はスルーされるかもしれません。

検索結果というフィールドで勝負する場合は、印象のよい顔写真がある会員に軍配が上がりやすいということです。

風景のみの写真やペットをメイン写真に据えている人もいますが、人物像が全くイメージできない写真はいいねが付きにくい傾向にあります。

顔写真なしでも工夫次第で出会える

顔が分かる方が安心感があるのは事実ですが、必ずしも顔写真を載せている人の方がいいね数が多いとは限りません。

実際に、顔写真のない利用者の中にも、たくさんの異性からいいねを集める会員がいます。

メイン写真やプロフィールを作り込めば、顔写真がなくても十分に勝負できるのです

真に異性にモテる秘訣とは、こうした人気会員のプロフィールに潜んでいるといっても過言ではないでしょう。

顔写真なし男女へのイメージ

ペットとスマホ

マッチングアプリでは、写真による第一印象がマッチング率に大きな影響を与えます。

写りのよい写真なら印象がよく、適当な写真が悪印象になるのは想像に難くありません。

では、顔写真がない場合は、プロフィールからどのような印象を受けるのでしょうか?

一般的に抱かれやすい、三つのイメージについて確認しておきましょう。

警戒心が強そう

顔を出している人に比べると、「警戒心が強そうな人」というイメージを持たれやすくなります。

「身バレを避けたい」「悪用されたくない」といった理由が想定されるためです。

近年では、インターネット上でのトラブルも増えたため、警戒心を持つのもあたりまえだと好意的に受け止めてくれる人もいます。

しかし反対に、相手がおおらかなタイプの人だと、「自分とは価値観が合わなそう」という理由で敬遠されることも多いでしょう。

容姿に自信がなさそう

容姿のよさは、強力な武器です。自分の容姿に自信のある人は、特別な事情がない限り臆せず写真を載せるでしょう。

そのため、一切自分の写真を載せていない場合、「あまり見た目がよくないのかな?」と勘ぐられやすくなります

気になる場合は、「仕事の都合で顔出しNGです」「周囲に秘密で恋活しているため顔写真を載せていません」など、自己紹介文に一言書き添えておくとよいかもしれません。

逆に美人・イケメンかも

「自信がないだけで、本当はイケメン・美人なのかも!」と、前向きな期待を寄せられることもあるようです。

実際のところ、容姿は関係なく「外見ではなく内面重視で知り合いたいから」と、あえて顔を出さない人もいるでしょう。

こうした会員はプロフィールまで目を通してからアプローチしてもらえる確率が高いため、かえって気の合う相手を厳選しやすくなるかもしれません。

顔写真なしでも出会う方法

座ってスマホを見る男性

プロフィールに載せる写真は、清潔感や雰囲気が分かればOKです。顔を出さないぶん、できる限りほかの情報を開示しましょう。

日常の一部を切り取ったような、自然な写真がモテるプロフィールの基本です。

写真で何をアピールすべきか、男女別に異性ウケのよい写真の選び方を紹介します。

男性ウケのよい写真の選び方

男性にアピールしやすい女性らしさとは、品のよさ・華やかさ・ほどよい色気の3点です。

バストアップの写真であれば、耳たぶ・くちびる・輪郭の一部なども見せておきましょう。鎖骨や二の腕をチラ見せしておくと、さらに効果的です。

髪をアップにしたときにのぞく、うなじに惹かれる男性もたくさんいます。きれいにヘアーセットする機会があれば、斜め後ろからのショットも撮っておきましょう。

また、男性は自分磨きを忘れない女性に魅力を感じるものです。例えば、料理中の手元をアップにした写真なら、家事スキルときれいに整えたネイルを同時にアピールできます。

女性ウケのよい写真の選び方

「清潔感のない人は生理的に無理…」という女性はとても多いです。

清潔感という最低限の条件をクリアした上で、次のようなプラスアルファの要素を加えていきましょう。

普段仕事で着ているのであれば、メインに顎から下のスーツ姿を載せるのがおすすめです。スーツは男っぷりを割増させる効果があり、男性の魅力をワンランク引き上げてくれます。

サブには、後ろ姿の全身写真を用意しましょう。服装やヘアースタイルまで写っていると、バックショットでも全体の雰囲気が判断できます。

スポーツが趣味なら、プレー中の写真も載せるとベターです。落ち着いた写真の中に躍動感のある写真を放り込み、ギャップで女性をキュンとさせましょう。

プロフィールを充実させる

プロフィールがスカスカだと、いまいちやる気が感じられません。内容を充実させ、誠実な人柄と恋活への本気度をアピールしましょう。

空欄を残さないよう、質問事項には全て回答しておきます。「なんで無回答なのかな?」と考えさせる部分が多いほど、異性を遠ざけてしまうためです。

自己紹介文には、あいさつ文・仕事・趣味・特技について触れておきましょう。全部で300~400文字が理想的な文章量の目安です。

なお、自虐したり苦手な異性のタイプに言及したりすると、「暗い」「きつい」といった印象を与えかねません。ネガティブな内容は避けた方が賢明です。

顔写真を見せてと言われたときはどうする?

自撮りする男性

「マッチングしたら顔を見せてほしい」と思うのも無理はありません。距離を縮めていきたいのであれば、いつまでも顔を隠しているワケにもいかないでしょう。

そこで、顔写真を見せる基準を自分の中で決めておくことをおすすめします。次に紹介する、マッチング相手に顔を見せるタイミングを参考にしましょう。

相手に先に送ってもらう

こちらの写真を送る前に、まず相手の写真を送ってもらいましょう。

相手の名前を聞く前に、自分が名乗るのがマナーです。同じように、写真を要求するならば、自分の写真を先に見せる必要があるといえます。

プロフィールに顔写真を載せている人でも、改めて送ってもらった方が安心でしょう。

プロフィールには、写りのよい写真を載せているのが普通です。「実際に会ってみたら、写真と全くイメージが違った」というケースも少なくありません。

会う約束をしているなら交換する

会う約束をしたときに顔写真を交換する人も多いようです。

実際に会うとなれば、食事代や交通費といった費用がかかります。遠方に住んでいる人と会うのであれば、なおさら負担は大きいでしょう。

諸々の手間を考えると、会う前に顔を確認し合っておいた方が無難かもしれません。

どうしても写真を送ることに抵抗があれば、「会ってからのお楽しみにしませんか?」と提案してみるとよいでしょう。

まとめ

顔写真なしでマッチングアプリを最大限に活用するコツは、顔以外の部分をつかって魅せることです。

異性ウケポイントを押さえた雰囲気写真には、顔写真に勝るアピール力があります。

好奇心を煽られた異性が、続々とあなたのプロフィールを訪れるかもしれません。プロフィールを充実させ、準備万端で恋人候補のみなさんをお迎えしましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る