「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
レストランで食事

マッチングアプリでご飯に誘われたときの対応は?自分から誘う方法も

「ご飯に行こう」と誘われたときの対応は?

レストランで食事

マッチングアプリでやり取りを重ねてきた相手から「ご飯に行こう」と誘われ、OKしたい場合はどのように対応すればよいか迷う人も少なくありません。

ここでは、ご飯デートの誘いをOKしたいときの対応をチェックしましょう。

まずは素直な思いを伝える

OKする返事で大事なことは、誘われたことへの喜びを素直に伝えることです。

誘いに対してうれしい気持ちを表現しないと、相手は「もしかしたら迷惑だったかな?」と不安が残ってしまうかもしれません。

当日を楽しい気持ちで迎えるためにも、「ありがとうございます!ぜひ行きましょう!」のように喜びの気持ちを届けてあげましょう。

ここでは大げさに表現する必要はありません。あなたが感じた喜びをそのまま言葉にして伝えればOKです。

うれしい気持ちが伝われば、相手は安心できますし、デート当日をよりよい1日にしようと張り切る気持ちが湧いてくることでしょう。

日程を調整していく

デートの誘いをOKしたあとは、具体的に日程を調整していくことも重要です。

喜びを伝えるだけだと、何となくの雰囲気のまま予定が流れてしまう可能性も否定できません。

相手が予定を確認してくれることもありますが、恋愛に奥手な人の場合は、話の進め方が分からずに終わってしまうこともあるのです。

あなたから積極的に予定を伝えることを忘れないようにしましょう。相手の提案に前向きであることが伝わり、好印象を残せることもポイントです。

「うれしいです!金曜日と土曜日は大丈夫です。」のように具体的な予定を伝えると、相手も自分の予定を提示しやすくなります。

ただし、自分の予定を押し付ける形にならないように注意が必要です。相手の予定も考慮して、ぴったりの日程を決められるようにしましょう。

さり気なく褒め言葉をつかう

予定を決めるやり取りの中で、さり気なく褒め言葉を取り入れることもポイントです。

例えば、相手が出してくれたお店の候補に対して「こんなすてきなお店を知っているんですね!」とさらっと褒め言葉を忍ばせます。

お店のチョイスを褒められて悪い気がする人はいませんし、むしろ相手のテンションを上げられるでしょう。

オーバーになりすぎない程度に相手を持ち上げることで、お互いにデートを楽しみにしているという雰囲気をつくりだせます。

簡単に取り入れられる褒め言葉一つが、デートを盛り上げるエッセンスになるでしょう。

デートを断りたいときの対応もチェック

スマホを見て悩む女性

デートの誘いをもらったものの、あまり興味が持てず「楽しくなさそう」、または相手に不安を感じて「行くのはちょっと怖いかも」と思う場合もあるでしょう。

角を立てずにデートを断りたいときは、どのように対応したらよいのでしょうか。

回りくどいのはNG!ストレートに断ろう

相手からの誘いを断りたいときは回りくどい表現はNGです。断られていることに気づかない人の場合、強引に予定を立てようとする可能性があります。

どうしても行きたくないと思うのであれば、きちんと「ごめんなさい。大丈夫な日があればこちらから連絡します」と断ることが重要です。

こちらから連絡すると告げることで、相手からしつこく誘われる可能性は下がります。

それでも何度も誘われる場合は「実は好きな人ができた」と、ほかの異性の存在をにおわせるか、フェードアウトするのも選択肢の一つです。

相手に誤解させる余地を残さないことが、お互いに気持ちよくやり取りを終わらせるコツといえるでしょう。

返事が遅くならないよう注意

返事が遅くならないように注意することも、上手な断り方のポイントです。

「どう断ればいいか分からない」と悩んでいると、いつまでも断るタイミングを逃してしまいます。

中には、返事が遅くなると「お店を予約してしまいました」「この日でも大丈夫ですか?」と勝手に予定を立ててしまう人もいるかもしれません。

ますます断りの返事をしにくくなってしまい、罪悪感を覚えることになってしまいかねません。

「行きたくない」と感じたのであれば、できる限り早めに連絡を入れることが、お互いのためになるのです。できれば連絡をもらった当日中に返信しましょう。

自分からご飯に誘うときのチェックポイント

メッセージを送る人

気になる相手とやり取りが続き、「この人とご飯に行ってみたいな」と思うタイミングが訪れることもあるでしょう。

自分からご飯に誘うときは、三つのポイントがあります。誘いを成功させるためにも、順を追ってポイントを確認しておきましょう。

成功率が上がるタイミング

マッチングしてから約1~2週間が、ご飯デートに誘うベストタイミングです。

お互いのことが分かり始めた段階であり、直接会って話してみたいと思い始める頃合いでもあります。誘いをOKしてもらえる可能性は高いといえるでしょう。

中には、気になる人とは「早くご飯に行きたい」と思う人もいるかもしれませんが、マッチング直後のタイミングはおすすめできません。

お互いのことをまだ知らない段階の上、何か目的があるのかもしれないと警戒されてしまうおそれがあります。

反対に、マッチングから1カ月以上、何もアクションを起こさないままでは、「もしかして脈なしなのかもしれない…」と相手のテンションを下げてしまいかねません。

デートの誘い方

ご飯デートに誘うときは、ご飯に関する話題の流れで誘うと自然です。

例えば「好きな食べ物は何ですか?」「普段はどんなところで食事することが多いのですか?」と質問を投げかけ、会話の流れでご飯デートに誘う方法があります。

相手に違和感を抱かせることなく誘えますし、前後の会話が盛り上がりやすく、和気あいあいとしたテンションでご飯デートに誘えるでしょう。

また、ストレートに「もっと話をしてみたいです」と誘うのも手です。やり取りの中で相手のテンションが高まっていた場合は、OKをもらえる可能性は高いといえるでしょう。

女性から誘うのもOK

大前提として、マッチングアプリでは男女どちらからデートに誘っても問題ありません。

気になる男性に対しては、女性側からデートに誘って積極的にアプローチしましょう。

「ガツガツしていると思われるかも」と不安を感じるかもしれませんが、男性の多くは女性に誘われることを好意的に受け止めています。

というのも、マッチングアプリでは男性から女性を誘うパターンが多く、比例するように断られる経験も男性の方が多い傾向があるのです。

誘うことに憶病になっている男性もいるため、女性側から誘うことでデートやその後の関係が円滑に進みやすくなるでしょう。

ご飯デートを成功させるポイント

食事を楽しむ2人

デートの誘いが成功すると、誘った側はほっと安心するものです。しかし、次にはご飯デートを成功させるというミッションが残されています。

当日楽しい時間を過ごすためには、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか?すてきな時間を過ごすヒントを三つ確認しておきましょう。

相手を楽しませ、自分も楽しむ

ご飯デートを成功させるためには、相手を楽しませて、自分も楽しむことが大事なポイントです。

まず、自分の話ばかりをしたり、止まることなく質問攻めをしたりすると、相手は会話を楽しめません。

相手が楽しいと思える会話をできるように、プロフィールや過去のやり取りを振り返っておきましょう。相手の話に共感することも大事です。

また、あなた自身が緊張して楽しめない雰囲気を出してしまうと、相手もつられて緊張してしまいます。初デートに緊張してしまう気持ちは分かりますが、できる限りリラックスして過ごせるようにしましょう。

店員に対する態度は礼儀正しく

デートでは相手に対する対応だけでなく、店員に対する態度もしっかり見られています。店員に対するマナーや礼儀は徹底しましょう。

「これとこれ頼むわ」とタメ口を使用したり、「いつになったら届くの?」と横柄な態度を取ったりするとマイナスなイメージを抱かれかねません。

また、お会計のときにお金を投げるように置く・レシートを奪い取る・店員の声掛けを無視するなどの態度もNGです。

分かりやすいように注文する・積極的にテーブルを片付ける・最後に「ごちそうさまでした」と伝えるなど、気持ちのよい態度を心掛けましょう。

食事のマナーに気を付ける

2人で会うときは食事のマナーに気を付けることも忘れてはいけないポイントです。

どれだけルックスや会話の印象がよかったとしても、食事のマナーに問題があると一気に脈なしゾーンに突入してしまうおそれがあります。

以下、特に気を付けたいポイントです。マナーに自信がない人は、意識的に改善するように努めましょう。

  • 正しい箸の持ち方をする
  • 音を立てない
  • 食事中にスマホをいじらない
  • 好き嫌いをしない
  • 食べきれる量を頼む

また、会話に夢中になりすぎてしまうと、せっかくの食事を楽しめません。会話と食事するペースを調整することも必要といえそうです。

まとめ

ご飯デートに誘われたときは、ハッキリと自分の気持ちを伝えることが大事です。

うれしい場合は喜びを表現する、迷う場合は迅速に断るなど、相手を気づかいながら自分の気持ちをしっかり伝えるようにしましょう。

また、自分から誘う場合はタイミングが肝心です。相手と仲良くなってきたときに、自然な流れで誘うようにすることで、成功率がグッとアップします。

どちらのパターンであったとしても、当日はお互いに楽しい時間を過ごせるようにすることが、次のデートにつなげるコツといえるでしょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る