「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ハートの中に2人

マッチングアプリの初デートでボディータッチはアリ?好印象を残す方法

アプリの初デートでボディータッチはアリ?

ハートの中に2人

マッチングアプリでマッチングした人と初デートする際に、ボディータッチをして「相手をドキドキさせたい」「自分のことを意識してほしい」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、男女問わずボディータッチへの反応は人それぞれ違います。まずは初デートのボディータッチがアリかナシか確認しておきましょう。

相手に好意を持っていればアリ

大前提として相手の思いを汲み取らない、やみくもなボディータッチはNGです。

事前にメッセージで親しい関係を築けていても、直接会ったことがない相手との初デートに緊張して挑む人は大勢います。

完全に信用しきれずに「何かあったら帰ろう」と警戒している人もいるでしょう。

ボディータッチで急激に距離を縮めようとすると、「怪しい人かも」「都合のよい関係を狙っているのかな…?」と思われて、距離を置かれてしまう可能性も否定できません。

ただし、相手の言動や行動から、相手があなたに好意を持っていると感じられた場合に限ってはアリです。

適度にボディータッチをすることで、相手をドキドキさせることを狙ってみましょう。

相手のパーソナルスペースを見極めよう

ボディータッチの感じ方は、人によって個人差があります。相手のパーソナルスペースを見極め、アリかナシか判断することが肝心です。

相手のパーソナルスペースは、デート中の相手とあなたの距離で見極められます。

お互いに手を伸ばせば触れられる距離に入れた場合は、心を許してくれている証拠です。

ソフトなボディータッチをすることで、相手の中に芽生えたあなたへの気持ちを育てることにつながるでしょう。

しかし、手が触れたら避けられる・一定以上の距離をキープされるようであれば、まだ打ち解けることはできていないと考えられます。

ボディータッチは控えておいた方がよいといえるでしょう。

初対面でボディータッチをする心理 男性編

手をつなぐ2人

初対面で視線もうまく交わらない奥手な男性がいる一方で、出会い頭からボディータッチをする男性もいます。

では、初対面でボディータッチをする男性は、どのような心理から相手の女性に触れているのでしょうか?

恋心から来る行為

ボディータッチしてくる男性の心理として、相手の女性への恋心から本能的に相手に触れたくなったというものが挙げられます。

この場合、やましい思いは含まれておらず、純粋に「好きな相手に触れたい」「もっと近づきたい」という思いからボディータッチをしているのです。

特に、恋愛経験が少ない奥手な男性は、言葉で自分の恋心を伝えることが得意ではありません。

触れるか触れないかの優しいボディータッチをすることで、自分の恋心を表現しながら、相手の気持ちを確かめようとします。

男性からそっと触れられた場合は、一途に思ってくれている可能性が高く、本気度の高い脈ありサインといえるでしょう。

相手を信頼しているから

ボディータッチが示す意味は、恋愛的な好意だけではありません。男性の中には、相手への信頼の証としてボディータッチをする人もいます。

日頃から男友達や家族に対してボディータッチをしている人であれば、ボディータッチをすることが習慣化しているものです。

このタイプの場合、女性に対しても同様にあいさつやノリの延長であり、必ずしも恋愛的な感情による行動ではない可能性が高いでしょう。

とはいえ、誰でも彼でもボディータッチをするわけではないため、女性に対して少なからず好意を抱いている可能性があります。

その後の展開やアプローチ次第では、恋愛的な意味で意識してもらえるチャンスはあるといえるでしょう。

下心がある場合も

男性の中には、残念ながら下心からボディータッチをしてくる場合もあるようです。

完全なる下心で触れてくる人がいれば、下心と恋愛感情のセットで触れてくる人もいます。

どちらの場合でも女性側が曖昧な態度を取ってしまうと、恋愛関係になる前に、男性側が体の関係を持とうとする可能性も否定できません。

下心か本気か分からないときは、触れてくる場所に注目しましょう。

下心からボディータッチをしてくる人は、太もも・お尻・腰・胸元など性的欲求に直結するパーツに触れてくる傾向があります。

初対面でボディータッチをする心理 女性編

男性に触れる女性

ボディータッチをするのは男性だけではなく、女性から積極的にボディータッチをして、アピールするパターンもあります。

女性に触れられるとついドキドキしてしまうものですが、どういった心理から男性に触れているのでしょうか?

自分をアピールしたいから

ボディータッチをしてくる女性心理の一つとして、「男性に好かれたい」という思いから自分をアピールしようとしていることが挙げられます。

女性は好きな相手に対して、「自分の気持ちに気づいてほしい」「もっと意識してほしい」という心理から、ボディータッチをする傾向があります。

このタイプの女性にとってボディータッチは愛情表現の一つであり、触れることで相手の意識を自分に向けたいと考えているのです。

また、ボディータッチ後の反応は相手の好意のバロメーターとも考えており、触れたときの男性の反応によって「脈アリ?それとも脈ナシ?」と判断する場合もあります。

男性の反応を楽しんでいる

女性の中には、男性からの好意を確信しているがゆえに「どんな反応をするんだろう?」と興味本位からボディータッチをする人もいます。

触れたときに男性の顔が真っ赤になったり、飛び跳ねるようにびっくりしたりと、相手の反応がかわいくてついボディータッチをしてしまうのです。

この場合、現時点では恋愛的な好意は持っていない可能性があります。仲のよい男友達とじゃれ合うときの感覚に似ているといえるでしょう。

とはいえ、完全に脈ナシではありません。男性に対して興味は持っているため、アプローチ次第では脈アリに転じる可能性も期待できるでしょう。

コミュニケーションの一環

女性がボディータッチをする心理として、コミュニケーションの一環として捉えている可能性も考えられます。

女性は男性に比べてパーソナルスペースが狭い傾向がありますが、中には男女問わずにスキンシップを取る女性も少なくありません。

この場合、異性の体に軽く触れる程度であれば、あくまでもコミュニケーションの一つであり、特別な思いは含まれていないことがほとんどです。

もしかしたら「脈アリかもしれない」と期待して、過度にアプローチしてしまうと「そんなつもりはなかった…」と避けられてしまうこともあるでしょう。

適度な距離感を守りつつ、徐々に関係を育てていくことが、恋愛感情を抱いてもらうための近道といえるでしょう。

ボディータッチに自然なタイミング

思わず手を握る

ボディータッチをするときはタイミングが肝心です。相手の心の準備ができていない段階で突然触りにいってしまうと、下心があると勘違いされてしまいかねません。

では、自然なタイミングはどのようなときなのでしょうか?

人が多い場所を歩くとき

「自分から積極的に触れるのは照れてしまう」という人は、人が多い場所を歩くときのボディータッチをおすすめします。

人通りの多い街中やデートスポットを歩く際、距離が開いていると人波に流されて離れ離れになってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、さっと相手の手を取って「離れないようにしましょう」と歩き出せば、自然な形で手をつなぐことができます。

中には、手をつなぐことに苦手意識がある人もいるかもしれません。

相手が悩む素振りを見せたときは、腕や背中側の服をつかんでもらうことを提案するのも手です。

女性をエスコートしたとき

男性の中には「ボディータッチしたら下心があると思われそう…」と不安を感じる人もいることでしょう。

相手に警戒されずにナチュラルにボディータッチをしたい人は、女性をエスコートするシチュエーションを狙うことをおすすめします。

デートで移動する際に手を取る・段差がある場所で手を差し伸べる・車から降りるときに手を貸すなど、紳士的なボディータッチは女性に好印象です。

ただし、何度も繰り返しエスコートされると「疲れてしまう」「触りたいだけなのかな?」と感じる女性もいます。

ここぞというタイミングを見極めて手を差し出した方が、相手をドキドキさせやすいといえるでしょう。

呼びかけるときもチャンス

待ち合わせ場所であなたを探している相手に対して、「〇〇さん」と呼びかけるときも自然な形でボディータッチをするチャンスです。

待ち合わせ場所で相手を見つけたら、後ろや横からそっと近づいて、背中や腕をポンポンとタッチしてみましょう。

相手は思わずドキっとして、あなたとの出会いを強烈に記憶するはずです。

また、一緒に歩いていて気になるものを見つけたときに、肩をトントンと叩きながら「あれ見て」「ねぇねぇ」と呼びかけるテクニックもあります。

相手からボディータッチしてもらう方法

男性に触れる女性

相手からボディータッチしてもらうためには、どのようなことを意識したらよいのでしょうか?三つのチェックポイントを確認しましょう。

清潔感のある身だしなみを意識する

相手からボディータッチをしてもらうためには、清潔感のある身だしなみを意識することはマストです。

そもそもマッチングアプリで出会った相手とのデートで、ヨレヨレの服を着ていたり、ヘアスタイルが乱れていたりすると、イメージダウンにつながってしまいます。

反対に、きちんとアイロンがけされた服や、きれいに磨かれた靴を身に着けていれば相手に「すてきな人だな」と思ってもらえるほか、ボディータッチしてもらえる機会も自ずと増えるでしょう。

また、汗はこまめに拭く・香水を1~2プッシュしておく・唇をケアしておくなど、細かい部分の清潔感も意識することが重要です。

会話を盛り上げることも重要

デート中の会話が盛り上がるとお互いに心を許せるようになり、自然とボディータッチしてもらえる機会が増えるでしょう。

会話を盛り上げるポイントは、「〇〇さんの趣味について聞かせて」など、相手の興味の持てる話題を広げて楽しんでもらうことです。

自分の話ばかりしたり、相手が興味のない話をしたりすると、相手は会話に集中できません。

事前に相手のプロフィールをチェックして、好きなことや興味がありそうなことを見つけておくと、当日の会話ネタに困らず2人の関係をグッと近づけるチャンスもつかむことができるでしょう。

ゲームを装って親密な雰囲気に

実際に会ったときにゲームを装って親密な雰囲気をつくりだすことで、自然にボディータッチをすることができます。

おすすめはお互いの手相を見せ合うことです。

「この前、手相を見てもらったらこの線がいいって言われたんだ」と自分の手を見せることで、相手に触れてもらうきっかけが生まれます。

また、流れのままに相手の手相をチェックすることもでき、2人の距離はグッと近づくことでしょう。

このほかにも、指相撲をする・手の大きさを比べ合うことで、ボディータッチしてもらえる機会をつくるのもよいでしょう。

ボディータッチをする際の注意点

未完成のハートの形

相手の体に触れる行為である以上、ボディータッチをする際はいくつか注意したいポイントがあります。

相手との関係を悪化させないためにも、あらかじめ確認しておきましょう。

さらっと自然に触れる

ボディータッチをするときに相手にベタベタ触るのはNGです。

もしあなたが「この人とは出会ってからすぐに打ち解けられた」と感じていたとしても、恋人のように触れ合うのは少し早いかもしれません。

まずは、相手にさらっと自然に触れる程度に留めることがベターです。軽く触れてみて嫌がられなかったとしても、何度も触れてしまうと不自然な印象を与えてしまいます。

また、初めて相手に触れる場合は緊張と不安がつきものです。その際「触りたい」という感情が見え見えになってしまうと、相手に不快感を与えてしまいかねません。

この場合は「手を握りたかったのですが緊張してしまって…」とハッキリ伝えた方がかえって好印象を与えやすく、「じゃあ手をつなごうか」といううれしい展開も期待できるでしょう。

相手が嫌がる場所には触れない

ボディータッチをするときは相手が嫌がる場所には触れないことは、最低限のマナーです。

「触られたら嫌だな…」と感じる場所は個人差があるものの、まずは恋人以外の関係性でも比較的触れる回数の多い手・肩・背中あたりに触れるのがよいでしょう。

男女共通してボディータッチを避けるべき場所は、相手の胸元や下半身です。

通常触られることのない場所であり、「まだ出会って間もないのに体の関係を求めているの?」とネガティブな印象を与えてしまいます。

どの場所にボディータッチをするにせよ、相手の反応を見て嫌がるようであれば、素直に「嫌だったらごめんなさい」と謝ることが賢明です。

まとめ

ボディータッチは上手につかえば恋愛の特効薬になります。相手をドキドキさせられる上に、2人の距離をグッと近づけられるでしょう。

ただし、相手の気持ちを無視して触れたり、嫌がるパーツに触れたりすると、せっかくの恋のチャンスを逃してしまいかねません。

まずは、相手のパーソナルスペースや反応をしっかり見極めて、適度にボディータッチをすることを念頭に置いておきましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る