「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
名前を考える人

マッチングアプリは名前の付け方が重要?好印象なニックネームを紹介

マッチングアプリで好印象な名前って?

名前を考える人

マッチングアプリに登録したものの「どのような名前を付けたらいいのか分からない」「どんな名前だと印象がいいの?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

まずは、マッチングアプリで好印象を与えやすい名前について見ていきましょう。

本名の一部をもじった名前

まず相手に好印象を与えやすい名前として、本名の一部をもじった名前が挙げられます。

マッチングアプリの出会いは、真剣なお付き合いに発展することを目指すものです。

相手に本名を教えたとき、ニックネームが本名に近い名前であった方が、相手としても違和感なく受け入れやすくなります。

一方、本名とは少しニュアンスを変えた名前をつかえば、身バレのリスクを最小限に留めることができます。

名前を考えるときは、名前の一部を変えるだけで十分です。

例えば、「ゆうき」であれば、「ゆう」に変えるといった風に、語尾を変える形だと自分でも違和感なく名乗れます。

名前をひらがな表記にする

名字や名前をひらがな表記にすることも、スタンダードかつ好印象を与えやすい名前の付け方です。

佐藤なら「さとう」、葵なら「あおい」のようにひらがなに変えるだけのため、名前の付け方に悩んだときにぴったりの方法といえます。

メッセージ入力時に手間がかからないこともポイントです。気軽に名前を呼びやすくなれば、相手とも親しい雰囲気を作りやすくなるでしょう。

ただし、ほかのユーザーと名前がかぶりやすい点はデメリットです。

あなたの名前が一般的につかわれやすいものであれば、「あい子」や「ゆう真」のように、ひらがな+漢字を用いるなど、可能な範囲で差別化するとよいでしょう。

親しみやすく、呼びやすい名前

家族や友人に呼ばれているニックネームのように、親しみやすい・呼びやすい名前にするのもおすすめの名前の付け方です。

ニックネームを考えるときは、自分で「ちゃん」や「くん」のような敬称は付けない方が無難といえます。

一見すると親しみやすいように思えるかもしれませんが、最初のメッセージで「さんを付けた方がいいのかな?」と相手を悩ませてしまうケースがあるのです。

また、あまりにひねりすぎてしまうと、親しみやすさがなくなったり、かえって覚えづらくなったりしてしまいます。

自分が気に入る名前にするだけでなく、相手が呼びやすい名前になるように意識することが重要です。

反対にウケが悪い名前は?

名前をメモする

マッチングアプリの名前の付け方は自由度が高く、基本的にどのような名前でも付けることができます。

ただし、名前の付け方次第では相手への印象が悪くなったり、マッチング率の低下につながったりする可能性もあります。

では、どのような名前だとウケが悪いのでしょうか?

素っ気ない初期設定のまま

「どんな名前を付けたらいいか分からない」からといって、初期状態のままにすることはおすすめできません。

多くのマッチングアプリでは、初期状態のニックネームは「A.H」のようにイニシャルが設定されています。

このままでは相手としては「なんて呼べばいいのかな?」と迷いを生じさせてしまいかねません。

また、初期状態のままだと相手に与える情報量が少ないことから「適当に登録したのかな?」とネガティブなイメージを与えてしまいます。

あなたは真剣に出会いを求めていたとしても、相手側にと要らぬ警戒心や不安を抱かせてしまい、マッチングがかなわないこともあるでしょう。

意味が通じない英字

あなたが意味を理解できたとしても、相手に伝わらない可能性が高い名前もウケが悪いです。

具体的には、以下のような名前は避けた方がよいでしょう。

  • mm(名字と名前の頭文字をイニシャル風に並べる)
  • 「。」や「@」などの記号
  • (’ω’)のような顔文字
  • 「rockboy」や「smilegirl」のような意味が伝わりにくい英単語

顔写真やプロフィールで魅力を感じてもらえたとしても、読めない・覚えられない名前を付けていると、相手の気持ちを冷めさせてしまいます。

マッチングアプリに限らず、名前は相手に呼んでもらうことを想定して付けるものです。

「これってどういう意味だろう?」と思わせてしまうような名前は、避けた方がよいでしょう。

マッチングアプリで本名は避けるべき?

アプリを開く人

中には、本名でマッチングアプリに登録しようと考えている人もいるかもしれません。

決してNGではありませんが、少しでも不安を感じるようであれば、本名を使用するのは避けましょう。

本名でマッチングアプリに登録することで、起こり得る問題について見ていきましょう。

身バレしてしまうかも

本名を記載することで、身バレするリスクが高まることが問題点として挙げられます。

偶然、友人や知人にバレるだけならまだしも、マッチングした見ず知らずの相手にあなたの個人情報を知られてしまう可能性も考えられるのです。

現代は、インターネットで検索すれば多くの情報が手に入ります。あなたの本名を検索されてしまえば、SNSや個人情報を特定されるかもしれません。

中には、同じ名前の別人と勘違いされて、相手に誤ったイメージを持たれてしまうケースもあります。

過去に利用していたSNSをチェックされて、「思っていた人と違う…」と、自分の知らないところで印象を決定づけられてしまう可能性もあるのです。

悪用されてしまう可能性も

悪質な利用者に悪用されてしまう可能性があることも、本名でマッチングアプリを利用する問題点の一つです。

多くのマッチングアプリの利用者は、健全な出会いを求めていますが、中には個人情報の取得や勧誘目的で利用する悪質な利用者が潜んでいます。

悪質な利用者の多くは、一般の利用者のふりをしているものです。見極める力がなければ、個人情報を奪われてしまうかもしれません。

そして、迷惑メールを送り付けてくる・あなたのふりをしてほかの異性にアプローチする・違法なサイトに情報を掲載されるなど、さまざまなトラブルに巻き込まれるおそれがあるのです。

※タップル運営事務局では24時間・365日 サービス監視を行い、「業者」と呼ばれる悪質なユーザーに対して適切な対応をとっています。

アプリでつかう名前にまつわるQ&A

アプリの疑問

ここからはマッチングアプリ利用時の相手の名前の呼び方や本名を教えるタイミングなど、名前にまつわる疑問を解消していきましょう。

相手の名前、どう呼べばいい?

最初のメッセージで相手の名前を呼ぶときは、プロフィールの名前+さん付けで呼ぶことが基本的なマナーです。

マッチングアプリでは、インターネット上の出会いだからこそ、一般的な出会いよりもマナーやルールを重んじる人が多い傾向があります。

突然、呼び捨てにしてしまうと「常識がない」「失礼な人」だと思われてしまい、恋のチャンスを逃してしまうこともあるのです。

まずは「〇〇さん」とさん付けで呼び、メッセージのやり取りを重ねる中で親しい呼び方ができる関係を目指すとよいでしょう。

名前を間違ってしまったときの対処法は?

注意深く名前を確認していたにもかかわらず、相手の名前を間違えて呼んでしまうこともあるでしょう。

もしも、相手の名前を間違えて呼んでしまったときは、すぐに「間違えてしまいました!すみません」と謝ることがベストアンサーです。

名前を間違えたまま呼び続けてしまうと、「自分に興味がないのかも」「誰かと勘違いしているのかな」と一気に相手のテンションが下がってしまいます。

早めに訂正することで、信頼を取り戻すことが重要です。

加えて、2度、3度と続けて間違えてしまうことがないように、訂正後は、相手の名前をしっかり確認しておきましょう。

本名を教えるタイミングはいつ?

相手に本名を教えるタイミングは、交際がスタートしたときで問題ありません。

マッチング初期やデートの段階は、お互いの相性を試すお試し期間です。やり取りする中で「この人は合わないかもしれない」とフェードアウトすることもあるため、この時点では本名を教えなくてもよいのです。

ただし、相手の警戒心が高い場合は、先に本名を教える選択肢もあります。本名というプライベートな情報を伝えることで、相手に安心感を与えられますし、親しい関係になりやすいです。

とはいえ、誰でもかれでも教えるのではなく、あなた自身が相手を信用できる・身近な存在になりたいと思ったときだけに留めましょう。

まとめ

マッチングアプリの出会いを成功させるためには、名前はしっかり考えて付けることが大切です。

相手が呼びやすい・親しみを感じやすい名前にすると、マッチングしやすくなるだけでなく、その後のやり取りもスムーズに進みます。

友人や知人に呼ばれているニックネームを参考にしつつ、ぴったりの名前を考えてみましょう。

また、本名は無理に明かす必要はありません。基本的にはニックネームでやり取りを進め、お互いに信用できると思った段階で、本名を教え合うとよいでしょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る