「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホを見入る女性

マッチングアプリの出会いはコツがある!出会うために必要なポイント

マッチングアプリで出会えない理由は?

スマホを見入る女性

マッチングアプリは、上手に活用すれば理想の出会いを見つけることにつながるツールです。

しかし、登録したものの「出会いがない」「いい人が見つからない」と感じている人もいるかもしれません。

出会えない理由として考えられるものをチェックして、対処法を見つけましょう。

魅力的なプロフィールになっていない

異性の目から見て魅力的なプロフィールになっていないことが、出会えない理由として挙げられます。

プロフィールはあなたの名刺代わりです。

プロフィール写真の選び方がイマイチ・必要な情報が記載されていない・自己紹介の内容が薄いなどがあると、それだけで出会える確率は低くなります。

すてきな出会いをゲットするためには、異性に「いいな」と思われるプロフィールを作成することがポイントです。

「いいね」が来ないと感じるのであれば、まずはプロフィールの内容を見直すことから始めてみるとよいかもしれません。

自分から行動をしていない

自分から行動せずに受け身の姿勢でいることも、マッチングアプリで出会えない理由の一つです。

マッチングアプリでは日々多くの男女が出会いを求めています。

出会いのチャンスはたくさんありますが、「いい人がいないかな」と待っているだけでは出会えないのが実情です。

よい出会いが欲しいのであれば、「いいね」を送る・お礼のメッセージを送る・デートに誘うなど自分からアクションを取ることが必要といえます。

たとえ、1回目の行動で結果を得られなかったとしても、2回・3回と続けるうちに、すてきな人と巡り合えるチャンスを得られるでしょう。

競争率が高い相手ばかり狙っている

競争率が高い相手ばかり狙っていることも、マッチングアプリで出会えない理由として考えられます。

あなたが「すてきな人だな」と思う相手は、ほかの人から見ても評価が高いことがほとんどです。

恋のライバルと差を付けるためには、積極的なアピールや今まで以上の自分磨きが必要になるでしょう。

「もう少し気軽に出会いたい」と考えるのであれば、アピールする対象の範囲を広げてみることをおすすめします。

まずは少しでも「いいな」と感じた人に、「いいね」でアピールすることから始めてみましょう。

ただし、誰にでも「いいね」を送ると後が大変です。自分のキャパシティーを把握して、対応できる人数に絞るようにするのが得策といえます。

「いいね」を集める方法

自撮りする男性

マッチングアプリで理想の相手と出会う確率を上げるためには、「いいね」を集めることがキーポイントです。

では、「いいね」を集めるためにはどうすればよいのでしょうか?

メイン・サブ写真にこだわる

プロフィールのメイン写真は、1番最初に目に留まるポイントです。興味を抱いてもらうためにも、あなたの魅力が十分に伝わる写真を選びましょう。

より多くの「いいね」をもらうためには、顔写真を掲載することはマストです。

顔写真を載せないと、「何か理由があるのかもしれない…」と警戒されてしまい、「いいね」される確率が格段に下がってしまうでしょう。

顔写真に加え、サブ写真を2~3枚掲載することも大事です。雰囲気が伝わる全身写真・個性が伝わる日常の写真などを載せるとよいでしょう。

プロフィールをきちんと埋める

プロフィールが埋まっていないと、あなたがどのような人物なのかイメージしづらいです。

せっかく写真の印象がよかったとしても、プロフィールで相手が興味を失ってしまっては元も子もありません。

また、プロフィールの内容が薄い=遊び目的・ワンナイト目的で登録した人だと思われるリスクがあります。

真剣に出会いを求めていることをアピールするためにも、基本的な項目は全て埋めることが必須です。

趣味や価値観に関わる項目は、相手が重視するポイントのため、ほかの内容よりしっかり記載するとよいでしょう。

毎日ログインしてアクティブ会員に

「いいね」を増やすためには、アプリに毎日ログインしてアクティブ会員になることも有効です。

多くのマッチングアプリでは、ログイン頻度の高い人を優先的に上位表示するシステムがあります。

異性の目に留まる機会を増やせるため、「いいね」をもらいやすくなるでしょう。

また、連続ログインしている人は、マッチングアプリを活発に利用していることをアピールできます。

出会いに真剣であることも伝わりやすくなり、本気で出会いを探している人の目に留まりやすくなるのです。

電車移動や寝る前の隙間時間を活用しながら、できる範囲で活発なログインを目指しましょう。

「いいね」が増える写真のコツ

スーツ姿の男性

「いいね」を増やすためには、写真の選び方が重要です。最初に目に入るものだからこそ、ここで印象が決まってしまうといっても過言ではありません。

では、「いいね」をもらうためにはどのような写真を選ぶとよいのでしょうか?三つのコツをチェックしましょう。

自撮りではなく人に撮ってもらう

1枚目に載せるメイン写真は、自撮りではなく他人に撮影してもらうことがベターです。

自撮り写真を載せること自体は問題ありませんが、人によっては「ナルシストな人なのかも」という感想を抱いてしまう可能性があります。

また、自撮りは自分好みの表情を収めたものになりやすいです。実物よりも美化してしまったり、本来の魅力を表しきれなかったりすることもあるでしょう。

一方、他人撮りであれば、第三者から見た自然な姿を撮影できますし、ありのままのあなたを表現できます。

友人に頼みにくいときは、マッチングアプリ専門のカメラマンに依頼するのも手です。アプリに最適な写真を撮影してくれるでしょう。

光や背景にもこだわる

マッチングアプリに使用する写真は、明るさや撮影背景にこだわることもポイントです。

明るい室内や屋外で撮影した写真であれば、明るく華やかな印象の写真に仕上がります。光が顔に当たることで、表情もグッと明るく見えるでしょう。

色調を抑えたシックな雰囲気の写真もすてきですが、ほかの写真と比べたときに暗く重たい印象を与えてしまいます。

撮影背景は人柄が伝わる場所がおすすめです。例えば、旅行先の風景をバックに撮影したものであれば、アクティブな印象が伝わります。

ただし、ごちゃごちゃした背景では肝心の表情に目がいきません。あなたの存在が際立つように、撮影する角度・距離を調整するとよいでしょう。

表情と身だしなみを整える

男女共にウケのよい写真は清潔感がある写真です。表情と身だしなみを整えることで、爽やかな印象を与えることを目指しましょう。

表情は笑顔の写真が最適です。あなたを魅力的に見せてくれる上に、相手に親しみのある印象を伝えられます。

「この人と話してみたいな」と思われやすくなるため、「いいね」をもらえる可能性を引き上げてくれるでしょう。

また、服装も清潔感を意識して選ぶことが大切です。悩んだときはシンプルなオフィスカジュアルを選ぶとよいでしょう。

人気が高いメイン写真の撮り方

自撮りする人

「お手本があると写真を選びやすい」という人に向けて、人気が高いメイン写真の撮り方を紹介します。

どのような写真が人気を集めやすいのでしょうか?男性・女性別に、それぞれ見ていきましょう。

男性編

女性は男性に対して誠実さを求める傾向があります。自然な笑顔・真面目な印象のファッションを意識すると、女性の目に好意的に映るでしょう。

どれだけよく撮れている写真だったとしても、ほかの女性の存在を感じさせる写真はNGです。

ほかの女性がいると分かってしまう・女性が使用するアイテムが写っているといった写真は避けた方がよいでしょう。

誠実に出会いを求めていることをアピールするため、働いている様子がイメージできる写真・スーツ姿の写真などを掲載するのもおすすめです。

普段からきちんとしていることが伝わると、女性に安心感を与えられます。

女性編

一方、男性は女性に対して、女性らしさを求める傾向があります。

シンプルなワンピースやふわっとしたニットを着用した写真は、男性の目に留まりやすくなるでしょう。

黒やグレーのような暗いカラーは、顔色を悪く見せてしまいます。

メイン写真を選ぶときは、明るく優しい雰囲気に見せられるホワイト・ピンク・ブルーのような淡いカラーの服を着ているものを選ぶとよいでしょう。

胸元が強調される服装や、露出が激しい服装は避けた方が無難です。

引いてしまう男性がいるだけでなく、遊び目的の男性のターゲットにされる恐れがあります。

誠実な男性を引き寄せるためにも、清楚な雰囲気の写真にするのが正解です。

マッチング後!初回メッセージのコツは?

メッセージを検索

無事にマッチングが成立したら、メッセージでやり取りをするターンです。

初回メッセージでつまずいてしまうと、デートに誘うことはおろか、親しくなることすら難しくなってしまいます。

楽しいやり取りを続けるために、初回メッセージのコツをチェックしましょう。

マッチングしたお礼を述べる

最初のメッセージでは、マッチングしたお礼を述べることが基本です。

マッチングアプリでの出会いは、インターネット越しの関係だからこそ、通常の出会いよりも慎重さが求められます。

最低限のマナーや常識があることを伝えるためにも、お礼はきちんと述べておくことが重要なのです。

些細なことではありますが、こうした気配りができるかどうかが、信頼関係の構築に影響します。

最初のメッセージだけでなく、以降のやり取りでも相手の気持ちに配慮することを徹底しましょう。

きちんと名乗ることも重要

初回メッセージではきちんと自分の名前を名乗ることも重要です。自分から情報を開示することで、相手は安心してやり取りを進められます。

伝えるのは名字or名前のどちらかでOKです。より親しみを感じられる名前の方がよいですが、名字だけを伝える形でも問題ありません。

合わせて、周囲に呼ばれている・呼ばれたいあだ名を伝えるとやり取りにリラックス感が生まれるでしょう。

このとき、相手の名前は問わない方が無難です。相手が自分から切り出してこないときは、マッチングアプリ上の名前で呼ぶようにしましょう。

会話が盛り上がる質問を盛り込む

初回メッセージの最後は、会話が盛り上がりそうな質問を盛り込むことも忘れないようにしましょう。

質問をプラスすると返信率がアップします。相手のプロフィールをチェックして、共通の趣味や価値観に触れる・気になることを尋ねてみましょう。

質問は1回のやり取りで一つに留めることもポイントです。複数質問を並べてしまうと、返信するのが面倒に思われてしまいます。

答えやすい質問を一つだけメッセージの最後に添えて、相手との会話のキャッチボールを楽しむことを目指しましょう。

気を付けたいNGな初回メッセージ例

メッセージの送信

マッチングアプリでよくある悩みが「最初のトークが続かない(返信がない)」ことです。

相手がメッセージを見逃がしてしまった可能性も考えられますが、何度も続くようであれば、メッセージ内容に問題があるのかもしれません。

NGな初回メッセージ例を確認して、自分が送ったメッセージと照らし合わせてみましょう。

いきなりタメ口

最初からタメ口・馴れ馴れしい口調で話し掛けるのはNGです。

親しい関係を築くためにはある程度のラフさは必要ですが、まだマッチングしたばかりの段階では「マナーを知らない人」「ちゃらちゃらしている」とネガティブなイメージを抱かれてしまいます。

相手と親しくなることを目指すのであれば、最初は敬語や丁寧な言葉づかいで話し掛けることが大事です。

やり取りを重ねていくうちに、お互いに打ち解けられたら、自然とフランクな口調で話せるようになるでしょう。

あいさつのみで会話を広げない

お礼のあいさつや自己紹介のみで終わってしまうメッセージも、返信率が低いメッセージの代表です。

丁寧な印象は与えられますが、受け身に徹している印象も与えてしまいます。

コミュニケーションを取る気がないようにすら見えてしまい、返信の優先度が下がってしまうのです。

受け取り手によっては「適当にマッチングしただけかも」と感じてしまうため、返信をためらってしまう人もいるでしょう。

コミュニケーションを取る意思を示すためにも、簡単な質問や相手が興味を持ちそうな話題を投げかけて会話を広げることが必要といえます。

絵文字・顔文字が多すぎる

絵文字・顔文字が多い文章は親しみやすいものですが、同時に真剣さに欠けている印象を与えてしまいます。

特に、文末ごとに絵文字・顔文字を使用していると、文章が長くなる・読みにくくなってしまいがちです。最後まで読む気力を奪ってしまいかねません。

とはいえ、文章だけのメッセージは、堅苦しい印象を与えてしまいます。絵文字・顔文字は一つの文章に1~2個程度に収めるとベターです。

なお、相手が絵文字・顔文字を多用する人であった場合は、気にしなくても問題ありません。

やり取りには絶対的なルールはないため、相手に合わせて臨機応変に対応しましょう。

デートが決まったら気を付けること

並ぶ洋服

初デートの日が決まると、当日まで「うまくいくかな」とドキドキ・ソワソワする気持ちでいっぱいになるものです。

デート当日をすばらしい日にするためにも、気を付けたいポイントを三つチェックしておきましょう。

当日に着る服の用意

初デート当日は何かとバタバタするものです。「服が決まらない!」と焦ることがないように、事前に当日着る予定の服を用意しておきましょう。

初デートの服装は、会う時間帯・場所に合わせて選ぶことがポイントです。

カフェであればカジュアル目・レストランであればきれい目など、TPOに合わせてファッションを選ぶようにしましょう。

悩んだらプロフィール写真に近い服をチョイスするのがおすすめです。

相手に見つけてもらいやすい上に、相手の好みとマッチしている可能性が高くなります。

なお、仕事終わりに会う場合はスーツや仕事着でOKです。シワや汚れが付いていないかだけチェックしておきましょう。

デート当日まで連絡をマメに取る

デート当日まで連絡をマメに取り続けることもポイントです。約束が決まったからと連絡しない日が続くと、相手のテンションは下がってしまいます。

マッチングアプリでは、ほかの異性と同時進行でやり取りをしている人は珍しくありません。

テンションが下がったことで、「この人はナシかな」とフェードアウトされてしまう恐れもあるのです。

デートの約束をしたからと安心せず、しっかりコミュニケーションを取り続けましょう。

とはいえ、あまり連絡を取りすぎては当日の話題がなくなってしまいます。

デートでしたいこと・会うのが楽しみであることなどを話し、一定の距離感でデートまでつなげることがポイントです。

会う前に電話をしてみるのもおすすめ

「相手がどんな人なのか気になる」「当日盛り上がるか不安…」という人は、会う前に電話をしてみるのも手です。

事前に電話をしておくことで、メッセージでは分からない相手のキャラクターが見えてきます。

また、声や口調・話し方から相手が安心できる存在か確かめることもできるでしょう。

仮に、怪しい人と感じたり相性が悪そうと感じたりしたら、都合を付けてデートの約束をキャンセルすることも考えてよいかもしれません。

電話することを打診するときは、単刀直入に「話してみたい」「デートのことで簡単に話がしたい」のように正直に切り出すとよいでしょう。

長電話は避け、長くても30分程度に収めるとグッドです。

まとめ

マッチングアプリで理想の相手と出会うためには、基本的なポイントを抑えて利用することがコツです。

「いいね」を送ってアピールする・魅力的なプロフィールを作成する・丁寧なメッセージを送るなど、基本に沿って利用していればマッチング率はグッとアップします。

よい出会いがないと感じたら、まずはプロフィールの内容や「いいね」の送り方などを振り返ってみましょう。

また、すてきな出会いは基本をコツコツ積み重ねることで見つかります。地道に利用することで、理想の相手と出会える可能性を引き寄せましょう。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る