「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
キスするカップル

マッチングアプリで会うまでの流れとすべきこと。デートの誘い方も

マッチングアプリで会うまでの期間

キスするカップル

マッチングアプリで知り合ってから、実際に会うまでの期間はどのくらいなのでしょうか?

まずは実際に会うまでの目安となる期間について見ていきましょう。

平均は2週間程度

マッチングアプリで仲良くなってから、実際に会うまでの平均は2週間程度です。

期間には個人差があり、早い人であれば1週間、長い人であれば1カ月以上かかることもあります。

マッチング直後はお互いのことを知らないため、「会ってみたい」と思えるほど気持ちが盛り上がっていないことがほとんどです。

そのため、会うことを打診してもOKをもらえる確率は低いといえるでしょう。

一方、2週間程度やり取りを重ねていれば、ある程度お互いの性格や価値観を理解できます。

徐々に気持ちが盛り上がり、自然と「会いたい」と思えるようになるでしょう。

まずはメッセージでやり取りを重ねて、お互いを知る期間を設けることが大事です。

期間があき過ぎてもNG

会うことに慎重になり過ぎて、期間があき過ぎてしまうのもNGです。

マッチングアプリの利用者は、恋人や結婚相手を見つけることを目的としています。

ダラダラと時間をかけてメッセージを続けていると「会うつもりはないのかもしれない」と、脈なし認定されてしまいかねません。

せっかく仲良くなれたとしても、会うことができなければ恋のチャンスを失うことにつながります。

マッチング成立から2週間を一つのリミットとして考え、デートへ誘う機会を作ることを目指しましょう。

マッチングアプリで会うまでの流れ

スマホ

では、マッチングアプリで会うまでには、どのようなことをするとよいのでしょうか?会うまでの流れを見ていきましょう。

まずは「いいね」などでマッチング

マッチングアプリでは、マッチングを成立させることがスタートラインです。

そのため、異性に「いいね」を送ることは、マッチングアプリを利用する上で欠かせないアクションといえます。

出会いのきっかけを増やしたいと考えるのであれば、自分から積極的にアクションを起こすことが重要です。

検索機能やカテゴリー機能を活用して、気になる異性を見つけたら積極的に「いいね」を送りましょう。

また、「いいね」を押した相手から必ずよい反応があるとは限りません。

あまり慎重になり過ぎず、少しでも魅力を感じた異性にはいいねを送り、マッチングが成立する可能性を高めましょう。

やり取りを重ねて仲良くなる

無事マッチングが成立したら、相手とメッセージでやり取りができるようになります。

相手に「会ってみたい」と思ってもらえるように、やり取りを重ねて仲良くなることを目指しましょう。

最初は簡単な自己紹介から始めて、お互いの好きなこと・共通点・最近気になっていることなどに話を広げていくとベターです。

マッチングアプリでは文章でのやり取りがメインになるため、言葉の表現や内容は普段よりも慎重に選択するとよいでしょう。

できるだけポジティブな話題・内容をチョイスすると、会話の雰囲気が盛り上がりやすく、相手に「会ってみたい」と思ってもらえる可能性が高まります。

デートの約束をして会う

メッセージでやり取りを重ねて仲が深まったと感じたら、いよいよデートの約束をする段階に入ります。

デートに誘うまでの期間の目安は2週間ですが、あくまでも平均の話です。

お互いに様子を見たい・相手がもう少しメッセージを続けることを希望する場合は、焦らずじっくり関係を深めましょう。

マッチングアプリでは、ほかの異性と同時進行でやり取りをする人も多くいます。

たとえデートの約束ができたとしても、実はほかの異性とやり取りを重ねているケースもあるのです。

そのため、デートができる=ゴールとは考えず、付き合いに発展するまでは気を抜かないようにしましょう。

マッチングするためのコツは?

ハートのコーヒーカップ

「会う約束をするどころかマッチングが成立しない」と悩んでいる人は、プロフィールに何らかの問題があるのかもしれません。

マッチングするためのコツとして、魅力的なプロフィールの作り方をチェックしましょう。

目に留まる写真を載せる

プロフィール写真は、あなたの印象を左右するポイントです。

ここでイマイチだと思われてしまうと、プロフィールをどれだけ頑張って書いても読み飛ばされてしまいかねません。

異性に「この人、気になるな」と思ってもらうためにも、プロフィール写真は目に留まるものを載せるようにしましょう。

男女共にウケがよい写真の特徴は、清潔感があることです。服装や髪型はもちろんのこと、服のシワや写真の明るさにも気を配ります。

笑顔の写真もおすすめです。飾らない笑顔は異性の目に好意的に映りやすく、目に留まる確率をグッと高めてくれるでしょう。

プロフィール・自己紹介をしっかりと

プロフィール・自己紹介をしっかり記載することも大事です。

どれだけ写真が魅力的でも、プロフィールであなたに興味を持ってもらえなければスルーされてしまうでしょう。

自己紹介が空欄だらけだと、「遊び目的で登録しているのかも…」と警戒されてしまう恐れがあります。

誠実さ・真剣さをアピールするためにも、基本的な項目は全て埋めるようにしましょう。

とはいえ、長々としたプロフィールでは、面倒に思われて読み飛ばされてしまいかねません。

読みやすさを考えて、1スクロールで読み切れる10行程度の文字量を目安にしましょう。

きちんと毎日ログインする

毎日ログインすることもポイントの一つです。

多くのマッチングアプリでは、ログイン頻度の高い人を優先的に上位表示させる機能があります。

上位に表示されるようになれば、それだけ異性の目に留まる機会を増やせるので、比例するように「いいね」をもらえる機会も増やせるでしょう。

また、マッチングアプリではログイン時間が表示されることがほとんどです。

毎日ログインしていれば、本気で出会いを探していることのアピールにもつながります。

電車移動や寝る前などの隙間時間を活用しながら、無理のない範囲で毎日ログインすることを目指しましょう。

やり取りの要!メッセージのポイント

スマホで連絡

メッセージのやり取りをしているときの印象次第で、会えるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

相手に「会ってみたい」と思ってもらうためには、どうすればよいのでしょうか?三つのポイントをチェックしましょう。

返信率を高める初回メッセージのコツ

初回メッセージは、マッチングのお礼・自己紹介・「いいね」を送った理由について送るのがベターです。

マッチングアプリでの出会いは、通常の出会いよりも何かと慎重さが求められます。

最低限の常識・マナーを重視する人が多いため、お礼と自己紹介はセットで送るようにしましょう。

また、マッチングアプリでは日々多くのいいねが交わされています。

最初のメッセージが定型文のように素っ気ないものだと、「誰でもいいのかも」と疑われてしまう可能性があります。

「いいね」をした理由を加えることは「あなただから魅力を感じた」と本気の姿勢を伝えることにもつながります。

相手のプロフィールや自己紹介をチェックして、いいなと思った理由や共通点をアピールしましょう。

送りがちなNGメッセージ

マッチング直後のやり取りの中で、相手に「返信するのはやめよう」と思われやすいNGメッセージには、以下のようなものが挙げられます。

  • 「はじめまして」「いいねありがとうございます」のような短文
  • 「今日は~した」という日記風のメッセージ
  • 初回から連絡先や最寄り駅を聞く
  • 自分の話や自慢ばかりする

これらに共通する問題は、「どう返信しよう」と相手を困らせてしまう可能性が高いことです。

マッチングアプリでは、少しでも返信に悩んでしまうようなメッセージはスルー率が高まります。

メッセージを送る前に、相手の立場に立って読み返してみましょう。

返信しやすい内容か・不快にさせる内容になっていないか・自分の話ばかりになっていないかを確認しておきましょう。

メッセージの頻度は相手に合わせる

メッセージのやり取りの頻度は相手に合わせるのが正解です。

相手の無理のない頻度で連絡を続けられるため、「心地よい距離感だな」と思ってもらいやすく、好感度アップが期待できるでしょう。

基本的には、相手が1時間後に送ってきたら自分も1時間後に、1日置きであれば同じように1日あけるという風にメッセージを送るようにします。

中には、相手からの返信が遅いことに不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、社会人であれば1日スマホを確認できないことは珍しいことではありません。

連絡頻度を気にするよりも、心地よいやり取りをすること・1回のやり取りを楽しむことを意識するとよいでしょう。

仲良くなったら!デートの誘い方

花畑デート

「どうやってデートに誘えばよいのか分からない」「どんなデートがいいのかな」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

相手をデートに誘う三つのポイントを見ていきましょう。

初回デートは短時間で済ませる

初回デートは1~2時間程度の内容で誘うことがポイントです。

メッセージで仲良くなったといえども、最初から1日かけて遊ぶようなデートはハードルが高いと思われてしまう恐れがあります。

仮にOKをもらえたとしても、緊張した状態での1日デートは疲れやすいものです。

デートの印象が「ぐったりした」というものになってしまっては、2回目のデートにつながりにくくなってしまいます。

そのため、初回デートは短時間で済ませるのが無難です。少し物足りないくらいの時間で終わらせることで、「また会いたい」と思ってもらいやすくなります

ランチやカフェがおすすめ

初回デートのプランは、ランチやカフェがおすすめです。明るい時間帯・人目が多い場所になるため、相手に安心してもらえます。

お酒を飲むことが好き・昼間に会うのは難しいということであれば、居酒屋やレストランでのデートを提案しましょう。臨機応変に対応することが、デートにつなげるコツといえます。

どちらの場合でも、デートスポットの予約をしておくことはマストです。特に夜はお店が混雑する可能性があるため、早めに予約を済ませておきましょう。

あまりにも金額が高いお店は、相手に気をつかわせてしまいます。初回デートであれば、高くても1人3000~5000円の価格帯で収まるお店を選ぶとよいでしょう。

相手の希望に合わせるのも

相手の希望や好みに合わせてデートスポットを選ぶのも手です。

相手の好きなこと・興味のあることに合わせることで、OKをもらえる確率がアップし、デートが盛り上がりやすくなります。

例えば、和食が好きな人であれば「○○駅においしい和食屋さんがある」「おすすめの和食屋さんがあったら教えてほしい」といったように誘ってみるとよいでしょう。

好きなこと・興味のあることは、基本的にプロフィールに記載されているものですが、より詳しくリサーチするためにも、普段のやり取りの中でさり気なくインタビューしておくことが大切です。

LINE交換を持ちかけるのはいつ?

スマホアプリ

マッチング後のやり取りはアプリ内のメッセージで行います。

しかし、その後のやり取りやデート時の利便性を考えると、LINE交換をしておきたいものです。

では、LINEの交換はどのタイミングで持ちかけるとよいのでしょうか?

スムーズなのはデートの約束をしてから

スムーズに交換しやすいのは、デートの約束をしたタイミングです。

デートに行く日や場所が決まった段階で、「当日待ち合わせの連絡ができるように」「何かあったときの緊急連絡先として」とLINEの交換を持ちかければ、まず断られることはないでしょう。

反対に、LINEの交換を断られやすいのはマッチング直後です。遊び目的・真剣ではないと判断され、最悪の場合はブロックされることもあるでしょう。

まずはメッセージでやり取りを重ねて、相手と信頼関係を築くことが大切です。

LINE交換のタイミングは焦らずとも、仲良くなれば自然な流れで交換できるタイミングが訪れます。

実際に会ってからというケースも

中には、「実際に会ってから交換したい」と相手から要望があるケースもあります。

LINEはプライベートな連絡先です。

相手の素性が分かるまでは「交換するのは怖い」「実際に会って人となりを確かめたい」と考える人も一定数いることは理解しておきましょう。

デートの約束をしたとしても、実際に会うまでは不安を感じてしまうというのは無理もない話です。

断られたとしても過度に落ち込むのではなく、「会って楽しいと思ってもらえたらLINEを交換しましょう!」と伝えておくとよいでしょう。

まとめ

マッチングアプリで会うことにつなげるためには、まずはマッチングを成立させ、メッセージでやり取りを重ねることが大切です。

いきなり会うことを求めてしまうと、相手に不安を抱かせてしまいます。じっくりとやり取りを続けて、相手との信頼関係を構築しましょう。

また、実際に会うときは、その場の雰囲気を楽しむことがポイントです。

楽しい時間を1時間・2時間と増やしていけば、恋愛関係に発展する日も近づくでしょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る