「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

マッチング後のメッセージは書き方にコツあり。無視されない戦略とは

マッチング後のメッセージの送り方

スマホのチャット画面

マッチングアプリでは、マッチングが成立してからが本当の勝負です。最初のメッセージで今後の展開が決まるといってもよいでしょう。

スピード感とメッセージの質を意識すればライバルに差がつき、返信率も向上します。

自分から送る

マッチングアプリでは、マッチングした相手が自分以外の異性からもアプローチを受けている可能性があります。

マッチング後のメッセージは少しでも早く送って存在感をアピールすることで、ライバルから一歩リードしましょう。

先にメッセージを送ることは、男子・女子どちらからであっても大きなメリットをもたらしてくれます。

男子から先にメッセージを送れば、頼もしさをアピールすると同時に、紳士的な印象を与えられるでしょう。

一見すると男子の出方を待ったほうがよさそうですが、女子から送ってもほとんどの男子が嬉しく思います。

なかには受け身な男子もいるため、女子からもメッセージを送って次のステップに進むことが大切です。

敬語をつかって丁寧に

最初のメッセージで、第一印象が決まるといっても過言ではありません。同じ内容でも、タメ口と敬語では与える印象がガラリと変わります。

マッチングできたとはいえ、知り合ったばかりの相手にタメ口をつかうと「遊び目的かもしれない」と警戒する人も少なくありません。

「礼儀がなっていない」と判断されて、メッセージが続かないことも考えられます。

相手の年齢は関係なく、仲良くなるまでは敬語を徹底して、好感度アップを図りましょう。

少しでも早く打ちとけたい気持ちゆえの行動であっても、形からではなく真摯な態度で距離を近づけるのが近道です。

適度な文量が必要

メッセージは短すぎても長すぎても返信しにくいため、適度な情報量を意識しましょう。

初回は、はじめましての挨拶・マッチングのお礼・自己紹介・アプローチした理由・質問・よろしくお願いしますなどの締め言葉で構成すると、読みやすさと返信のしやすさの両方をクリアできます。

相手からのメッセージに対する返信は、相手と同じくらいの分量にすると温度差が生まれず、コンスタントにやりとりが続くでしょう。

どんな質問を入れたらよいの?

メッセージカード

マッチング後のメッセージで心の距離を縮めるためにも、質問は必要不可欠です。

質問の内容にこだわるだけでなく、相手の回答から話を膨らませることも意識して、充実したやりとりを心がけましょう。

趣味に関することを聞く

メッセージに質問を織り交ぜることは、相手への理解が深まるだけでなく興味がある気持ちをアピールすることにもつながります。

自分が気になっている人に興味を持ってもらえると、嬉しくなるものです。

質問は「どこのお店がおすすめですか?」といった「はい・いいえ」だけでは答えられない質問にすると、会話がより弾みます。

話題が途切れた際は相手のプロフィールに書かれている趣味に関して質問しすると、答えやすく話が広がりやすいでしょう。

ある程度盛り上がったら「楽しそうに話しているので興味がわいてきました」「イベントなどにも行ってみたいです」と、デートのおさそいにもつなげやすくなります。

相手が振った話題について詳しく聞く

回答してくれたのに次から次に質問すると、品定めをされているような感覚に陥ってしまいます。

一方的に質問ばかりせず、相手から振ってくれた話題や質問に対する回答をどんどん掘り下げていきましょう。

話題を振ってきたということは、その話題について話したがっている可能性があります。サッと流さずに共感したり質問したりして、会話のキャッチボールを楽しんでもらいましょう。

質問の答えから、さらに話題を膨らませることも必要です。一つの話題を大切にすれば内容が深まり、充実した時間を共有できます。自然に親密な関係が築かれていくでしょう。

メッセージが来ないときは?

have a dream

メッセージが来ない原因を突き止めるためにも、自分のプロフィールやメッセージに改善点がないか振り返ってみましょう。

ほんの少し自分が変わるだけで、フェードアウトされることが少なくなります。

プロフィールに問題がないか確認する

マッチング後のメッセージにつなげるためにも、人物像がわかるプロフィールでがっちりと心を掴みましょう。

マッチングアプリでは、プロフィールをチラ見して何となく「いいね!」をするケースも珍しくありません。

マッチング後に相手のプロフィールをじっくり読んだ際にどんな人かイメージできないと、なかなか会いたい気持ちになれない人もいます。

プロフィールには仕事や趣味など相手が知りたがっている情報を詳しく書きましょう。専門的な仕事内容よりも、勤務地やどのくらいの稼働かなど相手に関係することに重点をおきます。

ひと言添える形で「楽しんでやっている」とポジティブな書き方をすると、好印象です。

フェードアウトはよくあること

メッセージのやりとりを通して「自分には合わないな」と感じたら、フェードアウトする人もいます。

フェードアウトとは、少しずつ接点を減らして最終的に関係を断つことです。メッセージの返信がだんだん来なくなって、最終的には音沙汰がなくなります。

フェードアウトの原因が相手にある場合、ほかにパートナーができたことや仕事などの事情でアプリを続けられなくなったことなどはよくある理由です。

とはいえ、連絡が来なくなったときには、相手を思いやってやりとりしていたかどうか自分の行動を振り返ってみましょう。

一方的に何通もメールを送ったり、自分の話ばかりしていたりしていると、自己中心的な人と判断されて返信が途絶える可能性もあります。

まとめ

マッチング後の最初のメッセージは、早さ・敬語・ボリュームの三つが肝心です。やりとりを通して関係を深めるためにも、質問を効果的に取り入れて一つ一つの話題を丁寧に掘り下げましょう。

メッセージが返って来ない場合は、プロフィールやメッセージを見直して、相手の気持ちに寄り添えていたかどうかを確認することが大切です。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら