「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

恋活アプリで最適なメッセージ頻度は毎日。続けるためのコツは?

恋活アプリでのメッセージのはじめ方

ラブレター

マッチング成立後の初回メッセージは、送るまでに時間が空いてしまうと「自分に興味がなかったのかな?」と思われてしまう可能性があります。

初回メッセージは、マッチング成立したらすぐに送ることを徹底しましょう。書く内容は、どのようなもの意識するとよいのでしょうか?

自分から送るときはほめて質問すること

初回メッセージを「マッチングありがとうございます!」「よろしくお願いします」など、ひと言のみにしていませんか?

恋活アプリ利用者は、1日何通ものメッセージが届いています。ありきたりな内容の初回メッセージでは「誰でもよかったのかな」と思われて、スルーされてしまうでしょう。

初回メッセージは、あいさつと併せて相手のよいところを交えた文章を送るとインパクトが抜群です。

「すてきな笑顔が目に留まりました」「料理が得意なんですね!」など、相手の魅力的なポイントに言及しましょう。

相手の魅力に触れることで、プロフィールをきちんと見ていることはもちろん、特別な感情を抱いていることを伝えられます。

相手からの初回メッセージは即レスしない

初回メッセージに即レスすると「この人は暇なのかも」「ほかの人からアプローチがないのかな」とネガティブなイメージを持たれる可能性があります。

浮かれて即レスしたメッセージは、感情的な内容になりがちです。うっかり失言をしてしまい取り返しのつかないことになるおそれもあります。

メッセージが届いたら自分の心を落ち着けるためにも時間を空けて返信しましょう。

あまりにも時間を空けすぎると脈ナシと思われてしまうため、初回メッセージが届いてから半日以内が目安です。返信するときはお礼のひと言を添えると、誠実なイメージを与えます。

メッセージを送る最適な頻度は?

バラ

「マッチングしたもののメッセージをどれくらいの頻度で送ればよいかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

メッセージを送る頻度によっては、相手の興味や関心を上手く高められます。適切なペースを心がけて、相手の心を掴みましょう。

基本は相手のペースにあわせる

メッセージをやりとりする頻度は、基本的には相手のペースにあわせましょう。1時間後に返信がきたら1時間後、半日後なら半日後が返信のタイミングです。

人には人の返信ペースがあります。相手を尊重することで「自然にやりとりできそうだな」「一緒にいると楽そうだな」と会いたい気持ちが高まるでしょう。

目先のやりとりではなく、デートにつなげることが目的です。相手と心地よい関係性を築けるようなやりとりを意識しましょう。

最低でも毎日1通はやりとりする

メッセージのやりとりの頻度は、1日1通以上が理想です。やりとりの回数が少ないと、仲良くなるまでに時間がかかります。

反対にやりとりの回数が多すぎると「返信しなければ」という意識が働き、お互いに負担を感じる可能性が高いでしょう。

会話が盛り上がったときは、お互いのペースにあわせてやりとりを重ねればOKです。1日3往復ペースでやりとりできると、スピーディーに親密な関係を築けるでしょう。

返信が遅くなりそうなときや気持ちが向かないときは、前もって「返信が遅くなります」と送れば問題ありません。

デート約束後も続ける

デートの約束が決まったからといって、当日まではメッセージのやりとりをストップしないようにしましょう。

まったくやりとりをしなくなると「会うつもりがないのかもしれない」と思われるおそれがあります。

どうしてもモチベーション維持が難しくなり、デートをドタキャンされる可能性も高いでしょう。

デートに向けて気持ちを盛り上げるためにも、メッセージのやりとりは1日1回程度のスローペースで続けるのが成功へのかけ橋です。

メッセージで失敗しないためのポイント

スマートフォンを見る女性

順調だと思っていた相手から突然メッセージがこなくなり「どうすればよいのだろう」と悩んでいませんか?

メッセージのやりとりを続けるためには、お互いが負担に感じない距離感をキープすることが大切です。

送る前に相手が返したくなる内容か確認する

メッセージのやりとりを続けていると内容に悩むこともあるでしょう。しかし「今日は買い物してきました」「1日寝て終わっちゃいました」など、日記風のメッセージは、返信に困ってしまいます。

メッセージを送るときは、相手が返したくなる内容を心がけましょう。

自分の日々のできごとに加えて「今日は何をしていましたか?」「〇〇は好きですか?」など、質問を付け加えて次の会話につなげやすくすることが大切です。

メッセージを送る時間帯に気をつける

メッセージを送る時間帯も注意したいポイントです。あまりに遅い時間帯に送ると非常識な人と思われる可能性があります。相手にとっては「夜しか連絡できない」という人もいるでしょう。

やりとりするタイミングがバラバラだと、メッセージの頻度が落ちてしまいます。次第に気持ちが冷めてしまい、筆不精になることもよくある話でしょう。

メッセージをやりとりするベストなタイミングは、19時~23時です。仕事終わり~就寝前のタイミングは、気持ちがリラックスしています。

相手も余裕を持って、メッセージのやりとりを楽しめるでしょう。

返事がこないときはそっとしておく

返事がこないと「スルーされたかもしれない」「嫌われたかも」と不安を感じるものですが、焦って連投するのは控えましょう。

「返信まだですか?」「待ってます」と、追いうちをかけるようなメッセージは、相手にとってプレッシャーです。

返事がこないときはそっとしておきましょう。やりとりに余裕がある人は、相手に魅力的に映るものです。返事がこない時間は次の会話のネタを考える時間だと思って、最適な時機を待ちましょう。

まとめ

恋活アプリでのメッセージのやりとりは、相手のペースにあわせることを意識しましょう。

メッセージのやりとりを焦ると負担に感じてしまいます。長く続けられる関係を築くためには、ときにはゆっくり進めることも必要です。
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る