毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード

婚活アプリで気になる人と会うには?初心者のための注意点

婚活アプリの人と会うタイミングとデートプラン

食事
最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

婚活アプリでマッチングまで進むと、次はいつ会うかをセッティングします。どのくらいの期間で、どんなデートプランが適しているのでしょうか?

個人差はありますが、おすすめの時期やプランを知っておきましょう。

マッチング後、間を空けずにおさそい

マッチングした直後は、お互いに気持ちが盛り上がっています。おさそいするなら、あまり間を空けないほうが成功確率が高まるでしょう。

ただし、マッチングして1回目のメッセージでデートを提案するなど、極端すぎるのは避けたほうが無難です。

あまりにも早いおさそいの場合「まだお互いのことをわかっていないのに」と相手に不安を感じさせてしまうでしょう。

何度かメッセージのやりとりをして、1〜2週間程度までにデートを提案するとスムーズです。

できるだけ早く会いたいタイプと、メッセージで深く異性のことを知りたいタイプがいるため、相手の雰囲気に合わせて数日〜2週間程度でタイミングを探りましょう。

コストのかからないランチが無難

アプリではじめて出会った人とゴールインする人もいますが、全員ではありません。何人かと合うことを想定して、最初のデートは低コストなランチ程度がおすすめです。

お昼どきなら、女子もデートを承諾しやすいでしょう。最初のデートでランチにおさそいすると、相手の食べ方やお金に関する考え方などがわかります。

お茶をするだけより長い時間話ができ、状況によってはランチ後すぐに解散もできるでしょう。気が合ったときも、合わなかったときにも対応できる手ごろなプランです。

デートは同時進行で婚活をスピーディに

本とハート

婚活の場合、結婚できる相手かどうか見極めるまでに時間がかかります。スピード結婚をする人もいますが、何度かデートを重ねてから本格的なおつきあいに進むケースは多いでしょう。

複数人からアプローチがある場合は、同時進行が結婚までの道のりを短くしてくれます。

同時進行で会う人数は数人程度が一般的

メッセージをやりとりして「ひとまず1回あってみよう」と考えたときは、同時進行が可能です。

特定の人とおつきあいすると決めていない場合は、あくまでも候補の選定のためであり浮気にはあたりません。

それでも、1度に10人以上と会うなど極端に多い同時進行はしないほうがよいでしょう。人数が多すぎると誰とどんな話をしたのかわからなくなり、同時進行がバレるリスクが高まります。

数人程度であれば、1人1人の個性を把握できて効率的です。デートの日取りの調整やメッセージのやりとりも無理なくできます。

相手からお断りされる可能性も考えて、複数人の候補がいるほうが安心できるでしょう。

デートテクニックが上達するメリットも

たくさんの異性と会うと、そのぶん異性の喜ぶ話やウケのよいデートスポットなどがわかってきます。

「一緒にいて楽しい」と感じてもらえれば、素敵な異性とゴールインする可能性は高まるでしょう。

アプリをつかいはじめて間もない頃は、多くの人が戸惑います。複数人とコミュニケーションを取ることで、1人ずつ会うよりも早くデートのコツがわかってくるでしょう。

「早く結婚をしたいと考えている人」は、スピード感を重視して同時進行を選ぶのも有効です。

会うのが怖いときはどうする?

男女の足

ネットで知り合った人がどんな相手かわからず「少し怖い」と感じたときは、どうすればよいのでしょうか?

ずっとメッセージのやりとりだけをしているわけにはいかないため、どこかのタイミングで会う努力は必要です。メッセージ交換中の態度や雰囲気でも、ある程度おさそいポイントは判断できます。

不安があるときは、会う場所や時間帯を工夫しましょう。

会うまでの相手の対応をチェック

メッセージのやりとり中の対応を見るだけでも、会ってもよさそうな相手か判断ができます。たとえば、メッセージの頻度は重要です。

普段は興味がなさそうに振る舞っているにもかかわらず、会う直前だけ返信が早くなると不安が残ります。

男子なら「遊びたいだけ」で、女子なら「ごはんをおごってもらいたい」などおつきあいとは別の目的があることも考えられるためです。

反対に、よいところを見つけてほめてくれる人や、定期的な返信がある人は誠実さが感じられるでしょう。

違和感を感じたときは無理に会う必要はないため、信頼できる人なのかを見極めるのが大切です。

会う場所を工夫する

デートの場所は、2人で相談して決めます。人が多い場所を選び、お店の中などを指定すれば不安も和らぐのではないでしょうか?

自分が行きなれているお店やすぐに解散できそうなカフェを選ぶのもおすすめです。習いごとやほかの人と会う約束を入れておき、すぐに帰れるよう段取りしておくのもよいでしょう。

女子の場合、相手から夜のデートや自宅へのおさそいがあったときは「お昼なら大丈夫」「知っているお店のほうがゆったり話せるので」と場所を指定しても構いません。

「夜しかダメ」と言われたときは、遊びや体目的で本気度が低い可能性があります。

会う前から好きなのっておかしい?

女性とハート

メッセージの交換だけで、異性を好きになるケースはあります。しかし「相手のすべてがわかった」と判断するのは早計です。

会えばもっと好きになる可能性はありますが、イメージが変わることも想定しましょう。

まだ相手の一部しか見えていない

メッセージの交換は、手紙のようなものです。口下手でも、文章を書くのが得意な人もいます。メッセージ交換が楽しくても、実際に会って話すのとはまた違うでしょう。

写真を見て顔がとても好みだったとしても、画像そのままの人と会えるとは限りません。加工をしていなくても、写真写りのよさや撮影方法で、雰囲気は大きく変化します。

会う前に「この人しかいない」と思い込むのではなく、実際に会ってから判断するほうが効率的です。プロフィールや写真がイマイチでも、会ってみると素敵な人の場合もあります。

将来を考えられる相手か冷静に判断しよう

「この人が好き!」と気持ちが盛り上がると、冷静な判断が難しくなります。「会えたら必ずおつきあいしよう」と決めてしまうのではなく、会ってからの対応を見て考えましょう。

アプローチがあったからと舞い上がらず、将来本当に2人で生活していけるのか現実的に考えるのも大切です。

「自分と価値観が合うか」や「どんな性格なのか」は、初対面とはいえ会ったときにある程度わかります。

現在の家事の取り組み方や結婚後のお互いの仕事に関する考え方など、気になる点は遠慮せずに質問できるのが婚活デートのメリットです。直接話をして、結婚できる相手かを見極めましょう。

まとめ

婚活アプリで会うタイミングは、なるべく早めがおすすめです。基本的には、半月程度で判断しましょう。

会う前に気持ちが盛り上がりすぎるより、会ってから気が合うか確かめるほうが効率的です。会うのが不安なときは、じっくり相手の対応をうかがいながら場所選びを工夫しましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。