毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード

婚活アプリですぐ会うのはダメ?おさそいを上手に断るには?

婚活アプリですぐ会いたがる理由は?

愛のメッセージ
最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

婚活アプリの利用者の中には、すぐに会いたがる人も少なくありません。

真面目な出会いを求めている人もいますが、なかには都合のよい相手を探すことを目的としている人もいます。見分けるポイントをチェックしましょう。

早く結婚したいから

「早くよい相手と出会って結婚したい」という目標を持っている人は、効率的に婚活を進めるため、早めに会うことで相性を確かめたいと考えています。

メッセージのやりとりだけでは相手の人柄や性格を把握するのは難しいものです。

「メッセージではクールな印象を受けた人でも実際に会ってみると朗らかな人だった」などはよくある話でしょう。

メッセージの中で本来の自分と相手が思う自分とのギャップが生まれることで、実際に会ったときに「引かれるかもしれない」とおそれている人もいます。

「実際のイメージを伝えたうえでやりとりしたい」と考える人は、早めのデートを希望する傾向があるでしょう。

ヤリモク

ヤリモクと呼ばれる体の関係を持つことを目的に登録している人もいます。ヤリモクの場合は、プライベートをさらしたがりません。

相手と親密になる必要はなく、すぐに会うことを打診してきます。メッセージ交換後、世間話もなしにデートを希望してくる人には注意しましょう。

メッセージでやたらほめてくる人や夜に会いたがる人は、ヤリモクの可能性があります。プロフィールやプロフィール写真が魅力的なのもヤリモクの特徴です。

ハイスペックをアピールすることで、異性の気を引き体の関係に持ちこもうと狙っています。「怪しい」と感じたら、会うおさそいは断って関係を断ちましょう。

ビジネス勧誘

婚活アプリ利用者の中には、婚活目的を装いつつビジネス勧誘してくる人もいます。

メッセージ交換や初回デートでは普通の人を装っていますが、話の流れで怪しいビジネスや商品をすすめようとしてくるでしょう。

「人生を変えたいと思いませんか?」と言葉巧みに勧誘してきますが、よい話だと思って安易に受け入れてしまうと多額の金銭を要求されるおそれがあります。

恋愛目的で利用する婚活アプリで恋愛以外の目的をプリフィールに記載している人は、ビジネス勧誘をするつもりの可能性が高いと考えて警戒しましょう。

ビジネス勧誘目的の人のプロフィールには「人脈を広げたいです」「話し相手がほしい」と書いてあることが見極めるポイントです。

マッチング後にすぐ会うのは危険?

手をつなぐ2人

マッチング成立後、しばらくはメッセージでのやりとりを続けることが基本的な流れです。しかし「フィーリングが合えばすぐに会いたい」と感じる人もいるでしょう。

安全かつ安心してデートを楽しむためには、おさそいの内容やタイミングを吟味することが大切です。

夜しかおさそいがない場合は特に注意

仕事が終わってからや土日のディナーなど、デートの提案がすべて夜の場合は注意しましょう。

本当に夜しか空いていない可能性や「おいしいディナーに連れていきたい」という好意的なおさそいの場合もあります。

しかし、初対面の異性がはじめて2人きりで会うとなると、女子は多少なりとも警戒するものです。お互いに余計な心配をしないためにも昼間のデートを提案してみましょう。

「夜しか空いてないんだよね」「昼間だとしばらく忙しくて無理かも……」という人は、ヤリモクの可能性があります。

デート場所を自宅の近くに設定する人や、やたらとお酒を飲ませようとする人も要注意です。

1週間はメッセージのやりとりを続けよう

気になる異性と出会うと「早く会いたい!」と思うものですが焦りは禁物です。デートのタイミングが早すぎると、ヤリモクやビジネス勧誘目的の人だと思われる可能性があります。

おさそいするまでのメッセージのやりとりは、最低でも1週間は続けましょう。お互いの気持ちが盛り上がってきたのを感じたら、デートの予定を立てるのがベターです。

ただし、ダラダラとメッセージを続けていると、相手がアプリを退会してしまったりほかのライバルに先を越されてしまったりする可能性もあります。

会うタイミングを失わないためにもメッセージ開始から1~2週間を目安におさそいしてみましょう。

すぐ会おうとしてくるときはどうすればよい?

写真を撮る女性

「よさそうな人だな」と感じてはいるものの、相手のことをまだ知らないタイミングでの「会いませんか?」に頭を悩まされた経験はありませんか?

相手との良好な関係を維持するためにも、自然に約束を延ばす方法や断り方をチェックしましょう。

会うのはまだ早いときは自然に延ばす

会うのは早いと感じているときは、会う予定を自然に延ばしてみましょう。「今月は忙しいから来月はどうですか?」と、具体的な日にちを伝える方法がおすすめです。

断るだけでは「脈がない」と思われてしまいますが、別日を提案することで相手を傷つけることなく自然に予定を延ばせます。

「もう少しメッセージしてからのほうが安心」と正直に伝えるのも一つです。初対面の相手と会うことに不安を感じる気持ちは相手も理解できます。

相手が本当にあなたのことが気になっているのであれば、受け入れてくれるでしょう。

会いたくないときはきっぱり断る

おさそいを断ることに申し訳なさや気まずさを感じる気持ちはわかります。

しかし、相手を気遣って遠回しに断ると、相手が断られていることに気づかないこともしばしばです。「強引にセッティングすれば行ってくれるかもしれない」と考える人もいます。

相手のおさそいを断るときは、誠意を込めてきっぱり断りましょう。相手はお店の予約をあらかじめ済ませていたり、スケジュールを空けたりしている可能性があります。

「実際に会うのは厳しい」と思ったら、早めに断ることも大切です。間違ってもドタキャンや未読スルーはしないようにしましょう。

まとめ

婚活アプリ利用者の中には、真面目な出会いを求めている人だけでなく、ヤリモクやビジネス勧誘目的の人もいます。

迷惑な利用者との接触を避けるためにも、プロフィールやメッセージをしっかり確認するようにしましょう。

プロフィールやメッセージをしっかり確認することで、結果的によい異性との出会いにもつながります。

行動してみる!

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月10,000人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月10,000人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料で
ダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

アプリではじめる