毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い

恋活アプリで付き合う人っているの?付き合うためのコツを知ろう

恋活アプリをはじめたばかりの人は、出会いから付き合うまでにどのようなステップが必要なのか気になることでしょう。一般的な出会いと同じように2人のやりとりやデートを重ねることが大切です。付き合うまでの期間やコツを紹介します。

恋活アプリでの恋愛は短期戦で積極的に

スマートフォン

恋活アプリの利用者は、一度に複数の異性とやりとりしている場合がほとんどです。
気になる相手と出会ったら、ほかのライバルに先を越されないためにも積極的にアピールしましょう

目的をプロフィールに明記しておく

「理想の恋人と出会いたい」とひと口にいっても、恋人との関係性にはさまざまな種類があります。

趣味を語りあえる恋人を探している人がいれば、友達のように和気あいあいと盛り上がれる関係を望む人もいるでしょう。

なかには結婚を前提とした付き合いを希望する人もいるかもしれません。恋活アプリの利用目的をプロフィールに明記することで、同じ目的の利用者とのマッチング率が高くなります。

双方の目的が一致していれば、自然に付き合いに発展する可能性も早まるでしょう。遊び目的の利用者とのマッチングを避けられるのもメリットです。

マッチング後は早めにメッセージを

マッチングが成立したら1通目のメッセージはすぐに送ることが鉄則です。

「がっついてると思われそう」と心配に感じるかもしれませんが、マッチング後しばらくメッセージが届かないと、相手は「誰でもよかったのか」とやる気を失ってしまうおそれがあります。

遅くともマッチングした当日中にはメッセージを送りましょう。最初のメッセージは「返信したい」「気になる」と思う内容を意識することがベターです。

「よろしくお願いします!」「お話ししましょう」などの軽いあいさつ程度では、相手が女子の場合、1日何通と届くほかのメッセージに埋もれてしまいます。

相手のプロフィールを確認して、お互いの共通点や興味がある話題を交えたメッセージを送るとよいでしょう。

女子からのアプローチもOK

「女子からアプローチすると必死すぎると思われそうでメッセージを送れない」という人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの男子は、女子からのアプローチを好意的に感じています。

恋活アプリでは、男子よりも女子のほうが受け取るメッセージが格段に多いのが特徴です。男子がメッセージを送ってもスルーされることも珍しくないでしょう。

なかには「送っても返事はこないだろう」と消極的になっている男子もいます。気になる男子とマッチングしたら、女子から積極的にアピールしましょう。

女子は長文の文章を好む傾向にありますが、男子は簡潔な文章を好みます。初回メッセージは相手の返信のしやすさを考慮して、長くても5行程度に収めましょう。

実際に会ってから付き合うまでの流れ

ハート

マッチング成立後、メッセージでのやりとりがはじまります。お互いが「いいな」と思えば、実際に会ってデートするのが一般的な流れです。

付き合いがはじまるまでは、最低でも3回デートを重ねましょう。

2週間に1回程度のペースでデートする

お互いのことを知るためにも、付き合う前は定期的にデートをしましょう。頻繁に会いすぎるとトキメキが薄れてしまうため、2週間に1回のペースが理想です。

ただし、デートの間隔が2週間以上空いてしまうと、どんなに好感触であった相手でも気持ちが離れてしまうかもしれません。

恋愛心理学には、会う回数が多くなるほど親密になりやすいというザイアンス効果(単純接触効果)があります。

「1カ月に1回8時間会うよりも2週間に1回4時間会うほうが2人の仲は深まりやすい」という考え方です。相手の心を掴み続けるためにも、短い時間でも定期的に会えるようにしましょう。

付き合うまでに3回以上のデートは必要

恋活アプリの利用者の多くは「早く恋人がほしい」と考えています。告白のタイミングを計り損ねてダラダラとデートを続けていると「期待できない」と思われてしまうでしょう。

ただし、早すぎる告白は「誰でもよい」と不信感を与えてしまいかねません。付き合うまでには、最低でも3回はデートをしましょう。

1回目のデートはお互いを知る機会であり、2回目のデートは人柄や性格などを知る機会です。

3回目のデートは「この人と付き合いたいか」を見定めるのにちょうどよいタイミングでしょう。相手に好感を抱いている場合は、交際を強く意識するタイミングでもあります。

付き合うタイミングは人それぞれですが、3回目のデートは告白を意識するポイントです。

恋活アプリで恋人をゲットした人の特徴

ビーチで手をつなぐカップル

恋活アプリで「気になる」と感じた相手は、ほかの異性からアプローチを受けている可能性があります。

ほかの異性と差をつけるには、相手の気持ちを考えて行動することが大切です。具体的には、どのような方法がよいのでしょうか?

メッセージはマメに返す

恋活アプリでは、メッセージがお互いを知るための重要なツールです。テンポよくやりとりを続けることで、お互いの存在が日常で欠かせないものへと変わります。

メッセージが届いてから2時間以内に返信すると、相手は「自分に関心を持ってくれている」と好意的に感じるでしょう。

あらかじめ返信が遅くなることがわかっているときは、事前に伝えておくと相手も不安を覚えることなく待てます。

事前に連絡をとるペースを話し合っておくことも一つの方法です。お互いのペースにあわせてやりとりすることで、ストレスなくメッセージを続けられるでしょう。

デートでしっかり相手の話を聞く

デート中に相手の話を聞くときは、相手の目をしっかりと見つめましょう。まっすぐ目を見ることは「あなたの話に関心や興味がある」という意思表示です。

普段から人の目を見て話すことが苦手な人や下を向きがちな人は、相手のほうへ顔を向けるところからはじめましょう。

口元に軽く笑みを浮かべるだけでも、相手は気持ちよく話せます。初対面のうちは、会話がスムーズに進まないこともあるでしょう。

しかし「次はなにを話そう」「どんな反応をしたらいいだろう」と考えてばかりいると、会話が滞ってしまいます。

「そうなんですね!」「うんうん」といった適度な相槌を打つだけで、会話は自然に弾むものです。どう盛り上げるかよりも話を楽しめる雰囲気づくりを大事にしましょう。

ネガティブなことは極力いわない

批判的な言葉づかいは、会話を盛り下げてしまいます。

特に、恋活アプリで出会った人や元恋人の批判は、相手に「付き合ったら自分もいわれるかも」とネガティブなイメージを植えつけてしまうでしょう。

会話の内容に詰まって「疲れたね」と切り出すのも避けるのが無難です。相手を気遣ったひと言のつもりでも「帰りたいのかな」「楽しくないのかな」と不安を与えてしまうこともあります。

楽しい1日を過ごすための会話は、ポジティブな内容にしましょう。

まとめ

恋活アプリで出会った相手と付き合うためには、アプローチのタイミングを逃さないことが大切です。

メッセージをマメに返したりデートを頻繁に重ねたりすることで、相手の日常の中で欠かせない存在を目指しましょう。
出会いを見つける

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる