「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

婚活アプリの出会いから結婚までの流れ。ダラダラと長引かせない秘訣

アプリで婚活を始めるときの流れ

結婚へ
最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

婚活アプリは、条件や希望を設定することで理想の結婚相手に出会いやすいアプリです。

婚活アプリの基本的な利用方法や結婚までの流れをチェックして、スムーズに婚活を進めましょう。

有料婚活アプリを選んで会員登録

婚活アプリに登録している会員の年齢層や特徴を事前にチェックして、自分にあったアプリに登録してみましょう。若者中心や恋活目的など、アプリによって集まるユーザー層が異なります。

求める相手の条件にマッチした会員が多いアプリなら、理想の結婚相手を探しやすいでしょう。

入会時に身分証明書の提出や本人確認がある有料婚活アプリは、登録チェックを徹底しています。業者と呼ばれる不正な利用者やサクラ既婚者など怪しい人物は、登録自体できません。

「お金を払っても結婚相手と出会いたい」という人が多く、無料のものよりも本気の出会いを見つけやすくなるでしょう。

※タップル運営事務局では24時間・365日 サービス監視を行い、「業者」と呼ばれる悪質なユーザーに対して適切な対応をとっています。

自己紹介を工夫しながら積極的にアプローチ

気になる異性に「いいね!」を送り、相手からもOKが返ってきたらマッチングが成立します。「話してみようかな」と思ってもらうためには、相手の興味を引くプロフィールづくりが大切です。

自分の魅力が伝わるプロフィール写真最低でも3枚用意しましょう。1枚目は笑顔・2枚目は全身・3枚目は趣味を楽しむ写真など、自分像が伝わる写真にします。

年齢や職業などの項目はすべて選択しましょう。趣味や特技などは、マッチング後の話題になりやすいため、具体的なエピソードを交えて書いておくと効果的です。

相手の読みやすさを考えて、適度に改行や余白をつくります。文章はポジティブな言葉で簡潔に記載しましょう。

適度にメッセージ交換をして実際に会う

マッチング成立後は、メッセージで相手との交流を深めます。プロフィールに記載されていた情報を基に、共通点や気になる話題についてメッセージを交わして相手との距離を近づけましょう。

適度にメッセージを交換したら、いよいよ初デートへ進みます。マッチングしてすぐにデートにおさそいすると「誰でもよいのかもしれない」と、相手に警戒される可能性もあるでしょう。

一方で、ダラダラとやりとりを続けていると「進展が見込めない」と思われてしまい、メッセージでのみで終わってしまうおそれもあります。

初めてのメッセージから2週間を目安にデートを計画してみましょう。実際に会うことで、お互いの相性を確かめることが大切です。

 

出会いから結婚までの流れ

手をつなぐ2人

「婚活アプリで出会った相手だから」と身構えてしまいそうですが、結婚に至るまでの流れはアプリ以外で出会った人とあまり変わりはありません。

婚活アプリにおける気になる異性との出会いから結婚まで、具体的な流れをチェックしてみましょう。

デートを重ねて告白

結婚を目標とする婚活では、早めに気持ちを確認しあうことが重要です。デートは3回目までが勝負とされています。

1回目のデートは、はじめて対面する機会です。お互いがどんな人なのかを知ったうえで、また会いたいかどうかを考えましょう。

2回目のデートは、表面的な部分だけでなく人柄や内面を探ります。初回よりも長く一緒に過ごしてみて、相手とおつきあいできるかを自分に問いかけてみましょう。

3回目のデートは、ある程度おつきあいへの意思が固まっている状態です。お互いの気持ちが盛り上がっており、告白するのにベストなタイミングでしょう。

結婚に向けて活動する婚活では、恋愛対象として考えられない人と何度もデートを重ねることはほぼありません。3回目のデートも受け入れてくれた場合は、脈ありと考えてよいでしょう。

半年から1年のおつきあいを経てプロポーズ

婚活アプリでは、告白をしてから半年~1年のおつきあいを経てプロポーズするケースが多いようです。

婚活アプリで出会った相手とは結婚を前提におつきあいが始まるため、ダラダラとおつきあいが続くことはありません。

出会った段階で、お互いの結婚観や家族について知っている点もプロポーズが早い理由の一つです。

プロポーズが早すぎると「お互いを理解していない」という不安から断られてしまう可能性があります。

一方で、1年以上経ってもプロポーズしないでいると「結婚する気がない」と思われてしまうでしょう。

お互いよいタイミングでプロポーズすることがベストですが、気持ちが盛り上がっている時期を見逃さないようにすることが大切です。

 

スムーズに結婚までたどり着くために

2人綱渡り

気になる異性とおつきあいできたからといって、確実に結婚にたどり着けるとは限りません。ぼやぼやしていると時間だけが過ぎ、ほかのライバルにとられてしまう可能性もあります。

スムーズに結婚にたどり着くためにはどのようなことが必要でしょうか?

複数の相手と連絡をとる

おつきあいが始まるまでは複数の異性と連絡をとったり、食事に行ったりしても問題ありません。

婚活アプリは、たくさんの異性と出会えますが、気になる異性が他のライバルにとられてしまう可能性も十分にあります。

1人の異性とだけやりとりしていると、イチから出会いを探すことに時間をとられてしまいがちです。複数の異性とやりとりすれば、効率よく婚活が進められます。

1人の異性に執着しないことで、心に余裕をもって相手に接することも可能です。ただし、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる戦法では、すてきな異性に巡りあえません。

あくまでも気になる異性に絞って連絡をとりましょう。

相手の真剣度をよく確認しておく

婚活アプリの利用者は、結婚相手を探している場合がほとんどですが、なかにはその考えを逆手にとって遊び相手都合のよい相手を探している人もいます。

おつきあいが始まったら、友達を紹介してもらったり会社の名刺をもらったりと相手の身元を確かめましょう

結婚を前提におつきあいを始めても、必ずしも結婚に至るとは限りません。おつきあいをしている間にも時間は刻一刻と進んでいます。

「おつきあいすれば結婚できる」と安心しすぎないようにしましょう。結婚への具体的な話をしたり家族への紹介を済ませたりと、結婚に向けての真剣度をよく確認しておくことが大切です。

 

まとめ

結婚を目標とする婚活は、ダラダラと続けるものではありません。告白やおつきあいの目安となる期間や流れを知ることで、効率よく婚活を進めましょう。

おつきあいした相手の結婚への真剣度を確かめることも大切です。お互いの結婚への認識が定まれば、この先の人生も共に歩んでいけるでしょう。

行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら