「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

婚活アプリでの初デートで割り勘はアリ?ナシ?結婚相手の見極め方

初デートでの割り勘はアリ?ナシ?

コーヒーと財布
最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

初デートでの割り勘についての考え方は、性別や価値観で大きく変わります。まずは、それぞれが心に秘めている本音から解き明かしていきましょう。

女性の意見

初デートでの割り勘をアリと考える女性は、主に以下のような意見を持っています。

  • おごってもらうことで貸しを作りたくない
  • 自分自身の年齢や社会的地位などが高く、おごられるのは気が引ける
  • 自分の支払いは自分で済ませるのが当然
  • おごられて当然と考えるような女性だと思われたくない

一方、初デートでの割り勘をナシと考える女性の意見は以下のようなものになります。

  • そもそもデート代は男性が負担するもの
  • 初めくらいはかっこつけてほしい
  • 自分とのデートが楽しくなかった・自分を気に入ってもらえなかったのでは?
  • 支払いを申し出ると、男性のプライドを傷付けるのではと感じてしまう

女性の特徴として、男性が支払った金額=自分の価値と感じる人が多い傾向にあるようです。

男性の意見

続いて、男性側の本音を見ていきましょう。まずは、初デートでの割り勘をアリと考える男性の意見です。

  • 自分の支払いは自分で済ませるのが当然
  • 相手の女性に魅力を感じず、お金を出したいと思えない
  • 初めに支払いを負担することで、この後ずっとおごり続けることになるのではと不安
  • 人にお金をつかうほど経済的に余裕がない

一方で、初デートでの割り勘をナシと考える男性は以下のような意見を持っています。

  • 女性にお金を出させるのはかっこ悪い
  • 割り勘にすることで、女性が傷付くのではないかと感じる
  • 自分の方が明らかに経済的余裕があるのに「割り勘にしよう」とは言いにくい
  • 相手の女性に気に入られたい

男性の意見では、男性としてのメンツやプライドに関するものが多いといえそうです。

性別より価値観によるもの

初デートでの割り勘に対する男女の意見を見てみると、自身の性別によって表現方法は変わるものの、その根底には個人的な価値観が秘められていることが分かります。

  • 対等の立場でデートをしている以上、支払いの負担も平等であるべき
  • デート代は男性が負担するべき
  • 割り勘にする・しないは男性への評価基準になり得る

こうした価値観は、育ってきた環境や経験が大きく影響するものです。必ずしも相手の人間性を表すものではないということを理解する必要があるでしょう。

 

割り勘だけで判断するのは危険かも

ノートと眼鏡

中には、初デートで割り勘になったことでその男性との関係を見限り、連絡を絶ってしまう女性もいるでしょう。

しかし、将来的に結婚を見据えているのであれば、こうした判断の仕方は実はとても危険です。その理由について詳しく確認していきましょう。

ケチなのではなく倹約家

初デートで男性に割り勘を提案された場合、思わず「ケチだな」と感じてしまう女性は多いのではないでしょうか。

しかし、デートで割り勘を望む男性は、見方を変えれば現実的な倹約家でもあります。これは、結婚相手として考えた場合とても大きな長所といえるでしょう。

見限ったつもりの男性が実は理想の人だった…そんな事態を招かないためにも、1度の割り勘で相手を判断するのは控えた方がよさそうです。

女性側にもスマートな対応が必要

中には、もともと男性側がおごるつもりだったにもかかわらず、初デートならではの行き違いから結果的に割り勘になってしまうというケースも存在します。

例えば、女性側のポーズとしての「わたしも払います」を男性側が本気にしてしまったり、男性側の何気ない言動が誤解を招き、女性側が「絶対に払わなければ」と感じてしまったりというのは珍しいことではありません。

割り勘をすることになった際、仮に不満を感じたとしても、その気持ちを表に出してしまうのはNGです。にこやかに微笑み、楽しい時間を共有できたお礼を言うなど、男性のプライドに配慮したスマートな対応を心がけましょう。

「気配りのできる人だな」「ちゃんとしてるんだな」と好印象を与えることで、その後のうれしい展開につなげられるかもしれません。

 

割り勘から見極める結婚相手としての適性

ワイン

初デートで割り勘にする男性は、結婚相手としてはどう考えればよいのでしょうか。結婚相手としての適正と可能性を確認していきましょう。

女性に不慣れなだけの場合も

初デートで割り勘にする男性の中には、ただ女性に不慣れなばかりに女性が喜ぶ対応ができなかったという人が少なくありません。

相手の男性がこのタイプであるのなら、今後時間をかけて丁寧に付き合っていくことで、適切かつスマートな対応ができる男性へと大化けする可能性も十分考えられるでしょう。

理想の結婚相手に育てるつもりでじっくり交際していくのがおすすめです。

男女平等への考え方

初デートから割り勘を主張する男性は、裏を返せば男女平等の意識が高い人でもあります。

このタイプの男性は、結婚生活についても男女で役割を分けず、仕事・家事・育児全てを夫婦で平等に分担するという価値観を持っている可能性が高いでしょう。

結婚後もキャリアを積んでいきたいと考える女性にとって、この上ない結婚相手といえそうです。

選ぶお店のグレードを確認

初デートで割り勘を求められた場合、まず確認したいのがそのお店のグレードです。

明らかにグレードの高いお店を男性側が選び、その上で割り勘を要求された場合、割り勘の良し悪し以前の問題としてその男性は他人への配慮ができないタイプと判断してよいでしょう。

「初デートで気合を入れたものの、相手の女性にそれだけの価値がなかった」「高級店を選んじゃったからおごりはムリ。割り勘にしよう」

そんな行き当たりばったりの判断をしている男性との結婚生活はいったいどのようなものになるのでしょうか。じっくり考えて判断するのがおすすめです。

 

まとめ

初デートでの割り勘がアリかナシかは、男女の性差による考え方の違いのほか、個人の価値観によっても大きく変わります。

仮に男性側から割り勘を求められたとしても、それを理由に関係に見切りを付けるのはおすすめできません。ただ女性に不慣れなだけ・男女平等の価値観を持っているなど、結婚相手としては問題のないケースもあるからです。

特に、婚活アプリでの出会いの場合、お互いに少なからず警戒心を持って臨むため、最初のデートで相手の本質を知るのはほとんど不可能といっても過言ではありません。

初めてのデートで割り勘だったかどうかにこだわりすぎることなく、長い目でお互いの相性を見極めていきましょう。

理想の人、見つかるかも

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る