毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード

マッチングアプリで気になった人に会うまで。コツやさそい方は?

マッチングアプリで会うまでいかない原因は?

夜スマホを手にする女性

マッチングアプリでよい人に出会いたいなら、メッセージの機能を賢く活用することが大切です。

メッセージの内容だけでなく送信頻度にも気をつけながら、相手の熱が冷めないうちにデートの約束をとりつけましょう。

メッセージが毎日続かない

マッチングアプリの最初のゴールは、実際に相手に会うことです。メッセージで質問をしたり、他愛ない話を楽しんだりするだけでなく、会いたい気持ちを維持することを意識しましょう。

相手は自分以外の人にも常にアプローチされていると考えます。メッセージが1日でも途絶えると、ほかの人に目移りしてしまうケースも珍しくありません。

逃がしたくないという人を見つけたら、実際に会うまでは毎日コツコツとやりとりを重ねるのがポイントです

メッセージ頻度が少なすぎ、多すぎる

毎日やりとりをしたほうがよいといっても、メッセージを頻繁に送りすぎるのは避けたほうが無難です。相手にも生活があり、次から次にメッセージを送られてきても困ってしまいます。

ただし、相手に気をつかうあまり、メッセージが少なすぎるのも考えものです。多くのやりとりの中で印象に残らず、ライバルにとられてしまう可能性もあります。

相手の手が空く仕事終わりや自宅でゆっくりしているタイミングを狙って、1日2~3通やりとりするのがベターでしょう。

会うまでの期間が長すぎる

理想の人を見つけたい想いは相手も同じです。だらだらとメッセージを続けていると脈がないと判断されてしまいます。

マッチングしてから遅くても1週間以内にデートにさそっておくと、相手も安心するでしょう。

知り合ってすぐにデートにさそうと警戒されてしまうため、相手も乗り気であることを返信の速さやメッセージの内容で判断することが大切です。

 

初デートにさそうメッセージの送り方

アルファベットの積み木

初デートは会話の流れで自然にさそうこと、断られにくいさそい方を意識して成功率を高めましょう。

自分からデートにさそう勇気が出ない人のために、相手からさそわれやすくなるテクニックを紹介します。

会話の流れからご飯にさそう

何の前触れもなくいきなりデートにさそうと、警戒心をあおってしまいます。快くデートのさそいに乗ってもらえるように、会話の流れに気をつけてみましょう。

たとえば「普段はどこで遊ぶことが多いですか?」と質問をして「渋谷です」と返事が来たとします。

そこから「渋谷は自分もよく行きますよ」「おいしいイタリアンのお店があるので一緒に行きませんか?」など、何気ない会話から自然にデートにさそうとスマートです。

心理テクニックをつかってさそう

デートの約束をしたいとき「食事に行きませんか?」と聞くと、YESかNOしか答えがなく、相手に判断をゆだねてしまいます。

日時の約束までスムーズにとりつけたいときは、選択肢を二つ提示するダブルバインドという心理テクニックが参考になるでしょう。

「海鮮のおいしいお店を知っているので土曜か日曜一緒にどうですか?」と聞くと、YESかNOではなく土曜か日曜の2択になります。
行かないという発想が生まれにくいため、デートをする前提で話を進めたいときに役立つでしょう。

さそわれたい場合は?

自分からはさそいにくく、できれば相手からさそわれたいという人もいるでしょう。そんな人は相手に「暇だからデートにさそってみようかな?」という気持ちにさせてみてはいかがでしょうか。

デートを意識しやすいのは、休日の過ごし方や仕事が終わる時間についての質問です。

「休日は買い物に出かけることが多いけど、次の休みは暇だから食事でもどう?」「7時に仕事が終わるから一緒に晩ご飯食べに行かない?」と相手もさそいやすくなります。

 

会う前に連絡先の交換は必要?

パソコンを前に思案中

会った後に連絡先を交換したい人と、会う前に直接やりとりしたい人のために、交換の断り方と上手な聞き方を紹介します。

メッセージだけでは心配なら、会う前に電話をして相手の雰囲気を確かめてはいかがでしょうか。

電話は相手の雰囲気を知るのに有効

メッセージはじっくり考えてから返信でき、よい人を演じるのも簡単です。メッセージでやりとりした感じでは好印象でも、実際にどんな人か不安な人もいるでしょう。

そんな人は会う前に電話で話をしてみる手もあります。電話ではとっさに返事をする必要があるため、人柄や本性が表れやすいです。

電話番号を教えるのに抵抗があれば、無料の通話アプリを活用するとよいでしょう。

LINE(ライン)交換は会う直前か会った後でOK

やりとりを開始してからすぐにSNSや連絡先を聞かれても、教えたくない人が大半です。面倒なトラブルを避けるためにも、実際に会ってから交換するのが無難でしょう。

ただし、交換を断ったと同時に関係が終わってしまうおそれがあります。つなぎとめたい相手には、交換を提案してくれたことに感謝しつつ、会ってから交換したい気持ちを伝えるとよいでしょう。

どうしても交換したいなら会う直前がベターです。「うまく待ち合わせられるか心配なので交換しておきませんか?」と聞くと相手の抵抗感も和らぎます。

 

まとめ

プロフィールを見て会ってみたいと思ったら、メッセージのやりとりを毎日続けてみましょう。熱が冷めないうちにデートの約束をとりつけることも成功率を高める秘訣です。

連絡先を交換するタイミングは人それぞれですが、強引に聞き出そうとしてチャンスを逃すのは避けたいものです。会うまでの過程も大切にして、恋のスタートラインに立ちましょう。

行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。