毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード

婚活アプリの成婚率はどこで見極める?早く結婚したい人必見

アプリでの婚活に失敗する原因

段ボールロボットと破れたハート
最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

アプリの婚活でうまくいかないのは、主に活動自体を諦めてしまうパターンです。1回の失敗を気にしすぎるあまり、相手に会うところまでつながりません。

「一緒にいて心地よいと感じる人」と出会うためには、お互いの性格や趣向を話して相手をよく知ることが欠かせません。失敗ととらえずに、今後へ生かしましょう。

アプリを眺めるだけで向いてないと判断する

登録前にアプリを見て「どうせ人気の会員は全員イケメンかかわいい女性ばかりで自分にはよい出会いなどないと諦めてしまうと、出会いのチャンスさえも作れません。

社会人になってから自分と合う人と出会える機会は貴重です。婚活に興味を持った今が、少しだけ前向きに動いてみるチャンスではないでしょうか。

はじめてみたものの眺めるだけの人もいるでしょう。ときには合わない人との出会いで面倒になり、人と会うのが億劫になる日も訪れます。

嫌になってしまったときは婚活を休んでも問題ありませんが、諦めるのはできることをすべて終わらせてからでも遅くないはずです。

過去の失敗を気にして婚活を楽しめない

婚活は、ほどんどの人が不成立を経験します。最初に出会った人と運命的な恋に落ちてゴールインするカップルは少数でしょう。

婚活は、お互いの気持ちが相手に傾いてはじめて成立します。初対面同士が相手に惹かれるのは難しいことです。失敗した相手とは、たまたま合わなかった可能性もあります。

もし毎回同じパターンで失敗しているときは、自分を見直すきっかけになったと考えましょう。多くの人が何度かは断り・断られながらも婚活を楽しんでいます。

 

成婚率が高い婚活アプリの見つけ方

ceremonyの看板

結婚を最終目的として考えている場合、成婚率の高いアプリは魅力的です。実際にゴールインしているカップルが多いとなれば、真剣交際を考えている会員が多いとわかります。

会員数や実際に動いている会員の数も重要です。

会員数をチェック

そもそもの会員数が少ないアプリでは、近くに住むユーザーがほとんどいない状況に陥ります。数人の地元民でマッチングしても、気が合わない可能性大です。

会員数が多いほど、成婚率は高まります。見た目の好みが近い人も増えるでしょう。多くの異性がいればいるほど、性格や趣向も多様です。1人と合わなくても再びチャンスが訪れます。

アプローチされる人数が増えると話してみたら気が合ったといったケースも期待できるでしょう会員数が多く、自分が求めている雰囲気のアプリを選べばスムーズに婚活を進められます。

婚活への真剣度の多い会員数や異性の年齢層の割合を、あらかじめネットで調べておくのも重要です。

アクティブユーザーの数が大切

会員数が数百万人であっても、ほとんどの人が放置状態の場合もあります。メッセージを送っても、未ログインで見ていないためです。

婚活アプリなどの利用者でカップルや成婚に至った人は、サービスの利用頻度が高いという調査結果も出ています。アクティブユーザーの多さは成婚率にもつながるでしょう。

アクティブユーザーの多さは、アプリのサービス内容を見るとある程度わかります。スケジュールが合えば当日会えるシステムを備えているアプリは、利用者が多めです。

毎日ログインしていないと、今日明日でかけようと提案している相手に対応できないでしょう。相手の都合もあるため当日出会えるとは限りませんが、ユーザーが多いぶんチャンスはあります。

婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研調べ)

結婚についてのプロフィール項目がある

婚活アプリには、プロフィールの項目設定の一つに結婚についてどう考えているかの意思表示ができるものが用意されているものも多くあります。

結婚に前向きな姿勢を明記すると、自然と真剣交際を考える異性が集まる可能性が高まるでしょう。

遊び相手を探しているだけの人は、結婚に関する項目の登録自体を面倒に感じます。結婚は考えていない・よい人がいれば考えるなどを選択している場合も多いでしょう。

結婚や交際に関してどのようなスタンスなのかわかれば、自分の婚活のスピード感に合う相手も見つかりやすくなります。

プロフィールの項目が細かいアプリを利用して、効率的に結婚へつなげましょう。

信頼されているアプリか

ユーザーから信頼されているアプリは、会員数も多く成婚率高めです。

婚活アプリや、恋活アプリの一つであるタップル(tapple)では、サイトの運営側が24時間365日体制で監視を行い悪質ユーザーや不愉快なプロフィール画像などを削除しています。

身分証明書の提示による年齢確認によって、高校生や18歳未満、既婚者の登録も審査されており安心です

登録後もアプリ上ではニックネームが利用できるため、本名を明かす必要がない点も魅力でしょう。

過去のマッチング数が1億を超えておりマッチング率の高さも実証されています。婚活アプリをはじめやすいサービス環境が整っているのです。

タップル誕生 マッチングアプリ・恋活サービス【公式】

 

婚活アプリの出会いから結婚につなげるには

ケーキの上に結婚する男女の人形

アプリでは、さまざまな相手と出会えます。実際にデートを重ね、関係を続けるか決めるのは自分自身です。

いくら会っても結婚までたどり着かない場合は、会う前の見極めや一定の期間設定が重要です。

メッセージが合わない相手は見切りをつける

何度もメッセージを交換してからデートの日取りを決めたにもかかわらず、1日かけて気が合わない人と疲れる時間を過ごしただけだった、となると失望感でいっぱいです。

実際に会う相手は、ある程度厳選しましょう。メッセージの時点でやり取りのリズムが合わない人は検討が必要です。

束縛されるのが苦手な人は、少しメッセージの返信が遅れただけで「見てますか?」と何度も催促してくる相手とは合わないでしょう。

個人的にメールや電話で連絡するようになれば、より苦痛に感じてしまいます。はっきり断ると怒り出す相手もいるため注意も必要ですが、早めに見切りをつけたほうがお互いのためです。

交際期間をある程度決めておく

婚活アプリで出会いを求めている人は、必ずしも1人の相手とだけメッセージを交換しているわけではありません。

結婚をゴールと定めている場合、数カ月〜1年程度のタイムリミット設定が必要です。

何度か会っていても進展しない場合は、相手にとってそれほど結婚が重要視されていない可能性が考えられます。特に、男性は「ゆっくり交際を重ねてから」と考えがちです。

婚活の成功率の高い年齢は女性のほうが早めです。とりあえずキープされているような状態で、数年間を無駄にする必要はありません。

自分が耐えられる範囲でリミットを決めましょう。数カ月で見切りをつけるのは早すぎる可能性があるため、1年程度が目安です。

 

まとめ

婚活アプリをつかって結婚するには、実際に相手と会わないことにははじまりません。アプリを見るだけでなく、実際のデートまでつなげましょう。

合わない人と出会ったときは早めに見切りをつけ、交際に期限を設けたほうがスムーズに新しい交流に進めます。

出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。