毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.8.30

婚活アプリでタメ口ってあり?タメ口への印象や切り替えるタイミング

婚活アプリでタメ口をつかう人への印象

最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

タメ口は仲のよい人や年下につかうイメージがあります。しかし、婚活アプリではいきなりタメ口でメッセージを送ってくる人も少なくありません。そのような人に対して、みんなはどんな印象を受けるのでしょうか?

親近感を抱かせたいのかも?

あまり悪い印象は受けないという人は、「親近感を出そうとしてタメ口をつかっているのでは?」と考えることが多いようです。実際、仲のよい人に対する言葉づかいなので、相手に急接近したいときにつかう人はいます。

たとえば、男子だと同い年または年下の女子にメッセージを送るときタメ口をつかいがちです。女子では、相手に甘えたいときにもつかったりします。どちらにしても、話しやすさを演出するためにつかわれやすいのがタメ口なのです。

いきなりのタメ口はちょっと…

親しみやすさ、話しやすさのためにタメ口をつかうとしても、いきなりだと相手に引かれてしまうことがあります。「はじめからタメ口はなれなれしい」「失礼だと思う」という意見もあるので逆効果になる可能性はあるでしょう。最初は敬語をつかうのがマナーと考え、徐々にタメ口に変えていくとよいですね。

ただし、やり取りし始めてから時間が経ちすぎると、今度はタメ口で話すことに違和感をおぼえてしまう可能性があります。切り替えるタイミングは早すぎても遅すぎてもギクシャクしてしまうかもしれません。

 

婚活アプリでタメ口に切り替えるタイミング

タメ口に変えることで親密感が生まれ、相手との距離感が近くなります。そこで気になるのはタメ口に切り替えるタイミングです。どんなときに切り替えたらいいのか見てみましょう。

初めて会ったとき

タメ口をつかうことで相手がどんなふうに思うか心配な人には、初デートがおすすめのタイミングです。目の前で反応を確かめられるのがメリットとなっています。相手の表情などを見て、「まだタメ口は早かったかな」と感じたら、「すみません、ついタメ口になってしまって…」と謝ればよいだけです。

また、初デートで敬語をやめるといっても会ってすぐは避けましょう。待ち合わせをしてから1~2時間経過したころに、少しずつタメ口を混ぜていくと違和感を感じづらいですよ。

メッセージ内で仲良くなってきたら

会う前に距離を縮めたい人には、メッセージ内でタメ口をつかい始めるのがおすすめです。もちろん、初めてのメッセージではマナーとして敬語をつかっていただきたいのですが、1~2週間経って仲良くなってきたらタメ口を少しずつ解禁してみるとよいでしょう。

目安としては、デートの約束の数日前までには敬語を減らすのがよいですね。親近感が増した頃にデートできれば、距離が縮まりやすくなります。

 

婚活アプリで自然にタメ口へ切り替える方法

急にタメ口に変えるのは緊張しますよね。かといってずっと敬語をつかうのもなんだか寂しいものです。自然の流れでタメ口に切り替えるにはどうしたらいいのでしょうか?

短めの会話からチャレンジ

一つ目の方法では、短い返事をタメ口にしていきます。相槌を打つ表現や驚いた表現をするときにつかいやすいです。メッセージはもちろん、会話をするときにも自然に出しやすいので、少し意識するだけで簡単にできますよ。

ちょっとつかってみて、相手の反応を見てみましょう。同じように少しタメ口が出てくれば、相手も「そろそろ敬語はやめたい」と思っている可能性大です。一言だけをタメ口にすることに慣れたら、徐々に増やしていきます。最終的に敬語をつかわなくなるでしょう。

敬語とタメ口をミックスさせる

二つ目の方法は、敬語をつかいつつタメ口も交えていくものです。わかりやすくいうと、「ほんと?○○ってそんなにおもしろいんですか?」「ちがうちがう。○○ですよ~」といった感じにします。「ほんと」と「ちがうちがう」の部分がタメ口になっているのに気づいたでしょうか?

冗談交じりに会話したり、驚いたりしたときに非常につかいやすい方法です。普段の生活でも、気さくな先輩や上司につかう人は多いのではないでしょうか。あまりかしこまりすぎず、けれどフレンドリーになれるのが特徴です。

ストレートに提案するのもあり

「タイミングが難しい」「どうしてもタメ口がつかえない」という人は、いっそのことストレートに敬語をやめたいと伝えてみましょう。メッセージで仲良くなってきた頃やデートで少し話した後に、「もっと仲良くなりたいので、そろそろ敬語をやめませんか?」と提案してみてください。

ほとんどの場合、「敬語はやめたくありません」と断られることはないです。もしもそういわれることがあったなら、タメ口が嫌なのではなく他の部分に原因があるのかもしれません。

 

まとめ

年上や目上の人に対してタメ口をつかうのは勇気がいることです。婚活アプリで知り合ったばかりの男女であればなおさらでしょう。しかし、ずっと敬語のままでは距離が縮まりにくく、ギクシャクしてしまいがちです。

せっかく出会えたのですから、思い切って敬語をやめて話してみることも大切です。あなたが悩んでいるように、相手も「いつからタメ口が許される?」と悩んでいるかもしれません。ご紹介した方法で、2人の仲がグッと縮まるといいですね。

行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる