「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

婚活アプリの写真は自撮りNG?異性に好印象をあたえる写真とは

婚活アプリにどんな写真を登録すればいい?

最近、流行しているマッチングアプリは主に目的でカテゴライズされており、恋愛系のマッチングアプリは
「婚活アプリ」・・・結婚相手を探すことが目的
「恋活アプリ」・・・恋人を探すことが目的
「出会い系アプリ」・・・出会うことが目的
があります。それぞれの目的に合わせてアプリをつかってみてくださいね。

婚活アプリをチェックしたとき、最初に目に留まるのがプロフィール写真です。魅力的な写真を登録することで、より多くの異性とマッチングする可能性が高まります。

婚活アプリにはどのような写真を登録すればよいのでしょうか?マッチング率がアップする写真の特徴をチェックしましょう。

自撮りより他撮りがおすすめ

婚活アプリでは、自撮り写真はナルシストと思われてしまいがちです。一方で『他撮り』の写真は、自然体な人物像が伝わることで好印象を持たれる傾向があります。

気軽に投稿できるSNSとは異なり、婚活アプリの1枚目に登録する写真はお見合い写真と同じです。婚活に真剣であることを伝えるためにも、他撮りの写真を登録することをおすすめします。

他撮りの写真がない場合は、家族や友人など親しい人に撮影してもらうとリラックスした表情が出てよいでしょう。魅力的な表情を撮ることに長けている、プロのカメラマンに頼むのも一つの手段です。

一人で写っている自然体な写真がベスト

他人撮りの写真を載せる場合は、1人で写っている写真がベストです。自分以外の人が入り込んだ写真はどれが本人か分かりにくくなってしまい、異性と写る写真は遊び相手を探していると思われてしまいます。

趣味や好きなものを楽しむ姿にすると、共通点を持つ人の目に留まりやすくなり、メッセージや実際に会ったときの話題にもなるのでおすすめです。

 

自撮り写真しか用意できない場合

婚活アプリに登録したものの、自撮り写真しか用意できないこともあるかもしれません。

自撮り写真を登録するときのポイントを押さえて、マッチング率を高めましょう。

上半身がうつった笑顔の写真を選ぶ

婚活アプリ利用者のほとんどがスマホでアプリをチェックしています。小さな画面で見ることをふまえて、頭から胸あたりまでの上半身の写真を用意しておきましょう。

写真はオーバーに表情を作ったほうが魅力的に写ります。口角を思いっきり上げて、大胆に笑いましょう。緊張すると表情が硬くなってしまうため、お笑い番組を見たり、趣味を楽しんだりとリラックスできる環境で撮影するとグッドです。

セルフタイマー機能を活用しよう

自撮り写真は、撮影する角度から自分で撮影したことが丸わかりになってしまいます。スマホのセルフタイマー機能をつかうことで、他人に撮ってもらったような写真を演出するのも一つの手段です。

撮影するときは三脚をつかうとより自然な印象の写真を撮影できます。持っていない場合は、誰かに撮ってもらった写真に見える角度を探して、スマホをセットしましょう。

服装は清潔感を重視

婚活は結婚を前提として関係を築いていくため、誠実さやきちんとした印象を求める人が多い傾向があります。真剣に婚活に取り組んでいることをアピールするためにも、清潔感のある服装で撮影するのが無難でしょう。

カジュアルな服装より、フォーマルな服装のほうが好印象を与えられます。男子は襟付きのシャツ、女子はワンピースやシャツなどを選ぶと清潔感がアップします。

服装に気を配れない人は、他人にも気を配れない人という印象を与えてしまうかもしれません。服装のヨレや汚れ、髪型など細かいところもチェックしましょう。

背景にもこだわって

せっかく魅力的な表情の写真を撮影しても、背景がゴチャゴチャしていては台無しです。散らかった部屋や薄暗い場所では、写真に対する印象がネガティブになってしまいます。

反対に背景が整頓された部屋や美しい風景だと、印象はポジティブなものになるでしょう。自分の姿だけでなく背景にもしっかり気を配ることが大切です。

美しい風景や日光にあふれる野外で撮影したものにすると、明るいイメージを与えられます。

 

こんな自撮り写真はNG

自撮り写真は撮影の仕方によって好印象を与えられる一方で、悪印象を与えてしまうものもあります。

悪印象を与えてしまうNG自撮りはどのようなものでしょうか?撮影する前にチェックしましょう。

アプリで大幅に加工

今や自撮りは美顔アプリで行う人が増えていますが、アプリで過度に加工した写真は、信頼を損なってしまう可能性があります。

美顔アプリで撮影した写真は、スマホの写真アプリで撮影したものよりもきれいに写ることでしょう。しかし実際に会ったときに「写真と違う」と相手をがっかりさせてしまいかねません。

加工は控えて肌補正を弱めに設定するくらいに留めることが無難です。顔がはっきり見えなくなってしまうため、スタンプで顔を隠すことも避けましょう。

鏡越しで撮った写真

自撮りに慣れていない人は、鏡越しに撮影してしまいがちです。しかし鏡越しに撮影された写真は、不自然な印象やナルシストな印象を与えてしまいます。

また、目線が下向きになってしまうため、表情が暗く見えてしまうことがほとんどです。せっかくプロフィール写真に登録しても、表情が見えにくくなってしまうので鏡越し以外の方法で自撮りすることをおすすめします。

 

まとめ

婚活アプリに登録する写真は他撮りのものが望ましいですが、用意できない場合は自然に写っている自撮り写真でも問題ありません。

自撮りはナルシストな印象を与えてしまいがちです。セルフタイマーや三脚などを駆使して、ナチュラルな印象の写真を撮れるように工夫しましょう。

婚活アプリで出会うためにはプロフィール写真が重要です。すてきな写真を登録することで、よい出会いに巡りあえる可能性はぐんと高まるでしょう。

出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る