毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
ゆびきりをする男女

出会いのきっかけとしておすすめ!マッチングアプリ利用者の実情は?

最近よく耳にする「マッチングアプリ」という言葉。みなさんの周りにも使っている人がいるかもしれません。しかし、なかには本当に出会えるのか不安な人もいるはずです。本記事では、出会いの手段として注目されているマッチングアプリの実情を見ていきます。

出会いの手段はさまざま

並んで座る男女

そもそも、マッチングアプリのほかにも、出会いの場は探せばいくらでもありますよね。
まずは、20代男女におすすめできる出会いの方法をいくつか紹介しましょう。

職場・学校

ほぼ毎日通うことになる職場や学校は、最も長い時間を過ごす場所であり、それだけ出会いの数にも期待できます。
顔を合わせる頻度が必然的に高くなるので、仲が深まりやすい、お互いの仕事に対して理解を得やすい、予定を把握しやすいなど、多くのメリットがあります。

その反面で、もし周囲に関係がバレてしまうと気まずくなり、仕事に支障が出る可能性があります。同じコミュニティ内での恋愛は、1度こじれると面倒な事態に発展してしまうことも珍しくありません。
職場や学校で出会いを見つけたい人は、こういったリスクがあることを十分考慮しましょう。

出会いイベント

街コン、趣味コン、恋活パーティ、婚活パーティといったイベントは、出会いのない社会人におすすめです。
イベントによっては大規模なものもあり、1度に多くの人と出会って直接話せるのが最も大きなメリットでしょう。婚活パーティーなどは相手の本気度も高く、やり方次第ではすぐにデートに誘うこともできます。

デメリットとしては、男性の場合、参加に5000~8000円ほどかかってしまうことが挙げられます。金額のことを考えると、好みの人がいなかったからといって、何度も立て続けに参加するのは難しいかもしれません。
また、初対面の人といきなり会って話すことになるため、コミュニケーションが苦手な人だと何もできずに終わってしまうこともあります。

クラブ・バー

夜のクラブやバーは、若い男女から大人まで、さまざまな人との出会いが期待できる場所です。特にクラブは、音楽が好きな人どうしが集まって常に盛り上がっているため、初対面でも馴染みやすい雰囲気があることが魅力です。

ただ、真剣な出会いを見つけるためにこのような場所に来る人はあまり多くありません。もし仲良くなっても、真面目なお付き合いには発展せずに遊び相手で終わる可能性も高いでしょう。

友達からの紹介

共通の友達が異性を紹介してくれることもあります。
仲介人はお互いの性格や好みを熟知しているため、自分と相性の良い人を選んでくれる可能性が高いと言えます。ほかの出会い方と比べて、ある程度の信頼性が担保されるのです。

もちろん、定期的に誰かを紹介してもらえるわけではないため、出会いを安定して得るのは難しいです。「もし紹介してもらえたらラッキー」くらいの気持ちで気長に待ちましょう。

マッチングアプリ

冒頭に出てきたマッチングアプリの特筆すべきメリットは、効率の良さです。
出会いを探すために街に繰り出す必要がなく、スマホさえあれば空き時間にいくらでも相手を探せます。
住む場所、年齢、趣味などの情報を事前に知ることで、その後のコミュニケーションを円滑に行う助けにもなります。街コンや合コンなどとは異なり、メッセージである程度親交を深めてから会うため、人見知りの人にも優しい出会い方といえるでしょう。

また、コスパが良いのもマッチングアプリのメリットです。
ほとんどのアプリは基本無料、課金しても1ヶ月につき3000~4000円ほどで利用できます。その間はずっと出会いを探せると考えると、イベントに参加するよりはるかに安い費用で済みますよね。

 

出会いの手段としてマッチングアプリが人気

スマホを操作する手元

一昔前は危険で悪いイメージを持たれていた出会い系サイトですが、現在は進化した「マッチングアプリ」という形になったことで、市民権を得るようになりました。

しかし、未だにマッチングアプリを使ったことがなかったり、周りに使っている人がいないのでよくわからない…という声も聞きます。
マッチングアプリを取り巻く実情は、どうなっているのでしょうか。

恋活・婚活におけるマッチングアプリの利用度

株式会社マッチングエージェントが実施した、全国の20代~40代未婚男女1000人を対象とした恋活・婚活に関する調査で、以下のような結果が出ています。

「恋活・婚活のために利用したサービスはなにか」という質問に対して、最も多かった回答は「合コン・街コン」でした。その次に多かったのが「恋活・婚活パーティ」と「マッチングサービス」という回答です。

この調査結果から、恋活・婚活をしている人の約3人に1人がマッチングサービスを利用した経験があることが分かります。
マッチングアプリが真剣な出会いを見つける手段として一般的に認知されているといって良いでしょう。

マッチングアプリに対する意識の推移

株式会社マッチングエージェントは、マッチングアプリに対する意識の変化についても調査を行っています。

まず 「恋活・婚活のために、現在利用しているサービスを教えてください」という質問に対しては、マッチングサービスの利用割合が上昇していることを示す結果が出ました。
2017年12月と比べると、恋活・婚活をしていると答えた人のうち、マッチングアプリ・マッチングサイトなどのマッチングサービスを利用している人の割合が35.2%から44.0%へ、約10ポイント上昇しています。

また、マッチングサービスの利用意向度と、利用することに不安・抵抗感のある人数も変化したようです。
2017年12月と比較すると、マッチングサービスを利用したいという回答は2倍以上の30ポイント増加しました。マッチングサービスの利用意向度は前年から2倍以上にふくれあがったのです。また、マッチングサービスへの不安・抵抗感がないという人の割合も11.0%から31.6%と、約20ポイント増加しました。

では、利用者はマッチングサービスを選ぶときにどんな点を重視しているのでしょうか。
この質問に対しては、「サクラ・勧誘がない/少ないこと」「不適切な利用への監視体制」「運営会社の知名度」「免許証など公的証明書による年齢確認があること」などの安全性を指摘した回答が全体の3割を占める結果になりました。

そして、マッチングサービスを使ったきっかけとして最も多かったのが、「手軽に使えるから」という回答。
「SNS感覚で手軽に使える」「気軽に使える」などの理由以外にも、「日常で知り合えないタイプの人と知り合えそうだと思った」「自分と趣味や性格が合う人と知り合えそうだった」などの回答が挙がりました。
出会いの効率やスピードの速さよりも、マッチングサービスの気軽に使える点に魅力を感じて始めた人が多いようです。

これらのデータから、マッチングアプリを利用する意欲のある人が1年で大幅に増加し、それに伴ってサービスの利用者も増加していることがわかります。マッチングアプリへのマイナスイメージが払拭され、関心を持つ人が増えた、ということですね。
その理由としては、「気軽に使える」という回答が多く、時間や場所に縛られず、自分のペースで出会いを探せるという点が、現代の忙しい人たちにぴったりだったのかもしれません。

また、マッチングアプリを利用するうえで最も重視する点として「安全性」が挙げられました。会ったこともない初対面の異性とネットを通して知り合うため、特に女性はまっさきに気になるはず。
最近のマッチングアプリは、ユーザーが安心して使える監視体制を整えているものがほとんどなので、今後も利用者は拡大していくのではないでしょうか。

 

実際にお付き合いに発展したカップルの事例

マッチングアプリがきっかけで実際にお付き合いに至った男女は、いったいどのくらいいるのでしょうか。
実際の事例をいくつか紹介していきます。

職場で出会いがなくても年下彼氏ができる

桜を見るカップル

千葉県在住のMさん(27歳)は職場で全く出会いがなく、恋愛対象になる男性が身の周りにいませんでした。そのため、遊びや飲みに行く人を探すくらいの気持ちでタップルを始めたそうです。
飲むのが好きなMさんはお酒好きのコミュニティに入っていたのですが、同じコミュニティに入っていた男性からいいねをもらってマッチング。
Mさんは27歳、相手の男性は20歳で年下でしたが、そんな雰囲気は全くなかったそうで、落ち着いた雰囲気の彼に興味を持ち、Mさんのほうから飲みに誘い、マッチングしてから2週間ほどで初デートで飲みに行くことに。そこから一気に仲が深まった2人は、2回目のデートで男性から告白されて、付き合うことになったとのことです。

共通の趣味を持っていると、いっしょに楽しむことでお互いの距離を大きく縮めることができます。マッチングアプリには同じ趣味の人同士で交流できる場が設けられているので、積極的に利用してみましょう。

【体験談】職場は出会いゼロ。タップルで年下彼氏ができました!
2019.4.25

県境越しで結ばれた2人

寄り添うカップル

23歳女性のBさんも職場で出会いが全くなかったため、友達を作るような感覚でマッチングアプリの利用をはじめたといいます。
そんななか、ある男性が「いいかも」をくれたことでメッセージのやり取りがはじまったのですが、2人が住んでいたのは別の県。
すぐに会うことはできませんでしたが、電話をはじめたことがきっかけで意気投合し、マッチングしてから約2週間後に初デートをしたそうです。
実際に会ってみると話が盛り上がり、笑いも絶えない2人。男性からの真面目な告白に、大笑いながらオッケーしたとか。

遠距離恋愛と聞くと辛そうなイメージを持つかもしれませんが、距離の離れた人とも出会えるのもマッチングアプリのメリットです。普段の生活圏では出会えないような相手と気が合ってカップルになった、という人も決して珍しくありません。
近場の出会いばかりを探している人は、たまには遠方に目を向けてみるのも良いかもしれませんね。

【体験談】県境を飛び越えて、意気投合!二人で居ると笑ってばかり。
2019.1.22

6年間片想いしていた幼なじみと再会して婚約へ

並んでベンチに座るカップル

千葉県在住のMさん(23歳)は、なんと6年間片思いしていた幼なじみをマッチングアプリのなかで見つけたそうです。さぞかし驚いたことでしょう。
マッチングした2人は共通の話題に花を咲かせ、やり取りを開始してから約1週間後にデート。
数年ぶりの再会でとても緊張していたMさんですが、数回デートを重ねた後、かつて6年間片思いしていたことを打ち明けました。すると女性も、同じようにMさんを想ってくれていたらしく、その日に付き合う事になったそうです。
その後、結婚を前提に同棲をはじめたとか。

大手のマッチングアプリは全国で数百万人の男女が登録しているため、ごくまれにこのような偶然の再会もあるようですね。
どんな出会いがあるかわからないのが、マッチングアプリの楽しみの1つ。みなさんも、ささいなきっかけで素敵なひとと巡り会えるかもしれません。

【体験談】かつて6年間片想いしていた幼なじみと再会し恋愛へ。僕たち、婚約しました!
2018.9.10

 

マッチングアプリは「タップル」がおすすめ!

マグカップを持つ男女の手元

手軽に、それでいて真剣な出会いがほしい人におすすめなのが「タップル」です。

「タップル」は、毎月7200人に恋人ができている国内最大級のマッチングアプリです。累計マッチング数は1億人を突破しており、他のアプリと比べてマッチング率が高いという特徴があります。
また、20代の5人に1人が登録しているため、ユーザーの年齢層も若いです。真剣な恋人探しから気軽な遊び友達まで、幅広い出会いがあるでしょう。

「タップル」は、安全な出会いを保証するために、さまざまな面からユーザーを手厚く保護・管理しています。
メッセージをやりとりする際は、年齢確認のために身分証明書の提示が必須になり、未成年者の利用は絶対にできません。また、オペレーターが24時間365日にわたってユーザーの動向を監視し、悪質なユーザーや書き込みには迅速な対処をしています。

「タップル」には、マッチングした相手とのデートを支援する機能として「デートパス」があります。
40以上の店舗と提携しており、限定デートプランを半額で楽しめるお得な機能です。どれも初デートにふさわしい選りすぐりの場所で、詳細な情報も記載されているので店選びで失敗することはないでしょう。

 

まとめ

今や出会いの手段として一般的に受け入れられたマッチングアプリ。
以前はアプリへの不安や抵抗を感じる人も多かったものの、利用者は1年ほどで急増しています。
周りに出会いがない人や気軽な出会いがほしい人は、積極的にはじめてみましょう。

ストアバナー

開催期間:2019年8月15日〜8月31日
みんなといる時に見せる「オモテ」の姿と
恋人の前で見せる「ウラ」の姿には
どんなギャップがあるか診断してみよう!
edited by
Yoyogi
モテない学生時代でしたが、マッチングアプリをはじめて新しい自分を見つけました。出会いを求める皆さんに、マッチングアプリの魅力を伝えていきたい。
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる