タップル誕生
恋活・出会いをつなげるマッチングアプリ
ダウンロード

【体験談】マッチングアプリは恋愛のための筋トレ!美人リケジョ内山恵梨香さんが語るマッチングアプリのリアルな口コミ

21歳にして、マッチした数はなんと2,500人。その自身の経験から、マッチングアプリの使い方をブログにて公開している内山恵梨香さん。見た目・中身ともにとっても素敵な女子ですが、なぜマッチングアプリを始めようと思ったのでしょうか。

美人リケジョにマッチングアプリについてインタビュー

「マッチングアプリって、なんだか手が出せない…」
「登録はしてるけど、イマイチ使い方がわからない」
「マッチはしても、なかなか恋愛に繋がらない」

マッチングアプリに対して、こんな悩みを持っている人も少なくはないですよね。
そこで、マッチングアプリに精通している現役女子大生であり、FirstMake inc.のCEOでもある内山 恵梨香(うちやま えりか)さんにインタビュー。

内山恵梨香

内山 恵梨香(Erika Uchiyama)

理系大学に通う現役女子大生でありながら、起業家。数年前よりマッチングアプリを愛用しており、実体験に基づいた活用方法をSNS等で発信している。
twitter 

マッチングアプリの実態や効果的な使い方まで、実体験を混じえたリアルな目線でお話してもらいました。

マッチングアプリを始めたきっかけは友達の紹介

内山さんがマッチングアプリを始めたのは、友達から「イケメンばっかり登録してるからやってみなよ」と教えてもらったことがきっかけ。
理系大学に進学を決めていた内山さんは、大学では出会いが見込めないだろうと思い、始めてみたそうですが…。

内山恵梨香

「実際にやってみたら、本当にイケメンばっかりで驚きました。しかも、普段の生活じゃ知り合えないような大学の人とか、社会人とかたくさんいて」

中学時代からネットを使って遊んでいたという内山さん。ネットを使った出会いには特に抵抗がなく、すんなりと始められたそうです。

「マッチングアプリをやっている=モテない人」というのは、今や昔の話。内山さんいわく、「スクールカースト的に上位の男子とも知り合えた」とのこと。最初からかなり上の人と会うのはハードルが高いけれど、ひとつやふたつくらい上の人なら意外とマッチしやすいんだとか。

自分よりも上位にいるような人と会って話すようになると、考え方だったり、ルックスだったりも、自然とそのレベルに合っていきますそしてそれを繰り返しているうちに、気づいたらかなりレベルアップしていて。今まではただの理科大生で目立たない存在だったのに、大学隔たりなく男友達が増えて嬉しかったです」

自分のレベルアップのためにも一役買ってくれたというマッチングアプリ。
確かに、学校などの普段の生活だけでは、出会う人のタイプも限られてきますよね。一定層としか恋愛できないって人もいると思います。マッチングアプリなら、そんな現状を打破してくれ、なおかつ自分の成長にもなるのなら、恋愛の可能性はかなり高まるということ!ぜひ試してみたくなっちゃいますね。

かわいい子ほど使ってる?マッチングアプリを使っている女子の特徴

内山さんの周りの友達には、マッチングアプリを使っている女子がかなり多いそうですが、そんな女子たちにはある特徴があるんだとか。

内山恵梨香

「社交的な人ほど上手く活用しています。あと、大人数は厳しいけれどサシなら得意って人も。」

かなりシャイで、人と話すのが大の苦手…というような女子は少ないみたいですが、案外普通に出会いがありそうな女子でも、マッチングアプリを活用しているのだそう。
見た目にも気を使っていてかわいくて、皆友達も多いようです。

男子も「とにかく出会いが欲しい」って人が気軽に登録していて、イケメンで真面目な男子もたくさん。
とはいえ、写真だけでは本当に自分の好みの顔なのか、なかなかわかりにくいもの。
内山さんは、好みの顔を探すのではなく「自分的にナシだと思う部分がないかだけを見る」そうです。

「例えば、口が大きい人が嫌だ、とか一重の人は嫌だとか。”これだけは許せない”って部分は好みなので誰しもあると思います。それだけクリアしていればOK。とする。そうすれば、会う前に変なハードルを上げることもないですよね」

好みのタイプの顔の異性をじっくり探せるのも、マッチングアプリのメリット。ですが、会う前の判断材料は写真しかありません。「実際に会ってみたら理想と違かった」「写真と違う」なんてことはザラ。
つまり会う前の段階では、完全に自分の理想のタイプを見つけ出すのは不可能に近いのです。
会った時にがっかりしないためにも、容姿の要求項目は少なめに設定し、「ナシではない」程度でふるいにかけておくのが正解のようです。

今までマッチしたのは2,500人!中にはこんな人も…?

内山恵梨香

過去には2,500人とマッチし、50人とデートをしてきたという内山さん。中にはちょっと変わっていて面白い人との出会いもあるそうで…?

1日にラーメンを10杯食べたことのある、財務省官僚の男性と会ったことがあります。彼とは恋愛の関係ではないのですが、何回か会っていて。とにかくマインドがお金持ちで…。たくさんおごってもらったし、課題を見てもらったりしました。ただ、いつもご飯を食べに行った後に大盛りラーメンに付き合わされるのでつらいんですが(笑)」

マッチングアプリでは、恋愛対象としてだけでなく、友達のように仲良くなれる人と出会うことも多いそう。勉強や就職の相談にのってもらったり、恋愛だけにとどまらず多様な活用方法が期待できます。

「マッチングアプリで人を呼んで、30人規模の飲み会をしたこともある」なんて驚きのエピソードもありました!

ストアバナー

自分の見せ方が本当に大切!写真やプロフはこう作れ!

内山恵梨香

内山さんはマッチングアプリを使うとき、理想とする相手のターゲティングをすることが大事だと話します。

「私は、文系早大生・留年生・多浪生が大好き、とプロフに書いています。こうすると、文系早大生・留年生・多浪生はほぼ確実に連絡をくれますよ。稀にそれ以上のレベルの大学生も連絡をくれます。”東大ですけどダメですか?”とか」

ターゲティングというのは、マーケティング用語でもあります。ターゲット層を絞って売り出すことで、効果的にアプローチができるのですが、それをマッチングアプリにも活用。
実際自分がマッチしたいと思う男性像をはっきりと書いてしまうことで、それに当てはまる人がうまくあぶり出されて、マッチング率アップにつながるんだそうです。

また、プロフ写真については「加工しすぎはNG」なんだそう。

「最近は男子の目も肥えてきてるので、不自然な加工はすぐにバレてしまいます。それに、加工で顔を作り込みすぎるのは会った時のマイナスギャップを生む原因にも。ちょっと盛れたかな?ってくらいがちょうどいいですね」

肌を明るくするくらいの加工なら自然ですが、目を極端に大きくしたりアゴを細くするなどの加工は避けたほうが正解。やりすぎの加工は、たとえアプリ上でマッチしたとしても、リアルな恋愛にはつながりにくくなってしまうのです。

マッチングアプリに載せる写真のポイントや撮り方のコツとは!?
2018.10.17

普通の人が当たり前に使っているから安心して使って欲しい

マッチングアプリというと、どうしても「嘘を吐かれているのでは…?」「向こうは本気じゃないのでは?」と心配になってしまいますよね。たしかにネットで会った人と実際に会うのは勇気がいるもの。
ですが、内山さんは何の心配もいらないと言います。

内山恵梨香

「マッチングアプリのユーザーがこれだけ増えているということは、そこまで使いこなせている人は少ない。みんな初心者なんです。だから相手もドキドキしながらメッセージを送ってるということ。自分と同じって思って欲しい」

マッチングアプリの出会いが不安なのは、自分だけではありません。「騙されているんじゃないか…」「うまくいかないんじゃないか…」そう感じているのはお互い様。
「知らない人と会う」のではなく、「アプリを通して知り合いになった人と、会う」のですから、変に気負うのではなく、フランクに使ってみてもいいかもしれません。
それでも、どうしても合わない人はいるもの。内山さんもたまに失敗をすることもあるそうですが、それも経験だと思って前向きに考えているそう。

「20代前半の若いうちなら、ある程度までならどんな失敗をしてもいいと思います。笑い話になるから。そうしてどんどん自分の目を肥やして行って、最終的に素敵な男性を見つけてください!」

マッチングアプリは、恋愛のための筋トレ。いろんな人とメッセージをやりとして、時には実際に会って、恋愛力がなまらないように心がけているのだとか。内山さんにとってマッチングアプリは、トレーニングの一環なんですね。

最初は怖くて当然のマッチングアプリですが、使ってみたら意外と普通の恋愛と変わらないことに気がつきます。違うのは、出会う相手の幅が広がるってこと。ただ失敗を恐れるのではなく、内山さんのように経験を積んで、自分の成長につなげられるといいですよね。

ストアバナー
edited by
彩香
恋愛体質で、猪突猛進。しないで後悔よりして後悔。当たって砕けた数は知れないけれど、そんな経験のおかげで本当のモテ女子とは何か、恋はどうすれば成就させられるのか、客観視できるようになりました。
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
サービス利用に当たり、一部有料のコンテンツが含まれます。 パケット通信料はお客様のご負担となります。 docomo・au・SoftBankからアクセス可能です。 一部ご利用いただけない機種があります。
AppleおよびAppleロゴは米国その他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 App StoreはApple Inc.のサービスマークです。 GooglePlayおよびGooglePlayロゴは、Google LLC.の商標です。