「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2021.5.6

かっこよくなるには?外見や中身をどう変えればモテるのかチェック

かっこよくなりたいと思う瞬間

男性の立ち姿

男性はどのような瞬間に「かっこよくなるにはどうすればいい?」などと考えるのでしょうか。二つのケースを紹介します。

片思いをしているとき

誰かに片思い中の男性なら、「自分がかっこよかったら、すぐに告白できるのに…」と考えることもあるでしょう。

一般的に、容姿や仕草がかっこいい人は恋愛もスムーズに進展するように見えがちです。

「片思いに悩むこともなく、告白してもすんなりとOKをもらえるのではないか…」そんな期待から「かっこよくなりたい!」と思うケースです。

特に、相手が高嶺の花タイプの女性だった場合は、今の自分では不釣り合いに見えてきて「かっこよくなるにはどうしたらいいんだろう」という悩みも生じる場合もあるでしょう。

同性から見てもかっこいい男性を見たとき

男性でも、同性に憧れることは珍しくありません。自分の理想を具現化したような芸能人・著名人などを目にすると「かっこいいな」「自分もかっこよくなりたいな」などと思います。

憧れの男性芸能人のファッションやヘアスタイルをまねして、少しでも近づこうとする人は多いでしょう。

また、尊敬できる先輩や同僚などが身近にいる場合も、「かっこよくなりたい」という気持ちを刺激されるものです。

彼らの仕事ぶりや人に対する態度などを見て、「自分も誰かに憧れられる存在になりたい」などと考えます。

女性目線から見るかっこよさの正体

働く男性

女性が男性について「かっこいい」と言うときは「異性として」「恋愛対象として」というケースがほとんどです。

一般に、女性はどのような男性をかっこいいと思うのでしょうか?女性目線のかっこいい男性の特徴について紹介します。

きちんと仕事ができる

仕事ができない男性と仕事ができる男性なら、女性からの人気が高いのは仕事ができる男性です。

容姿に関係なく、男性が仕事をバリバリこなす姿を「かっこいい」と評する女性は少なくありません。

基本的に仕事ができる人は、バイタリティーがあって時間の使い方がうまく、コミュニケーション能力も高めです。

仕事ができることを自負しているためか自信にあふれている人が多く、どんなときも堂々としています。

頼りがいがあって男らしい様子は、女性の目から見るととても印象がよいのです。

自分の考え、スタイルがある

物事に対して自分なりの考えやスタイルで対処できる男性は、いちいち他人の意見に反応しません。

芯の強さを感じさせる男性の様子に「男らしい」「かっこいい」と言う女性は多いでしょう。

自分の考えやスタイルがない男性は、人の意見に流されがちです。簡単に意見を変える態度は頼りなく、女性からは「いい加減な人…」などと敬遠されてしまいます。

女性が何かに悩んだとき「アドバイスがほしい」と思うのは、やはり自分の考えやスタイルがある男性です。

包容力、余裕がある

人のミスに寛容だったりどんなことでも笑い飛ばせたりする男性は、包容力や余裕を感じさせます。

頼りがいのある様子はお父さんのようで「そばにいるだけで安心する」と感じる女性も少なくありません。

常に冷静に物事を俯瞰する様子は、女性のイメージする「かっこいい男性」そのものといえるでしょう。

一般に、包容力や余裕がある男性は、精神が安定しているものです。

ささいなことにイライラしたり慌てたりすることがなく、周囲の人から頼りにされることも多くなります。

かっこよくなるには?外見編

スーツの男性

人は見た目が全てではありませんが、見た目の印象がその人の印象を決めてしまうことがあります。

「かっこいい」と言われる人を目指すなら、少なくとも人に悪印象を持たれない外見を保ちましょう。

かっこいいと言われたい人が注意すべき、外見のポイントを紹介します。

頭から爪先まで清潔感を大切に

清潔感を出すには「毎日入浴して清潔にさえすればよい」というわけではありません。女性から見たときに「清潔そうに見えるか」が重要です。

例えば、髪がボサボサだったり肌が荒れて吹き出物がたくさんできていたりすると、清潔感が薄くなります。

特に男性は、ヒゲの剃り残しがあったりムダ毛処理が甘かったりすると「清潔感がない」と言われることもあるでしょう。

このほか、服にしわ・シミ・汚れなどがないこと、だらしない服装をしないことも重要です。

清潔感を測るときのポイントは、見る人を不快にさせないかどうかです。外に出る前に頭から爪先までをしっかりチェックして、全身をさっぱりと整えましょう。

筋トレ・スポーツで体を引き締める

引き締まった体形も、かっこよさを構成する要素の一つです。

適度な筋トレやスポーツを習慣化して筋肉を付ければ、男性らしくバランスのよい体形となります。

女性はもちろん男性からも好印象で「かっこいい」と言われる機会が増えれば、その言葉がさらなるモチベーションにつながるでしょう。

また、引き締まった体を維持している人は、普段の食生活や生活習慣に気を配っています。

楽な方に流されず、きちんと自己管理できる人という印象を持たれやすく、これも「かっこいい」という評価につながります。

香りにもこだわって

どんなに外見を整えても、口臭や体臭がきついと魅力が半減してしまいます。外に出るときは自身の臭いチェックもきちんと行うことが必須です。

特に、汗をかきやすい季節は、通勤だけで汗だくになる人もいるのではないでしょうか?

着替えを用意しておいたりボディシートで汗を拭いたりして、小まめに対策を取る必要があります。

また、より好印象なかっこよさを狙うなら、よい香りをまとうことも大切です。臭い対策をした後に、香水を付けるのもよいでしょう。

かっこよくなるには?内面編

振り向く男性

外見を整えるのは非常に重要ですが、それだけでは本当にかっこいい人にはなれません。

自分の日々の態度や思考方法を見つめ直し、内面も「かっこいい」と言われる方向へシフトチェンジしていきましょう。

かっこよくなるために必要な、内面のポイントを紹介します。

お礼・謝罪は素直に口にする

かっこいい人は、周囲にきちんと気を配れます。

何かをしてもらったら「ありがとう」を言いますし、ミスしてしまったときは言い訳をせず「ごめんなさい」と口にします。

感謝の気持ちを忘れない態度や他人のせいにしない潔さは印象がよく、周囲の人からも高く評価されるでしょう。

必要なときにお礼や謝罪を言えない人は、「何かしてもらってあたりまえ」「自分が悪いわけではない」という気持ちが表に現われてしまうものです。

「自分勝手」「傲慢」などのイメージを持たれやすく、かっこいいとは評されにくいでしょう。

ネガティブなことは言わない

常に明るく前向きなのも、かっこいい人に多く見られる特徴です。

会話中に愚痴や悪口はほとんど登場しないため、話していて不快に感じることがありません。

常にエネルギッシュで楽しそうな様子は周囲の人をも明るい気分にし、女性からも「もっと話したい」「かっこいいな」と思わせてくれます。

一方、ネガティブなことばかり言う人は、「でも」「だって」などの言葉が多めで、話していてもよい気分になりません。

周囲の人は「この人とは距離を置こう」と思い、たとえ外見がイケメンだったとしても、「かっこいい人」とは言われないでしょう。

かっこいい人と交流して考え方を知る

「かっこよくなるには内面が重要だけれど、どのように自分を変えていけばよいか分からない」という人は、あなたの回りのかっこいい人に注目してみましょう。

かっこいい人のそばに行き、彼の心理や考え方、さらには周囲の反応を研究するのです。そうすれば、「かっこいい人はなぜかっこいいと言われるのか」が理解しやすくなります。

その中で「自分でもまねできそう」と思うものがあれば、積極的に取り入れます。

かっこいい人を自分なりの解釈でトレースすることで、あなたらしさを失わずに「かっこいい」と言われる人になれるでしょう。

まとめ

かっこいい人とは、ただルックスやスタイルがよい人ではありません。人として内面の部分が安定していることが重要で、常に周囲によい影響を与えられる人が「かっこいい」と評されます。

現在「かっこよくなるにはどうしたらいいんだろう」と悩んでいる人は、まず清潔感のある外見や明るくポジティブな思考を心掛けましょう。

周囲に気を配りながらバリバリと仕事をこなしたり、私生活を充実させたりしていけば、かっこいいと言われることは難しくありません。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る