「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
花束を持って告白する男性
2021.5.6

好きな人に告白される方法はある?言動とLINEのコツ、おまじないも

告白するよりされる方がよい?

花束を持って告白する男性

好きな人とデートをする関係でも、正式に恋人同士になるためには「好きです」の一言が必要です。このとき告白をする・される、どちらがよいのか悩む人もいるでしょう。

告白されたい派としたい派の意見をそれぞれチェックしてみましょう。

告白されたい派の意見

告白されたい派からは、主に次のような意見が見られました。

  • 自分で言うのは恥ずかしいから告白してほしい
  • 追い掛けるよりも追い掛けられたい
  • 告白されて付き合った方が、その後余裕が持てる

女性は告白されたい派が多い傾向で、「告白は男性がするもの」と考える人が少なくありません。

自分の思いを堂々と告げる男性は男らしく、引っ張っていってくれるイメージがあり、「付き合うときは男性にリードされたい」と考える女性にとっては、男性側から告白してもらうことに大きな意味があるのです。

また、男女問わず「告白が恥ずかしい」という人もいます。特に恋愛の場数を踏んでいない人にとって、告白はかなりハードルが高いミッションです。

相手に気持ちを伝える勇気が持てず「向こうが告白してくれないかな」と考えています。

告白したい派の意見

一方、告白したい派には、次のような意見が見られます。

  • 好きな気持ちを自分の言葉で伝えたい
  • 好きになったら黙っていられない
  • 相手の性格を考えると、自分から言うしかない

告白したい派は、男性に多い傾向です。男性もやはり「告白は男性がするもの」というイメージを持つ人が多く、好きになった人には自分から気持ちを伝えたいと考えます。

また、恋に積極的な人は「相手からの告白を待っていられない」と考えます。相手の告白を期待するよりも、自分の好きなタイミング・シチュエーションで相手に「好き」と言いたいのです。

このほか「相手が自分よりもずっとシャイ」「相手は絶対に告白しないタイプ」などの場合も「自分から告白しなければ」と考えます。

好きな人に告白される方法「言動編」

見つめ合うカップル

「自分はやっぱり、告白されたい派!」と思ったあなたは、相手から告白してもらえるよう行動を開始しましょう。

まずは相手に告白を促したいときにおすすめの「言動」について紹介します。

相手に好意を匂わせる

「一緒にいるとすごく楽しい」「○○が恋人だったらいいのに」…、異性からこのように言われば、たいていの人はドキッとします。

「自分に気があるのかな?」と思えば、「告白してみようかな」という後押しになります。

誰でも「フラれるかも…」という不安が大きいうちは、そう簡単に告白に踏み切れないものです。相手から告白してほしいなら、まずは「絶対フラれるわけがない」という確信を与えるとよいでしょう。

「かっこいいね」「かわいいね」と褒めてみたり「特別だよ」「みんなには内緒ね」などと特別感を出してみたり…、好意を伝える言い方はさまざまあります。

日々のやりとりで褒め言葉を小出しにして、相手に告白への自信を高めてもらいましょう。

告白されたい派だと伝える

相手がシャイだったりプライドが高そうだったりする場合、ただ待っていても恋の進展は望めません。

「自分からは告白できないタイプなんだ」「どれだけ好きでも告白するのは恥ずかしい」などと口に出し、暗に「あなたから告白してください」と伝えましょう。

ただしこの場合、相手にあなたからの好意を確信させることが必須です。

「好かれているのか好かれていないか分からない」という状態では、相手も告白に踏み切れません。

告白ウェルカムな雰囲気をしっかりと作り、相手の背中を押しましょう。

軽く焦らせることも有効

「この前の合コンで知り合った人に、2人で映画に行こうって言われたんだ」「道を歩いてたらいきなり連絡先を聞かれたんだけど、いわゆる肉食系ってこうなのかな」など、軽い報告のような感じで、ほかの異性の話を持ち出してみましょう。

相手があなたの話す異性に嫉妬を感じた場合、「このままだとほかの人のところに行ってしまうかも」という焦りから告白を決意する可能性も期待できます。

付き合っているのかいないのかよく分からない状態を打開するきっかけとなるでしょう。

好きな人に告白される方法「LINE編」

スマホを持つ女性の手

相手とLINEをしているのなら、LINEをつかった恋の駆け引きもおすすめです。

LINEなら時間・場所を問わず相手とつながりやすく、やりとりが盛り上がったタイミングで告白される可能性もあります。

LINEで告白を促す方法を見ていきましょう。

LINEで恋の話を振ってみる

顔の見えないLINEなら、普段口にしない話もしやすくなるのではないでしょうか?やりとりが盛り上がってきたら、「ところで今、好きな人っているの?」「どんなタイプが好き?」などと恋バナを振ってみましょう。

不意にこのような質問をされれば、ドキッとする人は少なくありません。

「好きな人を聞いてくる=自分に気がある」などと考える人も多いため、「今が告白のチャンス!」と思う人もいるでしょう。

特に、普段から「好き」をアピールしている人ほど、この駆け引きが有効です。「実はずっと好きだったんだ」、何気ない恋バナから一気に告白の流れになる可能性もあるでしょう。

相手を褒める

相手について褒められるポイントを見つけたら、積極的に「○○さんはいつも仕事を頑張っていてすごい」「尊敬する」などのメッセージを送りましょう。

褒め言葉を不快に感じる人はいないため、相手も素直に「うれしい」と思ってくれるでしょう。

褒めるときのコツは、褒め言葉の始めに名前をつけたり具体的なシーンを書いたりして「自分だけを褒めてくれる」と相手に思わせることです。

ちょっとした変化やささいな出来事を褒めれば、相手は「こんなことまで気づいてくれるんだ」とうれしく思います。

褒め続ければ必然的に相手からの好感度は高くなり、会話の流れから何となく告白に…、ということもあり得るでしょう。

トークだけではなく電話もする

メッセージのみのやりとりをするよりも、時には電話で声のやりとりをするのがおすすめです。

声が聞こえれば、お互いをより身近に感じられます。文字だけのやりとりよりも親近感を覚えやすく、親密度がアップしやすいのです。

また電話なら、声のトーンや返事の間などから、相手がどのようなことを考えているか読みやすくなります。

恋愛トークの雰囲気を盛り上げやすく、告白されやすいシチュエーションを作ることも難しくはありません。

顔を付き合わせないぶんお互いに緊張しにくく、相手も「好き」を言いやすくなります。

好きな人に告白される「おまじない編」

赤いハート

好きな人からの告白を期待していろいろと手を尽くしても告白されないときは、おまじないの力に頼ってみてはいかがでしょうか。

好きな人に告白されたい人にぴったりのおまじないを紹介します。

リップクリームをつかったおまじない

まずは新しいリップクリームを用意して、多めに繰り出します。側面に好きな人のイニシャルを書いてハートで囲いましょう。

その後リップクリームを元に戻したら、いつも通りつかいます。リップクリームがなくなる頃には、意中の人の口から「好きです」の一言が飛び出すかもしれません。

「イニシャルは人に見られないようにする」「唇にしかつかわない」の2点に注意して、実践してみましょう。

ワイルドストロベリーのおまじない

ワイルドストロベリーは、恋をかなえる力があると信じられている植物です。枯らさずにきちんと花や実がなるまでお世話すると、運命の恋人と結ばれるともいわれています。

栄養のある培養土を用意して、日当たりのよい場所に植えましょう。種から育てるのは大変なので、株分けしてもらった苗から大きくしていくのがおすすめです。

告白を遠ざける?NGな言動とは

本を読む女性

好きな人に告白されるためには、あなたも告白される準備をしておく必要があります。

相手の気持ちを「告白したい」というレベルにまで高められるよう、相手のテンションを下げるような言動は慎みましょう。

告白されたい人が避けるべき、NGな言動を紹介します。

恥ずかしくて興味ないふりをする

好きな人に告白されたいなら「告白されたい」という気持ちを積極的に表に出すべきです。

恥ずかしいからといってクールに振る舞ったり、興味のないふりをしたりするのは避けましょう。

あなたが気のないそぶりやノリの悪い態度を見せると、相手のテンションは下がってしまいます。

「この人は自分には興味がないんだな」と受け取られ、告白を決意してもらうのは難しくなるでしょう。

上から目線・お高くとまる

「軽く見られたくない」という意識から、きつめの口調になったり相手の価値観を否定したりしていませんか?

このような態度を取ると、相手は「見下されている」と感じて、距離を取りたくなってしまいます。いくら告白されるのを待っても、実現は難しいでしょう。

本人にその気がなくても、「きちんとした態度で接しなければ」「変なことを言ってしまわないように冷静な態度を取ろう」と気合いを入れ過ぎる人は、高飛車な印象になりがちで、相手にネガティブな印象を与えます。

「自分はそんなつもりはないけれど、なんだか不安」という場合は、周囲の人にあなたの印象を聞いてみましょう。

「高飛車な雰囲気がある」などと言われた場合は、相手との接し方について考え直す必要があります。

過去の恋愛を暴露し過ぎる

これから関係を深めたい相手とは、過去の恋愛について詳細に語るのはやめましょう。告白に向けて高まっていた相手のテンションを一気に下げてしまうおそれがあります。

過去の恋愛話は、非常にデリケートでプライベートなものです。それを付き合っていない段階でグッと踏み込んで話されてしまうと、相手は困惑してしまいます。

特に元カレ・元カノの悪口や愚痴などを言うのは印象が悪いので、絶対に避けましょう。

まとめ

たいていの人は、「成功率が高まってから告白したい」と考えます。好きな人に告白されるためには、さり気ない言動の中に「好き」を匂わせることが大切です。

ストレートに「好き」という言葉をつかわなくても、相手に好意を感じさせることは難しくありません。普段の言動やLINEでのやりとりで、あなたの好意をアピールしましょう。

あなたのアピールによって相手の気持ちが高まれば、相手もスムーズに告白してくれます。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る