「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ハート 押しつけの男性
2021.3.30

都合のよい女を卒業して幸せになる!実践したい具体的な方法を確認

都合のよい女ってどんな人?

ハート 押しつけの男性

そもそも都合のよい女とはどのような人なのでしょうか?主な特徴をチェックして、自分に当てはまっているかどうか確認してみましょう。

男性の言いなりになってしまう

一般的に都合のよい女は、男性の言いなりになってしまう女性を指します。よくあるパターンが、男性が必要なときだけ呼び出されることです。

「会いたい」「今から家に来てよ」という男性からの要望に対して、時間や自分の都合を考えず、一言返事でOKを返してしまいます。

たとえ呼び出された理由が寂しさの埋め合わせや性的な欲求であったとしても、「必要とされているなら応えたい」と受け入れてしまうのです。

結果として対等な関係を築けず、正式な恋人ポジションを得られません。不満や寂しさを感じながらも「それでも一緒にいられるなら…」と今の関係性に甘んじてしまうのです。

すぐに体を許す

男性に求められるまますぐに体を許してしまうことも、都合のよい女の代表的な特徴です。

男性は努力して手に入れた女性のことは特別視します。苦労して口説き、付き合いに発展したのなら、その女性をまるでお姫様のように大切に扱うものです。

一方、簡単に手に入った女性に対しては、価値を見出せない傾向があります。欲を満たしたいときにだけ会える存在としては大切にされるかもしれませんが、本命女性のような丁寧な扱いを受けることはほとんどないでしょう。

特に、女性側が都合のよい扱いに納得している場合、相手がその気のタイミング以外は、連絡がとれない・会ってもらえないなど雑な扱いを受けることも多いでしょう。

彼に大事にされていない

都合のよい女性は男性側に大事にされません。女性側がどれだけ気持ちを寄せていたとしても、男性から同じ気持ちが返ってくることはないでしょう。

また、約束を簡単に破られる・連絡を無視される・自分の意見を聞いてもらえないことも少なくありません。

都合のよい女性が大事にされないのは、男性にとって便利な存在ではあるものの、本命女性のように愛情を注ぐ存在ではないからです。

一度大切にしなくてもよいと思われた関係は、そう簡単には変わりません。彼との関係に虚しさを覚えるなら、あなた自身が変わる必要があるでしょう。

都合のよい女になりやすい人とは

抱き合う男女

都合のよい存在として雑に扱われる女性がいる一方で、本命として大事に扱われる女性もたくさんいます。

どうして都合よく扱われてしまうのでしょうか?都合のよい女になりやすい人の特徴を知り、本命女性に変わるきっかけを模索しましょう。

自分に自信がない人

自分に自信がない人は、どれだけ雑な扱いを受けようと「自分が必要とされている」という事実に喜びを感じてしまいます。

このタイプの女性は、恋愛に依存しやすく、男性に嫌われないために自分の意見を押し殺したり、自分の全てを男性に委ねてしまったりするうちに、都合のよい存在として扱われてしまうことが多いです。

また、自信のなさ故に受け身になりやすいタイプの人もいます。このタイプは自分から「NO」を突き付けることが苦手で、流されるままに都合のよい関係を築いてしまうことが多いでしょう。

人に尽くすのが好きな人

都合のよい女になりやすい人の特徴として、人に尽くすことが好きな性格も挙げられます。

相手の家でご飯を作ったり掃除をしたり、時には求められるがままに性的な奉仕をしたりと、彼に対してとことん尽くしてしまうのです。

女性としては「好きでいてほしいから」「好きだから何でもしてあげたい」というポジティブな気持ちが原動力かもしれません。

しかし、男性としては、自分から優しくしなくても尽くしてくれる存在は、この上なく都合のよい存在といえます。

人によっては、「お母さん」や「お手伝いさん」のように思われていることもあるかもしれません。

寂しがり屋な人

「1人で過ごすのは嫌」「誰かが側にいてほしい」という寂しがり屋な人も、都合のよい女になりやすいといえるでしょう。

女性を都合よく扱う男性からすると、寂しさは付け入りやすい弱みです。連絡をすれば簡単に会える上、優しくすればコロリと落とせると思われています。

女性によっては、「それでも寂しさを埋められるならいい…」と思うかもしれませんが、都合のよいポジションは、さらなる寂しさを呼ぶだけです。

一時の寂しさは忘れられたとしても、すぐにまた別の寂しさを味わうことになるでしょう。

都合のよい女と本命の違い 態度編

時間を気にする男性

男性の中には、本命の女性と都合のよい女性を、明確に区別している人がいます。ここでは、男性の態度の違いにフォーカスを当てて見ていきましょう。

会う時間の長さ

男性が女性につかう時間の長さは、本気か遊びかを見極めるポイントです。

本命の女性であれば、男性が積極的に時間を作り会おうとします。1日かけてのデートや旅行など、時間だけではなく手間とお金もかけるでしょう。

都合のよい女性の場合は、自分の都合のよいタイミングでしか会おうとせず、会っても短時間で済ませることがほとんどです。

また、基本的には欲求を満たす目的で会おうとするため、夜や深夜にだけ連絡が来ることが多いでしょう。

昼間に「会いたい」「ご飯に行くデートがしたい」と希望して、断られてしまう場合は、都合よくキープされているかもしれません。

変化に気づいてもらえない

見た目の変化に気づいてもらえるかどうかでも、男性の気持ちを知れます。

男性は本命の女性は注意深く観察するものです。髪型や服装の変化はもちろんのこと、表情や気分のようなささいな変化にもいち早く気づきます。

反対に、都合よく扱っている女性に対しては、本命に向けるほどの関心がありません。自分自身が楽しむことしか考えていないため、女性の状態に関してはさほど興味がないのです。

髪型の変化のような目に見える変化にさえ気づかれないようであれば、男性に都合よく扱われているサインといえるでしょう。

家族や友人を紹介してくれない

家族や友人に紹介してもらえるかどうかもチェックポイントの一つです。

結婚も視野に入れて付き合う本命の女性は、大事な存在だからこそ、家族や友人に紹介されるパターンが多いといえます。

必ずしも直接紹介されるとは限りませんが「付き合っている女性がいる」ことは彼の口を通して伝えられるでしょう。

反対に、将来を考えることがない都合のよい女性の場合は、友人や家族に紹介されることはありません。

むしろ、存在がバレると自分の評判が落ちると考え、徹底的に存在を隠されることが多いでしょう。

長く付き合っているのに誰にも紹介されない・紹介を断られる場合は要注意です。

都合のよい女と本命の違い 行動編

連絡する男性

自分が彼にとってどのような存在か迷ったときは、彼の行動をチェックしてみましょう。都合のよい女性と本命の女性に対する行動の違いを紹介します。

連絡の頻度が少ない

最初にチェックしたいポイントが連絡頻度です。

本命の女性であれば、男性の方から「今日はこんなことがあった」「○○はどうだった?」のように小まめに連絡してきます。

日常のささいな出来事を共有してくるだけでなく、女性の近況や健康状態にも強い興味を示してくるでしょう。

都合のよい女性の場合は、基本的に用事があるとき・男性が会いたいと感じたタイミングでしか連絡してくることはありません。

こちら側から連絡をしたとしても、「忙しい」「用もないなら連絡するな」と連絡を面倒に思われるほか、そもそも返信すらもらえないこともあるでしょう。

イベント時のデートがない

誕生日や記念日、クリスマスのようなイベント時のデートがあるかどうかは、本命とそうでない関係を見極めやすいポイントです。

本命の女性の場合は、イベント時は必ずデートをします。女性側の希望をかなえたり、できる限り喜んでもらえるように工夫を凝らしたりと、思い出に残るデートを実現しようとするでしょう。

都合のよい女性の場合は、基本的に本命の彼女のお祝いをしているため、「予定が合わない」「仕事が忙しい」と体よく断られるケースが多いです。

また、手軽に会える関係性を求めているため、外で会うようなデートは珍しく、基本的にはどちらかの自宅で会うことがほとんどでしょう。

肉体関係をすぐ持ちかけられる

どのタイミングで肉体関係を持ちかけられるかも、見極めポイントです。

本命女性に対しては「嫌われたくない」「理解のある男性だと思われたい」という気持ちが働き、すぐに手を出すことはありません。

女性の気持ちを尊重して、相手からのOKサインがもらえるまでは、付き合ってから数カ月たっても健全な関係を築き続けることもあるでしょう。

都合のよい女性の場合は、最初から欲求を満たす存在だと考えているため、簡単に手を出してくる可能性が大です。

日中に遊ぶようなデートは一切なく、会う度に肉体関係だけを求められることがほとんどでしょう。

都合のよい女を卒業する方法 心構え編

気合を入れる女性

何かを変えるためには、強い気持ちを持つことが大事です。都合のよい女性を卒業するために、まずは心構えをしておきましょう。

彼に嫌われる勇気を持つ

心から都合のよい女性を卒業したいと思うのであれば、まずは彼に嫌われる勇気を持つことです。

「嫌われたくない」「必要とされていたい」という気持ちのままでは、彼に対して強く出ることができず、関係性を変えることは難しいでしょう。

男性は自分の言いなりになる女性よりも、少しわがままに振る舞う女性の方に、興味を示す傾向があります。

「わがままになんてなったら関係が終わる」と不安に思うかもしれませんが、この程度で離れるような男性であれば、遅かれ早かれ関係は終わっていたはずです。勇気を出して自分を変えてみましょう。

男性はたくさんいることに目を向ける

「わたしにはこの人しかいない」と視野が狭くなっていませんか?

世の中にはたくさん男性がおり、その中にはあなたのことを本命として大切にしてくれる男性もいることでしょう。

今はほかの男性に目を向ける気にはならないかもしれません。しかし、「世の中には彼以外の男性もいる」ことを改めて理解するだけで、気持ちが楽になるはずです。

一途に彼を思えることはすてきなことですが、都合のよい女扱いする男性からすると、軽く見られてしまうポイントでもあります。

「俺以外の男性のところに行かない」と彼に思われているようであれば、「あなただけを特別視しているワケではない」ことを示してみましょう。

あなたが離れていくと知れば、彼も焦って態度を改めるかもしれません。

自分を幸せにする気持ちが大切!

何よりも大切なマインドが、自分で自分を幸せにする気持ちです。

都合のよい女になってしまう人は、相手の幸せを優先してしまう傾向があります。「彼に求められているから」「彼が寂しそうだから」と相手を思いやるばかりで、自分の幸せや気持ちをおろそかにしてしまいがちです。

しかし、恋愛は本来なら自分を幸せにするものです。彼と一緒にいて自分の幸せを感じられない・楽しいと感じるときがないのであれば、これから先の時間を共有しても状況は変わらない可能性が高いでしょう。

彼との関係を続けながらも、「この人は変わらない」と感じるのであれば、関係を終わらせる勇気を持つことも必要なことかもしれません。

都合のよい女を卒業する方法 行動編

突然の連絡 スマホ

心構えの次は、行動を変えるステップです。幸せな恋愛をするためにも、普段の行動を少しずつ変えていきましょう。

急な呼び出しには応じない

「今から会えない?」「お前の家に行ってもいい?」といった彼からの急な呼び出しには応じないようにしましょう。

事前に連絡もなく呼び出してくるのは、あなたの気持ちを無視した行為です。彼は自分のことしか考えていない上に、「急に誘ってもこいつなら答えてくれる」とあなたのことを軽く見ているのでしょう。

前もって約束をしてこない限りは、「今日は予定があるから」「今、友達が遊びに来ている」など、理由をつけて断るのが得策といえます。

時には「お前しか頼れる人がいない」などと甘い言葉で誘惑してくるかもしれませんが、気持ちを強く持って断ることが、都合のよい女性を卒業する第一歩です。

体の関係を絶つ

彼との関係性を変えたいのであれば、体の関係を絶つことも重要です。

ズルズルと体の関係を続けているままでは、たとえ彼からの呼び出しを断ったとしても、都合のよい関係からの脱却は望めません。

何よりもあなた自身の気持ちが満たされず、「このままでいいのかな」「愛されていないようでつらい」と感じてしまうはずです。

自分の気持ちを救うためにも、彼の家に行かない・夜遅くまで会わない・自分の家に泊まらせないなど、体の関係を持たないための対策をしましょう。

最終的には連絡先を消す

「もう彼との関係に期待できない」と感じるのであれば、思い切って連絡先を消すことが最善です。

連絡がとれなくなれば、彼と会うこともなくなりますし、彼との関係に悩み続ける必要もなくなります。

これまで彼のためにつかっていた時間やエネルギーを、自分のためにつかえるのです。

興味があった趣味にチャレンジする・自分が好きなファッションを追求する・新しい恋に向けて動き出すなど、さまざまな未来が開けるでしょう。

そして、彼と会わない時間を過ごすことで、「どうしてこんな人のために頑張っていたんだろう」と目が覚める感覚を味わうはずです。

そもそも都合のよい女にならない方法

横並びの女性

彼との関係を卒業できたとしても、新しい恋人との間で都合のよい関係になってしまっては、再びつらい思いをしてしまいます。

都合のよい女にならないためには、三つのポイントを抑えることが大切です。幸せな恋愛を楽しむためにも詳しく見ていきましょう。

意思表示はしっかりと

自分の意思表示をしっかりすることが、都合のよい女にならないために必要なことです。

女性を都合よく扱おうとする男性は、自分の言うことを聞いてくれる・自己主張が少ない女性をターゲットにする傾向があります。

反対に、簡単に言うことを聞いてくれない・自分の意志をハッキリ伝える女性は、「都合よく扱えそうもない」と離れていくものです。

そのため、自分の意志を伝えることは、相手の男性があなたの意見を尊重してくれるか否かの見極めとしても役立ちます。

「嫌なことは嫌と断る」「少しでも疑問を感じたら相談する」など、自分の気持ちを明確に伝えたときの男性の態度を注意深く観察しておきましょう。

好きアピールは最小限に

好きな気持ちを相手に伝えることは大切ですが、付き合いに発展する前に好意が丸見えになってしまうのはNGです。

女性を都合よく扱う男性は、「俺のこと好きなんだな」と確信した女性に対して強気な態度をとります。

付き合う気がないのに体を求めたり、自分の気分でいい加減に接したりと、断られないのをよいことに女性の好意を利用してくるのです。

対等な関係を築くためには、好意は小出しにするようにしましょう。男性は、少しミステリアスなくらいの女性に強く惹かれる傾向があります。

「好きなの」と分かりやすくアプローチするのではなく、連絡する頻度や普段の態度などでさり気なく好きな気持ちをアプローチするようにしましょう。

相手の都合ばかり優先しない

都合のよい女性にならないためには、相手の都合ばかりを優先しないことも意識的に改善したいポイントの一つです。

物分かりがよすぎる女性は、「何でも言うことを聞いてくれる子」「どんなわがままでも認めてくれる」と男性に軽く見られてしまいます。

あなたにとっては「よい女アピール」のつもりでも、男性にとっては「都合のよい女のサイン」として受け取られてしまうことがほとんどです。

基本的には相手との時間を大切にしながらも、自分の都合や自分のための時間を楽しむことも忘れないようにしましょう。

まとめ

都合のよい女から卒業するためには、何よりも「自分自身を大切にする」気持ちを持つことが必要です。

自分の存在が軽く扱われていると感じたら、潔く離れる決意をする・関係を変える努力をする・彼の言いなりにならないなど、「どうすれば自分が幸せだと思えるか」を最優先に考えるようにしましょう。

自分を大切にしていれば、同じようにあなたのことを大切にしてくれる男性が現れるはずです。彼との関係ばかりに固執せず、広い視野を持つことも忘れないようにしましょう。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る