「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
うずくまる女性
2021.3.30

好きな人への片思いがつらい…。振り向かせる方法と諦めるべきライン

片思いがつらいと感じる理由

うずくまる女性

誰かに恋をしていると、楽しさと同時に今までに体験したことのない苦しい気持ちに見舞われることがあります。なぜ片思いは楽しいだけではないのでしょうか?

好きな人を見る度に「つらい…」と感じてしまう理由について考えてみましょう。

「振られるかも」と考えてしまう

片思いをしている身にとっては、振られることが恐怖です。今までの思いが無駄になってしまう気がする上、面と向かって「NO」と言われたら、もう相手を思い続けることもできません。

「告白して片思いに終止符を打ちたい」と思っても、「振られたらどうしよう…」とつらくなってしまいます。

基本的に、よほど自信家の人でない限り、片思い中は思考がネガティブ寄りになるものです。

何かにつけて自分にダメ出しばかりするようになり、前向きになることが難しくなるでしょう。

ダメ出し・落ち込む・つらい・ダメ出し、このような無限ループに陥ってしまうと、片思いのつらさは倍増してしまいます。

感情の振り幅が大きくてしんどい

片思い中は、感情がジェットコースター並みに上下することが珍しくありません。

好きな人が笑ってくれればうれしいですし、少しでも話せたら「ラッキー!」と気分が上がります。

一方で、好きな人がほかの異性と親しくしていたり、そっけない態度を取ってきたりしたら、一気にテンションが下がるでしょう。

自分の感情をうまく制御できないのは、疲れるものです。気分の振り幅が大きすぎて、「つらい」と感じます。

また、誰かを好きになると、頭の中はその人のことでいっぱいになります。仕事や勉強が手につかなくなって、失敗も増えるかもしれません。

「好き」に振り回される自分を情けなく感じることもあるでしょう。

好きな人は脈あり?確かめ方

男女

好きな人がいて片思い中の場合、相手に脈があるかないかで今後取るべき行動が変わってきます。

まずは相手が自分をどう思っているのか、見極めてみましょう。相手の気持ちを確認したいときにおすすめの行動を紹介します。

相手のことを褒めて反応を見る

「かっこいいね」「きれいだね」などと、好きな人を褒めてみましょう。

どんな人も、好意を持っている相手から褒められればうれしいものです。相手が顔を赤くしてうつむいたり、心からうれしそうな様子を見せたりしたら、あなたに好意を持っている可能性が高いでしょう。

しかし、人によっては褒められた後、そっけない態度を取る人もいます。これは、うっかり反応して好きバレしたくないという心理が働くためです。

褒めた後で冷たくされたからといって「脈なし」と判断せず、相手のその後の様子までしっかりとチェックしておきましょう。

軽いボディータッチで確認

軽く相手に触れてみると、相手の気持ちが判断しやすくなるかもしれません。相手が好意を持ってくれているのなら、露骨に嫌な顔はされないでしょう。

もしも「相手が体を引いた」「顔が引きつった」などがあれば、脈なしの覚悟を持つのも必要なことといえます。

ただし、恋人でもない異性の体に触れるのは、ハードルの高い行為です。空気を読まずに触れようとすると、一気にマイナスイメージを持たれるおそれがあります。

ボディータッチで相手の脈あり・なしを測るときは、ゴミを取ってあげる感じで・ベタベタ触らない・会話の流れでなど、不自然さが出ないように注意しましょう。

自然な形でデートに誘う

よりはっきりと相手の気持ちを確かめたい場合は、「食事に行かない?」「映画を見に行かない?」などと誘ってみるとよいでしょう。

「2人で」と言えば、これはほぼデートの誘いです。相手に好意があるのなら二つ返事でOKしてくれるでしょうし、そうでないのなら「みんなで行かない?」「ちょっと予定が分からなくて…」などと濁されます。

また「行けない」などと断られた場合でも、「○~△日なら大丈夫かも」「今度埋め合わせするね」などと言われたのなら、希望ゼロではありません

しばらく時間を置いて誘ってみると、よい返事をもらえる可能性があります。

片思いの相手を振り向かせる方法

ハート

好きな人の気持ちがあなたに向いていないとしても、諦めるのは時期尚早かもしれません。

「好き」をアピールすることで、相手の気持ちが変わることはあるものです。

片思い中の好きな人を振り向かせたいとき、おすすめのアプローチ方法を紹介します。

好きな人の得意分野で頼る

人は、自分と同じものに興味を持ってくれる人に親近感や好意を持ちやすいものです。

好きな人と話すチャンスがあれば、相手の趣味や好きなことに関する話題を振ってみてはいかがでしょうか?

「○○が好きなんだけど、あんまり詳しくないから教えてくれる?」などと言えば、相手も話しやすくなるでしょう。

相手が「この人と話していると楽しいな」と感じれば、一気に距離が縮まるかもしれません。

男性・女性など異性として意識させる

相手があなたのことを異性として意識していない場合、頑張ってアプローチしても効果はないかもしれません。

好きな人を振り向かせたいなら、まずはあなたを恋愛対象として意識してもらう必要があります。

例えばあなたが男性なら、男らしさを感じさせるのが効果的です。彼女の荷物をさり気なく持ってあげたり、車道側を歩いてあげたりするとよいでしょう。男性らしい気づかいにキュンとする女性は少なくありません。

また女性も、女性らしさ・か弱さなど女性性をアピールするのがおすすめです。好きな男性に弱いところを見せてみましょう。

女性の弱いところを見るとキュンとする男性は多いので、今まで以上に親密な関係になれるかもしれません。

とにかく相手の視界に入ること

「そもそも相手と接点がない」という場合は、相手に近づくことから始めましょう。

少しずつでもあなたの存在を認識してもらえるようになれば、笑顔であいさつを交わしたりちょっとした世間話をしたりできるようになるかもしれません。

よく知らない相手に告白されても、OKする人はまれでしょう。好きな人の視界に入って存在を認識してもらうことは、恋の成就の第一歩です。

好きバレしてしまったときの対処法は?

ハートの手紙

いつかは好きな人に気持ちを伝えるにしても、予想外のタイミングで好きバレしてしまうと焦ります。

とはいえ、感情のままにフォローしようとすると、事態を悪化させてしまうかもしれません。

好きな人に自分の気持ちを知られてしまった場合、どのように対処するのがよいのでしょうか?好きバレしたときに取りたい行動を紹介します。

いつも通り接するのが一番

「まだ告白する勇気がない」という場合は、好きバレする前と何ら変わらない様子で振る舞うのがおすすめです。

相手に気持ちを知られてしまったとはいえ、あなたが決定的な言葉を言ったワケではありません。あいさつやLINEの連絡もいつも通りにしていれば、周囲にも相手にも「勘違いだったのかな?」と思わせられます。

好きバレしたからといって、あわてて否定などしてしまうと、今後仲良くなるのが難しくなります。

あなたが好きも嫌いもあやふやにしておけば、相手も態度を変えることなく普通に接しやすくなるものです。

距離を縮めるチャンスだと考える

好きバレすると「恥ずかしい」「気まずい」などと感じがちですが、見方を変えれば告白の手間が省けたようなものです。「相手と距離を縮めやすくなる」と前向きに考えましょう。

特に、好きな人に異性として意識してもらえていなかった人は、これをきっかけに意識してもらえるようになります。好きバレする前よりも、相手との距離がグッと縮まるかもしれません。

また、好きバレのメリットは、アプローチするときに「バレないように」「露骨になりすぎないように」などと考える必要がないことです。

相手はすでにあなたの好意を知っています。「あとはアタックするだけ」と開き直って、ストレートに思いを伝えましょう。

実は脈なし?諦めるべき片思いとは

顔を隠す男性

あなたは慎重に振る舞っているつもりでも、好きな気持ちが漏れ出していることもあります。あるいは相手が敏感な人なら、ちょっとした言動で「この人、自分に気があるのかも」と気づくでしょう。

もしも相手があなたに気がない場合、すでに「恋愛感情はない」とサインを出しているかもしれません。

相手にどのような言動が見られたら、脈なしサインとなるのでしょうか?片思いで今後の展開が望めないケースを紹介します。

異性として見ていないアピールをされる

恋愛対象にならないことを婉曲に伝える場合、多くの人はその人を恋人以外の存在にたとえます。

好きな人から「妹みたいに思ってるよ」「お兄ちゃんと一緒にいるみたい」などと言われた場合は、「恋愛感情が持てない」と言われていると思ってよいでしょう。

また、兄弟姉妹にたとえられなくても「友だちだよね」などと不必要に強調される場合も、脈なしと考えるのがベターです。

相手はこれ以上深い関係を望んでおらず、あなたとは今のままの関係をキープしたいと考えています。

基本的に扱いが雑

人は自分の好きな人の優先順位を高く、そうでない人を低くしているものです。

もしも好きな人があなたを適当に扱っている様子なら、今のままでは恋を実らせるのは難しいかもしれません。

例えば、あなたが話をした内容を聞き流されたり、次に会ったときに全く覚えていなかったりしたのなら、あなたの話は重要ではなく、どうでもよいと思われている可能性があります。

また、相手が頻繁に約束をドタキャンしたり、あなたの様子に無関心だったりする場合も、あなたの優先順位はかなり下と考えられます。恋人の位置まで昇格するのはいばらの道でしょう。

実は避けられている

相手に避けられているように感じる場合、気のせいではなく本当に避けられている可能性があります。あなたの好意を感じ取り、誤解を受ける行動を避けているのです。

自分に気のある相手を避ける場合、告白されまいとして避けるごめん避け、恥ずかしさから避ける好き避け、さらには本当に嫌で避けている嫌い避けがあります。

相手の様子をじっくり見たとき、好きな人はどのような様子でしょうか?

あなたといると居心地が悪そうだったり、プライベートについて全く話してくれなかったりする場合は、好き避け以外の可能性大です。

これ以上つらくなる前に、身を引いた方がよいでしょう。

まとめ

片思いがつらいのは、好きな人に振られるのが怖くなったり、感情の起伏が激しくなったりするためです。この状態から脱出したい場合は、好きな人に告白してしまうのがよいかもしれません。

相手が自分をどう思っているか気になる場合は、相手が脈ありかどうかチェックします。すでに好きバレしているのなら、恥ずかしがらずに思いのままにアプローチしてみるとよいでしょう。

ただし、あなたが気づいていないだけで相手が脈なしのサインを出しているケースもあります。

好きな人に片思いしている人は、相手の様子をしっかりチェックして、「告白するのがベターか」「諦めるのがベターか」を見極めましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る