「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
目の前の男性
2021.3.30

男子と上手に話せない理由と深層心理。ポイントを押さえて楽しい会話を!

男子とうまく話せないのはなぜ?

目の前の男性

そもそも男子とうまく話せないのはなぜでしょうか?考えられる原因をチェックして、対処法を見つけるヒントにしましょう。

恋愛経験が少なくて恥ずかしい

同性や家族、仲のよい男友達とは問題なく話せるものの、異性として意識してしまう男子とは話せないことに悩んでいませんか?

もしかすると恋愛経験が少ないことが原因で、男子とうまく話せない可能性があります。

恋愛の経験値が低いと、男子と話すこと自体に抵抗を感じててしまいますし、どのような会話が盛り上がるかを学べる機会もほとんどありません。

また、恋愛経験が少ないこと自体に恥ずかしさを覚え、「慣れてないと思われそう」「わたしなんかと話しても面白くないよね…」と自信を失ってしまうこともあるでしょう。

「男性と話すのは苦手」と思い込んでいる

「男子と話すのは苦手」と強く思い込んでいることで、うまく話せなくなってしまう人も少なくありません。この思い込みは過去の経験が原因となっているケースが多いでしょう。

例えば、男子から「〇〇さんって暗いよね」「話しにくい」などと言われたことがある場合です。男子と話すことに苦手意識や不安を抱いてしまうのも当然でしょう。

しかし、全ての男子が同じようにあなたを傷つけるとは限りません。中にはあなたに優しい言葉をかけてくれるすてきな男子もいるはずです。

このタイプは、男子への苦手意識を克服することが先決といえるでしょう。

自分をよく見せたい気持ちが隠れている

「少しでも自分をよく見せたい」という思いが影響して、男子とうまく話せない人もいるでしょう。

このタイプはプライドが高い人に多い傾向があります。自分のかっこ悪い部分を見せることを嫌い、常に周囲に対して見栄や意地を張ってしまうのです。

うまく話せなくなってしまうのも「男子の前でダサイところを見せたくない」「少しでも好きになってほしい」という気持ちが空回りした結果です。

男子とうまく話すことを望むのであれば、ありのままの自分を表現できるようになる必要があるでしょう。

うまく話せないときってどう思われている?

かわいい ハート

うまく話せず「またやってしまった…」と女子が落ち込んでいる一方、男子はどのような印象を抱いているのでしょうか?気になる男子の心理をチェックしてみましょう。

ピュアでかわいい

うまく話せずにモジモジしている女子に対して「ピュアでかわいい」「守ってあげたい」と好印象を抱く男子は多いといえます。

また、緊張したり恥ずかしそうにしたりする姿を見て、「もしかしたら俺のこと好きなのかな…?」と期待する男子も少なくありません。

女子からするとうまく話せないことに対して不安を感じてしまうものですが、多くの男子はネガティブに受け止めることはないのです。

「うまく話せなかったらどうしよう」と怖がるのではなく、「頑張って話してみよう」と懸命な姿勢を見せることで、さらに好印象を与えられるかもしれません。

ネガティブな印象を与える場合も

一方、うまく話せない女子に対して、ネガティブな印象を持つ男子もいます。中でも男子が気にしているのが不安げな姿です。

男子としては何もしていないにもかかわらず、女子が目の前でビクビクしていると「悪いことした気分になる」「もしかして嫌われているのかな…」とショックを受けてしまうこともあります。

また、中には質問の受け答えが成立しない・会話が続かない・質問をしてこない女子との会話を「一生懸命なのは分かるけれど、疲れる」「ちょっと面倒くさいかも…」と不満を感じる男子もいるでしょう。

男子とうまく話せないときの対処法とは

聞き手の女性

男子とうまく話せないときの対処法は大きく分けて三つです。

まずは、うまく話せないタイミングを乗り越えて、「男子と話せた」という自信を身に付けることを目指しましょう。

まずは聞き役に徹する!

まず試してほしい方法が聞き役に徹することです。真剣に聞いていることが伝われば、こちらが話していなくても会話は円滑に進みます。

話している男子も「真面目に聞いてくれる子だ」「自分の話を熱心に聞いてくれる」と好印象を抱くことでしょう。

基本的には、男子が話す内容に対して「そうなんだ」「うん、うん」と相づちを打ちながら聞くだけでOKです。

余裕があれば「それってどういうこと?」と質問をしたり、「それはすごいね!」と感想を伝えたりすると、会話がさらに盛り上がることでしょう。

褒められたときは否定しない

会話中、男子が「〇〇さんって本当に優しいね」「落ち着いてて話しやすいな」と褒めてくれることがあるかもしれません。

つい「そんなことないよ!」と否定してしまいがちですが、否定されると「余計なことを言ってしまったかな…」と相手は心配してしまいます。

褒め言葉は「ありがとう!」「うれしいな」とポジティブに受け入れるようにしましょう。喜んでもらえると褒めた側もうれしく感じますし、会話の雰囲気も柔らかくなります。

結果としてあなたが話しやすい雰囲気が生まれ、男子に対する緊張感も薄れやすくなるでしょう。

会話中は笑顔を心掛けて

会話中は基本的に笑顔を心掛けることもポイントです。

うまく話せなかったとしても、あなたがニコニコしていれば「楽しんでくれているのかな」「嫌われてはないみたいだ」と相手は安心感を抱くものです。

また、笑顔は自分の心と表情をほぐしてくれます。緊張で強張っていた表情が和らげば、いつもより自然に言葉が出やすくなるはずです。

口角をグッと上げてみると気持ちがリラックスしてきて、いつもよりフラットに会話できるようになります。

会話上手になるためのポイント

気軽に会話する2人

会話上手になるためにはいくつかのポイントがあります。すぐに生かせる二つのポイントをチェックして、男子と楽しく話すことを目指しましょう。

ポジティブな言葉をつかおう

会話上手になるポイントの一つが、ポジティブな言葉をつかうことです。

「わたしなんて…」「どうせ〇〇でしょ?」のようなネガティブな言葉は、会話の雰囲気を曇らせる上に、相手の気分も悪くしてしまいます。

謙遜の気持ちでつかったとしても、相手に余計な気をつかわせてしまう結果に終わってしまうことも珍しくありません。

一方、ポジティブな言葉であれば、会話の雰囲気は明るくなります。楽しく会話が進みやすく「またこの人と話したいな」と思ってもらいやすいでしょう。

ネガティブな話題はできるだけポジティブな言葉に置き換えるように努めましょう。

相手に合わせた会話をしよう

会話は餅つきと同じで呼吸を合わせることが大事です。どちらかが一方的に話し続けるのではなく、相手に合わせて会話を進めることが必要といえます。

うまく話せないときは、自分のことで精いっぱいになりがちです。まずは一度深呼吸して、自分のリズムを整えることを意識しましょう。

そして、相手の話すペース・ボリューム・会話の内容に注目して合わせます。会話がスムーズに進みやすくなり、相手に「この人と話すのは心地いいな」と思ってもらいやすいでしょう。

始めから「完璧に相手を理解しよう!」と焦らなくても大丈夫です。自分のペースを整えたら、徐々に相手のペースに合わせられるように会話をコントロールしてみましょう。

まとめ

男子とうまく話せないときは、聞き役に徹する・否定的な言葉を向けない・笑顔を心掛けるようにしてみましょう。

1回目でうまくいかなかったとしても、2回、3回とくり返していけば少しずつ上手に話すコツが分かってくるはずです。

上手に話せる女子も何度も失敗して学んでいます。「今すぐにうまく話せるようになる」のではなく、「1カ月後の自分が楽しく話せること」を目標にして、無理のない範囲で努力してみましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る