「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
消えそうなハート
2021.3.30

別れを考えるときってどんなとき?迷いがあるときに試してほしいこと

別れを考えるときってどんなとき?

消えそうなハート

好きで付き合っているはずなのに相手と別れたいと思うのは、どのようなときなのでしょうか?

恋人と「別れたい」と感じがちなタイミングについて見ていきましょう。

一緒にいることに疲れたとき

せっかく恋人と一緒にいるのなら、穏やかで優しい時間を過ごしたいと思うものです。

しかし、「一緒にいても疲れを感じるだけ…」という状態になると、「別れたい」と感じるようになってしまいます。

相手に疲れを感じる原因はさまざまですが、特に大きいのは考え方の違いです。

相手の言動に共感できないことが増えると、疑問や苛立ちが湧いてきます。しょっちゅうケンカをして2人の間がギスギスすれば、何のために付き合っているのか分からなくなるかもしれません。

また、ケンカはなくても、相手を冷めた目で見るようになったら要注意です。

2人の関係がいわゆるマンネリの状態になると「一緒にいても楽しくない」と思うようになるのです。

金銭感覚・価値観の違いに気が付いた

付き合い立てのハイテンションが落ち着いてくると、相手のことがよく見えるようになります。

このとき、「この人とは金銭感覚が違う」「価値観を共有できない」などと感じるようになれば、別れが頭をよぎることもあるでしょう。

金銭感覚や価値観が違う相手と一緒にいると、どちらかが我慢をしたり相手に合わせたりしなければなりません。初めのうちはそれでよいかもしれませんが、ずっとそうして過ごすのは難しいでしょう。

たとえ相手が嫌いになったワケではないとしても「合わないから別れたい」と思うようになります。

心変わりがあったとき

恋人以外の異性に対し「ちょっといいな」以上の真剣な気持ちを持ってしまったのなら、「今の恋人との関係を終わらせなければ」と思うでしょう。

例えば、「すでに恋人への気持ちが冷めていた」「もっと魅力的な人に出会ってしまった」「積極的にアプローチされた」このような場合は、現在付き合っている彼氏・彼女以外の人に心が動きやすくなります。

恋人がいるのにほかの人と仲良くすることは、外聞もよくありません

周囲の目が気になって「おかしな噂が立つ前にスッキリさせよう」と別れを急ぎたくなることもあります。

別れるかどうか迷う理由

迷う女性

恋人と別れたいと思っても、いざ実行するのは難しいものです。「別れたい」と思いつつも決断しきれないのは、なぜなのでしょうか?

別れたいのに別れられない、その理由について考えてみましょう。

付き合った期間が長かったから

付き合った期間が長ければ長いほど、別れを口にしにくくなります。

たとえ恋愛感情はなくなっても、相手への情が残っていることもあるでしょう。一緒にいるのが苦痛と思いつつも、完全に縁を切ってしまうことには抵抗があるのです。

また、恋人として付き合ったのですから、よい思い出もたくさんあるに違いありません。

別れようとする度、過去の楽しい気持ちや出来事が心をよぎれば「もう少し頑張った方がいいのかな?」と決断を先送りにしたくなってしまいます。

ほかによい人が現れるか不安

今付き合っている恋人に重大なマイナス点がない場合、「これ以上よい人に出会えるだろうか」という不安が湧いてきます。

感情的には別れたいと思っていても、将来の恋愛への不安・世間体・いちから恋愛を始めることのわずらわしさなどから、別れを口にしにくく感じている人も少なくありません。

また、日頃から異性と出会うチャンスがない・異性にアプローチするのが苦手などと感じている人は、そもそも次の恋人ができるかどうかも分かりません。

この人と別れたらずっと1人かもしれない」と感じて、現状維持を選択してしまうのです。

別れを迷うときに考えること

考える女性

いったん「別れたい」と感じると、その思考から抜け出すのは難しいかもしれません。とはいえ感情のままに行動しては、後悔する可能性が高いでしょう。

別れるべきかどうか分からなくなったら、まずは冷静に2人の関係を見直してみることが大切です。別れを考えるとき、考えたいこと・すべきことを紹介します。

相手との将来を考えてみる

別れを考えるときは、今の恋人との将来を想像してみます。感情を抜きにして、「結婚するメリットはあるか」を重視するとよいでしょう。

今の相手と家庭を持つ様子をスムーズにイメージできるのなら、安易に別れを選択すべきではないかもしれません。

一方、「考えたくもない」「イメージはできるけれど、望ましい未来ではない」などと感じる場合は、別れる方向に舵を切ってよいでしょう。

結婚は、あくまでも付き合った結果行き着くものです。

しかし、今の時点で「ゴールが想像できない」と感じる相手なら、遅かれ早かれ別れのときが来るでしょう。

お互いにもっと合う人を見つけた方が、時間を無駄にせずに済むはずです。

不満の改善方法があるか

別れたいと思う原因が現状や相手への不満なら、改善できるかどうかを考えてみましょう。

もしかすると、今の不満の原因はあなた自身なのかもしれません。

この場合、あなたが考え方や行動を改めるだけで状況がガラッと変わることもあり得ます。

例えば、恋人の気持ちを考えずに行動したり発言したりしていれば、それがケンカの原因となることもあるでしょう。

恋人の言動にいちいち食ってかかったりケチを付けたりすれば、会話が少なくなったり相手の口調がきつくなったりする原因となります。

自分自身に至らないところがあると分かれば、相手の優しさや寛容さが理解できるようになるはずです。別れたい気持ちも、うすらぐかもしれません。

1人で考えず話し合ってみても

「別れたい」と1人で悩んでも、結論を出すのが難しいことがあります。いつまでも悩みを抱えたまま過ごすのではなく、思い切って相手に気持ちを打ち明けてみましょう。

相手が「別れたくない」と思っているのなら、話し合いで歩み寄れる部分があるはずです。一方、聞く耳を持たない相手なら、そのような人だったのだと判断できますし、別れ話もスムーズに進むでしょう。

恋人同士であっても、言葉にしないと伝わらないことがほとんどです。特に価値観の違いは、お互いが歩み寄らなければ解決できません

お互いの不平・不満を都度話し合いでクリアしていければ、「別れよう」とは思いにくくなる可能性もあります。

別れを選んだ方がよいケース

デート 男女

付き合っていても幸せになれないと判断できるなら、別れを選択した方がよいケースもあります。ずるずる付き合っていても、あなたの中にダメージが蓄積されていくだけでしょう。

「こんな状況なら別れるのが正解かもしれない」というケースを紹介します。

恋人と一緒にいると委縮してしまう

恋人との関係は、対等であるべきです。お互いに言いたいことを言い合えない関係は、もはや恋愛関係とはいえません。

恋人と会うと緊張したり1人になるとホッとしたりするのなら、早急に別れを告げましょう。

ごく一般的な恋人同士は、相手に思いやりやいたわりの気持ちを持つものです。相手を委縮させて平気な人は、根本的に思いやりやいたわりを持ち合わせていないのかもしれません。

このような場合、話し合いで状況が好転する可能性は低いでしょう。よりダメージが深刻になる前に相手と距離を置き、自分の身を守ることをおすすめします。

周りに反対されている

周囲から反対される恋愛は、今後うまくいく可能性が低いかもしれません。「あの人はやめておいた方がいい」などと言われたら、感情的にならずに受け止めましょう。

恋愛関係では、「好き」の気持ちが当人の目を曇らせることが多々あります。あなたを心配してくれる周囲の方が、よほど冷静な目で相手を見ているのです。

特に、あなたにとって絶対的な味方である家族が「やめておきなさい」と言うのなら、その意見を無視するのは得策とはいえないでしょう。

まとめ

1人だけで不平・不満を抱えていても、2人の関係は改善されません。相手について思うところがあるのなら、きちんと話し合うことが大切です。

ただし、「相手に支配されている」「周囲からもっともな理由で反対されている」などがある場合は、別れを検討した方がよいでしょう。

基本的に、恋愛関係で重要なのは、お互いが相手を尊重し大切に思えるかどうかです。

別れを考えるときは、「自分が相手を大切に思えるか」「この人とずっと一緒にいたいか」などのポイントを自問自答して、判断してみてはいかがでしょうか。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る