「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
後ろ姿の女性
2021.3.30

好きな人に振り向いてほしい…!相手の心理を捉えてアプローチしよう

好きな人を振り向かせるには?

後ろ姿の女性

好きな人ができたら「付き合いたい…!」と思うのはごく自然なことです。しかし、実際に付き合うためには、告白して、OKをもらってと、いくつかのステップを踏まなければなりません。

好きな人を振り向かせたいときは、どのように行動すればよいのでしょうか?

まずは脈ありかどうかをチェック

まずは、好きな人が自分のことをどのように思っているのかを確認します。人は、好きな人とそうではない人との対応に差が出やすいものです。

例えば、何度もLINEを送ってくる・たわいない質問が多い・積極的に話し掛けてくれるという言動が見られたら、あなたに好意を抱いている可能性が高いです。

相手の表情や声のトーンから「脈あり」と判断できたそのときがアプローチのタイミングです。

一方、ほかの人と対応が変わらない・素っ気ない態度を取られるなど「脈なし」としか思えないのなら、まずはあなたのことを意識してもらわなければなりません。

いきなり特別な存在になろうとしても、成功する確率は低いでしょう。

心理的距離を近づける

好きな相手を振り向かせるには、相手の警戒心をなくして親近感を持ってもらうことが大切です。

まずは「この人といると楽しいな」「もっと話したいな」などと思ってもらえる存在になりましょう。

このとき有効なのが、相手との共通点をアピールすることです。人は自分と共通点のある人に対し、親近感や好意を抱きやすいといわれます。

趣味・特技・好きなテレビなど、どのようなことでも構わないので「自分も!」とアピールできるものを見つけましょう。

男女別に見る脈ありサイン

花と笑顔の女性

好きな人に振り向いてほしいと思ったときに確認したいのが相手からの脈ありサインです。

好きな人があなただけに見せる特別な態度があるのなら、それは「あなたのことが気になっている」という気持ちが漏れ出てしまったものかもしれません。

「これがあれば脈ありかも」と思われるサインを男女別に紹介します。

男性が見せる脈ありサイン

あなたの好きな男性に次のような様子が見られるのなら、脈ありの可能性は高いでしょう。

  • あなたと会話するときはいつも笑顔
  • 前にした話をよく覚えている
  • 距離が近い

会話中の笑顔は、男性が心から会話を楽しんでいることを感じさせます。ほかの女性のときと比較してよく笑うなら、あなたに気があると判断できます。

また、好きな人の話は忘れないものです。男性が「あのとき○○って言ってたよね」などとささいなことも覚えていたら、あなたに対して好意や興味を持っています。

このほか、距離感もチェックしたいポイントです。話しているときや飲み会などで「近いなぁ」と感じることが多いなら、あなたの気を引きたくて、男性はわざとその距離をキープしているのかもしれません。

女性が見せる脈ありサイン

女性の場合、なかなか気持ちに気づいてくれない男性を振り向かせようとして、あえて分かりやすいサインを出す人もいます。

  • 「好きなタイプは?」と聞いてくる
  • あいづちや共感を示す言葉が多い
  • 話すとき声のトーンが高い

好きな女性のタイプを聞いてくる人は、自分がタイプにあてはまるかどうかチェックしたいのかもしれません。あるいは、今あなたに彼女や好きな人がいるのかどうかを確認したい気持ちもあるでしょう。

また、小まめに頷いたり「分かる!」「わたしも!」などと言ってきたりする女性は、あなたと気が合うことをアピールしたいのかもしれません。

なお、恋に夢中になり高揚している気分が声のトーンに表れる女性は少なくありません。

あなたとの会話中、女性の声がいつもより高めだったり弾んでいたりするときは、あなたに好感を抱いていると判断してよいでしょう。

好きな人を振り向かせる心理学

カメラ目線の男性

好きな人に振り向いてほしいと思ったら、アプローチに心理学を取り入れるのもおすすめです。

恋愛に応用できるものがさまざまあるので、「これならつかえるかも!」というものを見つけてみましょう。

好意の返報性

返報性とは、簡単にいうと「お返し」です。人は誰かに何かしてもらうと、「同じようにお返ししなければ」と感じます。

好意の返報性はこれを恋愛に応用したもので、相手に好きな気持ちを送れば、同じように好きな気持ちが返ってくることと考えればよいでしょう。

連絡を待ってばかりでなくまずはあなたから相手に好意を送りましょう。

ただしこのとき注意したいのが、「振り向いてほしい」「好きになってほしい」などと自分の思いだけを考えて行動しないことです。

好意の返報性では、相手に与えることが大切です。「相手を喜ばせたい」「楽しませたい」などと考えながら行動すると、相手もあなたに対し好意を返してくれるようになるでしょう。

ゲイン・ロス効果

少女マンガなどで、「女性主人公が初めは嫌っていた男性の優しい一面を見て、恋に落ちてしまう」などのストーリーを見たことはありませんか?これはまさにゲイン・ロス効果です。

最初の印象がマイナスな人ほど、その後少しでもプラスな印象を与えるとより好感を持たれやすくなります。

ただし、効果を狙ってわざと意地悪などをするのは避けましょう。好きな人を振り向かせたいなら、相手の前でだけいつもと違う自分を見せるのがおすすめです。

例えば、好きな人との会ってすぐの頃は、あえて笑顔や言葉を少なくしてみます。

「おとなしい人なのかな?」などと思われたところで、笑顔を見せたり愛想よく話したりギャップを見せると、相手のあなたへの印象はよい方に大きく変わるかもしれません。

ミラーリング効果

これは、自分と類似する相手には親近感を覚えやすいという人間の心理を利用したもので、好きな相手のしぐさや行動をまねして、より親しくなることを目指します。

基本的にはただ相手のまねをするだけなので、難しいことはありません。

好きな相手と対面で会話する機会があったときは、次のようなことを意識してみましょう。

  • 呼吸を合わせる
  • 腕の組み方やしぐさなどを合わせる
  • 同じメニューを注文する
  • 同じペースで話す

このほか、食事の話の中で相手が「お肉が好き」といえば「わたしも好き!」と言って共通点があることをアピールするのもおすすめです。

ただし、あまりに露骨過ぎると嫌がられるおそれもあります。タイミングや相手の様子を見ながら、自然な形で実行してみましょう。

アプローチする際の注意点

サイクリングデートをするカップル

好きな人に振り向いてほしいとき、ついつい気持ちのままに突っ走ってしまうことがあります。

しかし、相手の気持ちを考えない行動は、かえって相手との距離を広げてしまうかもしれません。

好きな人にアプローチをするとき、注意したいポイントを見ていきましょう。

周りを落とすような話題は控える

好きな人に振り向いてもらいたいなら、周囲の人の悪口や仕事の愚痴、文句などは控えましょう。聞いていて楽しい話ではありませんし、相手に「ネガティブな人だな」と思われてしまう可能性があります。

また、相手によい印象を与えるためには言葉づかいも重要です。一般に「マジ」「やばい」といった言葉を連発する人はあまり好まれません。

相手に好印象を与えるのは、「そうなんですか」「お会いできてうれしいです」といった丁寧できれいな話し方です。

初めのうちは「ちょっと堅苦しいかな」と感じるくらいがちょうどよいかもしれません。

連絡頻度は相手の反応を見て決める

好きな人と連絡先を交換できたとしても、自分のペースで連絡するのは控えたいところです。

相手がまだそこまで気持ちを許していない場合、よい印象を持たれないかもしれません。

相手の返信速度やタイミングなどをチェックして、基本的には相手に合わせましょう。

また、連絡頻度と同様にテキストの長さにも注意する必要があります。

相手にアピールしたいからと長文ばかり送っていると、「忙しいときは返しにくいな…」とネガティブな印象を与えてしまいます。

メッセージの長さについても、相手が送ってきた長さと同じまたは少し短い程度を目安に送りましょう。

好きな気持ちを押し付けない

人を好きになるのはすてきなことですが、それを相手に押し付けるのは避けましょう。

まだ脈ありかどうかも分からないうちからグイグイ行くと、相手に嫌がられるおそれがあります。相手の気持ちが分からないうちは、焦らずに信頼関係を築くことが大切です。

「ちょっと積極的にアプローチしたい」というときも、まずは相手の気持ちを考えます。

話したり行動したりする前に「相手はどんな反応をするかな?」と考えるようにすると、今後の関係をスムーズに進めやすくなるでしょう。

まとめ

好きな人に振り向いてほしい場合は、まず相手が自分をどう思っているのか探ることが大切です。少しでも脈があると判断できたら、恋愛テクニックを駆使してアプローチしていくのもよいでしょう。

一方、脈がないと思われる場合は、信頼関係を築くところから始めます。日々のやりとりで好印象を与えて「一緒にいて楽しい」と思ってもらい、少しずつ距離を縮めるのがベストです。

好きな人にアプローチするときは、相手の気持ちになって行動することが好印象を与えるカギとなります。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る