「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
水辺に座るカップル
2021.1.6

付き合う決め手はどこにある?迷ったときのチェックポイント

付き合うかどうかを迷ってしまうのはなぜ?

水辺に座るカップル

告白された相手と付き合うかどうか、迷ってしまうことがあります。

何度かデートを重ねたにも関わらず、「この人と付き合っていいのかな」と悩み、決断できない人もいるかもしれません。

どうして付き合うことを迷ってしまうのでしょうか?考えられる理由を見ていきましょう。

相手を好きか分からない

付き合うかどうかを迷う理由として多いのが、相手を好きかどうか分からないというものです。

好きな相手から告白された場合であれば、迷うことなくOKを出せるでしょう。両思いになれた喜びで胸がいっぱいになるかもしれません。

一方、特別な感情を抱いていなかった人からの告白はどうでしょうか。異性として強く意識したことがなければ、決断に迷いが生じます。

特に、仲の良い友人や仕事仲間などは、告白に戸惑いこそ感じたとしても、嫌な気持ちを抱くことはないでしょう。

だからこそ「嫌いではないけれどOKしていいのかな?」と迷いやすく、即決できないこともしばしばです。

相手のことをよく知らない

また、相手のことをよく知らない場合も、迷うことが多いようです。

知り合ったばかりの相手や一目惚れで告白されたケースでは、相手のことをほとんど知らないままに付き合いを検討しなければなりません。

気持ち的にはうれしいものの、相手がどのような人か分からない不安から決断することに迷ってしまうのです。

また、相手を深く知らないからこそ、付き合いをイメージできないことに悩んでいる人もいるかもしれません。

OKを出すのは簡単ですが、相性が悪かったときのことを考えると、慎重に考えたいと思うのは当然です。

決め手に欠ける原因は?

小指つなぎのカップル

付き合うかどうか迷う時点で、多少なりとも相手に気持ちがあるはずです。

しかし、どこか決め手に欠けるからこそOKを出せないといえます。自分の気持ちを整理するためにも、決め手に欠ける原因をチェックしましょう。

スペックが低い

決め手に欠ける原因の一つとして考えられるのが、自分が希望するスペックに相手が達していないことです。

例えば、相手がどれだけ性格が良い人であったとしても、好みのルックスではない・経済力がない・年齢差があるなど、どこか一つでも気になる部分があると決め手に欠ける印象を持つのは不思議なことではありません。

ただし、自分の理想が高くなり過ぎていないか考える必要はあります。理想が高過ぎるあまり、誰を見ても満足できなくなっている可能性もあるのです。

自分の中で譲れない条件をいくつか決め、それ以外の部分については妥協することも必要かもしれません。

いい人止まり

いい人止まりな人は、イマイチ好きになりきれないことが決め手に欠ける原因といえるでしょう。

一緒に過ごす中でいい人であることは分かっているものの、「この人と付き合いたい」と思えるほどの魅力が感じられないのです。

例えば、自己主張が少ない人は、優しさを感じられる反面、何を考えているのか分からず居心地の悪さを感じてしまうことがあるでしょう。

優しさが魅力であれば、「ほかにも優しくて魅力を感じる人がいるかもしれない」と思うのも当然の心理といえます。

ただし、いい人である以上、悪い印象がないことは事実です。付き合う中で相性の良さを感じられることもあるかもしれません。

迷ったときはここをチェック!

はしゃぐカップル

「付き合うかどうか決められない!」と迷ったときは、付き合う上で大事なポイントに絞って考えると答えが見つかるかもしれません。

迷ったときにチェックしたい四つのポイントを紹介します。しっかりと考えることで、後悔のない選択をしましょう。

一緒にいると楽しい?

付き合うかどうか迷うときは、2人でいるときに楽しい時間を過ごせるかどうかを考えてみましょう。

一緒にいて楽しさを感じられるのは、2人の相性が良い証拠です。

たとえ今はぎこちなくても、心温まる時間があるのであれば、付き合う中で良い関係性を育てられる可能性は高いでしょう。

一方、一緒にいてイライラする・疲れてしまうのであれば、相性はあまりよくないのかもしれません。

付き合う中で関係性が変わる可能性はありますが、どちらかが歩み寄る必要があるといえるでしょう。

素の自分でいられる?

素の自分を見せられるかどうかも大切なポイントです。

付き合うとなると一緒にいる時間が必然的に増えるため、自分を出せない関係だと息苦しさを感じてしまいます

相手と一緒にいるときに「何だか落ち着くな」と思えるのなら、2人の相性は良いといえるでしょう。

とはいえ、普段から異性が相手だと、素の自分を見せることが苦手という人もいるかもしれません。

この場合は、普段と比べて緊張するかどうかを尺度にします。

普段よりもリラックスできるというのであれば、付き合う中で自分を出せるようになるかもしれません。

価値観が合う?

長く付き合うことを考えるのであれば、価値観の相性は重要です。

見た目がタイプだったり一緒にいて居心地が良かったりしても、価値観が合わない相手とは気持ちのすれ違いが生まれてしまう可能性があります。

全ての価値観が合うかどうかではなく、自分の中で譲れないポイントが合うかどうかという視点で確認するとよいでしょう。

例えば、お金の価値観はチェックしておきたいポイントです。デートをするときにお金のつかい方に差があると、どちらかが不満を覚えかねません。

デートをする際に、相手のお金のつかい方を見ておきましょう。

あまりにもケチな人や無駄づかいが多い人であれば、いい人であっても付き合いは考える必要があります。

相手は一途で誠実?

全てのチェック項目をクリアしたとしても、誠実さに欠ける人は付き合いを考えた方がよいでしょう。

誠実さに欠ける人は、付き合った後に浮気をする・都合の良い関係を求める・何かあればうそをつくなど、あなたが不安になる付き合いに発展する可能性がとても高いです。

幸せな付き合いを考えるのであれば、誠実であることは必須条件といえます。

相手が誠実かどうか見極める方法はさまざまですが、おすすめは相手の周囲にいる人に話を聞く方法です。

身近な人であれば相手の人となりを分かっているはずです。誠実な人であれば「あの人はいい人だよ」といい話が耳に入ってくるでしょう。

好きじゃなくても付き合っていいの?

デートするカップル

「この人のことが好き」という明確な気持ちがないまま、告白された相手と付き合うことは決して悪いことではありません。

あなた自身が「別に付き合ってもいいかもしれない」と思うのであれば、付き合いをOKするのも選択肢の一つです。

一緒にいるうちに好きになるかも

今は好きではないと感じていても、一緒にいるうちに好きになる可能性は十分にあります。

そもそも付き合いを迷った時点で、特別ではないにしろ人間としての好意はあったはずです。

好意がゼロの相手であれば難しいかもしれませんが、少なからず好意があるのであれば、それが10にも100にも増える可能性はあるといえるでしょう。

また、付き合う中で相手のさまざまな表情を知れます。仲良くなるうちに相手の魅力を知ることができれば、どんどん好意も増していくでしょう。

お試し期間を提案するのもあり

正直に迷っていることを伝えて、お試し期間を提案するのも選択肢の一つです。

お試し交際というと不誠実な印象を持つかもしれません。

しかし、相手を知ってから付き合いに進むという意味では、軽率にOKを出すよりも、真剣に付き合いを考えているといえるでしょう。

お試し期間の目安は3カ月です。通常の付き合いと同じように連絡を取ったりデートをしたりすることで、相手との相性を確かめます。

ただし、体の関係を持つことは控えましょう。一線を引くことで、真剣に付き合いを考えていることをアピールできます。

お試し期間を経て、「もっと一緒にいたい」と思えたら付き合いたい気持ちをきちんと伝えましょう。

まとめ

付き合うかどうか迷ったときは、相手の見た目やスペックだけでなく、一緒にいて居心地が良いか・素の自分でいられるか・誠実さを感じられるかをチェックすることが大切です。

付き合う決め手には欠けるときは、お試し期間を提案するのも手です。一緒に過ごすうちに、自分の正直な気持ちを見極められるでしょう。

付き合うかどうかをしっかり検討することで、後悔のない選択をしましょう。
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る