「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
砂時計と朝日
2021.1.6

失恋の傷は新しい恋で癒す!立ち直る方法とおすすめの出会いの場

失恋後に新しい恋へ進む期間は

砂時計と朝日

大切に思っていた恋人から振られたり、片思い相手が別の人と付き合い始めたり、失恋を経験すると時が止まったように動けなくなるものです。

一般的に新しい恋へ進むまでにかかる期間はどれくらいなのでしょうか?つらい気持ちから立ち直る目安にしましょう。

悲しむ期間は人それぞれ

失恋から立ち直るまでにかかる期間は人それぞれです。

早い人であれば数日で吹っ切れて別の恋を始められますし、長い人であれば数年単位で悲しみから抜け出せない人もいます。

また、男女でも失恋から立ち直るまでにかかる期間に差があるものです。

女性は失恋から数日~数週間は落ち込むものの、比較的立ち直りは早い傾向があります。峠を乗り越えれば、新しい恋に進みやすいといえるでしょう。

一方、男性は失恋後すぐは落ち込まず、時間がたつにつれて失恋した事実を実感して悲しみを感じやすいです。

とはいえ、恋愛に後ろ向きな姿勢が遠い未来まで続く人は少なく、新しい恋をすることで失恋を乗り越える人は多いといえます。

3カ月程度の人が多い

新しい恋をするまでにかかる期間でいえば、3カ月程度が一つの目安です。

人によって差はありますが、この頃になると失恋の傷も癒えてきます。悲しい気持ちが多少残っていたとしても、「そろそろ次に進もう」と思いやすくなる時期といえるでしょう。

あくまでも目安であり、半年や1年かかることも珍しくありません。「まだ元恋人のことを忘れられない」「しばらく恋はいい」と思うのであれば、無理に次の恋に進む必要はないでしょう。

しかし、失恋に悩み続けているのであれば、どこかで思いに区切りを付ける必要はあります。

前を向けるように、失恋から立ち直る手段を探すことが大切です。

新しい恋ができない?立ち直る方法

閉じられた思い出

新しい恋をしたいと思う反面、「まだ失恋から立ち直れていない」という人もいることでしょう。

焦って次の恋に進む必要はありません。まずは失恋のショックから立ち直り、前を向くための準備をしましょう。

失恋の傷を成長の糧に

失恋は決して悪いことばかりではありません。今まで気づけなかったことを反省して、成長できるチャンスでもあるのです。

恋人と過ごした時期を振り返れば、恋愛における反省点が見えてきます。

例えば、感情をコントロールできずに恋人を振り回した・素直に愛情表現できなかった・雑な対応をしてしまったなど、何かしら思い当たることがあるでしょう。

まずは自分の悪かったところを認めることです。自分を責めるためではなく、これから先の恋愛に生かすために「どこが悪かったのか」考えましょう。

そして「次はどうすれば同じ失敗をしないか」という視点で見つめなおし、自分の成長につなげることが大事です。

次の恋愛の準備期間と考えて

失恋したあとは悲しみに浸る時間も必要です。次の恋愛の準備期間と考えて、自分の心をゆっくり整理しましょう

元恋人との思い出を無理に捨てる必要はありません。ある程度気持ちが落ち着いたら、悲しみは心の深いところにしまって、取り出す時間を徐々に短くしていきましょう。

また、失恋後は恋愛に対する自信だけでなく、自分に対する自信も失っている状態です。

気持ちが落ち着いてきたら、自分磨きに取り組むことをおすすめします。ピカピカに自分を磨くことで、失われていた自信を取り戻せるはずです。

ダイエットをして痩せる・肌や髪のケアをする・読書や対話で新しい知識を身に付けるなど、自分の魅力を高めましょう。

出会いの場には積極的に参加しよう

待っているだけでは恋は始まりません。出会いの場に積極的に参加して、自ら恋のチャンスをつかみ取ることが大事です。

気になる異性には自分からアピールすることで、恋愛に発展する可能性がグッと高まります。勇気を出して声をかけるようにしましょう。

ただし「誰でもいいから付き合いたい」とやみくもに出会いを探す・付き合いをスタートするのは得策ではありません。

前の恋人と比べてしまったり、心が伴わない恋愛をしてしまったり、幸せな恋愛とは呼べない経験をする可能性が高いです。

新しい恋は失恋の特効薬ですが、時として劇薬にもなります

出会いの窓口は広くしつつも、恋愛関係に進む相手は慎重に選ぶことが必要といえそうです。

新しい恋がしたい!おすすめの出会いの場

携帯アプリを見る人

男女の出会いのきっかけはさまざまな場所にありますが、「どこで探すのがいいのか分からない」と悩む人もいるでしょう。

社会人が出会いを見つけられる場の中から、特におすすめの場を三つ紹介します。自分に合うものを見つけて、さっそく行動してみましょう。

人となりが分かる「友人の紹介」

「見知らぬ人と出会うのは不安」という人は、友人の紹介がぴったりです。

仲のよい人から紹介された異性であれば、信頼できますし、事前に人となりが分かるため安心感もあります。

異性の好みや苦手なタイプを伝えておけば、相性のよい異性を紹介してくれる可能性がアップするでしょう。

緊張してしまうのであれば、最初は友人にも参加してもらいグループで会うこともできます。親しくなったら2人きりで会うなど、落ち着いたペースで距離を詰められるでしょう。

ただし、紹介された人にあまり魅力を感じなかった場合、断りにくい状況になってしまいます。

事前にどのような人なのか聞いてから会うことを決めると、友人関係に亀裂が走るリスクを避けられるでしょう。

出会いの鉄板「合コン」

「楽しく盛り上がりながら出会いを探したい」そんな人は、合コンが最適です。

おいしい物を食べたりお酒を飲んだりして、楽しい時間を過ごしながら出会いを探せます。

合コンは男女共に「恋人が欲しい」「恋愛がしたい」と考えている人が集まりやすく、恋愛関係に発展するまでがスピーディーです。

中には「誰でもいい」という人もいるため見極める目は必要ですが、比較的早く恋人を作れる方法といえるでしょう。

人を集めるのが難しい場合は、企業や自治体が主催する街コンに参加するのも手です。セッティングの手間がなく、思い立った日に参加できることもメリットといえます。

いろいろな人に出会える「マッチングアプリ」

仕事が忙しく「出会いの場に行く時間がない」という人は、マッチングアプリがおすすめです。

インターネット環境さえあれば、移動中や休憩時間・寝る前など隙間時間をつかって異性との出会いを探せます。

いろいろな人に出会いやすいこともメリットです。年齢や職種・住んでいる地域が違う人など、たくさんの男女の中から豊富に出会いを求められます

条件を絞って異性を見つけられる上、複数の人と同時進行でのやり取りも可能です。上手につかえば理想の人と出会えるでしょう。

マッチングアプリは、効率的に出会いを求めたい人にぴったりの出会い方といえます。

新しい恋に進むための注意点

輝くハート

新しい恋に進むためには、いくつかの注意点があります。

出会いの場に足を運ぶ前にチェックしておきましょう。特に注意したいことを二つに絞って解説します。

過去の恋人にとらわれない

まず注意した方がよいポイントは、過去の恋人にとらわれないことです。

よい出会いに巡り合えたとしても、過去の恋人が基準になってしまうと、どこか物足りない思いをしてしまいかねません。

一緒にいた時間が長い元恋人と、出会ったばかりの人とでは、知っていること・心地よさに大きな差があるのは当然のことです。

新しい恋を始めたいのであれば、目の前にいる相手に目を向けましょう。元恋人を尺度にするのではなく、あなたがどう思うかで判断することが大切です。

恋を始めるときに「元恋人を忘れるために相手を好きになろうとしているのか」、それとも「相手が気になっているから好きになりそうなのか」自分に問いかけてみましょう。自ずと答えが見つかります。

「自分なんて…」と思わない!

もう一つの注意点として挙げられるのが、自分を責めてしまうことです。

新しい恋を始めようと行動に移しても、すぐによい出会いが見つからないことは珍しくありません。

そのときに「自分はダメだから恋愛ができない」「どうせ魅力なんてない」と自分を責めてしまうのはやめましょう。

あなたが悪いわけでも魅力がないわけでもありません。まだよい出会いが見つかっていないだけなのです。

恋愛に発展することは、偶然を運命に変えることともいえます。

自分を責めたり焦ったりせずに、恋が見つかるまでの時間も楽しみながら前に進みましょう。

まとめ

「新しい恋に進みたい」そう思えた時点で、あなたはすでに1歩踏み出しています。あとは行動に移して歩みを進めるだけなのです。

積極的に出会いを探すことで、新しい恋の予感を見つけましょう。忙しい人やいろいろな人に出会いたいのであれば、マッチングアプリが向いています。

どうしても新しい恋が見つからないときは、休憩してもよいのです。自分磨きや友人との時間を過ごしながら、心の元気をチャージしておきましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る