「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
後ろ姿の女性
2021.1.6

男を変えるいい女とは?褒めるテクニックを駆使してさりげなく誘導

いい男性に育てる3原則

後ろ姿の女性

いい女は男性を無理に自分好みに変えているのではなく、男性自らの意志で変わるように上手にサポートしています。

男性に自ら変わる意思を持ってもらうためには、まず女性側の意識や態度を改めることが重要です。

いい男性に育てる3原則から女性側の心構えを学びましょう。

細かな指摘をしない

いい男性に育てる原則の一つ目が、行動や発言に細かな指摘をしないことです。

よかれと思って口を出したことでも、男性は女性から指摘される度に自信を失ってしまいます。

あなたが「改善してほしい」という意図で伝えたとしても、ショックだけを受け取り、アドバイスの内容が一つも耳に入っていないことも珍しくありません。

心配する気持ちや良心から指摘したくなる気持ちは分かりますが、男性が決めたことを尊重してあげることが大切です。

そばで優しく行動を見守ることで、男性は「彼女は自分のことを信頼してくれている」と喜びを感じ、結果を出すべく頑張ろうとします。

何かを言いたくなったら「今言う必要があることなのか?」と一度踏みとどまる癖を付けるとよいでしょう。

恋愛に依存しない

あなた自身が恋愛に依存しないことも、彼をいい男性に育てる原則の二つ目です。

そもそも相手に深く依存すると、ささいなことで不安や嫉妬を感じてしまい、2人の関係も不安定になりがちです。

反対に、あなたに恋愛以外にも夢中になることがあり、「常に新しいことに挑戦したい!」という積極性があるならば、あなたの姿を間近で見る彼にも少なからず影響を与えるはずです。

「彼女のことを1人の女性として尊敬している」「彼女に見合う自分になるために、自分も頑張らなければ」そんな思いから、彼は自然といい男性になる努力を始めるでしょう。

すぐに結果を求めない

いい男性に育てる三つ目の原則で、特に大事なことがすぐに結果を求めないことです。

どれだけ努力したとしても、人が変化するまでには時間がかかります。

時には、同じようなことを何度も繰り返したり、成長が見受けられないことにじれったい気持ちになったりすることがあるかもしれません。

結果が出ないことに諦めを感じ、「やっぱり変わらない…」と見限ることは簡単です。

しかし、本当に彼のことを大事に思い、いい男性に育てたいと思うのであれば、彼は必ず変われると信じて見守りましょう。

そのためには、女性側が余裕を持つことが大事です。焦らずに彼が一歩ずつ進む姿を隣で支えてあげましょう。

男性を育てるために必要なこと

手をつなぐカップル

いい男性に育てるためには、モチベーションを高めることが必要です。

いい女はどのようにして男性のモチベーションをコントロールしているのでしょうか?今すぐに取り入れられる三つの方法をチェックしましょう。

「あなたが必要」と伝える

必要とすることは男性の自尊心を育てることにつながります。自尊心が育つと自分の存在や行動、言動に自信を持てるようになり、物事に積極的に取り組めるようになるのです。

必要としていることは態度や行動でもアピールできますが、「あなたが必要」だと言葉でもしっかり伝えてあげましょう。

「いつも笑わせてくれてありがとう」「あなたといると安心する」など感謝の気持ちとセットで必要としていることを伝えると効果的です。

ただし、重たくなってしまうことがないように配慮しましょう。「あなたがいないと生きていけない」といったアピールは逆効果になってしまいます。

助けられたこと・うれしかったことなどを伝えるようにするとよいでしょう。

癒しを与える

男性にとって癒しは心と体のエネルギー補給と同じです。仕事や人間関係で疲れきった心身に力が漲り「よし、また頑張ろう」と思えるようになります。

癒しを与えることで男性のやる気をチャージできれば、いい男性に成長するスピードがグンと高くなるはずです。

男性に癒しを与えるときは、安心感を与えることを意識します。

いつも笑顔でいる・明るくポジティブに過ごす・つかず離れずの距離にいるなど「一緒にいるとほっとするな」と思われる女性を目指しましょう。

また、男性は疲れや弱音を隠してしまう傾向があります。

「あれ?普段と違うな…」と感じたらさり気なく声を掛けたり、おいしいご飯を作ってあげたりと立ち直るためのサポートをしてあげましょう。

いいところを褒める

男性のいいところや頑張っているところに目を向け、積極的に褒めることも必要なことです。

人は誰しも、周囲に「認められたい」「尊敬されたい」という気持ちを抱いています。

そのため、頑張ろうとしている男性を褒めてあげることで、承認欲求や自尊心が満たされ自分に自信を持てるようになります。

言動や振る舞いが堂々としてくることで、仕事や人間関係がスムーズに進みやすくなるでしょう。

褒める習慣を付けると、女性も人のよいところを見つけられる力が鍛えられます。褒めることはお互いの成長にもつながるといえそうです。

男性のやる気を上げる褒め方って?

夕日を見つめるカップル

「どうやって彼のことを褒めたらよいのか分からない」と悩む女性も少なくありません。

男性のやる気を上げる褒め方のコツは大きく二つです。どのように褒めればよいのか具体的に見ていきましょう。

「よく見てくれている」と感じさせる

褒め上手になるコツは「よく見てくれているな」と感じさせることです。目に見える成長や結果は、いつか必ず誰かから褒められます。

一方で、人知れず努力していることや何気ない長所は、誰にも褒められることなく終えてしまうことも少なくありません。

普段は目立たない部分を褒めてあげることで、気づいてくれた喜び・褒められた喜びと、男性に二つの喜びを与えてあげられるのです。

遅くまで仕事を頑張っている・店員さんへの態度が優しい・いつもいい匂いがするなど、小さなことにも気づいて褒めてあげるようにしましょう。

また、褒めるときは理由や根拠を示すことがポイントです。

「〇〇を頑張っているところがすごい」と具体的に褒めることで、相手の心にダイレクトに褒め言葉を届けられます。

ウィンザー効果を活用

心理テクニックにウィンザー効果というものがあります。第三者が発信する情報は、本人から直接発信されるよりも信頼できるという心理を利用したものです。

ウィンザー効果を活用して、共通の友人や仕事仲間を経由して褒め言葉を伝えることも有効といえます。

例えば、友人から男性に「彼女が、〇〇くんいつも仕事頑張っててすごいって言っていたよ」「笑顔が爽やかなところが好きらしいよ」と伝えてもらうことで、褒め言葉の信頼性が高まり、相手に響きやすくなるでしょう。

ずっと愛される関係を築く方法

ドリンクを飲むカップル

いい男性に育てるだけでなく、その後の関係を良好に保つことも大事です。ずっと愛される女性になるにはどうすればよいのでしょうか?

共通の趣味を楽しみ、同じ方向を向く

愛される関係を築くためには、同じ方向を向くことが大切です。

「自分だけを見てほしい」と、どちらか一方が追いかける関係や「相手にしてくれないならどこかに行ってしまうよ?」と追わせるような関係は、お互いに負担になりやすく疲れてしまいます。

一方、お互いが同じ方向を向く関係は、余計な負担がかからず、思いやる気持ちや愛情が薄れることがありません。

同じ方向を向く方法はさまざまですが、手軽なのは共通の趣味を持つことです。

自然と会話する時間が増える・同じ目標を持てるようになり、連帯感が生まれやすくなります。ぴったりの趣味を探してトライしてみましょう。

2人でたくさん会話をする

2人でたくさん会話をすることもずっと愛される関係を築くために大切です。

無言でも心地よい関係はすてきですが、会話が多かったのに、急に会話や話し合う機会が減ったときは要注意です。

多くのカップルは「この人と話しても意味がないのかな…」と感じたときに、別れを考える傾向があります。

長く一緒にいることを望むのであれば、意識的に会話や話し合いをする機会を設けるようにしましょう。

今日は何をした・夜ご飯は何を食べたい・今日のテレビは何など、会話の内容は何気ないものでOKです。

また、2人で料理をする日を作る・数カ月に1度は2人で小旅行に行くなど、2人で話しやすい空気が生まれる日を作るとよいでしょう。

まとめ

いい男性に育てたいと思うのであれば、まずはあなた自身が変わることが第一歩です。男性への接し方が変わると、自然と男性の意識も変わります。

また、女性が自立する・恋愛に依存しなくなることで、気持ちに余裕が生まれます。

心地よい関係を築きやすくなり、男性が「この子以外は考えられない」と思うようになるでしょう。

男性が本当の意味で変わるまでは時間がかかるものです。辛抱強く変化を見守り、「この人を選んでよかった」と思える日を待ちましょう。
理想の人、見つかるかも

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る