「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ベッドの上にある下着
2021.1.6

付き合う前に体の関係を持っても付き合うことは可能?男性心理とは

付き合う前に体の関係を持つのはアリ?

ベッドの上にある下着

付き合う前の男女と一緒に過ごしているとき、「もしかしたらキス以上の関係になるかも…」と空気から察することもあるでしょう。

相手と真剣な交際を考えていれば「付き合う前に体の関係を持ってもいいの?」と悩んでしまうかもしれません。

まずは付き合う前に体の関係を持つことに対して、アリ派・ナシ派それぞれの意見を見ていきましょう。

アリ派の意見

付き合う前に体の関係を持つことがアリ派の人は、体の関係を持つことを付き合うかどうかを決める判断材料の一つにしているようです。

付き合うとなると、心だけでなく体のつながりも生まれます。

先に体の相性を確かめておくことで、恋人関係になったときの性生活に支障がないか確認したいと考えているのです。

体の関係を持つことを前向きに捉えており、恋人になる入り口が体の関係を持つことだと考えています。

安易に流されてしまったわけではなく、確かな意志と目的があるといえるでしょう。

「好きな人だったから許した」という人もいます。誰でもいいわけではなく、特別な存在だからこそ受け止めたい心理が働いたといえるでしょう。

ナシ派の意見

一方、付き合う前に体の関係を持つことがナシ派の女性は、「軽く見られたくない」「余計なことに悩みたくない」という思いがあるようです。

恋愛において不安を感じやすいタイプが多く、一度でも体の関係を持ってしまうと、恋愛関係に発展するのは難しいと考えています。

好きな人と何の不安もない恋愛関係を望むからこそ、体の関係を持つことに慎重になっているといえるでしょう。

自分を求めてくれる理由が愛情なのか、ただの性的な欲求なのか、しっかり見極めることが大事といえそうです。

付き合う前に体の関係を持つ男性の本音は?

水辺に座るカップル

そもそも男性が体の関係を求めるのは、どのような理由からなのでしょうか?

恋愛感情なのか、それとも都合のよい関係を求めているのか、男性の本音を見てみましょう。

恋愛感情があり、順番に興味がない

きちんと恋愛感情を抱いているものの、正面から告白することに不安を感じて、女性の好意を確かめるために体の関係を持つ男性もいます。

このタイプの男性は、体の関係を持つことが目的ではなく、恋愛を発展させるための手段と考えているのです。

体の関係を持つことをOKしてもらえれば、自分に好意があることを確信できます。

自信を得られたことで告白の手順を踏む人がいれば、体の関係を持った=付き合っているのと同じだと考える人もいるでしょう。

付き合うまでの順序に重きを置いておらず、「お互いに好きならいい」「誰かに取られる前に自分のものにしたい」という感覚の持ち主といえます。

その場の雰囲気に流されてしまった

「その場の雰囲気に流されて体の関係を持ってしまっただけ」という男性も少なかれいるでしょう。

女性は基本的に体の関係を持つことと恋愛感情はセットです。相手の男性が特別な存在だからこそ、受け入れたいという心理が働きやすいのでしょう。

一方、男性のなかには恋愛感情がなくても体の関係を持てるというタイプも一定数いるようです。

特に、お酒を飲んでいい気分のときや、弱っている自分を女性が支えてくれたときのように、普段より理性が働きにくいシチュエーションでは、その場の雰囲気に流されやすくなるでしょう。

付き合う前に体の関係を持ちたくないのであれば、流される雰囲気をつくらない・お酒の飲みすぎには注意するといった心掛けが必要といえそうです。

体目的なだけの場合も

残念ながら、単純に「ただ体の関係を持ちたかっただけ」という場合もあります。

このタイプの男性は、女性と付き合うことに疲れを感じているのかもしれません。

毎週のようにデートをし、マメに連絡を取り合うことを面倒に感じ、気楽に付き合える関係を求めているのです。

その点、体の関係だけであれば、必要なときだけやり取りすればよく、女性に束縛されることもありません。

また、恋愛感情がないからこそ情も湧きにくいです。女性との関係に疲れを感じたら無理に続けなくてもいい、ほどよい距離感でいたいと感じている男性もいるでしょう。

女性が男性の本音を探るには?

デートをするカップル

気になる男性と体の関係を持ったあとに「これは好きだから?それとも都合のよい関係?」と悩む女性もいることでしょう。

男性の本音を探るにはどうすればよいのでしょうか?普段の行動から、あなたに抱いている本音を探ってみましょう。

普通のデートができるか

体の関係を持ったあとも普通のデートができるかどうかが、一つ目のチェックポイントです。

向こうからデートに誘ってくれた上に、体の関係を持たないデートができるのであれば、あなたに好意を持っている可能性は高いでしょう。

特に、あなたが喜ぶデートプランを考えてくれたり、食事をごちそうしてくれたりするのであれば、あなたを大切に思う気持ちはあるといえます。

一方、普通のデートは一切せず、顔を合わせば体の関係を持っているようであれば、恋人同士になる未来は考えていないのかもしれません。

仮にデートをしていても、あなたから誘ってばかり、外でのデートは一切ナシという状態ならば、脈なしの可能性は高いでしょう。

関係を持ったあとの対応に変化があるか

二つ目のチェックポイントが、体の関係を持ったあとの男性の対応の変化です。

あなたのことを大切に思う気持ちがあれば、一度きりの関係で終わらせようとはしません。自分から連絡をして、気にかけてくれるでしょう。

また、好意があれば関係を持ったあとも連絡や会うことを欠かしません。あなたからの気持ちに確信が持てれば、男性側から告白してくることもあるでしょう。

男性からの連絡がない場合は、罪悪感から連絡できないケースもありますが、基本的には「これ以上の関係はない」という意思表示だと受け取りましょう。

また、連絡内容に、生々しい下ネタが多い・思いやりが感じられないようであれば、脈なしと判断してよいかもしれません。

付き合う前に関係を持っても本命になる方法

ハートの紙と封筒

「付き合う前に体の関係を持つと本命になれない」そんな考えがあることを知ると、途端に不安を感じてしまうかもしれません。

しかし、その後のアクション次第では、本命になることは可能です。具体的にはどのようなことを意識するとよいのでしょうか?

関係性をはっきりさせる

体だけの関係から抜け出したいのであれば、2人の関係性を相手の口からはっきり聞き出すことにチャレンジしましょう。

自分たちの関係は何なのか・この先どうしていきたいのかと、正面から疑問をぶつけることで、何かしらの答えが得られるはずです。

前向きな返答であれば、じっくりと話し合うことで今の関係に終止符を打てるかもしれません。

反対に曖昧な回答であれば、体の関係を持つことを終わらせたい気持ちを正直に伝えましょう。

そして男性が再びあなたを求めてきたときはきっぱり拒否することが重要です。少なからず脈があれば、男性も考えを改めてあなたにアプローチしてくれるはずです。

好きな気持ちをきちんと伝える

あなたから好きな気持ちをきちんと伝えることも方法の一つです。

体の関係を続けていると、たとえ好意を持っていてもタイミングを逃してしまい、「好き」と言い出せなくなってしまう男性もいます。

「自分だけが好きだったら…」そんな不安から、現状維持を選ぶ人もいるでしょう。

あなたの方から好きな気持ちを伝えることで、今の関係に少なからず変化が生まれるはずです。

このとき、一方的に気持ちを押し付けると、男性を戸惑わせてしまいかねません。特別な気持ちを抱いていることだけを伝え、それ以上を求めないでいることがポイントです。

居心地のよい関係をつくる

男性から付き合おうとする意思が感じられないのであれば、その事実を受け入れて、居心地のよい関係をつくるのも一つの手です。

現状、男性はあなたとの適度な関係・現状維持を望んでいる可能性が高く、過度に迫ってしまうと反対に遠ざけられてしまうでしょう。

だからこそ、ゆっくり話を聞いたり、よいところは積極的に褒めたりすることで、相手が「会いたいな」と自主的に思う関係を目指すのです。

ただし、今のままの関係を続けていくことを疲れたと感じたら、一度距離を置き、自分の心と向き合うことが大切です。

あなたが無理をしてまで一緒にいる必要はないということは、しっかりと心に留めておきましょう。

まとめ

付き合う前に体の関係を持つことで、恋人に発展するケースもあります。

ただし、曖昧な状態のままズルズルと関係を持ち続けてしまうと、都合のよい関係に落ち着いてしまう可能性があります。

都合のよい関係から本命の座を狙うのも手ですが、幸せな未来を望むのであれば、「はっきりさせてほしい」と白黒させることも必要なことです。

一歩踏み出す勇気が、2人の関係をよい方向に進めてくれるかもしれません。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る