「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
うつむく女性
2021.1.6

失恋で無気力になってしまう原因とは?3つの方法でやる気をチャージ

失恋で無気力になってしまう原因とは

うつむく女性

恋人と別れたり、好きだった相手に振られたり、失恋を経験すると「もう何もしたくない」と無気力になってしまう人は大勢います。

どうして失恋すると元気を失ってしまうのでしょうか?考えられる原因を見ていきましょう。

恋愛に全力になっていた

失恋後に無気力になってしまうのは、全力で恋をしていたことによる反動かもしれません。

恋をしているときはどんなことでも頑張れます。自分の外見を磨いたり、好きな人の趣味を勉強してみたり、少しでも好きになってもらえる部分が増えるように、一生懸命になれる力を得られるのです。

しかし、失恋すると頑張る理由がなくなります。好きになってもらう必要がなければ、好きな人のために自分の時間をつかう必要もありません。

「もう頑張っても意味ないのか」と失恋した現実を受け止めた途端、全身から力が抜けて無気力な状態に陥ってしまうのです。

自分に自信がなくなっている

自分に自信をなくしてしまうことも、無気力な状態に陥る原因の一つです。

失恋すると、今まで頑張ってきたことが全て無駄に思えてきます。

恋に一生懸命だった自分自身さえも否定されたように感じて、「あんなに必死になって馬鹿みたい」と気力を失ってしまうこともあるでしょう。

また、好きな相手から振られることは、他者愛の拒絶にほかなりません

どのような言葉で振られたとしても、「あなたとは一緒にいられない」と突っぱねられたように感じてしまうのも無理もない話といえます。

失恋のショックで冷静な思考をなくしていることも影響して、自分の価値や魅力を否定されたように感じてしまうこともあるでしょう。

恋愛に疲れてしまった

これまで全力で恋愛をしてきた人は、失恋によって糸が切れ、恋愛に疲れを感じてしまう傾向があります。

特に、好きな人と結ばれることを夢見ていた・恋人と結婚できると信じていたなど、明るい未来を描いて頑張っていた場合は、失恋によるダメージは強烈です。

期待が大きかったからこそ、味わう失望も大きくなります。足場を失ったような感覚を味わい、日常を送ることすら嫌になってしまう人もいるでしょう。

思い描いていた未来が消えたことから、「もう恋愛はしない」「誰も好きにならない」と恋愛に対して消極的になってしまう人も少なくありません

失恋後に無気力になりやすい男女の特徴

落ち込む男性失恋で無気力になってしまう男女には、共通する特徴があります。

失恋後に無気力になってしまう男女の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

自分に当てはまるものがないか確認して、無気力な状態から抜け出すきっかけを探しましょう。

依存しやすい人

家族や恋愛など何かに依存しやすい人は、失恋後に無気力な状態に陥りやすいです。

自分に自信がないタイプが多く、常に安心できる存在や自分を認めてくれる人を求めています。

恋人のように自分を受け止めてくれる存在と出会うと、安心感から深く依存してしまうこともあるでしょう。

結果として「1人だと不安になる」「ほかに夢中になれるものがない」状況になり、恋人中心の生活を送りがちです。

失恋によって信頼できる依存先を失うことで、深い喪失感や裏切られたような感覚を覚えることもあります。

「もう何も信じられない」と人間不信になる人もいれば、「元に戻りたい」と別れた恋人のことばかり思い続ける人もいるでしょう。

責任感の強い真面目な人

責任感の強い真面目な人は、何事にも全力で挑みます。恋愛面でもほかの異性には目を向けず、自分が持つ全ての愛情を愛する1人に注ぐことでしょう。

ひた向きな恋愛をするからこそ、失恋後の気持ちの切り替えに時間がかかります。

別れた理由や原因を真剣に考えては、失恋した責任が自分にあると思い込んでしまうことも珍しくありません。

「あのときああしていれば」「自分がもっとこうしていたら」と自分の行動や発言を悔やんでは、苦しい気持ちに悩まされ続けることもあるでしょう。

中には、「自分には恋をする資格はない」と思い悩み、次の恋愛に進む足を自ら止めてしまう人もいます。

時間が癒やしてくれる?無気力の期間

カレンダーを見る人

つらい失恋をすると、真っ暗な闇の中に1人ぽつんと立っている感覚になるかもしれません。いつまでも苦しむのではないかと恐れる人もいるでしょう。

しかし、いつかは無気力な状態から抜け出せる日が来ます。一般的にどれくらいの期間で脱する人が多いのか知ることで、前を向く力に変えましょう。

一般的には3カ月から半年

人によってさまざまですが、一般的には3カ月~半年が失恋のショックから抜け出すまでにかかる時間です。

この頃になると、失恋の痛みが薄れて、以前よりも自然に笑える時間が増えてきます。早い人であれば、次の恋愛に進める人もいるでしょう。

今はつらくても「いつかは抜け出せる」と考えるだけでも自分の心を癒やせるものです。

苦しくなったときは、「もうすぐで半年だから」と心の中で唱えることで、乗り越えられるかもしれません。

ただ時間が過ぎるのを待つのではなく、ほかに意識を向けられるものを見つけると、失恋について意識する時間を減らせるでしょう。

個人差があるため焦らないことが大切

比較的早く立ち直れる人がいる一方で、半年を過ぎても失恋を引きずる人も大勢います。長い人であれば、10年以上かかる人もいるでしょう。

無気力な状態から抜け出すまでの時間は、個人差があるため焦らないことが大切です。

「早く抜け出したい」と焦るほど、余計に失恋について考えてしまい、苦しい思いをしてしまいかねません。

時間の流れは偉大です。今は忘れられないと思えるかもしれませんが、1年、2年と月日を重ねるごとにいつかは忘れてしまいます。

だからこそ、無理に忘れようとするのではなく、忘れられない自分ごと受け入れてあげましょう

それだけでも自分の苦しい気持ちを一つ癒やしてあげられるはずです。

無気力な状態から抜け出したい!対処法

読書

失恋直後は苦しい気持ちでいっぱいで、仕事や生活が手につかない人も少なくありません。

しかし、いつまでも無気力なままではいられませんし、そんな状態に焦ってしまうこともあるでしょう。

無気力な状態から抜け出すためにはどうすればよいのでしょうか?すぐに取り入れられる三つの対処法を紹介します。

できるだけ1人にならないようにする

今すぐできる対処法が、できるだけ1人になる時間を減らすことです。

無気力な状態のときは、誰とも会いたくなくて部屋に引きこもってしまうこともあるでしょう。人と話す気分になんてなれないかもしれません。

しかし、1人で過ごしていると、失恋したときのことを考える時間が増えてしまい、苦しい気持ちに悩まされ続けてしまいます。

失恋したことを話せる友人に会えば、話を聞いてくれて、あなたの気持ちにも共感してくれることでしょう。

それだけで気持ちが今よりずっと軽くなることもあるのです

友人に話すのが気恥ずかしければ、家族やペット・よく行くサロンの美容師でも構いません。自分1人で思い悩まず、思い切って誰かに話を聞いてもらいましょう。

読書・仕事など夢中になれるものを探す

何か夢中になれるものを探すことも大事です。暇な時間を過ごしていると、失恋したときの記憶や幸せだったときの記憶が蘇り、胸が苦しくなります。

意識を自分の中から外に向けることで、失恋について考える時間がぐっと減るはずです。

読書であれば、自分が知らない世界に没頭できます。アクションやSFのようなワクワクするもの・ほっこり心が温まるファンタジーや日常系の物語がよいでしょう。

仕事はやればやるだけ成果がでます。結果が目に見えて分かることで、失った自信を取り戻すことにつながるでしょう。

小さな幸せに目を向ける

身の回りにある小さな幸せに目を向けることも、無気力な状態から抜け出す対処法の一つです。

昨日よりも笑顔になった・ご飯がおいしく感じる・涙を流す時間が減ったなど、ささいなことで構いません。

普段はあたりまえに感じることの方が、何倍もすばらしいことのように思えるでしょう。

小さな幸せを自分の中にチャージすることで、次第に「明日はこれをしてみようかな」と前向きになれるパワーを得られます。

「今日もダメだった」と落ち込むのではなく、「今日もいいことがあった」とプラス思考で考えることがポイントです。

まとめ

失恋で無気力な状態になったときは、誰かに相談する・夢中になれることを見つける・身近な幸せに目を向けることが有効です。

やる気がでない日は無理をせず、少しずついつもの自分を取り戻すことを目指しましょう。

失恋のショックは時間が癒やしてくれます。焦らずに自分の心を整理して、新しい恋に向かえるように切り替えていきましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る