「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
電話をかける男性
2020.12.25

男性が電話をかける心理と脈あり診断。酔ってかけてきた場合は?

男性が女性に電話をかけるのはどんなとき?

電話をかける男性

男性が女性に電話をかける理由はさまざまです。

用事があるケースがほとんどですが、「声が聞きたい」「距離を縮めたい」など、何らかの意図を持っていることも少なくありません。

基本的には用事があるとき

LINEやメールで簡単にやり取りができるこのご時世、わざわざ電話で連絡してくるのは、相手に電話で話さなければならない用事があるからです。

男性は合理的な生き物なので、女性のようにダラダラと電話でおしゃべりをすることは稀で、むしろたわいもないことを話すのは苦手といってもよいでしょう。

女性は電話をコミュニケーションのツールと考える傾向がありますが、男性はLINEやメールと同等の連絡手段と考えています。

文字だけで説明がしにくいときなどに、電話で用件を伝えるのです。

好意を持っていて仲良くなりたいとき

男性は長電話を好みませんが、相手に好意を持っている場合、単純に「声が聞きたい」「今何をしているのか知りたい」という理由だけで電話をすることがあります。

大して重要ではない内容をわざわざ電話で伝えてきたり、言葉を選びながら恥ずかしそうに話していたりする場合は、あなたに好意を持っていると考えてよいでしょう。

本当は直接会いたい気持ちがあるものの、「会いたい」とストレートに伝える勇気がないともいえます。

「会えないならせめて声だけでも…」という男性の恋心が見え隠れしているのが分かるでしょう。

この場合、女性の態度によってはすぐに恋に発展する可能性があります。

暇で話し相手が欲しいとき

基本的に男性は電話でダラダラとおしゃべりしませんが、中には女性と同じように電話をコミュニケーションの手段としてつかう人もいます。

とりわけ、寂しがり屋の男性にこの傾向があるでしょう。「彼女と別れたばかりで暇を持て余している」「友人にドタキャンされてやることがなくなってしまった」という理由で電話をかけてくることも少なくありません。

この場合、男性は女性を単なる仲のよい友人と見ています。

「相手の声が聞きたい」「いろいろなことを話して距離を縮めたい」という気持ちはほぼないと考えてよいでしょう。

彼女ができた途端、急に連絡が途絶えるのもこのタイプです。

気になる女性への電話で見られる行動

電話を手にする女性

男性から急に電話がかかってくると、「もしかして脈あり?」と期待してしまう人もいるのではないでしょうか。

相手が自分に好意を抱いているかどうかは電話中の言動で分かります。

質問が多い

人にもよりますが、多くの男性は電話でたわいのない話をすることがそれほど得意ではありません。

にもかかわらず、次々と質問をしてくるのは「この人のことをもっと知りたい」という気持ちが勝るからです。

インタビューの仕事でない限り、興味や好意がない相手にあれこれ質問したりはしないでしょう。

特に、好きな異性のタイプや恋愛観・現在の男関係を聞かれたときは、かなりの確率で脈ありです。

「この子にアプローチをして勝算はあるか?」を探っているとも受け取れます。

くだらない話でもずっと聞いてくれている

男性から電話をかけてきたのに、女性の方がおしゃべりしてしまうというケースはよくあるものです。

長電話が苦手なのにもかかわらず、「今日は何をした」「どこに行った」というくだらない話や愚痴にもずっと耳を傾けてくれる場合、あなたに好意を抱いている可能性は高いでしょう。

基本的に男性は「好きな相手のことなら何でも受け止めてあげたい」と思う生き物です。

なかなか電話を切ろうとしなければ内心は「頼りにされてうれしい」と感じているのかもしれません。

加えて、電話を切るのが名残惜しそうな雰囲気が伝わってきたならば、恋が始まるのも時間の問題といえるでしょう。

距離を縮めようとしてくる

異性に自分の下の名前を呼ばれるとドキッとする人は多いでしょう。

男女間で下の名前で呼び合うのは交際中のカップルがほとんどなので、呼ばれた方は「わたしに好意があるのかな」と思わざるを得ません。

男性は、好意がある相手に対しては電話中であっても距離を縮めようとします。

下の名前を呼ぶ・「かわいい」「きれい」などの褒め言葉をつかう・オーバーリアクションをするなどは全て好意の表れです。

好意が感じられる話題の例

スマホを操作する男性

多くの男性はストレートに自分の気持ちを伝えることが苦手です。

会話の中に「好き」というワードが出てこなくても、話の内容から相手の好意が読み取れるケースがあります。

脈ありの可能性が高い話題の例を見てみましょう。

恋愛や将来のこと

好きな相手に対して、恋愛観や好きな異性のタイプを聞きたくなるのは当然です。

「どんなタイプが好き?」「今付き合っている人はいるの?」と聞かれたら、男性は高い確率であなたに好意を抱いていると考えてよいでしょう。

さらに「結婚願望はあるの?」「結婚したらどんな家庭を築きたい?」など、将来にまで話が及べば、遊びではなく真剣なお付き合いを望んでいる可能性が高いです。

話を聞きながら、付き合ったときのことを頭の中でシミュレーションしているともいえます。

仕事中の出来事

仕事の話は恋愛とは関係のない話題のように思う人は少なくありません。

しかし、男性の場合、仕事の愚痴や相談は本当に心を許している相手にしかしないという傾向があります。

もちろん、個人差もありますが、「最近、仕事でこんなことがあったんだよね」「プレッシャーで押しつぶされそう…」など、自分から心を開いて話をしてくれた場合は、あなたに信頼を寄せていると考えてよいでしょう。

男性が仕事の話をするのは、的確なアドバイスが欲しいからではありません。

ただ単に、「好きな相手の声を聞いて癒やされたい」「声を聞くと元気が出る」と感じているのです。

心配や励ましの内容

「仕事でミスしてへこんだ…」とSNSでつぶやいたとき、男性がわざわざ電話をしてきて「大丈夫?」と心配してくれるようであれば、あなたに好意を持っている可能性が高いです。

そもそも男性は合理的なので、感情的でメソメソする人の扱いにあまり慣れていないのが実情といえます。

どうでもよい相手に対しては電話で励ましたり、心配したりすることはありません

にもかかわらず、電話で心配してくれるのは好きだからに他ならないでしょう。

「今度話をゆっくり聞くから、ご飯でも食べに行こうか」とデートのお誘いがあるかもしれません。

場所や時間を考えてかけてくるかもポイント

時計

電話はリアルに相手と話せる便利なツールですが、電話する側の一方的な都合によって時間を取られてしまうのがデメリットです。

電話をかけてくる時間帯や場所を知ると、相手の心の内が分かります。

落ち着いて話せるよう静かな場所にいる

ガヤガヤとうるさい店内や街を歩きながらの電話は声が聞き取りにくく、会話がスムーズに運びません。

お互いに「え、何?」と聞き返してばかりでは、せっかくのムードも壊れてしまいます。

「2人だけの会話を楽しみたい」「相手の声をじっくり聞きたい」という思いがあれば、周囲に人がいる空間で電話をすることは稀といっても過言ではありません。

多くの男性は好きな人に電話をする際、落ち着いて話ができる静かな場所を選ぶ傾向があります。

自宅なら自分の部屋・会社なら誰もいない屋上などがよい例でしょう。

夜のリラックスタイムにかけてくる

電話がかかってくる時間帯が20~22時ごろのリラックスタイムの場合、男性側が気を利かせている可能性が高いでしょう。

食事が済み、一段落している時間帯は、電話をかけても相手が対応しやすいことを知っているのです。

「この時間ならゆっくり話ができそう」というタイミングを見計らって電話をかけてきたとしたら、男性側の気づかいともいえますし、脈ありと判断してもよいでしょう。

一方で、仕事中や夜中に平気で電話をかけてくる男性は、自分の都合しか考えていないといえるかもしれません。

ただ、お酒が入って彼女への思いが抑えきれなくなり、夜中に電話をかけてしまったという人も中にはいます。

酔って電話してくるときの心理

ビールを飲む男達

男性の中には、酔って電話をかけてくる人もいます。「彼は一体何を考えているの?」とその本心が分からない女性もいるのではないでしょうか。

脈ありと脈なしの見分け方を解説します。

いきおいで電話をしてしまった

お酒が入ると、いつもよりも行動が大胆になります。

アルコールによって欲求をコントロールしていた理性の制御機能が弱くなり、本能が丸出しになってしまうのです。

人によっては、好きな女性への気持ちが抑えきれなくなり、相手の都合も考えずに電話をしてしまうこともあるでしょう。

特に、奥手な男性はお酒の力を借りて、普段言えなかった気持ちを伝えてくるケースもあります。

とはいえ、「とにかく誰かと話したい」というだけのケースもあるため、電話をしてきたという事実だけでは、脈ありか脈なしかは判断がしにくいです。

フォローがあれば脈あり

酔って電話をしてきた翌日、SNSなどで「昨日はごめんね」と謝罪があれば、脈ありと見てよいでしょう。

相手に迷惑をかけてしまったという自覚があり、「好きな相手には嫌われたくない」のが本音です。

また、酔っぱらって電話をする前に、LINEで「今から電話してもいい?」と断りを入れるのも脈ありのサインといえます。

逆に、次の日にフォローがない、あるいは電話をかけたことすら忘れている場合は脈なしです。単なる女友達としか思っていないでしょう。

「今から会える?」は脈なし

酔っぱらって「今から会える?」と急に誘いを受けた場合は下心があると思ってほぼ間違いないでしょう。

お酒のせいで理性のブロックが外れ、「誰でもいいから体の関係を持ちたい」と思っているのです。

この場合、自分の承諾をOKしてくれそうな相手に電話をかけます。言い換えれば、呼んだら来てくれそうな都合のよい女性です。

本命の相手に対しては、酔って急に呼び出すことはありません。

特に、夜遅くに呼び出された場合は、曖昧な態度を取らずはっきりと断りましょう。

まとめ

男性が女性に電話をする理由の多くは用事があるからですが、中には「声が聞きたい」「距離を縮めたい」と思っている男性もいます。

脈ありか脈なしかは、電話中の声のトーンや雰囲気・話の内容によって見分けましょう。

特に、恋愛や異性関係のことに話が及べば、相手は何らかの好意を抱いています。

逆に、夜遅くに「今から会える?」という電話は、一見、好意があるようですが、実は下心の表れでもあるのです。
理想の人、見つかるかも

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る